<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キリハリの歩み

昨年5月中旬、日比さんのツイッターでこの写真を見たときの衝撃。
このとき初めてキャンペーンのことを知りました。
ちょ、これ、毎日の給餌の合間にご夫妻がやっておられるのか…!?
たいへんすぎるやろ!
しかしその時点で締切間近、お手伝いできませんでした。
キリハリの歩み_a0180681_2355849.jpg

こちらは12月の日比家の作業。一家総出…手伝いたい…
キリハリの歩み_a0180681_236648.jpg

昨年は、締切に間に合わなかった前年のと併せて
2年分が溜まっていたそうです。
キリハリの歩み_a0180681_223817.jpg

届いた賞品、ドドーンと48箱!
キリハリの歩み_a0180681_22382983.jpg

これを見たとき、毎週モーレツに通った4〜5月の間に、
どれだけ(千本近く?)のパッケージを捨てたことか!
と歯ぎしりしたものです。だって、抽選じゃなくて「もれなく」もらえるんです。
景品のために買っていたわけではなく、給餌でもシェルターでも「必需品」、
その捨てていたゴミが、再びみんにゃさんのウマウマおやつに!

そこからは、給餌用に買ったりお持ち寄りいただいた焼かつおは
直ちに切り取るようになりました。
切ってからお持ち寄りくださる方も増えました。
焼かつおとささみは袋を開けると汁がつくので、
開ける前に切っておくのが得策です(中まで切ってしまわぬよう注意)。

主に私と晶子さんでやっていたのですが、百本単位で切るものがあって
最初の呼び掛けをしたのは8月終わりのことでした。
カフェやバーで居合わせた方々とおしゃべりしながら
猫の手貸していただいたら早い早い、もう終わり?ってくらいあっちゅー間。
キリハリの歩み_a0180681_22342337.jpg

貼らなくてもだいじょうぶだよーと聞いて、
この頃はまだ切って溜めているだけだったのですが、
2月にお持ち寄りくだすったTさんが、こんなにきれいに
10枚ずつ養生テープに貼ってくださり、しかも250枚あって感激。
キリハリの歩み_a0180681_22342094.jpg

これはいいアイデア!ということで真似しまして、
最初は25枚の2列で1シート、という細長いのを作っていました。
キリハリの歩み_a0180681_22341621.jpg

のちにこれは長過ぎることに気がつきまして、
キリハリの歩み_a0180681_22341075.jpg

最終的に10枚×5列に落ち着きました。
キリハリの歩み_a0180681_22371059.jpg

貼っても貼らなくてもよいみたいなんですが、数える係のヒトも
たいへんだろうし、お互い数えてるうちになくしてしまってもいやだし。
(実際、50枚とお持ち寄りいただいた袋に49枚しか入っていなかったことも)
なんせ一口250枚ですからね。
パッと見て数えやすく整ってるほうがいいかなーと。
キリハリの歩み_a0180681_22341360.jpg

5月12日、シェルターに溜まっていた
「ちゅーる」の外袋をたくさん持ち帰りました。
焼かつお分は移動の車中で切ろうかと思ったほどですが、
車酔いしやすい体質なので「吐かれても困るからやめとけ」と言われ。
キリハリの歩み_a0180681_231764.jpg

その後も続々とお送り/お届けいただき、
中には応募用にと切手まで同封してくださったり。
キリハリの歩み_a0180681_2234741.jpg

17口を応募! ×250枚で4,250枚です。
切ったニャ〜貼ったニャ〜
キリハリの歩み_a0180681_2234417.jpg

その後も締切に合わせて続々とお持ち寄りいただき、
中には250枚揃っているのも二口もあり、
キリハリの歩み_a0180681_22365894.jpg

遠方から速達でもお送りいただき。
キリハリの歩み_a0180681_2237122.jpg

最終集計をして、あと80枚でもう一口なので買い足して応募しまーす、
とおしらせしたら、その夜のうちに浅草のお二方がお持ち寄りくだすって
ちょうど80本に!
キリハリの歩み_a0180681_2237383.jpg

しかも中身つき。中身は給餌用ストックへ。
キリハリの歩み_a0180681_2237725.jpg

というわけで、新たに5口分も追加できることになりました。
17+5、+日比さんキリキリ分20、計42口=10,500枚!
給餌とシェルターで使った分が主ですが、たくさんの方々の
数十枚〜数百枚ずつも集まって大きな力になりました。
みなさまのご参加ほんとうにありがとうございました。

もれなくもらえる景品は、高級おやつ缶詰24缶入り。
約50匹を抱えるシェルターでは、一箱が一度のおやつタイムで消費されます。
シェルターは二軒ありますので、一年間、月に二回弱の
おやつパーティーが開催できます。(目標は、毎週!)

ご支援でシェルターに直接届く分は、さすがに切ってから送るわけにいかず、
おっちゃんも切るヒマがなく、浅草に送って送り返す送料ももったいなく、
日比さんのところへ回ります。
それ以外のものは引き続きエフを拠点に、
来年もキャンペーンがあることを信じて!また溜めていきます。

私、実はこういう作業が好きなわけではなくw
お店のポイントカードも絶対なくすので作らないくらいでして、
溜めるということができませんから懸賞も応募したことありません。
でもやっぱり、これほどの量を買って使っている物のゴミの一部が
こうしてみんにゃさんのうれしいおやつになって戻って来るっていうのが
とってもがんばり甲斐のある作業でした。
いつでもやるよー、と飲みながら気軽にご参加くだすったり、
今日はないのー、と帰りに覗いてくださる方たち、
猫の手みなさまのおかげで「作業」という感覚もほとんどなかったし。


最後に、今回職人並みにキリハリが上達しました私からw、
おうちでもできるハリハリのやり方をご紹介します。
(焼かつお/ささみ以外は専用用紙のほうがよさそうです)

[10枚×5列、計50枚を1シートのまとめ方]
テープの糊面を使うので、溜まってから一気にやる用です。

◎養生テープかガムテープ(紙テープでも、厚めのもの)
 約13cmの長さで3枚
◎ハサミ

参考動画(6倍速。実際は1シートに4分ちょいかかっています)



【追記】応募した44箱が届きました!2015.6.19来年もがんばるゾー!
キリハリの歩み_a0180681_2024439.jpg

キリハリの歩み_a0180681_20241225.jpg

by ginji_asakusa | 2015-05-27 23:39 | 紹介

DAY OFF:窓ベッド

朝陽に輝いて金色のさくらはん。
週末は鼻が詰まって発作になりかけたけれど、
点鼻をがんばってなんとか持ちこたえ。
すやすや眠れている姿を見るのはなによりしあわせなひとときです。
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22174377.jpg

モーレツな、おはよー
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22163739.jpg

今日はお休みですから起きても起きなくてもいいですよ
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_2219414.jpg

ひゃーーっ
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22202116.jpg

鼻が詰まってるとあくびもできないので、
さくらはんの大あくびは元気の印です。
ごはんにしましょうか
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22205134.jpg

今日のおやつはひきわり納豆に具なしの「だしスープ」をかけたら
さくらも気に入ってきれいにたいらげた。
いつもさくらが残すスープおやつの具(魚とか)を
盗み食いするすずはガックリ。やーい
でもだしスープって、絶対自分で無添加で作ったほうがいい気がする…
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_2314039.jpg

最近さくらはんがお気に入りの窓辺。
二重窓なので、互い違いに少し開けてあげます。
今年買った南部風鈴でも下げたいけど、
すずに飛びつかれて終わりだろうな…
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_235219.jpg

すずがあまりに骨壺をひっくり返しては齧るので、
悲しいけれどれんぷー祭壇を撤去して、さくらのベッドにしました。
姫の天蓋ベッド風(ただのカーテン)、もつろんここにも侵入するワルです。
こちらは昨日の光景。
さくちゃん気持ちよく寝てるんだから、襲っちゃダメですよ?
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_2141077.jpg

1分後… (さくらがヒッチコック映画の女優みたいと評判でした)
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_21416100.jpg

すずくん今日もワルな顔ですね
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_21362229.jpg

窓辺のベッド、略して窓ベッドに侵入し、
舐めてあげます
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22121335.jpg

この手が出ると怪しくなってきます
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22113292.jpg

動画でどぞ(長いし何も起きません)



さくらに舐めてもらってるすずはとてもしあわせそうです
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22132547.jpg

なかよし風でほほえましい瞬間もたくさんある。しかし…
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22101448.jpg

ほほ肉ガブリの決定的ワル瞬間
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_21443749.jpg

それでも菩薩対応のさくらはん。
闘うには眠すぎるようだ。
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_2146315.jpg

すずはコロコロ転がりながらさくらの足もとに移動
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_22151051.jpg

しっぽでいなされるなんて、赤ちゃんじゃないの?
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_21501077.jpg

ちょっと目を離すとこれだよ… やわらかいとこばっかり 噛 む な!
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_2274610.jpg

ようやくすずストッパー始動
DAY OFF:窓ベッド_a0180681_21515378.jpg

そんなくり返しはほっといて、ベッドに戻って昼寝をすると
いつの間にかふたりは私の腕まくらで寝ているのでした。


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
好評発売中『銀次親分物語(KADOKAWA)

by ginji_asakusa | 2015-05-26 23:38 | 日常

どこでも姉ちゃんLOVE

おやすずくん、複雑な顔しちゃって。
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0442977.jpg

お祭り終わって、今日は店も空いてそうだから、
三匹で出動しました。 [前回
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0544376.jpg

さくらはんにぴったりサイズの段ボールがありました。
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0443355.jpg

またそうやって乱入する…
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0543627.jpg

さくらがソファに移れば、
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0444110.jpg

となりに…
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0444567.jpg

蔵にて、シンクロ姉弟
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0473641.jpg

二階も行きましょね
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0474627.jpg

オ、そこは銀さんの見張りポジション
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0491452.jpg

しっぽたらして、カックイーね〜
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0491714.jpg

カフェにて寄り添いサービス
(ウソ、転がってるだけです)
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_5105178.jpg

ナオトさんがすずにぴったりサイズの
段ボールハウスを作ってくれましたよ
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0452670.jpg

自宅とまったく同じに、さくらのいるほうに侵入して
さくらがもう片方に移動して、というのを何度も繰り返し、
ソファに逃げれば追って来てしがみつき。
どんだけいっしょにいたいのかきみは。
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0455161.jpg

あ、なんだかなかよしみたいですけど
毛が舞い散るほどソファの上でさくらに乱暴を働きました。
ようやくブラックすずを目の当たりにした母と晶子さんも
「ひどい!やめなさい!」と叱るほどに。
すずにとって、ふたりでエフにいることが特別だったのは
初回だけだったようです。自宅にいるのとほぼ同じになってきた…
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_046372.jpg

こちらに避難(私のデスク真横、すずベッド)。
床から一気にひらりと跳びました。
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_0523936.jpg

カフェはのんびり空いていたけれど、
バーは月曜なのになぜだか金曜みたいに混んでいた。
猫好きさんゼロ、猫話皆無という珍しい夜。

閉店後。
自宅ではほとんど転がってる姿しか見られないさくらはんですが、
もつろん階段を駆け上るし駆け下りますのよ。
身重(みおも)に見えて実際身は重いですけど意外と身軽なんですのよ。
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_428264.jpg

キッチンでは鍋を煮ています。
さくらは知らないから仕方ないけど、そこでストップですよー
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3361945.jpg

コラーそこの毎日叱られてる確信犯のオトコー
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3364351.jpg

階段の踊り場 さくらは屋上の踊り場まで探検に。
ネズミがいたなら確実に仕留めるだろうな…
普段ひとりでは行かないすずも後をついて行き、
ふたりで楽しかったようだ。
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_337958.jpg

外の見張り 雨が降っています
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3373539.jpg

10分ほど動かなかったさくらも、ついに覗いてみる
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3374898.jpg

車が多くて怖いのよ、空気もきれいとは言えないね
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_338758.jpg

ここがあなたの暮らしている浅草という町です
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3382581.jpg

鍋がまだ煮えないから、待ってね…
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3384060.jpg

かわええですね
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_33973.jpg

ハイきみもきみも
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_33920100.jpg

待つ間に、銀本にスタンプ押し。だいぶ上手になってきました。
全部押したら200冊押したことになりますから、
上手くならなくてはおかしいですね。
猫吸いさんの『猫の吸い方』はエフ在庫最後の一冊です。
並んでいる二冊を見て
『ぎんじろうものがたり』と『ねこのあつかいかた』かぁ、
と言った方がおられましたよ!
通りすがりに歩道のポスターを見かけた方はほぼヒャクパー
「ぎんじろうだってー」と言っています。
先日はポスターを見てご入店くださりご購入くだすった方が
最初から最後まで「銀次郎さん」と言っていておもしろかったです。
もう諦めてるけどw 他の方におすすめくださるときだけは、
正しい書名を伝えてくださることを願います…
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_4374094.jpg

笹かまの開き
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_34008.jpg

ハイきみねきみね
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_339407.jpg

ハイわかったわかった
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3403588.jpg

きみがさくちゃんだいすきなこと、みんな知ってるよ
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3402396.jpg

帰りますよー
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_3404765.jpg

雨も小降りになって自転車三匹乗りで帰れた。
あ、店の冷蔵庫にお薬置いて来ちゃった(やると思ったゼ)。
ストックあるからだいじょうぶだけど。

本日の着地点 いっぱい遊んで疲れたかな(シメシメ)
さすがにもうホカペは点けていませんよ
どこでも姉ちゃんLOVE_a0180681_4131884.jpg

by ginji_asakusa | 2015-05-19 04:50 | 日常

三社祭

17日(日)未明(深夜1時)、
三社祭_a0180681_21302072.jpg

まもなく本社御神輿三基が並ぶ浅草神社の境内、
お清め中。
三社祭_a0180681_2130303.jpg

金曜の夜、ライブが終わったあと、
蔵の中に神輿部控え室を仕度。
今年は総勢20名ほどが参加、小さいヒトも多いので、
どんなに遊んだりこぼしてもだいじょうぶなように
蔵の床や壁面を養生するため巨大ブルーシートで包んだり、
お昼寝やおしめを換えられるベッドも三カ所に作り、
居心地のいい部屋が完成〜
三社祭_a0180681_1672735.jpg

すずも座布団運びで手伝ってくれました。
冬用で暑くていらないから二階にしまったんですけどね…
しまってもしまっても三回も階段をくわえ降りて運んで来て、
四回目にはバーまで引きずって来ていた。ごくろうさん…



[お祭り想い出アルバム]
このブログで猫よりヒトの写真が多いのは一年に一度
この日だけかもしれませんな。
カメラの調子が悪く、今年は1ページにおさまりました。

土曜日には、お祭りと知らず猫吸いさんとお友だちが大勢でご来店
三社祭_a0180681_16211826.jpg

神輿部室ですずともいっぱい遊び。
三社祭_a0180681_16213833.jpg

「うちの猫は絶対こんなことさせてくれないよー」
とみんな大喜び。そうそう、すずは特別。
よその猫さんにやったら絶対怒られますよ、気をつけてね
三社祭_a0180681_16214662.jpg

町会の御神酒所(おみきしょ)
三社祭_a0180681_16215926.jpg

宵渡御(よいとぎょ)を終えて町内神輿が戻って来たのは夜8時。
担ぎ手さんたちは朝からのべ1時間も休んでいません。
三社祭_a0180681_16235755.jpg

御神輿のライトアップ、LEDで風情ナシなのが残念ですが。
三社祭_a0180681_1624464.jpg

エフが所属する町会は雷門にいちばん近いため、
本社御神輿が引き渡されるのは一年ごとに朝一番か夜最後か
というだいじな役目。
去年は夜最後の一之宮、今年は朝一番の三之宮です。
担ぎ手さんたちは7時半集合、神社から雷門到着は8時半の予定。

日曜の目覚め… @8:15AM(寝坊)
三社祭_a0180681_21304096.jpg

がんばって起きたけど、30分遅かった…
いまどきは御神輿に付いているGPSで位置確認できるんだそうでして、
画面で店の前通過を確認…
三社祭_a0180681_16255214.jpg

土地とのご縁を結び直すたいせつな一日に、
店の前で神さまお迎えできなかった情けなさ。
やっぱり早起きの日は徹夜がいちばんだな…

このムダな早起きをどーしましょ…
三社祭_a0180681_21305121.jpg

私の部屋は東向きで午前中がいちばん明るいので(ふだんは寝てる)
ワルすずの動画を撮ってみました。
このくらいなら遊びの範囲&さくちゃんの唯一の運動として
見守るようにしています。
体格で敵わないことがわかっているすずは、
様々な跳び技を繰り出してはさくらに投げ飛ばされています。
忍耐強いさくらも最近はこうして自ら跳びかかっていくように。
やっちまえー



二度寝せずそのまま出動することに。
今日も町内神輿は浅草中を練り歩き、お祭りは日が暮れるまで続きますのでね。
細い路地にも町内神輿。
三社祭_a0180681_2131875.jpg

はるちゃん オトコマエだね!(女の子です)
三社祭_a0180681_21412647.jpg

わこちゃん くっちいさんから差し入れいただいたすいか、
みんなで美味しくいただきましたー
三社祭_a0180681_2142164.jpg

りーたん
三社祭_a0180681_2211675.jpg

双子ちゃん、初めての装束デビュー
三社祭_a0180681_21431340.jpg

すずとも遊び。
三社祭_a0180681_22574327.jpg

たまちゃん かわいいね!
三社祭_a0180681_21435815.jpg

オ、町内神輿がやって来ましたよ。
朝から飛び入り参加で本社神輿まで担いでおられた日陰亭副園長の
宿六さんに交代して、途中から参加の豆かあさんが担いでいます。
33秒頃から気をつけて見ていますと緑色の手ぬぐいを
頭に巻いた豆かあさんの勇姿が見えます。(ちっこいから埋もれてるw)



おつかれさまでしたーー カックイー!
今年も担ぐつもりではなく見学にやって来た豆かあさん、
祭部長の晶子さんは必ず装束を一式揃えていますのでね、
あっちゅう間にお着替えして神輿部参加となりましたー(二度目)
三社祭_a0180681_21454027.jpg

りーちゃんとおばちゃん
三社祭_a0180681_23274363.jpg

カフェはてんてこまいで猫の手ほしいくらいですけどね、
のあーー〜
三社祭_a0180681_21451630.jpg

息を吹くとピロローと伸びる昔ながらのおもちゃ(なんて呼ぶっけ?)が大ヒット。
特に、口をすぼめてヒトの顔にブブーーッと唾をかけるのが流行っている
りーちゃんに。
三社祭_a0180681_2239387.jpg

まーくん、またね
三社祭_a0180681_22495257.jpg

すずと遊んだのがとっても楽しかったらしく、
この夜目が覚めたらすずがいないと泣いたそうな。
私だってまだ名前呼んでもらえてないのに「すー」て言ってるそうな。


町内神輿の渡御もすべて終了、神輿部三本締め @17:00
手前が神輿部長のヨッシー、いつも大勢のみんなを
気持ちよくまとめてくれる頼もしいとーちゃん。
三社祭_a0180681_2250385.jpg

はるちゃんも二日間おつかれさまー
お祭りの最中に一つの部屋に集まった小さいヒトたちは、
自然と年長が年少をお世話するようになってオトナたちも助かる。
三社祭_a0180681_22501431.jpg

きみもがんばってますね
三社祭_a0180681_22502754.jpg

事務所にずっと閉じ込めだったけど、ようやくカフェに降りてみた。
ドア開いてるのでハーネスがっしり。
三社祭_a0180681_22504123.jpg

豆かあさんに抱っこしてもらったり
三社祭_a0180681_2393165.jpg

教育係の「銀八先生」ことあやこ隊長に吸われてキンチョーしてみたり
三社祭_a0180681_22563422.jpg

仙台からお越しのmiiko母上に遊んでいただいたり
三社祭_a0180681_22555719.jpg

小さいヒトたちも解散前の三本締め @18:30
虎三兄弟、大きくなりましたでしょ。
おつかれさまでしたー
三社祭_a0180681_225106.jpg

残っていたみんなで、宮に戻る本社神輿の引き渡しを見に
雷門まで @18:40
三社祭_a0180681_22523291.jpg

18:50、かんのん通りから三之宮が登場



これでも今年は人出が少なかったほうだと感じた。
二日間お天気もすばらしく、無事終わってよかったよかった。
三社祭_a0180681_2182276.jpg

放心中のすずくんw
きみも二日間がんばったね、おつかれさまでしたー
三社祭_a0180681_2183039.jpg

帰り道、祭のあと
三社祭_a0180681_22313322.jpg

浅草寺境内
誰かにとっての神事も、誰かにとってはただの自己表現の場であったり。
三社祭_a0180681_22314469.jpg

毎年のお祭りを振り返ると、やっぱり一番は子らの成長ですな。
2014年  2013年  2012年
by ginji_asakusa | 2015-05-18 22:40 | 季節

徒歩々遠足 4

おっちゃんのミッションはまだまだ続いている。
村の近くの病院で猫さん一匹降ろし、入院していた一匹を乗せ、
B病院へ行って無事抜歯手術が終わった二夜を引き取り
A病院へ行って一匹を検査に預け(Q:さて車には何匹?)、
シェルターに戻ったのは21:30。
まだ会ってないみんにゃさんに会いたいから、
この時点で最終の新幹線で帰ることに決めた。
22:24発だそうです。

キャリアっこ部屋ちらり。
今日はよく迎えに来てくれるね、わたる。
待っててね、最後に必ず行くからね。
徒歩々遠足 4_a0180681_20261850.jpg

やっと会えました二階のみんにゃさん、こんばんはー
お出迎えはおっちゃんの猫ココ
徒歩々遠足 4_a0180681_20262411.jpg

おっちゃんの猫ヤム
徒歩々遠足 4_a0180681_2028052.jpg

獅子丸(手前)と福丸
徒歩々遠足 4_a0180681_202789.jpg

朝陽
徒歩々遠足 4_a0180681_20272458.jpg

ジト三かわええ
左から優雨(ゆう)、美空(みく)、真(まこと)
徒歩々遠足 4_a0180681_20273498.jpg

幸生(こうせい)
徒歩々遠足 4_a0180681_20274220.jpg

おなかをモフられてるうちにズブブと沈んでとろけてゆくオレさ…
徒歩々遠足 4_a0180681_20403049.jpg

心音(ここね) ここから動いたの見たことないなぁ
徒歩々遠足 4_a0180681_20422276.jpg

あぁ好きw
徒歩々遠足 4_a0180681_20413597.jpg

おっちゃんの猫ぷーち
徒歩々遠足 4_a0180681_20405663.jpg

リキw その味わい深いお顔
徒歩々遠足 4_a0180681_2042364.jpg

あぁリキw うしろはいつき(樹)
徒歩々遠足 4_a0180681_2042493.jpg

レオ 同じ床の上にいてくれるなんて
徒歩々遠足 4_a0180681_20432324.jpg

三本足の福丸、ごはんおいしいね
徒歩々遠足 4_a0180681_20442160.jpg

みはる(深春)
徒歩々遠足 4_a0180681_21334625.jpg

うらら(麗)
徒歩々遠足 4_a0180681_21371291.jpg

そう(爽)
徒歩々遠足 4_a0180681_21341176.jpg

イカ耳コンビ、レオと朝陽
徒歩々遠足 4_a0180681_21345155.jpg

チャティ シャーされたけど、それはチャティの挨拶だそうで、
指出したらちょいちょいと握手してくれる
徒歩々遠足 4_a0180681_21351040.jpg

おっちゃんが「この幸生見てよーかわいいのー」と呼ぶ。
あぁ内股かわええ、蓮くんみたいなおデブ座りですね
徒歩々遠足 4_a0180681_21353361.jpg

幸生は片目がつぶれてしまっているけど、それがなんなのってくらい
ええお顔だし、穏やかでとことんのんびりした姿にほっこりする。
とびきりの専用ハラモフ係と出会えますようにね。
徒歩々遠足 4_a0180681_21355158.jpg

ピットさん、三つ指ついて
徒歩々遠足 4_a0180681_21361452.jpg

神出鬼没の深春は鼻水模様がピットと同じだね。
ケージの上にいたと思ったら、ジャンプして欄間の上で
お猿のポーズ
徒歩々遠足 4_a0180681_21564378.jpg


お待ちかねーのキャリアっこ部屋へ
手前:すなお(直) 奥:葉月
徒歩々遠足 4_a0180681_2137242.jpg

千夏
徒歩々遠足 4_a0180681_21374529.jpg

太陽
徒歩々遠足 4_a0180681_21375856.jpg

わくわくした子どもみたいな顔してる寿珠(じゅじゅ)
徒歩々遠足 4_a0180681_2138126.jpg

対して、武蔵センパイ…
徒歩々遠足 4_a0180681_2138365.jpg

山猫顔のつとむ 今回初めてシャーされなかった! 
徒歩々遠足 4_a0180681_21385685.jpg

ジャンボ兄貴はダイエット継続中
徒歩々遠足 4_a0180681_21391167.jpg

あれ、さっきあっち側にいた武蔵。
そんな巨体で逃げ回らなくていいのにー
徒歩々遠足 4_a0180681_21393060.jpg

左:宝珠(ほうじゅ) 右:すなお
徒歩々遠足 4_a0180681_21401668.jpg

おもちゃで遊ぶ。今日のハッスル大賞はにぃにぃ。
ゴーゴーダンス、イェー、パー
徒歩々遠足 4_a0180681_21435537.jpg

その背後で、明らかにみんなと違うタイミングとポジションで
飛び上がっては一度も捕まえられない千秋がおもしろすぎた。
しかもアゴ海苔模様がさ、大きく口開いてるみたいに見えて。
徒歩々遠足 4_a0180681_2144915.jpg

ん、いいのいいの、そのままのきみがすてきです
徒歩々遠足 4_a0180681_2140541.jpg

よじ登り組、奏と天音
徒歩々遠足 4_a0180681_21411481.jpg

わたるのハラ出しゴロンサービス
徒歩々遠足 4_a0180681_21413434.jpg

まだシャーせずいてくれるつとむ
徒歩々遠足 4_a0180681_21415263.jpg

前回つけていただいたレースカーテンが、
絞り染めみたいになってますけど…
徒歩々遠足 4_a0180681_214267.jpg

ジャンボ放流ー 奏をぺろぺろ
徒歩々遠足 4_a0180681_21423153.jpg

ケージから出て来ない組
上から:潮(うしお)、海人(かいと、うみんちゅ)、小玉(こだま)
徒歩々遠足 4_a0180681_21424836.jpg

カメラのデータによれば、最後の写真を撮ったのが22:12。
最終の新幹線は、22:24発。
こりゃヤバい、行くよっ!とおっちゃんにうながされ、
急いで仕度して車でバビューン。

駅手前の信号で停まっているときすでに22:21。
ワー乗れる気が全然しねえw
22:22(ニャーニャー!)、挨拶もそこそこにロータリーで車を降り、
走れーー!というかけ声を背に走る。
こんなこともあろうかと切符はいつも往復で買ってある。
とにかく必死で走り、選んでるヒマもなく進んだ道が
どれもエスカレーターなし、
すでに到着した新幹線から人々がざくざく降りて来ている階段を
すべて一段抜かしで駆け上がる。

日頃の運動不足の蓄積というのはすごい。
最後の一段を跳んだとき、視界はスローモーションになり、
あ、オレいま棒になってる…
足が棒とはこのことだぬーぬーぬー…

ホームまで上りきったところで、開いている新幹線の扉を前に
動くことを突然拒否した下半身を残して上半身だけが虚しく空を掻き、
へなちょこ棒は倒れました。
それはもう、ビッターーンと全身で。
両腕前方に伸び、荷物ズザーーッ。
誰も助けてくれない。車掌さんにも見えてない。
目の前にポッカリ開いている扉はなんだか天国の扉にも見えた。
今ここで乗れると乗れないとでは天と地の差(大げさ)。
夜のうちにさくらとすずの元に帰りたい、がんばりたい…たい…たい…
(スローモーション)

這ったまま車内に転がり込んだ私の背後でドアが静かに閉まった。
荷物をバラまいたかもしれないけど振り向く時間はなかった。
ほんとに1秒の差だった。
それもこれもすべておっちゃんの咄嗟の判断のおかげさま!
と噛み締めながら、よろよろと席に着く。
「万が一乗れなかったら」とおっちゃんは駅前で待っていてくれたのだけど
乗れる確率のほうが全然万が一だったと思う。反省。

転んだショックと、激しく打った両膝が
あまりに痛くて泣きながら気絶。
オレ今日でいちばんがんばった(そこ!?)、
おっちゃんに見せたかったな…かなり笑ってもらえただろうな…
レポートの中でいちばん長い話がコレなのかな…

新幹線に乗っている間が、東京の暴風雨はいちばんひどかったようで、
留守番組から散々脅かされ心配されたけど、上野に着いたら
何もかもウソのようにおさまっていた。
自転車で帰るー


この日の福猫舎のブログ[こちら

☆警戒区域や飯舘村の猫たちが保護されているシェルター
 「福猫舎」への支援は[こちら]から☆


仁義箱からも定期的に支援金を送らせていただいています。
みなさまの継続的なご参加ありがとうございます。


シャワーして猫メシして洗濯して、気絶。
目が覚めたらさくらはんが腕まくら。
徒歩々遠足 4_a0180681_21544959.jpg

布団の中にもう一匹。
徒歩々遠足 4_a0180681_21545714.jpg

ほんの一時、村にいたのが夢のように思える。
「夢のような遠足だったなぁ」と声に出してみる。
その言葉と正反対の中身の重さに笑えても来るし、
自分一人では行かれないのだから事実でもある。

猫たちにとっては、あってもなくても同じかもしれない一時。
野生動物の口に入るだけかもしれない一皿。
それぞれの場所から村へ入るヒトたちの一歩。
7ヶ月ぶりの村行き。
それまでの様々なできごとやしがらみが
私の感傷を煽るには十分な時間だった。
けれどえぐられた現実が確かにそこに在るかぎり、
私の感傷も感情も、たぶんなんの役にも立たない。
なによりそこは、故郷を奪われたヒトたちの場所であり、
ゆくあてのない動物たちが追い詰められている場所であり。

自分の心も、何もかも、変わりゆく。
道しるべにできるものも、ほんのわずか。
一匹と一人から生まれたチーム銀次、
それぞれが「一人」であることの意味を見失わず、
どんなにトホホでも、何度転んでも、一歩の歩みを前へ。
by ginji_asakusa | 2015-05-17 02:58 | お出かけ

徒歩々遠足 3

◎タロウと猫たくさん [昨年9月
お出迎えは三毛ちゃんとキジトラさん。
三毛ちゃんはおっちゃんが手術(捕獲)したんだって。
徒歩々遠足 3_a0180681_19332871.jpg

チャイさんスリスリ
徒歩々遠足 3_a0180681_19333438.jpg

ポンちゃんも
徒歩々遠足 3_a0180681_19323342.jpg

納屋の二階、空っぽなのでドライ補充。
(ここには給餌ボックスができたのを忘れていた)
徒歩々遠足 3_a0180681_19332143.jpg

ちゃっかりポンちゃん、
犬班で犬飯準備中のおっちゃんのそばで待つ。
あぁ変わらないね。
徒歩々遠足 3_a0180681_19365344.jpg

もう一匹キジトラさん、で計5匹
徒歩々遠足 3_a0180681_19374254.jpg

ヌヌ?とおっちゃんが突然ポンちゃんを引き寄せ、口をこじ開ける。
「うわ、口内炎ひでぇ、臼歯も腐ってるし、こりゃ痛そう」
徒歩々遠足 3_a0180681_19394132.jpg

え、そうなの… なんで口開けてみたの?
「口回りが汚れてっから」
そうか…猫たちの口をこじ開けるなんて、したことなかったな。
ごはんあげて、次へ向かうだけで精一杯で。
徒歩々遠足 3_a0180681_19421566.jpg

ムハムハ。
ポンちゃんも以前と変わらずペロリとたいらげるけれど。
徒歩々遠足 3_a0180681_19413286.jpg

チャイさんと三毛ちゃんも
徒歩々遠足 3_a0180681_19423587.jpg

ハイハーイ、タロさん!
忘れてませんともだってごはん済んでもずっと大声でうるさいもん
徒歩々遠足 3_a0180681_19425069.jpg

おやつあげます
徒歩々遠足 3_a0180681_19452812.jpg

ようやくタロさが落ち着くと、おっちゃんが
ちょといらっしゃい、と腰を下ろし
改めてポンちゃんを保定してもう一度口の中を確認。
徒歩々遠足 3_a0180681_19464448.jpg

あわわ… 大きなポリープが二つも。
徒歩々遠足 3_a0180681_19471087.jpg

こんなヒドイのは、キャリアっこ部屋の奏くらいしか見たことがないと。
奏は抜歯して明らかに痛みから解放され、改善した。
「順番飛ばして次はきみかもね…考えるよ」とおっちゃん。
徒歩々遠足 3_a0180681_19482589.jpg

ポンちゃんなつっこいし里子に行かれないかな。
「白血病かもしれないよね」とおっちゃん。…そか。
ここのコたちは比較的ダメージが少なそうに見えていたけれど、
それも半年以上前のこと。猫たちにとっては長く苦しい時間が過ぎていた。
そしてポンちゃんは男のコだったのね。

フレコンの上を渡っておトイレに向かうチャイさん
徒歩々遠足 3_a0180681_19521916.jpg

犬班A。さんことおっちゃんは、村の給餌ボラではなく、
事故直後から現在も、主に20km圏内の保護を続けている方である。
村に出向くのは緊急事態などでヘルプ要請があったり、
特に気になることがあったとき。
道は全部知っているし全リストも持っているけれど、
各戸の場所の記憶はピンポイントであり「給餌ルート」ではない。
たとえば用がないからさくらのいた丘には一度も行ったことがない。
えーっと、まさかのオレ道案内…がんばれ…


◎ゴンのいた納屋 [昨年9月
空っぽのドライを補充。
ここはサビ母さんの子猫を見つけてしまったとき、
おっちゃんが何日も張り付いて捕獲してくれたのだった。
徒歩々遠足 3_a0180681_2082049.jpg

◎クーの家を探してたら先にたどり着いた、
枯れ葉溜まりに 小さくら [昨年9月
徒歩々遠足 3_a0180681_2084781.jpg

小ささかま
徒歩々遠足 3_a0180681_2085982.jpg

つばき
徒歩々遠足 3_a0180681_209982.jpg

木蓮
徒歩々遠足 3_a0180681_2094737.jpg


徒歩々遠足 3_a0180681_2010417.jpg

フレコン山に、見たことない排気塔みたいなのがついている。
徒歩々遠足 3_a0180681_20104550.jpg

そして機械につながっている。何を測っているのだろ。
いつまで放置する計画なのだろ。この先も、いろいろ足していけば
それだけ誰かが儲かる仕組みなのだろう。
汚染は降り続け、大地は元に戻らないと、みな知っているのに。
徒歩々遠足 3_a0180681_20111043.jpg

◎サビ一家のタマちゃんち [昨年9月
空っぽ
ここにも初期にはたくさんの猫がいたそうだ。
徒歩々遠足 3_a0180681_20113247.jpg

あ、ヒゲちゃん見つけたよ
徒歩々遠足 3_a0180681_20115568.jpg

ム、はじめまして…
徒歩々遠足 3_a0180681_2012736.jpg

家を出たところでアカに会った。ごはん食べてね
徒歩々遠足 3_a0180681_20122053.jpg

禿げ地の向こうから帰って来たキジ白くんも、食べてね
徒歩々遠足 3_a0180681_20123645.jpg

うん、居着きのあのコだ(昨年7月末の写真)、
ハチワレがちょっと曲がっててフキダシみたいに見えっぺ
徒歩々遠足 3_a0180681_0135334.jpg

◎蔵ら(さくら)のいた丘 [昨年9月
徒歩々遠足 3_a0180681_20132783.jpg

荒らされてはいなかった。
給餌の間、さくらの声真似(高い声)で三毛ちゃんを呼び続ける。
誰もいなかった。
徒歩々遠足 3_a0180681_2015124.jpg

さくらヶ丘。
今では信じられない。さくらがここで三年間も暮らしていたなんて。
徒歩々遠足 3_a0180681_20184225.jpg

雨が少し降って来た。

◎もと噛む犬クーの家 [昨年9月
クーは村内のシェルターで暮らしている。
猫が二匹いるのだけれど、誰もおらず、メシだけ置く。
徒歩々遠足 3_a0180681_20162593.jpg

たくさんの盆栽
徒歩々遠足 3_a0180681_20164332.jpg

残したい花たち
徒歩々遠足 3_a0180681_20183285.jpg

10軒終了、これにて私が知っているお宅は以上です。
一匹ずつをしっかりと見て行く時間というのが必要なこともある。
けれど問題が見つかったところで、受け入れ先不足や飼い主の事情で
保護できなかったり治療後にリターンしたり。
そんなコたちが今も残されているわけで。
どこにいようと関わり続ける私たちの一歩ずつが、
動物たちの最後のか細い命綱であることは確かだ。
レスキューの現場、仮の家であるシェルター、終の家族、
それらをつなぐたくさんの点やヒトの手を増やさなくてはならない。
村が黒く塗りつぶされる前に。
雨をしのぐ小さな小屋さえもが取り壊される前に。
一歩でも前へ、一匹でも多く、安全な場所へ。
徒歩々遠足 3_a0180681_0424862.jpg

村をあとに @17:00
徒歩々遠足 3_a0180681_14112.jpg


つづく
by ginji_asakusa | 2015-05-16 04:07 | お出かけ

徒歩々遠足 2

まずは病院へ。
シェルターでは二つの病院を症状によって使い分けていて、
近いほうのかかりつけをA病院とすると遠いほうのB病院では
主に抜歯手術をお願いしているそうだ。
今日抜歯の二夜(にや)ばあちゃんは
シェルターと知ってか舎の前に棄てられていたコ。
がんばって元気で戻って来てね。
徒歩々遠足 2_a0180681_1712468.jpg

こちらの病院に入院させていたのは二匹。
飯舘村の高線量地区で、セリとともに保護されたフキ、
(保護の様子:natsumintさんのブログ
徒歩々遠足 2_a0180681_17113864.jpg

飯舘村の母子猫西宅東宅の合間であやこ隊長が見かけて(4/19)
騒然となった白ロン毛のロロ。
(保護の様子:natsumintさんのブログ
見分けがつかないくらい白猫が多い地帯ではあるけれど、
白長毛のこんな猫がいたら遠目でも目立つはずなのに
これまで誰も見かけたことがなかった。っていうのが
合点がいかないけど… ともかくひと息ついてくだされな。
徒歩々遠足 2_a0180681_17113235.jpg

順番待ち&二夜の手術前検査の結果を待ち、
だいじょうぶそうということで、お預けして出発。
いつもならおっちゃんは、麻酔から醒めるときそばにいてあげるんだけども。
すでに予定より1時間遅れ。車中で昼ごはんモグモグ。


向かう先は村。
今のこと、今後のことをおっちゃんと相談している中で、
「あなた半年以上行ってないことだし、村行くか!」
と誘っていただき、一も二もなく「だな!」と決まった遠足。
ぐるぐる考えてないで、またいろいろ感じてみなさいよ、
という励ましのメッセージとありがたく受け取った。
遠足と言えば楽しそうだけど、いつだって命のかけらを背負う旅。
行くならば、と日比さんから二つの地域の給餌も任された。押忍。


山木屋の餌場 @13:45
こちらは黒でなく青いフレコンバッグ。
現在は建物内の撤去も始まっているそうな。
徒歩々遠足 2_a0180681_17123949.jpg

いつもの猫たちはおらず、耳カットなしのキジトラがいた。
小柄だな、女のコ?
馴れてはいないけれどピューと逃げるわけでもなく、メシ待ちの様子。
あぁ久々の、「メシだけ置いてとっとと帰れビーム」だよ。
徒歩々遠足 2_a0180681_171334100.jpg

レスキュー車レインボー号に積んである捕獲器を、
仕掛けてみっぺ?とおっちゃんが仕掛けて離れてみると、
徒歩々遠足 2_a0180681_17135273.jpg

数秒で掛かった…

ハイ先輩、質問です、今の仕掛けのポイントは?
「捕獲器が登場してもメシの匂いに鼻をヒクヒクさせてたでしょ、
てことはハラペコ。そんなときはどこに置こうかとウロウロしたり
物陰に誘い込むなんてことせずに、当たり前みたいな顔して
置けばいいんだよ」
この猫は、この檻が何であるかなんて全く考えてないように、
メシしか見えてないように、ストレートに奥まで入っていったのだった。
さすがに捕らえられてからは慌てて、食べなくなってしまった。
ハラペコだったのにごめんよ…
こんなとき、これから村内を回るのだから帰りに、なんて思っても、
帰りにまたいるとは限らない。というか、ほぼいないだろう。
見つけたならすぐトライ。
去勢によって今後の長い苦しみが減ることを願って、ご同行願います。
あ、男のコでした。

日比さんが給餌されたのだろう、
通りに面したボックスは山盛り&猫が少し食べた跡
徒歩々遠足 2_a0180681_17145321.jpg

「どこもかしこも。もう笑うしかできないよ…」
と聞いていた通り、村に入ると黒の山、黒の壁。
徒歩々遠足 2_a0180681_19294564.jpg

運転しないからなおさら、絵として記憶している風景は
あまりにもねじ曲がっていた。
徒歩々遠足 2_a0180681_19293094.jpg

その奥も、その奥も、もう遠慮などなく。
徒歩々遠足 2_a0180681_19293731.jpg

一部のカバーが緑になったのは、黒だとあまりに禍々しく、
緑なら遠目で保護色になるから? 黒が足りなくなったから?
徒歩々遠足 2_a0180681_19295222.jpg

◎母子猫西 [昨年9月
ジョセンが休憩中で入れた。
知らない作業おじさんたちにもめげず、飼い猫のバナナだけがいた。
徒歩々遠足 2_a0180681_17165532.jpg

ごはんだよー おいでよー
徒歩々遠足 2_a0180681_17173868.jpg

そんな前じゃやだよー
徒歩々遠足 2_a0180681_17183214.jpg

ですよねー 奥までお運びしました
徒歩々遠足 2_a0180681_1719314.jpg

◎母子猫東 [昨年9月
こちらは休憩中じゃなかったけど、作業員さんが
ものすごい笑顔で「いつでもどうぞ!」と通してくだすった。
猫の姿ナシ、二カ所に置き餌
徒歩々遠足 2_a0180681_17191359.jpg

◎続いて、チビーー [昨年9月][チビ失踪
徒歩々遠足 2_a0180681_1719409.jpg

「いつも通り」チビの案内で納屋に入ると、
徒歩々遠足 2_a0180681_1719579.jpg

白い猫さんが!しかも首輪しとる…
徒歩々遠足 2_a0180681_1755451.jpg

他のボランティアさんにも見かけられており、
「赤い首輪」とあったけれど茶色かもしれない。

あぁハイ、空っぽですね
徒歩々遠足 2_a0180681_1974270.jpg

千夜はいなくなったけれどチビは変わらずそこにいて、
他の猫も受け容れたりしていて、その変わらぬ姿と自分の非力に
涙がこみ上げる。

チーズもお元気。
だけど「犬のノート」によれば誰も来ておらず四日目。
泣きたいのは私たちじゃない。
徒歩々遠足 2_a0180681_1962039.jpg

じゃあドライもなかったチビはもっとおなかすいてるね、
メシメシ
徒歩々遠足 2_a0180681_1963556.jpg

おっちゃんには、チビに会う理由があった。
前回会ったときに気づいたという目の異常。
白内障か緑内障か、ともかく目の表面が盛り上がっていて痛々しい。
うーん、写真うまく撮れず…
徒歩々遠足 2_a0180681_1964737.jpg

ごめんごめん、大好きなちゅーるあげるからね。
ワイルドだね…
徒歩々遠足 2_a0180681_19135813.jpg

ヘン顔特集
徒歩々遠足 2_a0180681_19285297.jpg

肉球はどれも指だけマーブル
徒歩々遠足 2_a0180681_1915477.jpg

白猫さんもメシ待ち
徒歩々遠足 2_a0180681_1918503.jpg

チーズもいっぱいもらってよかったね
徒歩々遠足 2_a0180681_19262845.jpg

おうち入りたいよね
徒歩々遠足 2_a0180681_19264746.jpg

モッフをご所望
徒歩々遠足 2_a0180681_1927121.jpg

チビといろんな話をした。
千夜のこと、病気のこと、きっとよくなる、よくしようね。
バイバイ、ごめんね。
徒歩々遠足 2_a0180681_19271347.jpg

◎並びのお宅 [昨年9月
猫声で呼んだら、床下にマガリいたー
徒歩々遠足 2_a0180681_19273021.jpg

食べないの…
徒歩々遠足 2_a0180681_19273913.jpg

車まで離れたらようやく食べてた。

小さいヒトたちが還れなくなった村の、
ところどころで見かけた鯉のぼり
徒歩々遠足 2_a0180681_19275127.jpg

猫も犬も駆け回ったあの野原
徒歩々遠足 2_a0180681_1929465.jpg

多くのヒトと動物たちの故郷
徒歩々遠足 2_a0180681_19291521.jpg


つづく
by ginji_asakusa | 2015-05-15 02:17 | お出かけ

徒歩々遠足 1

メシ待たれ 
徒歩々遠足 1_a0180681_14371545.jpg

支度もできて、1時間仮眠できるはずだった。
しかし私が電気を消し布団に入るのをスイッチに、
そこから2時間は暴れまくるのがすず。
いつもなら何度か起きて叱ったり止めたりしているうちに
私が寝落ちてしまうのだけど、そんなことしてる間に
起きる時間になっちゃたじゃないの…
徒歩々遠足 1_a0180681_14405056.jpg

ええコでいてね…(特にそこのデビルマンみたいなひと…)
徒歩々遠足 1_a0180681_14382438.jpg

そんなわけでまたしても徹夜で5月12日、
チーム銀次・徒歩々班オレ一名、
郡山のシェルター福猫舎に出動してきました。
"出動" と呼ぶのは憚られる行程なのだけれど、
おっちゃん(本名犬班A。さん♀)とある計画が。


8:33着。初めて郡山駅の喫茶店で朝食を食べてみた。
今日は移動が多くて食いっぱぐれるかもしれないからね。
朝カレーですと。美味しかったです。
徒歩々遠足 1_a0180681_1439022.jpg

台風が北上しているけれど福島ではまだ崩れておらず、
暑くもなく寒くもなくいい天気。タクシーで到着。

天音(あまね)、おはよー
徒歩々遠足 1_a0180681_16133428.jpg

兄兄(にぃにぃ)も、おはよー
徒歩々遠足 1_a0180681_16135849.jpg

玄関開けて「おはよー来たよー」と声をかけるも返事ナシ。
おっちゃんは二階でお世話中だな、よしゴミ出しちゃおう。
一人で全部は重かったけど、カラスと闘いながらがんばりました。
途中で「トイレ借りるよー」と声をかけるも返事ナシ、
聞こえるのはみんにゃさんのドタバタ足音ばかり。まぁいいや。

ようやく降りて来たおっちゃん、「ありゃいたの!」とビックリ。
いたさー ハイおっちゃん給餌、と各種差し入れをお渡し。

じゃあまずこれ、と登場したのは箱いっぱいのちゅーる!
徒歩々遠足 1_a0180681_1439638.jpg

「チャオ」というメーカーで5月末までのキャンペーンをやっており、
給餌やシェルターで毎回/毎日何十本も使っている猫用おやつの
外袋の一部を集めて送ると、250枚一口で「もれなく」
高級缶詰24缶入り一箱がもらえるのです。
ゴミがもれなくみんにゃさんのウマウマおやつに!
しかしみんにゃさんに差し上げると一回で一箱を使ってしまいます。
一年間、週に一度くらいはおやつ祭ができたらいいな〜
と、みんなでコツコツ集めてきました。
現在日比さん宅で20口分、エフでは15口分になっています!

何千枚もあると切ったり数えたり貼ったりするのがなかなかな手間。
これまではなんと日比さんご夫妻が夜なべでやっておられたのを
手分けしよう!と折りに触れカフェで切ったり貼ったりしていて、
これをキリキリ班とかハリハリ班とか呼んでいます。
おしゃべりしながら数人でやっていると苦もなくあっちゅう間。
貼り方には性格が出てとてもおもしろいです。
そんな浅草猫の手隊で預かるべく、ご支援で届いたたくさんの該当商品を
開封して外袋だけを集め、持って帰ります。


終わりましたー(あっさり)

玄関脇、キャリアっこ部屋の小窓から覗くと
一斉にドアまで迎えに来てくれるみんにゃさん。
上からにぃにぃ/寿々&にぃにぃ/わたる(航)&奏
はぁ〜遊びたいけどごめんね、
きみたちのところへは最後に行くから、あとでね
徒歩々遠足 1_a0180681_16192894.jpg

まずはいつもの相撲部室へ。
おかえりみーちゃん、腫瘍の手術がんばったんだよね
徒歩々遠足 1_a0180681_16325784.jpg

群れないオンナ・お歯黒ちーちゃん、ご機嫌いかがですか
徒歩々遠足 1_a0180681_1633502.jpg

一朗、三朗、姫のかまってちゃん兄妹
徒歩々遠足 1_a0180681_16373257.jpg

前回から今回までの間にこの部屋を巣立ったのはマメ。
GWに東京の里親さんの元に移ってしあわせに暮らしています。
代わりに今は日陰亭から一時里帰り中の「ゆら」が
マメのいたおっちゃん部屋にいるのだけど、出て来なかった。
元気になってまた東京においでねー

そしてあららっ、新入りのこちらのかわいコちゃんは!
徒歩々遠足 1_a0180681_1638416.jpg

なぎさ(渚)ちゃん
首をすくめるので遠慮しているとおっちゃんが「触ってもだいじょぶよ」と。
ヒトのいない場所で生まれ育ち、ヒトが怖いものだと知らないから
そういうコたちは逆に触れるんだそうです。わー
徒歩々遠足 1_a0180681_16382443.jpg

目が大きくて、片平なぎささんにそっくり!
とTwitterで話題に  覚えやすいわー
名前の由来は違いまして、原発周辺の海沿いの町で保護された猫たちは
みな海にまつわる名前がついています。
他にも登場するので見つけてください。
徒歩々遠足 1_a0180681_4291579.jpg

療養中の吾妻さん  少しずつよくなってね
徒歩々遠足 1_a0180681_1705182.jpg

茜 やっと三毛みーちゃんと見分けられるようになった
徒歩々遠足 1_a0180681_12363521.jpg

醍醐の、真顔でお着替えターイム
半袖似合わないね?
徒歩々遠足 1_a0180681_16402341.jpg

きをつけもしてくれず、かーちゃんにべったりすぎて
トリミングむずかしいです
徒歩々遠足 1_a0180681_16432214.jpg

前回まさかの写真撮り忘れ、蓮くん。
こーんなに巨体なのに、どうすると見落とすんでしょうオレったら。
きっと座布団に化けていたのね?
徒歩々遠足 1_a0180681_16562930.jpg

お詫びに、遊ぼ遊ぼ!
徒歩々遠足 1_a0180681_16564426.jpg

別名「座布団」の蓮くん、意外と遊ぶんですなぁ。
あくまで省エネ設計ですけどもね
徒歩々遠足 1_a0180681_16565255.jpg

横綱蓮くんに気を取られ、今度は巨猫No.2のローリエを
見落とすというね…(写真ナシ)
猫いっぱいいるとやっぱりテンパッてるんですかね…
見落とようなヒトにはシェルターの手伝いはできませんよな…


お隣の部屋へ
千夜  すっかりお顔もきれいになって、よかったね
徒歩々遠足 1_a0180681_1731975.jpg

ちゅーる係で役得。
今日ね、チビに会いに行くから。
千夜ちゃん元気で安全なところにいるよって伝えて来るからね。
徒歩々遠足 1_a0180681_1732970.jpg

飯舘村は母子猫西宅から保護された稲穂くん。
保護時の日比さんのレポート [こちら
声ナシのシャーをいただきました、かわええ。
徒歩々遠足 1_a0180681_1741986.jpg

ちっこくてかわええこつぶ
これはシャーではないです、お話ししてます
徒歩々遠足 1_a0180681_1755574.jpg

動きがトリッキーなまとも(真友)くん
トリッキーすぎて自分でも予測不可能みたいでw 台から落ちてた。
徒歩々遠足 1_a0180681_1784530.jpg

「病院の時間だ、行くよー」とおっちゃんが呼びに来ました。


つづく
by ginji_asakusa | 2015-05-14 03:09 | お出かけ

さくら荘増築

今朝の目覚め 
さくら荘増築_a0180681_3532365.jpg

布団の中にはぷしゅーとすず蒸し。
暑くないのかえ…てか私が暑いんですけど。
さくら荘増築_a0180681_3532687.jpg

自宅ではトイレのドアを完全には閉めていないので、
入ると必ずすずが開けに来る。
さくら荘増築_a0180681_3532999.jpg

「やめてよー」と言いながら閉めるのを毎回繰り返していたら、
入るためではなく覗くために開けてはこのように、
ニヤリという顔をするようになった。
さくら荘増築_a0180681_3533295.jpg

その顔を撮ろうとトイレにカメラを持ち込んで
座っている私もどうかと思います。
でもごくたまに、開いてみたらさくらだったりもするので
アーカメラ持ってればよかったのに!と思うのです。
ちなみに留守にするとき閉め忘れると、台に置いてある物、
壁にかけてある物、床に置いてある物、全部倒され落とされます。
トイレットペーパーをビリビリにする遊びにはまだ気づかれてない。


出動ー
さくら荘増築_a0180681_3493920.jpg

連休明け、さすがに店も静かでした。
さくら荘増築_a0180681_349548.jpg

夜には琵琶さんがやって来て、コピー機を使うので
すずはハリキッテ待ち構えます。
さくら荘増築_a0180681_495690.jpg

こんなにです。
さくら荘増築_a0180681_4103462.jpg




さて今夜は、カルアさんにいただいたハウスを
自転車にくくりつけてえっさと持って帰りました。
オ、スリングから出てまっつぐにすずが入りました。
そうそうこれはすずのおうちだからね。カルアさんも、
入口の上に「すず」って書いてあげれば、って言ってましたよ。
さくら荘増築_a0180681_346133.jpg

あれ…さくらはん、しれっと…
さくら荘増築_a0180681_3515341.jpg

あれ…すず、そっちなの…
さくら荘増築_a0180681_346476.jpg

いいけど…
さくら荘増築_a0180681_347514.jpg

思うようにいかないのが猫。まったく愉快だなぁ。
暗くて撮れなかったけれどもつろんこの間に
すずが何度も乱入している。退かぬ構えのさくらはん。
さくら荘増築_a0180681_4153168.jpg

やがてすずは私の足元に…
さくら荘増築_a0180681_3492274.jpg

さくらはんが袋叩きにならないことだけが願いだから、
どっちでも好きなほうで、いいんだけどね…
さくら荘増築_a0180681_403842.jpg

寝るときはどうなるでしょう。
広いほうでいっしょに寝るのか、二軒とも閉店したほうがいいか、
(たぶん後者…)また懲りずに観察です。
どうせもっと暑くなったら誰も布団には来ないんでしょうから。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
好評発売中『銀次親分物語(KADOKAWA/角川学芸出版)

by ginji_asakusa | 2015-05-08 04:29 | 日常

さくらお出かけ

GW終盤、いいお天気。
出発ー
さくらお出かけ_a0180681_23275475.jpg

今日はさくらはんも。
人気のない道路は存在しないGWの浅草、
ニャーニャー鳴りっぱなしの三匹乗り自転車がゆく。
さくらお出かけ_a0180681_2340596.jpg

ここだけはどんなときも静かな蔵。
入るとさっさと二階へ。覚えてる?
さくらお出かけ_a0180681_2328144.jpg

漆の床が気持ちいいね
さくらお出かけ_a0180681_23282155.jpg

すずは蔵に閉じ込めても扉をこじ開けて出て来てしまうのだけれど、
さくらはそこまでしないので(デカすぎて通れなかったり)
大きなケージとして過ごすことができる。

今日もさくちゃんをエスコートしてあげてね
さくらお出かけ_a0180681_23283595.jpg

しかし前回とは勝手が違った。
すずは自宅でのいつも通り、さくらを狙っては飛びついて
噛んだり蹴ったり…

なのですずは事務所に、さくらは蔵で過ごしてもらい、
しばらくすると中からさくらの大声が。
もしかしてトイレですかと事務所に連れて行き、
前回は使ってくれなかったすずのトイレに入れてみると
ンコもシコも出てくれた。これでもう帰るまで安心じゃ。

ご来店の子分さんたちが遊んでくださり
さくらお出かけ_a0180681_23285073.jpg

さくらお出かけ_a0180681_23291512.jpg

手まくらも
さくらお出かけ_a0180681_23302699.jpg

さくらお出かけ_a0180681_23303984.jpg

ちょっとだけ、立って走った
さくらお出かけ_a0180681_2332351.jpg

さくちゃんも、どこでも誰でもへいきだね、
よかったよかった。非常時に安心だよ。
さくらお出かけ_a0180681_2332868.jpg

事務所にて
さくらお出かけ_a0180681_23321555.jpg

ソファにて
さくらお出かけ_a0180681_23322787.jpg

どうしてもいっしょに寝たかったこのオトコ…
さくらお出かけ_a0180681_23323450.jpg

よかったね…
さくらお出かけ_a0180681_23375887.jpg

うれしすぎるのはわかるけど、やさしくね…
さくらお出かけ_a0180681_025466.jpg

おやや
さくらお出かけ_a0180681_0253043.jpg

すずをまくらに
さくらお出かけ_a0180681_0253868.jpg

閉店頃、ご近所のカルアさんが「さくちゃんはじめましてー」
さくらお出かけ_a0180681_4212781.jpg

家の猫さんたちが使っていないハウスを持って来てくだすった。
さくら荘と並べてみるためのすずハウス、さくら荘より大きい。
ありがとうございます。
さっそく入ってみるふたり、家ではどうなるかなー
さくらお出かけ_a0180681_42159.jpg

遊び方が全く異なるふたりのため、
右手ですずを、左手でさくらを遊んでくださり、
すずは目を回して休憩中
さくらお出かけ_a0180681_4211697.jpg

さくらにはチラ見せがよいらしい
さくらお出かけ_a0180681_4213980.jpg

水分補給
さくらお出かけ_a0180681_4215153.jpg

蔵でもいっぱい走り回り(床が毛だらけに…)、
そこにすずが飛び入りして正面衝突するくらい活発に。
さくらお出かけ_a0180681_422266.jpg

寝ちゃうの…
さくらお出かけ_a0180681_4221134.jpg

いつもはカルアさんに抱っこされて喉まで鳴らしているのに
今夜はさくらがいるから全く抱っこさせないすず
さくらお出かけ_a0180681_4222258.jpg

さくらがなでてもらっていると、
さくらお出かけ_a0180681_4223230.jpg

オラも… と遠くでスネるオトコ。複雑だのぅ
さくらお出かけ_a0180681_4224583.jpg


抜け毛がひどかったのでお風呂場でブラッシング。
さくらの初めての発作は去年のGW中で、盛大にブラッシングした
直後だったので、念のため病院の連休が終わる日に。
さくらお出かけ_a0180681_4562153.jpg

大きなさくら玉と、体の大きさそのままに小さいすず玉。
季節の変わり目、換毛期、5月に入ってさくらの鼻の調子が悪かったのは
毛のせいかもしれない。ブラシしたら点眼ナシで落ち着いた。
さくらお出かけ_a0180681_4563467.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
好評発売中『銀次親分物語(KADOKAWA/角川学芸出版)

by ginji_asakusa | 2015-05-07 02:22 | 日常


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
_a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
_a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
_a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
_a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
_a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
_a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
_a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
_a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
山登りと猫
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ