タグ:広島 ( 6 ) タグの人気記事

VOICES FROM HIROSHIMA

ポーレがまとめたテキストを訳して展示用にまとめ直しながら
今回最も心が辛かった広島原爆の証言。
広島で展示できなかったのがほんとうに残念で、ここに紹介します。



胤森トーマス貴士
Takashi "Thomas" Tanemori

故郷が失われたこと、子ども時代を奪われたこと、
核の時代の幕開けとなった原爆投下という恐ろしい屈辱、
それらを理解しなくてはならなかった8歳からの私の人生は
苦しく長い道のりでした。
そのことが私を平和の人とならしめたのです。

a0180681_2123764.jpg

1937年12月15日生まれ。
8歳の時、爆心地から約1kmの広瀬国民学校の教室にて被爆。
兵隊によって瓦礫の下から助け出され、父と再会する。
武家出身の父は役人として忠実であったが平和主義者であり、
決して戦争を肯定してはいけないと子どもたちに説いていた。

十日市の寺町にあった自宅で母と妹二人は即死。
父に連れられ貴士と二人の姉と4歳の弟は爆発から三日後に
広島の街を出て県北部の母方の祖父母の家へと向かう。
駅で迎えた祖母は娘の死を知るや、死体を見つけて来いと父を責め、
追い返した。死体は見つからず、一家は祖母の家に入れず
庭の小屋で暮らすことになる。

9月になると父が、三日後に長姉が放射線障害により死亡、
翌月には父方の祖父母も死亡。
孤児となった貴士たちは引き続き小屋で暮らすしかなかった。
村人たちからは助けどころかいじめを受け、
子どもたちはゴミを漁って飢えを凌いだ。

18歳の時、家族を奪われた恨みと復讐心を胸に移民船で渡米。
ある時食中毒で病院に運ばれた貴士の出身地が知られると、
拘束され人体実験のごとき様々な検査が施された。
言葉も話せない中、脊椎穿刺や電気ショックを繰り返し受け、
あまりの痛みに激しく抵抗すると精神科に移された。
半年に及ぶ拘束の末、ある看護士が彼を保護し、
監獄のような部屋からようやく脱出する。

言葉の壁と闘いながらも看護士の信仰に倣ってクリスチャンを志し、
大学の神学部に進み牧師となり、平和活動家として各地で平和を説く。
しかし人種差別によって教会からも追放され、再び反米精神を強める。

被爆から40年が経った終戦記念日、反核集会での講演へと向かう車中から、
光り輝く雲を目にした彼は、原爆の前夜に見た夢を思い出す。
そこでは平和と赦しが宿る光の中、白い蝶と鶴が舞っていた。
父の姿が彼に伝えているようだった。
「敵への赦しを学ぶことが最善の道だ」と。

その日を境に彼は「復讐は復讐を呼ぶだけ。人類の最大の敵は、
怖れと憎しみが己の中に生む暗闇である」として、
赦すことからの平和を説いている。
癌で胃を全摘出し、視力を失い、盲導犬のユキと
カリフォルニア州バークリーに暮らしている。


関連資料:
地球人間模様@アメリカ[記事]47NEWS

映像による証言記録 filmed by 竹田信平




ポーレは面会の前に、500ページに渡る胤森さんの手記を読んだそうだ。
母方の祖父母の村での話、特にアメリカの病院での拘束の場面は
とても読み進められないほど残酷で辛い記述が続く。
撮影は3日間に及び、その後一ヶ月ポーレは打ちのめされていた。

8歳で原爆に焼かれ家族を失い、16歳で自殺を図り、それでもアメリカに渡り、
数々の惨い仕打ちに耐え、恨みと憎しみの果てにたどり着いた「ゆるし」という光。
40年に及ぶ憎しみを捨てたことが、自らの心を解放したとさえ胤森さんは言う。

胤森さんが生涯を通して支えとしているのは、被爆から一ヶ月後に
原爆症で亡くなったお父さんの存在だった。
8歳の「タカシくん」は68年経った今も、父の魂を通して私たちに語りかける。
テキストをまとめ終わってから、胤森さんの証言映像を見た。
「お父ちゃん」という呼び掛けは、小さな男の子そのものだった。

読むだけなのと実際に聞くのとではこんなにも異なり、
忘れ得ぬ体験として深く胸に残る。
過去のこととして、どうして忘れてしまえるだろう?
たしかに、これまで作業をしてきた中で私にもそういう感覚はあった。
過去のこと。
けれど、原発事故以降、死の灰が降り続け死の水が海へと垂れ流される中で、
平和憲法が改悪されようとしている中で、これらの体験談を
過去のこととして置いておきながら戻る場所はすでになかった。
まっただ中にいる、という焦り。

次の世代である私たちが「繰り返さない」ことを信じて
他界されたたくさんの方々、今も語り続ける方々。
彼らはいかに自分が辛かったかを語っているのではない。
もれなく誰もが「どこの国にも二度と起きてはならない」と伝えている。
どの空からも降ってはならないと言っている。
そのために、憎み合い争うことの愚かさを伝えている。
全員を殺し尽くすことは誰にもできない。憎しみの連鎖は続いてゆく。
だからこそ彼らは、焼かれてもなおその身を反核と平和に捧げ、
世界で最初で最後の被爆者であり続けようとしている。
彼らが私たちの前に立ってくださる時間は
もうほんとうにわずかしか残されていない。
現在胤森さんも療養中でお会いすることはできない。

どの空からも降ってはならぬものは、世界中に一つもいらない。
そんな当たり前のことを、子どもたちこそが言えるように。
この国の子どもたちこそが、世界に向けて言えるように。
広島と長崎への誓いは、今にも破られようとしている。
平和は、祈ればやがて降りそそぐものではないし、
鳩や鶴のように舞い降りても来ない。

こんなことは、活動でも運動でもなく、当たり前のことだ。
なに当たり前のことやってんの、と私は笑われたい。
当たり前だよ、だいじょうぶ、とあの空に伝えたい。
「あなたたちが頼りないから86歳の私が
 国連(NY)まで行ったりしなくちゃならないのよ」
とおっしゃっていた、山下さんに。


広島に原爆が落ちた日。
午前8時15分、その瞬間に十数万の命が失われただけでなく、
苦しみも悲しみも 68年が経った今も続いている。
a0180681_0171394.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2013-08-06 04:06 | 紹介

アオギリ

67年目の広島の空と大地に祈ります。
広島の苦しみを忘れず、核のない世界を望み続けることを誓います。


広島の笛吹きことちゃんから NY のポーレ・サヴィアーノと
空襲被災地ドレスデン(ドイツ)に渡った被爆アオギリの種、
植えてから2週間で芽を出しました。

[ポーレのブログ

被爆してなお芽を吹いたアオギリの力強さに生きる力を取り戻し
原爆の語り部として人生を歩まれた故・沼田鈴子さん。

a0180681_691178.jpg

(ポーレ・サヴィアーノ写真集『FROM ABOVE』より)

沼田さんの被爆証言は[こちら



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-08-06 08:15 | 季節

おめでとう

本日の銀次親分は、私が到着したときにはすでに
ハウスの中でおやすみ中。挨拶もナシ。ちぇっ。

13:30、いつの間にひっそりと降りていてキッチン出待ち。
おはようさんです。
a0180681_20243930.jpg

客席ガラガラなのがバレバレなんで、
銀さん、お仕事お願いしまッス!
a0180681_20244653.jpg

東京書籍さんより本日お届けいただきましたこちらの書籍、
建物と日本人 移ろいゆく物語』共同通信社取材班/著
"名もない小学校校舎から、五島列島の教会群、南米への移住施設、
NYのグラウンド・ゼロ、そして東京スカイツリーまで。
日本人が建物に込めてきた思いをたどり、日本人のさまざまな姿を探る物語。"
a0180681_20244338.jpg


昨年2〜3月にエフの土蔵を紹介していただいた共同通信のシリーズ記事
『建物が語る日本』が書籍にまとめられたものです。
こんなに分厚い立派な本になるとは。
物語の中心になっているのは広島被爆者の山下久代さんと蔵との出会い。
校正中に届いた山下さんの訃報を受けて、記事は変更になった。
山下さんの被爆体験を聴く会、『VOICES FROM ABOVE』から
新聞には載らなかったすてきな写真を載せていただいた。
あのときの空気と時間が甦ってくる。
他にもたくさんの、ヒトと建物との関わりの物語が掲載されています。
お求めは上記リンクから、
カフェにも置いておきますのでぜひご覧ください。

[撮影秘話]
立派な本ですねぇ。
a0180681_5215567.jpg

ずいぶん真剣ですねぇ。
a0180681_5215914.jpg

ホ!なにをなさるか! 本はたいせつにね!
a0180681_5432212.jpg

と、いただいた本に頭突きやシバキなど、
ここではお見せできない乱暴を働いた銀さんが
気になっていたのは…
 ・
 ・
 ・
しおりのヒモでした。
ガブガブされて糸になってしまいました。
a0180681_522780.jpg

ちいせぇよ、親分…
a0180681_5221178.jpg

と、座り込んだところが OK写真です。


銀さま、もういっちょお願いします。
遅ればせながら 今週の花姫 by 本所吾妻橋・花辻さん
カラー、ルリ玉アザミ、グズマニア、ドラセナ
クールビューティーですのぅ。
a0180681_20244929.jpg

ふむ銀さん、遊びますか?
a0180681_20245237.jpg

音楽付き。ちょっとかわいすぎたー


ヘンなかたちー
a0180681_20245558.jpg

銀さんは身繕いするときいつもこの壁に寄っかかりに来ます。
支えがあるからってかなりムリな体勢。
バランス取ってる腕がヨイヨイですごい。



ポーレ・サヴィアーノ写真展『FROM ABOVE』の初日を迎えた広島では
ことちゃんがテレビ、新聞の取材対応に大忙し。
本日18時のニュースで紹介されたそうです。みんなに届けーー

昨夜、ことちゃんが送ってくれた展示写真を見ながら
興奮覚めやらず NYのポーレと話していたら、
展覧会初日の今日がなんと誕生日とな!
「広島でこんな展示ができて、最高のプレゼント」、と言ってくれた。

そこで急遽、広島と長崎と東京のプロジェクト・サポーターの
みなさんに連絡を取り、ポーレにプレゼントを贈ることにした。
FROM ABOVE の真似をして(オマージュと呼んでくれ)
モノクロでセルフポートレイトを送ってね!というもの。
締切は今夜の24時。すでに20枚を超えて続々集まっております。
これまた広島の会場からの写真が… いい…。゜(つω`)゜。

銀次親分も、もちろん参加どす!
a0180681_20245976.jpg

NYは時差が13時間あるからまだだいじょうぶ。
せっせと編集しまーす。
声かけてる私がいつもいちばん楽しい気がするよ… でもそれだいじだよ…
みんなありがとう! みんなおめでとう!
(昨夜から興奮状態)



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-06-15 23:39 | 日常

photography

明け方ナオトさんから届いた写真。
ひとり蔵の中に入って寝ていたそうです。
毛布の上。やはり寒かったのかな。
a0180681_15435454.jpg

でも朝には窓際のベッドで寝ておられました。
ひとりトボトボ、明るい方へ移動したと思うとおかしい。


本日は朝からハリキッテお仕事。
姿勢がいいですなぁ。
a0180681_15394481.jpg

シルバーシートへ円満移動 @13:00
マダム・シルバの脚線美。
a0180681_15395141.jpg

しあわせのホワイトマリモ。(カメラの都合で桃色…)
a0180681_1802656.jpg

15分ほど、シブいお顔で身繕い。
a0180681_1540069.jpg

うぉ、すげェ
これはあくびではなくて、舐め降ろす瞬間です。
毎回こんなにヘッドバンギングしているわけだ。
a0180681_1540327.jpg

よく眠ってますなぁ
あー爪切ればよかった…
a0180681_1540699.jpg

オ、起きますかな? @15:00
a0180681_1540993.jpg

まだ寝るそうです。
昼寝には最高に気持ちいい気候ですね今日は。
a0180681_15401384.jpg

寝返りを、動画でどぞ。ただの寝返りですが…



起きました @16:30
ボーーー
a0180681_17513191.jpg

今日はカフェの取材です。
スカイツリーができて以来、ここらへんの特集が多い。
a0180681_17513539.jpg

お、なかなか撮れないノビが撮れた。
a0180681_17515532.jpg

こういうお姿撮ってもらえばいいのにィ。
a0180681_17534067.jpg

そういうヘン顔じゃなくってですね…
a0180681_17534436.jpg

取材終わって、お客さまにカメラサービス。
a0180681_17535054.jpg

アイ、えらいです。
いい写真撮れましたかなー

17:30、ハウスでおやすみ。
今日はがんばっておられましたね。
おつかれさまでしたー

本日広島では、ことちゃんたちが写真展『FROM ABOVE』の設営でした。
先ほど「準備完了〜!」メールが届き、想像以上にあまりにすてきで
卒倒して今起きました。そんな感じ。
ことちゃんの情熱と感性、そしてそこにある確かなご縁。
プロジェクトにも新風を巻き込む広島展、パルコの前、と言えば
誰でもわかる、という場所で、いよいよ明日からの三日間です。

ヒー 飛んでゆきたい!(>_<)
広島のみなさま、びーどろ美人の Hさん、コテツ母さん、
よろしくお願いしまーす!

設営がんばってくださった広島チームはこちら!(ことちゃんブログ)



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-06-14 23:40 | 日常

長崎の雨

本日の銀次親分は、12:00 閉店。
昼の、ですよ。いいけど…
ランチタイム早めに来てくださったお客さまなんてもうガッカリですョ。
夕方には、兄さんが一人、
「銀ちゃんいる? いつもブログ読んでてさァ、
 そしたら銀ちゃんに会いたくなっちゃってさァ!」
とご来店、すません…
「おとといのブログ、泣いちゃったよねー」
とコメント伝えていただいた。ありがとうございました!


起きて来たのはキッカリ18:00。
うしろあたまがデコボコっていうかギザギザになってますョ。
a0180681_23271376.jpg

よく寝ましたねーー 赤ちゃんかよーー
a0180681_2326148.jpg

窓の隙間、外から。
a0180681_23265024.jpg

それでも、今日はまったく働く気がないらしく、
二階事務所の小部屋にて。
a0180681_23273877.jpg

ねぇどうして銀さんはいつもそんなにナナメってるの? いいけど…
a0180681_2328914.jpg

それはメシ待ちなの? 床でサボってるだけなの?
a0180681_23282664.jpg

(当然メシですた…)


リニューアルした浅草文化観光センター、
そこに口コミ観光情報、ってのを書いて貼る掲示板がある。
って、週末に Oさんが教えてくれて、「そこに、こんなモノが!」
と写メを見せてくださったのです(私は見られなかったのですが)。
ェェエ、もしかして、miikoさんがサクラをしてくださったのかしらー、
以前展望テラスまで上っておられたし、と本日ご来店の際に尋ねてみましたところ、
へーそんなの知らない、どこだろう? とおっしゃる。

その後、帰り道にわざわざ探しに寄ってくださったそうで、
先ほど特派員レポートを送っていただきました!
「こんなモノ」とは…

のあー〜 (´ω`*)  撮影:miikomiioさん
a0180681_23222992.jpg

どなたなの〜
(猫)www  だいじww  浅草では特にねww
ブログをよく読んでくださってる方ですね!
「郎」もついてないし!
店の名前まで… ありがとうございますー

二階にあるそうです。
観光センター中身の案内こちら
つか、専用サイトを作ってないことに、今ビックリ。
このページだと、とっても楽しくなさそうに見えるなぁ。
私もそのうち行ってみます…

銀次親分(猫)さん、"おとこまえ" ですてよーホホ
a0180681_23353100.jpg

顔、丸ッ!


ひゃぁ、一日窓開けてたら、いっぱい蚊に喰われた。カィー

広島での展示のための、10人分の被爆/被災体験をまとめるテキストを作成中。
残り2名の80%までなんとか。
展覧会のたびに新たに行う作業。写真集では51人分を行った。
会場や環境や観客の層によってテキストの長さも内容も変わる。
変えた方がよいと思って、自発的にやっている。
今回は期間が短く、広島以外の被災地(できごと)各地から一名ずつと
プロジェクトのダイジェスト版のようになっており、
会場には他の作家さんたちの作品も多く存在していて賑やかな空間。
これまでのように静かに一人一人の人生と向かい合う、というのとは
スタイルが違っている。

10人分は今まででいちばん少ないけれど、それでも
かなり時間が掛かっている。掛けないとできない。
一人のお話を知るだけでも、とてもとても重く悲しいものを、
読みやすく短くまとめるというのは、申し訳ない気持ちもあって、
なかなか進まない。
全部伝えたい。全部知ってほしい。
内容だけでなく、話しておられる方々の口調、笑顔、涙、身振り、すべてを。
削るなんてできない。 という気持ちがあふれて来て
自分の調整にまず時間が掛かる。
でも、FROM ABOVE プロジェクトはあくまで入口であるので、
すべては入れない。
知りたい、聞きたい、会いたい、と思ったら、
誰にでもできるから。そして、ぜひそうしてほしいから。

テキストを毎回変える際に、変更しなくてはならないことがもう一つあり、
年齢を一歳ずつ足すことと、悲しいかな、みなさんがご存命かどうかということだ。
逝去されている場合、その日付を記し、
テキストも過去形にしなくてはならない部分がある。

今回、とびきりの笑顔の写真を展示させていただく、
長崎被爆者の渡邊司さん。
2010年夏の長崎展のとき、会場で初めてお会いした。
その後体調を崩され、昨年8月31日に他界されたことを
私たちが知ったのは今年の2月だった。
ちょうどその月に届いたはずの、完成した写真集は受け取っていただけただろうか。
今回、展示のおしらせを送るにあたり、奥様にお手紙を添えた。
東京大空襲被災者の二瓶さんにも、おしらせとともに訃報を伝えた。
二瓶さんは長崎展に同行してくださり、いっしょに戦跡も巡り、
あちこちで雨宿りもし、お食事もし、被爆者の方たちと面会し、
原爆と空襲、それぞれの体験を交わした。
[現地実行委員のみなさんが制作してくださったドキュメンタリー 動画
写真レポート]

空港へ向かう二瓶さんをバスターミナルまでお送りする際、
たまたま道でいっしょになった渡邉さんご夫妻に、
わかりやすいバスを教えていただきいっしょに行っていただいた。
雨の中、二瓶さんの荷物を持って傘を手向けてくださいましたよね、
とお手紙に書いた。
昨夜二瓶さんがお電話くださり、「私とってもよく覚えてるの、
会場でもたくさんお話したんだもの。でも亡くなったのは知らなかったから、
教えてくれてありがとう」と、初めての長崎で私たちを
優しく迎えてくださった渡邉さんを二人で偲んだ。


役者でもあられた渡邉さんのお話はとても聞きやすく、
しかもとても自然で引き込まれます。
「うれしくて、うれしくて」と何度おっしゃっただろう。
「母ちゃん」と呼び掛ける表情は、母親を恋い慕うまさに少年です。
語る部分とセリフの部分とで、使い分けておられる長崎弁も
とてもやわらかくて、涙が出る。

ぜひ、ぜひ、こちらの動画で渡邉さんと出会ってください。
銀さん動画より再生数が少ないなんて、おかしい。
たいせつなたいせつな、お話。
もうこの笑顔に実際にお目にかかれないと思うとほんとうに悲しいです。

わずか13歳の少年が、どんな想いで、どんな状況を
生き延びなくてはならなかったのか。

(4話に分かれています。全話観るにはこちらから、どぞ)



3.11の月命日に。
生きるとはなにか、を自分に問う。


明日は定休日です。
仕事終わらんのでがんばります…
驚くことに、銀さんはまだ寝ておられます。
帰りますよー…



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-06-11 23:59 | 日常

FROM ABOVE in 広島

先日来おしらせしている
ポーレ・サヴィアーノ写真プロジェクト『FROM ABOVE』、
8月3日(水)から31日(水)まで、
念願の広島で展覧会が開催されます!

広島の隣の横川という街の「名陶カフェ チアス」さんにて、
広島在住の被爆者の方々の肖像を中心に14点を展示します。

『FROM ABOVE in 広島』
この企画は篠笛・神楽奏者の「こと」さんによって実現しました。
一気に動き始めたのはなんと7月になってから。
写真集の発売に併せてできたらいいなぁと思っていたのですが、
8月の広島でできるとは思っていませんでした。

a0180681_19434589.jpg


出会いは去年の秋、広島での撮影を終えて東京に戻っていたポーレが
エフのカフェで取材を受けていたとき、たまたまカフェにいたのがことさんです。
会話の中であまりに「広島」「長崎」が登場するので
広島出身のことさんは気になって気になって、
「あのぅ、さっきから広島長崎って聞こえてくるんですけど…」と
声を掛けてくれたのです。

そのとき持っていた笛を蔵の中で吹いてくれたり、
プロジェクトの話を聞いて大きな共感を寄せてくれました。
そして、ぜひ展覧会を広島でやりたい! 地元の人たちに話してみる!
と言ってくれました。
そしてこの夏、ほんとうに実現するのです。
あの日あの時、私たちは同じカフェに居合わせるように
決まっていたのかなーとさえ思います。


横川商店街は、元気な商店街として全国的に有名なだけでなく、
若手アーティストの表現の場を積極的に応援しているのだそうです。
その名の通り、かなりの応援をいただいております。

商店街のデジタル・サイネージで宣伝するために、
チラシを元にこんな映像まで作ってくださいました。




8月5日(金)19:30からは、ことさんの篠笛と藤井尚子さんの朗読による
『STORIES FROM ABOVE 〜あの日の空は何を見ていたのだろう』
が開催されます。
原爆記念日の前夜ということもあり、
「希望、人間の持つ力を信じるという気持ちを持てる会にしたい」と
ことさん。

お近くの方はぜひお出かけください。
また、広島へお住まいのご友人におしらせいただければ幸いです。


FROM ABOVE in 広島 >>
チラシ >> (実際のチラシは開始日の曜日が間違っております、ごめんなさい!)
FROM ABOVE(プロジェクト全体)>>

ことさんのブログ >>

まもなく9〜10月の京都展のチラシもできあがりますので
またおしらせします!



おまけ的にごめんなすって、銀次親分。
雨なのに金曜らしくバーもずっと忙しかったですね。
a0180681_137823.jpg

ウィスキーを挟んで深夜の同席サービス。
a0180681_1371985.jpg

お向かいは、仕事帰りの雲&龍父さんです。
おつかれさんです。

銀次親分の背中が語っています。
a0180681_1372285.jpg

  そのキンピラ喰わせろ  と。


寝ました。なんかニヤニヤしてるな。
a0180681_1414850.jpg

土日がんばろうね。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-07-30 01:49 | おしらせ


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ