<   2014年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ブラシラブ

8月に入って本格的に毎日の習慣となったブラッシング。
今のところさくらはんの一番の楽しみなようです。
もともとなでられるのが好きだし、ブラシは生まれて今まで
やってもらったことがなかったんだろう。

帰宅してひとしきり再会を喜び合い、ごはん食べて、
さ、下僕もメシタイム、と支度を始める頃から視線が突き刺さる。
ブラシラブ_a0180681_4424866.jpg

ザ☆真顔
ブラシラブ_a0180681_21175959.jpg

どれも別の日だけど、全部同じ顔しとる。
どこまでーもまーがお〜
ブラシラブ_a0180681_4452587.jpg

あとで必ずやりますから〜と引き延ばしていると、
やがて責めるような視線に。
ブラシラブ_a0180681_4454172.jpg

見張られ〜て〜
ブラシラブ_a0180681_1484877.jpg

ちょっとでも立ち上がると、ついにか!とばかりに
「おぅふゎ〜〜〜〜ぁ」と絶叫して脱衣所に駆けて行くので、
結局根負けしてお風呂場へ。

さくらはんが自分から「もうけっこう」と言うことはないので
目安にしている「30分」も体内時計に刻まれて来た。
そろそろ気が遠くなって来る頃なのだ。
腕も鍛えられちゃうかもね。

8月中旬からは朝ブラシもプラスに… なぜだ?
そうだ、私がシャワーに入ろうとすると、お風呂場からいちばん遠い
窓際の朝寝場所から猛ダッシュでズンドコ駆けて来て、
私が慌てて締めようとするドアにズガーンとぶつかって、
それでもムリムリ入ろうとして、その姿があまりに不憫だったからだ…

寝過ごしてブラッシングなしと判明したときのショッボーーン顔。
寝過ごしたのはさくらはんですよーー
ブラシラブ_a0180681_4534274.jpg

朝のブラシ時間が短縮されたときのフッマーーン顔。
ブラシラブ_a0180681_4425517.jpg

手まくらと手ブラシで我慢してくだせえよ
ブラシラブ_a0180681_4351514.jpg

行って来まーすよー
ブラシラブ_a0180681_4351272.jpg

というわけで、夜はゆったりとブラシタイムを設けます。
待ちきれないさくらはんの歓喜歌謡と、お風呂場に入るときの音声。
※猫さんおられる方はイヤフォンでどぞ



お風呂椅子が気に入って住み始めた
ブラシラブ_a0180681_435256.jpg

さくらのおうちはこんな感じー
ブラシラブ_a0180681_435042.jpg

頭だけ隠してほか全部隠さずー
ブラシラブ_a0180681_4345760.jpg

ムハ、
ブラシラブ_a0180681_4345448.jpg

目が合います
ブラシラブ_a0180681_4345112.jpg

白玉が出たり引っ込んだりします、あやうく卒倒するじゃないか
ブラシラブ_a0180681_435654.jpg

白玉ピョコピョコ大人気、動画でどぞ



中はどうなっているんでしょう、と覗いてみますと、
ブラシラブ_a0180681_4343615.jpg

しあわせそう… ご奉仕のやり甲斐があるってもんです。
写真でさくらはん若返って見える、って言われてたよー
ブラシラブ_a0180681_4344264.jpg

毎日計1時間近くブラシしていれば、ブラシに付くムダ毛もほとんどない。
これならリビングでやってもよいのだけど、区切りがなくなる。

しかしお風呂場サロンの問題として、
タイルに座って尻が痛い。オレしっぽあるから。
かがむ体勢も辛い。スマホもテレビもない家のお風呂場では、
「ながらブラシ」ができない。
さくらはんのハラ毛は例えようもなくほわほわで美しいのだけど、
背中の毛はけっこうバリバリと硬く、束になっていたりもする。
逆毛にしてみたり戻してみたり、いろいろやっているうちに
根を詰めてしまい、30分もひたすらかがんでいると、顔を上げたとき
立ちくらみどころか脳の血管がビッキーンと音を立てる。
あぶないあぶないかもー

というわけで、下僕はお風呂イスに座らせていただきたく、
さくらはんには膝(正確には腿と言う?)に乗っていただきたく。
そうすればそれほどかがまずにすむし、もっとラブラブな感じだし、
胸毛もとかせるし、「膝乗り=大好きなブラシ」と覚えてくれたら
そのうち自ら膝に乗ってくれるんじゃないかというたくらみ付き。
(さくらはんは膝乗りも抱っこも断固拒否派)

しかしそうはうまくいきません。乗っているのは最初の1分ほど。
さくらはんは冷たいタイルの床がお好みのようで。
普段も部屋でクッションも綿入れも毛布も何も使わず床に直が好きだもんね…

今週からぐっと気温が下がったけど、ちょっと待てよ、
冬なんていちばん寒い部屋じゃんココ。
床が濡れちゃうからお湯であっためたりできないじゃん…

そんなの知ったこっちゃぁねえさくらはんは、
今夜もおうちでお待ちかね!
ブラシラブ_a0180681_4262141.jpg

ブラシも好きすぎて、ついガジガジ。
それじゃぁブラシ使えないんですよー
ま、3本あるけどね。「つや出しブラシ」とかも買っちゃって。
なでたら魔法のようにつるぴかになるのかと思ったけど、違うのね。
ブラシラブ_a0180681_42613100.jpg

後ろあたまをズィーとひっぱってるときの顔が好き
ブラシラブ_a0180681_426220.jpg

そしていっしょにふくふくベッドに入り、
その4時間後、激しい発作の音で目が覚める。
52日ぶりの発作 @8月26日 10:00AM
息を求める鼻が前に伸びている。
ブラシラブ_a0180681_23512148.jpg

定休日だったので、顔だけ洗ってそのまま病院へピュー
発作がひどいのでネブライザー預かりの前に診察を、とのことで待合室でしばし待つ。
あまりの音に、となりにいたおばさまが心配してキャリーを覗き込み、
「きれいなコね、かわいそうに、苦しくないように、楽になりますように」
と何度も何度も繰り返し声をかけてくださっていた。

点眼点鼻、ステロイド注射。
それでも治まらず、そのままネブライザー室にお預け。
がんばるだよ、さくらはん。


終わりましたと連絡があり17時に病院へ。
いつもと違い、全然治まっていなかった。
こんな状態で帰ったことないし、帰っても苦しいままだ。
さらに時間を空けて点眼点鼻、温湿布、注射4種類。
15分くらい様子を見て、と待合室で待っていると、
やがてくしゃみが連続で出て、白い泡のような浮腫がズビーッと飛び出し
ダラーーンと鼻からぶら下がった。
これが詰まっていたらどんだけ苦しいか。
しかもこんなに薬入れないと出せないのか…
かわいそうだけど、さくらは薬ナシで暮らすのは難しいのかもしれない。
楽になってさくらはんはケージの中でぺろぺろと身繕いを始め、
その姿を見て先生方もほっと安堵。


ようやく19時に帰宅。
いつもより弱っていたからか、トライ五日目にしてようやく
最後まで膝抱っこでブラシを受けてくれた。
さくらはんには尻を私に向け、膝につかまってお座りいただく。
右手でブラシをかけ、左手はあご下から首のあたりに添えておく。
呼吸器の不具合のせいか、さくらはんの喉はゴロゴロが鳴らない。
丘の上にいた頃からそうで、日比さんはさくらのヒューヒュー音を
ゴロゴロの変型か?と言っておられた。それも間違いではなく、
興奮するとヒューヒューズビズビ音は高まるのだ。
ふたりで座ってただひたすらにブラシをかけていると、首に当てた指の先に
コロコロコロコロ微かに転がっている喉の震えが伝わる。
静かでしあわせな時間。
寒いが。


翌日も念のためネブライザー@病院。
19時に迎えに行き、二日間の辛い記憶を忘れていただくため、サロン臨時営業。
さくらはん、思いがけずお風呂場のドアが開いて夢のように喜んでおられた。
椅子に座ってると下からこんな写真も撮れる。ニッコニコだ。
爪も切れるし、また毎日飲むことになった抗ヒスタミンシロップも
このまま飲ませられるんじゃないかな。
イヤなことを帳消しにしてくれるブラッシング、さくらの最強の味方だ。
ブラシラブ_a0180681_23513776.jpg

店に戻らなきゃならんので私は裸じゃないですョ。
あっふ〜〜ん
ブラシラブ_a0180681_23270.jpg

ブラシが必要なのは飼い主のヘアではないのか
ブラシラブ_a0180681_23521068.jpg

後ろあたまズィー
ブラシラブ_a0180681_23544829.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-28 15:54 | 日常

ワルい茶碗割れました

すず坊や、その後ろに隠した物はなんだえ…?
ワルい茶碗割れました_a0180681_22315559.jpg

その横目…その茶碗…
ワルい茶碗割れました_a0180681_2233249.jpg

墜落していたのは…骨壺に続き、銀次親分のお位牌…
にゃぼんの紙飾りはへし曲げられ…
ワルい茶碗割れました_a0180681_2232158.jpg

置いたオレが悪い置いたオレが悪い…
しかしおぬしもワルよのーー!ワルでしょー!
ワルい茶碗割れました_a0180681_22342089.jpg

ワルいワルい!
ワルい茶碗割れました_a0180681_22344257.jpg

茶碗、聞いてんの?!
ワルい茶碗割れました_a0180681_2234277.jpg

と、あわわわな日々も今日で見納めと思うと名残惜しい。
茶碗々。
ワルい茶碗割れました_a0180681_22185852.jpg

碗こうもり
ワルい茶碗割れました_a0180681_22192144.jpg

ゴロ碗
ワルい茶碗割れました_a0180681_22192423.jpg

病院で「傷チェック」をしてもらったらカラーが外せる。
「手術から一週間後」とは明日なのだけど、病院も夏休みで午前のみ。
きっと混むだろうから今日のうちに行きたかった。
でないと休み明けの月曜まで外せない。
早めに治っていることを願って、ダメモトで行ってみる。
今日は雨だからワンコたちも少ないだろう。

18:30に出発して病院へ。
体重は400g増えて3.35kgに。傷は治っていた!
心配なのは軟便で、昨日は4回もして今日も3回。
れんちゃんも抗生剤飲むと下痢してたから、薬のせいかなぁ。
下痢止め薬が出て、それでも治らなかったら便検査することに。
待合室でみなさんが「おめでと〜」と声を掛けてくだすった。
まだカラーを外せない重傷のワンコもおられるのに、恐縮です…

ついに、茶碗が、割れました!
6日ぶりの茶碗フリーに最初はきょとんとし、
ワルい茶碗割れました_a0180681_2241073.jpg

ぼーっとし、
ワルい茶碗割れました_a0180681_22224187.jpg

必死で身繕い。こればっかりはかわいそうだよね、猫にとって。
思う存分やってくらはい。
特に傷口を舐める様子はない。玉々のことは忘れてしまいな。
ワルい茶碗割れました_a0180681_2220411.jpg

水飲んで、
ワルい茶碗割れました_a0180681_22192642.jpg

影も猫に戻り、
ワルい茶碗割れました_a0180681_2224799.jpg

茶碗フリー ドヤ顔。
よかったね、坊。このままずっとこうじゃないよってほんとだったでしょ。
お見守りくだすったみなさま、ソフトカラーを貸してくだすったしいなさん、
どうもありがとうございました。
病気でもないのにご声援いただき恐縮です…
ワルい茶碗割れました_a0180681_22192919.jpg

どぞどぞ好きに遊んでいてよ、と蔵の扉を閉めて放しておいたら、
隙間を塞いだ板をブルドーザー時代に覚えた頭突きで押しのけた。
ワルい茶碗割れました_a0180681_22193473.jpg

まったく…と中に入ると、頭に来ておもちゃを全部ひっくり返してあった。
きみはいったい何平米ご所望なのかぬ?
ワルい茶碗割れました_a0180681_22193927.jpg

てね、広さの問題でなく、ヒトといっしょにいたいのだよね。
膝で甘えてみたり。
ワルい茶碗割れました_a0180681_22193632.jpg

ずっと付き合うわけにいかないので、
隙間塞ぎ板の前に重しを置いて押せないようにした。
それでも、ヌヌヌ…
ワルい茶碗割れました_a0180681_22351425.jpg

グィーー
ワルい茶碗割れました_a0180681_22364267.jpg

中が蒸し風呂になるので少しだけ開けておいた上の扉からも…
ワルい茶碗割れました_a0180681_22354291.jpg

立っとる…
ワルい茶碗割れました_a0180681_22355321.jpg

拡大図
ワルい茶碗割れました_a0180681_22461363.jpg

明日は取材があり、これらの全てをなかったことのように片付けねばならぬ。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-14 23:16 | できごと

晴れのち雨 6:消えゆく庭

続いて、マメー [前回 6月24日
ジョセンも最高潮だし大雨だし、会えないと思ったら出て来てくれた。
いつものアプローチを歩かせたら濡れてしまうから、
オレたちが駆けつけるよ〜
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0132428.jpg

スープ仕立てより通常メシをご所望。いっぱい食べてね。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0135880.jpg

水飲み場を塞ぐフレコンバッグ
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_014342.jpg

食後の洗顔。大雨とマメ



しいなさんの股の間に顔を突っ込んでくつろぐマメ
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_1665797.jpg

帰れませんねぇ、置いて行ってあげましょうか
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_014145.jpg

顔マッサージもね
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_014543.jpg

しいなさんの手ブラシで、一皮むけてすっきりマメ
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_01549.jpg

どうかお元気で
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_01534100.jpg

豊かなマメの庭、おじいちゃんの畑
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0284827.jpg

すっかり景色が変わってしまった
よっぽど足りなかったのか、ここではリボンがピンク、オレンジ、イエロー
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_029548.jpg

緑色だけ拾うフィルタで撮ってみた
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0292145.jpg

牛舎に向かう途中でも見かけたイノシシかイノブタがマメの庭にも。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0294625.jpg

ミミズ食べててください…
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_030431.jpg

クルッポとすみだの家は日比さんが監視カメラ仕掛けがてら
行ってくだすったのでGS横 [前回 6月24日
小屋の梁上で黒白ハチワレがそわそわ。
シロはいねえな、と探していたらまたまた豆川リーダーが
いたよーと資材置き場の奥の暗がりに発見。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0301443.jpg

裏の小屋のドライを見たら空だったので補充。
ブルーシートの隙間から覗くとシロと黒白ハチワレさんが食べてくれてた。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0304743.jpg

最後は山木屋交差点 [前回
日比さんが行きがけに寄っておられるけど二回でもいいの。
ゴエモンは豆川さん好きだね〜
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0312613.jpg

サバビちゃーん
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_032037.jpg

こんなイケメンくんいたっけ
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0321120.jpg

給餌ボックスも順調
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0335718.jpg

縁側は濡れちゃうから玄関先で給餌。
「ごっつぁーん」とゴエモン
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0323437.jpg

あじさいとサバビちゃん
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0325956.jpg

お富士さんはいなかった。

終了ー @18:00
休憩抜かして12時間、みっちり27軒がんばったフー
なんて屈強なんだオレ銀号…
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0331692.jpg

帰り道は気温が18℃まで下がり、車内ではエアコンが暖房に!
山だから、どんな真夏でも「寒くなる」設定は必要なんだな。
隣町の銭湯でひとっ風呂。ハーきもちい。

風呂上がり、西の空は晴れていた @19:00
雨女 vs 晴れ女は完全に引き分けといった天気だった。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0341576.jpg

お盆の渋滞を避けて行きも帰りも常磐道で。茨城県はひたすら雨。
屈強ドライバーのお二人もさすがにへろへろだけど
眠気を振り切り力を振り絞って交替で運転。
「どこでもドアほしい」。
「どこでも」じゃなくていい、飯舘限定でいいから、と
これは通い続ける誰の口からも出る、唯一の泣き言であり本音。
それくらいは言っていいはずだ。
村が抱える問題の本質は、距離とは全く関係ないのだから。

SAで降りるとき、ふと気づけば傘もなく丸腰な我々。
村での活動中の雨装備は完璧なのに、レインスーツも長靴も
すでに汚染物質として封印されており、とほほ。
行楽の家族連れで賑わうSAで自分給餌。
風呂入ったから臭くないだけマシだけど、
明るいヒトゴミのなかで気持ちには居場所がない。
消されてゆく村にいつまでも留まり、立ち尽くす。


浅草に無事到着 @24:00
猫補給〜とすずを愛でるお二人。まだ補給するんだw
注いでも注いでも溢れる猫愛。チーム銀次はただそれだけ。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0343714.jpg

ついでに投薬もお手伝いいただきw
よかったね坊、お留守番ありがとよ。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0344863.jpg

ムリ遊べない
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_036482.jpg

一時間後、いちばん遠方の豆川リーダーからも無事到着のしらせホ。
屈強安全運転、ありがとうございました。

さくらはんただいまー @25:30
いつも母が昼間に様子を見に来てくれている。留守番組あっての出動班。
洗濯しながらブラッシング、留守の分までたっぷりと。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_03527100.jpg

山盛りのトルコキキョウは翌日からカフェで
お客さまにお持ち帰りいただいた。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0362331.jpg

日比さんがたまちゃんのお父さんに渡してくださると言うので
蔵でも写真撮影。下手だけど。銀さんと。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0355456.jpg

茶碗坊と。
晴れのち雨 6:消えゆく庭_a0180681_0354486.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-14 20:03 | お出かけ

晴れのち雨 5:花束

小春の家 @14:45
野生動物に荒らされるため様々な工夫が凝らされた餌場。
その成果かこの日の減り具合は順調だった。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23384818.jpg

猫は誰もいないけど…
晴れのち雨 5:花束_a0180681_2339747.jpg

食べてね
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23385566.jpg

小春が眠っている場所。
私が最後に来たのは1月下旬、小春のお墓ができてすぐだった。
あのとき作った猫雪だるまはタロさに噛まれた手で握ったから
血まみれだったんだ。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23391167.jpg

続いてマリリンのいる酪農家。私は1月に初めて来たきり。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23391922.jpg

マリリンいた〜
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23392495.jpg

マリリン・モンローと同じ場所にほくろがあるんじゃよ(命名豆川)
晴れのち雨 5:花束_a0180681_15213651.jpg

豆かあさんの猫レーダー感度が急上昇して見つけたパッツン(まどか命名)。
ハチワレがパッツーンと割れすぎだから。1月にもいたね。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23393573.jpg

ちょびヒゲまであるのがパッツン。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_2340756.jpg

豆川レーダーがもひとりパッツンを発見!
こちらはちょびヒゲなし。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23401856.jpg

パッツン遺伝子。さぁどう名付ける…
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23405247.jpg

ブルーシートの隙間から覗いたらパッツンが食べてくれてた
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23413014.jpg

時を止められた牛舎
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23421115.jpg

続いてシロ(現・葵くん@福猫舎)がいた山裾の小屋へ向かっていると
前方から日比さんの肉球号が。
切り花農家だったサビ猫たまちゃんのお父さんが避難先で育てた
トルコキキョウをたくさんくださり、家に飾るよりも浅草で
より多くのヒトに見てもらいたい、銀次親分も新盆やし、と
わざわざ村外から戻って届けてくだすったのだ。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23422095.jpg

市場から直送の花ってこんなに大きいんだ。
ビニール袋には水も入れていただいてあり、横にできない。
豆川リーダーが必死で車内を整理してスペースを作ってくれた。
一日の気温差が激しい場所で育つというトルコキキョウ。
なんとか家業を再開したものの、生活できるベースにはなっていないそうだ。
それでも投げ出さず踏ん張って、手塩にかけて育てた花。
お父さんにままならない猫たちのお世話を、これからもやらせていただこう。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23423980.jpg

続いてたぬたぬの家 [前回 6月24日
恒例の白たぬ兄さんゴッツーン♡
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23495671.jpg

どなたかが三郎くんと名付けたらしい。似合っとる。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_235045.jpg

黒たぬは行方不明のまま、茶たぬは福猫舎でココアとして暮らし
残った白たぬ兄さんがこの餌場を守っている。
みんなも兄さんが大好きで寄り添って暮らしている。
ここでは誰も争わない。和やかに順番を待ち、入れ替わって食べる。
これもまた猫たちの生きるチカラ。見ていて心があたたまり励まされる。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23501290.jpg

続いてゲート手前の牛舎 [前回 6月24日
いつのだか、ウェットが腐っていた。
豆川リーダーが防疫の手順でささっと厳重に始末。
ぐるぐるしましま三兄妹のシャム母さんは不在だった。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23502149.jpg

ピンクリボンが足りなくなったのか、ここではオレンジリボン
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23503037.jpg

美しい花園ももうすぐなくなってしまうのか
晴れのち雨 5:花束_a0180681_23504522.jpg

続いて、ムクー [前回 6月24日
いちおうこれでも歓迎してくれてる はず…
晴れのち雨 5:花束_a0180681_0125847.jpg

ジョセンされないようにね
晴れのち雨 5:花束_a0180681_20552313.jpg

三毛のチャビちゃんを探したけどいない。
餌場を窓から覗いたしいなさんが「なんか別のがいる!」と言い
見に行くと… 濃いグレーのしましまのふさふさが悠々とメシ食べてた。
不敵なにやり。ふさふさしっぽの後ろ姿はたぬきのようだった。
三匹いるなら、ともう一皿ウェット追加。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_013548.jpg

ムクまた水たまり飲んでる…
晴れのち雨 5:花束_a0180681_013941.jpg

どうかお皿から飲んでくだせえ、とご用意すると…
晴れのち雨 5:花束_a0180681_0131228.jpg

いちばん濁った水たまりをご所望。
ムクにとって水は泥の混じった茶色いものなのだろうか。
それとも水道水も我々の買っている水ももっと危険だったりしてネ。
晴れのち雨 5:花束_a0180681_0131660.jpg

ムクんちはイエローリボン
晴れのち雨 5:花束_a0180681_0131963.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-14 16:03 | お出かけ

晴れのち雨 4:猫補給

役場でお昼休憩。母作おむすび弁当が復活。
しいなさんが剥いてきてくだすった果物もあって遠足気分。
日比さんと落ち合えるのを待っていたけれど、私が寝落ちて
連絡に気がつかなかったため、すれ違いで日比さんは別の地域へ。
終わったら会えるかなぁ。

寝落ちている間に他の二人は地図の予習復習だけでなく、
ロビーに居合わせた怒れる村民の方のお話を聞いていた。
美しいこの村をめちゃくちゃにしているジョセンは
これでもたった10%しか終わっていないこと、
こんな風にされて情けない、という想いを語気荒く語っておられた。
猫だけじゃなく猫を通して見たことを伝えてくれないと!というところで
目が覚めて、寝ぼけたまま銀次名刺をお渡ししようかと思ったが、
話の流れを全部聞いたわけではないし、自分の伝えていることが
村のヒトの望むものであるだろうかと自信もなく、やめておいた。


午後の部最初 @13:10 [前回
濡れるのがキライというチーズが脚を浮かせながら歓迎してくれた
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21511422.jpg

ちびと千夜ちゃんはお出迎えナシ
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2151261.jpg

メシのためなら来るけどね、ちび
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21513715.jpg

千夜ちゃんは軒下で雨宿り
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21514424.jpg

メシ終わって
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21515683.jpg

やっぱり雨も気にしないオトコ、 ンママー
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21524882.jpg

今日はお散歩ナシね
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21525859.jpg

ここにもピンクリボン
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21532824.jpg

猫たちの庭。
この三年以上、暮らしているのは犬と猫だけなのに、
ジョセンのあいだ彼らは追い払われる。
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21534565.jpg

どうか無事で
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21533899.jpg

猫メシを納屋に移動
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2153358.jpg

かわええ
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21535646.jpg

どうぞごゆっくり
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_215452.jpg

千夜ちゃんもブラシしてあげたいな
ほんとは姫のようにすてきなのに
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21542180.jpg

軒下でお見送りチーズ… ありがと。
もしかしてジョセンの間はヒトがいて、チーズはうれしいのかな…
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_21551356.jpg

続いてもう噛まない(かも)タロウと猫たくさんのお宅。[前回
梁の上からお出迎えはポンちゃん、カックイー
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23161615.jpg

続いたのがチャイさんと、ポンちゃんとセットのたれ目のキジトラちゃん。
チャイさんは甘えるのがうんと上手になっていた。
でも見違えるほど痩せてしまって心配。
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23164499.jpg

気の強い三毛ちゃんはハシゴの上に
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2318159.jpg

雨が強いからお散歩行きたくないけど、行く気満々のタロさの絶叫は
あまりにうるさくて放置できない。
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23202381.jpg

今日は豆川リーダーが初めて行くことに。
豆川さんはタロさが怖かったわけではないけれど、毎度他の誰かが
「オレが行く!」となっていたので行く機会がなかったそうな。
近寄る豆川、待つタロウ、その期待に満ちた顔w
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23211294.jpg

装着をええコに待つタロさ
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23215466.jpg

無事着いた!
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2324116.jpg

ゴーーー!
と、以前なら近づかれるのさえ激コワだったけど、オレももう平気
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23221729.jpg

このときがいちばん雨が激しかったんだけどねw
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23244645.jpg

さて猫班。待ちきれないたれ目のキジトラちゃんがガッツガツ。
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2325131.jpg

どこまでもガツガツ
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23262110.jpg

ポンちゃんも
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23263549.jpg

5匹
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2327392.jpg

オスのキジトラさん登場。オス同士仲が悪い感じ。
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2328354.jpg

先食べの2匹にこちらの6匹を足し、白猫さんもいたので合計9匹。
茶トラ兄さんだけ今日はいなかった。お元気かな、あとで食べてね。
我々もだいぶ猫補給でけました。
散歩から戻った豆川リーダー、「ほんとだ、散歩行ったら
猫解散しちゃってるー」と泣いておられ。すまぬ…
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2330659.jpg

この先もうずっと雨なのかなー
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23281736.jpg

ここで日比さん登場。ご支援でたくさんいただいた
仁義カロリーエースと虫駆除薬をお預けする。
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23291353.jpg

日比さん撮影オレ銀。カラフルなw
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23292925.jpg

日比さんは、サビ猫たまちゃんちのお父さんに呼ばれて
避難先に会いに行くので、とピャーとお帰りに。

おなかが落ち着いたポンちゃんを探せ
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23302228.jpg

拡大図
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_2335103.jpg

ここでした
晴れのち雨 4:猫補給_a0180681_23304249.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-14 05:54 | お出かけ

晴れのち雨 3:変わり目

次の地域へ @8:45
猫当てクイズ:天井裏の、プリッとした猫さんは誰でしょうー
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_19572977.jpg

「めんどくせー」と言わんばかりのこのお顔
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_19584071.jpg

愛しのうたちゃんなのでした。
久しぶり。会えなかった大雪の日以来だろうか?
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2001152.jpg

ごはんをもらったばかりなのか、足もとのジョセン作業がウザイのか、
結局降りて来なかった。超めんどくさ顔。
メシよりゴロスリのうたちゃんが…めずらしー
ブサくなってますよー…
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2014485.jpg

うたちゃんちを出るところから、天気雨。
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_202408.jpg

まさに雨女 vs 晴れ女といったお天気じゃw
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2024428.jpg

続いて牛舎のボックス。[前回 6月10日
近すぎて撮れない小夜ちゃんおはよー
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_205153.jpg

監視カメラにより、獰猛なアライグマ一家に占領されていることが
判明したここの給餌ボックスが、進化していた!ネズミ返し仕様!
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_20143756.jpg

なんとか猫たちに無事たっぷり食べさせてあげたいと、
来るたびこうして一つ一つ改良していく方々の努力に頭が下がる。
まさにできることを一つずつ、だ。
猫目線でジャンプ台から。オレ猫だったら跳べるかなー…
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2053036.jpg

ンマンマ
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_20171760.jpg

左足首に傷があってちょっと痛そうにしていたので仁義軟膏塗る。
雨が強くなってきたので小夜ちゃんを軒下へ。
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2016286.jpg

車窓から
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_20532015.jpg

晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_20532585.jpg

一旦役場で休憩して、次の地域へ @10:45

て、さらっと言ってみたけど午前休憩ですよお十時ですよ!

母さんおはよー [前回
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2055886.jpg

はらぺこで待ちきれず思わず近くまで来てしまった母さん
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_20554376.jpg

望遠ではない証拠に
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2144120.jpg

続いてゴルゴ母子宅 [前回
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2152748.jpg

飼い主さんにブラッシングしてもらったらしく、
体も顔もとてもきれいになってすっきりしている。
ゴルゴラインは変わらずw
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2154048.jpg

二本脚で立って「おやつちょうだい」もしてくださる
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_21331587.jpg

お子さんは相変わらず
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_21373358.jpg

三毛4匹のお宅は帰宅中のため通過。

続いて通りに面したお宅。前回に続き、誰もおらず。
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2133525.jpg

続いて蔵倒壊のお宅。[前回
帰宅されていたお父さん、片付けにお忙しく猫メシまだとのことで、
給餌させていただく。お父さんが蔵の中に声をかけてたので
猫がいるのかと思って「ニャー」と鳴きながら行ってみたら
出て来たのはお母さんだったw
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2134527.jpg

雨のなか立ち話。
飼い猫は一匹だけでこちらのハチワレキジ白さん。
あぁビミョーになつっこそうでムクに似てたこのコか!
名を「クロ」という。
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2133545.jpg

「あれ、ラッキーちゃんも飼い猫でしょ?」と尋ねると
「あれみんなラッキー知ってんの!」と驚かれ。
5月6日に初めて会えて以来、私は一度も会ってない。
「なつっこいコだからみんな知ってます、最近いないけどどうしてます?」
「最近見ねえな…」とのこと…
給餌については「ほんとに助かってる。毎日餌くれなんてとてもできねえもん」
と缶ジュースをくだすった。


昼休憩前にあと二軒、と役場付近の地域へ移動 @11:30
母子猫東宅は前回に続き帰宅中につき通過。

母子猫西宅。[前回
ハチがメシ待ち。ハシゴ上っても逃げないとは、すごい変化だ。
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_2138670.jpg

縁の下にもう一匹
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_21381648.jpg

帰るからゆっくりお食べね
晴れのち雨 3:変わり目_a0180681_21382543.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-14 05:32 | お出かけ

晴れのち雨 2:猫不足

続いてアプローチ最長の家。[前回
家の中にいつもの偵察役の茶トラくん。
その後三毛ちゃんもちらりと姿を見せた。
オキモノくんは屋根の上にもおらず。
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3435218.jpg

あやこ隊長提供のカラフル食器、今週も活躍している。
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3442555.jpg

あじさいはもう終わり
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3444147.jpg

続いて「石材店」チロ [前回
おはよー
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3465569.jpg

カカカ
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3471225.jpg

さぁメシメシ
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3473057.jpg

待ちきれないね
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_349978.jpg

目の周りもだいぶきれいになったね、ええお顔
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3484360.jpg

しいなさんのウェット崩し二刀流がすばらしく、真似させていただいた。
食べやすくするため缶やパウチから出すと皿の上でスプーンでほぐすのだが、
それを二本でやる。早いしこぼしにくいし調理っぽくて楽しい。
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3492466.jpg

歯が悪いチロにはカロリーエース仕立てでンマンマ
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_356220.jpg

茶トラも食べに来た
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3562273.jpg

キジトラも交替で。ケンカしないんだよ。
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_357764.jpg

ンマンマー
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3574391.jpg

先日ここで野生動物に襲われ命を落としたキジトラさんのお墓参り。
墓標はタイル。守ってあげなくてごめんね。
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3564590.jpg

道すがら出会った放れワンコ、ビビリながらもおやつを手からパクパク。
齧られたのか、耳から血が出ていた。
帰宅するとワンコを放して散歩させる家が多いが、
脱走と見分けがつかないから「散歩中」札があるといいなぁ…
トラックに気をつけてね…
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_3584144.jpg

続いての給餌ボックス [前回
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_40916.jpg

こちらも適宜減っていた
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_41092.jpg

天気はすばらしいが深刻な猫不足が続いているオレ銀号、
元気を出すためここで小休憩。まだ8時前w
晴れ初体験のしいなさんが「飯舘ってこんなにきれいなところだったんだね〜」
と(放射能さえなければ)美しい大自然を満喫しながら
「でも猫不足〜」と嘆いておられる。
「猫に会えない地域から回ってるからね」と淡々と応える
豆川リーダーから天然酵母のコーヒーレモンパンの配給。
なにこれンマー!
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_413287.jpg

続いて葉タバコ組合。[前回
こちらも適宜。
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_42845.jpg

あっキジトラさん
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_422877.jpg

用心深いコなので、こちらは扉の隙間から覗いている。
どうするどうする、だいじょうぶよ
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_424984.jpg

帰ったふりしてまた覗きに行くと、食べてくれてた。
お食べお食べ。
晴れのち雨 2:猫不足_a0180681_43234.jpg

このあと子猫を呼び寄せるような声で鳴いていた。
子猫はすでに保護されている。それともまだいるのかな?
少し粘って覗いていたけれど、姿は見えなかった。

つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-14 05:22 | お出かけ

晴れのち雨 1:ジョセン地帯

8月12日未明、チーム銀次・オレ銀号は二週間ぶりに浅草を出発。
メンバーはリーダー豆川、しいなさん、オレの3匹。
ちなみに豆かあさんは4万人目、しいなさんは11万人目の銀次子分。
しいなさんとは初めてごいっしょするけれど、
去年の春に私が村に行き始めてレポートを書いた直後、
真っ先に行きたいという意志を伝えてくだすった方。
この春からオレ銀号で経験を積んで道も覚えつつ今回で6回目。
自立を目前にしている頼もしいメンバーである。
福島ご出身で、村での福島弁通訳としても活躍しておられる。

けれど村ではほぼ毎回悪天候続きというしいなさん。
お二人は本来は晴れ女で、村でだけ逆転しているそうだ。
私は逆に、本来雨女なのが村ではおおむね好天。
ようやく全ての季節を経験したけれど、一日中雨、ということがない。
この三人がいっしょになると、天気はどうなるのか? 楽しみである。

立秋になって東京も秋めいてきたけれど、明け方福島県に入ると
20℃そこそこしかなく、まさかの「寒い」… 夏短いなぁ。

スーパームーンの名残の月と、
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3135244.jpg

朝焼け。これ乳房雲って言うんじゃなかったかな。
嵐のしらせだったっけ。
いつも曇天のしいなさんは朝日さえ見るのは初めてだそうなw
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3141793.jpg

猫付きコンビニ略してネコンビニで朝食 @4:30AM
ここで猫らに会えると村でも会えるというジンクスにしているが
今日はどうかな、みんな元気で会えるといいな。
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3142226.jpg

まずは絶賛ジョセン中の地域を8時前に終わらせるミッション。
お盆で作業も休みだといいのだが。

一軒目、小さくらちゃん @5:00AM [前回
朝一番からお出迎えしてくれた。元気出るナー
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3212416.jpg

ジョセン終わって地上1mでこれですか
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_315719.jpg

誰もが無駄だとわかっていながら
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3153975.jpg

続いてゴンのいた納屋、
ドライは適宜猫が食べた様子
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_322735.jpg

部分的にめちゃくちゃに削られる森
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_19141969.jpg

続いてサビ母子たまちゃん宅。[前回
輝く朝日に照らされても醜いものは醜い。
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3164741.jpg

家屋に入れない猫たちも、さぞ暮らしにくいだろう。
または我々朝早すぎる。
5匹いるのに、呼んでも呼んでも、だーれも来ん…
たまちゃんネズミ狩りかな、ネズミが隠れるような場所もないけれど
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_317058.jpg

続いて蔵ら(さくら)のいた丘 [前回
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3172121.jpg

脚立の周りも夏草がびっしり
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3174253.jpg

来るたび深く埋もれる丘
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3181681.jpg

竹林だったところにまた竹林が。
ジョセンて根っこまで掘らないんだろか。
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3183189.jpg

遥か奥のほうに積まれた汚染土満タンのフレコンバッグ、
草に埋もれてるけど持って行くの忘れないでね。
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3184583.jpg

この遥か奥から蔵ら(さくら)が歓迎歌謡を歌いながら姿を現してくれたこと
忘れられないね、と豆かあさんに言うと「さくらの声真似をしてみたら」
と言うので丘に向かってさくら母さん風にやってみる。
三毛ちゃぁ〜〜ん ごはん来たわ〜よ〜〜

…やっぱり誰も出て来なかった。
どこかで見ててくれるかな。あとでウマいメシ食べてね。
猫の誰かが食べてくれているのは、知っているから。


天気は上々、地域を移動してサロンのボックス @6:15
玉男くんおはよー
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_34147100.jpg

茶トラくん(小)。
デカいほうの茶トラくんは屋根の上を逃げて行った。
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_342339.jpg

猫が食べるとこんな具合
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3422718.jpg

ウェットどぞ
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3424693.jpg

この地域でいちばん心配な「工務店」。[前回
このところずっと誰もダイクを見かけていない。
私が最後に会ったのは6月10日。月に数回の私たちならまだしも、
ほぼ毎日来ておられる日比さんさえ会わないとなると偶然とは言えない。
ダイクはそれほど放浪せず、いつも同じ場所で待っていたから。
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_343232.jpg

ここにはキジトラもいるのでお皿はいつも二つ。
別の日のウェットが残っていた。
この減り方は二匹がなかよくおんなじ具合に食べたのではなく、
一匹がどちらも食べてどちらも食べ残した感じ。
晴れのち雨 1:ジョセン地帯_a0180681_3432256.jpg

飼い主はおらず、近づくこともできなかったけれど、
ピューと逃げるわけでもないダイク。(6月3日猫撮るレポートより
時間をかけて馴れてくれたらと願っていた。

無惨な姿を見てしまうのと、こうして安否不明になってしまうのと、
どちらがマシかといえば、猫のためには何が起きたのかを知り
せめて弔ってあげたいと思う。どこかで元気にしててくれよと
放置できないところまで状況は追い詰められている。
けれども通り過ぎるしかできない私たち。
「猫に会えない」ということは、ここでは重い意味を持つ。

つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-14 05:09 | お出かけ

茶碗の意地

いろいろ頭に来てる坊。
気の毒だけど、私には「今だけ」の姿を楽しむほかありませんw
茶碗の意地_a0180681_1473555.jpg

まぁまぁあと少しの辛抱ですよ、脚だって倍の早さで治ったんだから、
今回も期待していますよ。がんばろうね。
茶碗の意地_a0180681_1474147.jpg

ナオトさんも帰っちゃったし、こうもり遊びお付き合いします。
なんか色と形状的に、昭和の湯飲み茶碗思い出すね。
茶碗の意地_a0180681_148636.jpg

ガバァッ
茶碗の意地_a0180681_1481030.jpg

もうね、どんなに飛び跳ねても脚を心配しなくていいってのが、
まだ慣れないけどうれしい。

いつもはこうもりを放り投げるとそりゃぁみごとに口にくわえて胸を張り、
何度でも犬のように持って来てくれるすずくんだけど、
今はカラーがあって引っかかり、くわえることができない。
なのでこうもりは低空飛行のみで羽ばたかせる。

狙って狙って
茶碗の意地_a0180681_1481682.jpg

しかし、カラーに阻まれてもためらわず行けばブルドーザーのごとく
突き進めるということを学んだすずくんが、ここで意地を見せた。

くわえとる!
茶碗の意地_a0180681_1531276.jpg

これけっこうな意地だと思う。
だってアゴのすぐ下からカラーが押して来るし、
羽を広げたこうもりはずいぶん大きいんだもの。

二回目
茶碗の意地_a0180681_1531752.jpg

三回目
茶碗の意地_a0180681_1532022.jpg

四回目
茶碗の意地_a0180681_1532328.jpg

しつこい茶碗w
茶碗の意地_a0180681_1532621.jpg

五回目
茶碗の意地_a0180681_1533097.jpg

六回目
茶碗の意地_a0180681_1533454.jpg

あぁしつこいw この三倍はやっており、30分。
さすがにきみも疲れたでしょ
茶碗の意地_a0180681_1534423.jpg

まだやるの茶碗…(狙ってる)
茶碗の意地_a0180681_154499.jpg

オレそろそろ帰ろうかな…すず坊も寝たら…
茶碗の意地_a0180681_154199.jpg

ズガァン
茶碗の意地_a0180681_1582481.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-11 03:40 | 日常

甘やかし

さくらはんもお元気です。手まくらでうとうと。
甘やかし_a0180681_15475086.jpg

台風もへのかっぱだねー 発作ナシで36日目!
甘やかし_a0180681_1547291.jpg

風呂場でのブラッシングが日課になり、抜け毛も激減。
私がちょっとでも風呂場方面に向かうと「ランララ〜」と
乙女な鼻歌とともにいそいそと駆け足でやって来る。
毎夜風呂場に響き渡る歓喜のアリアはご遠慮いただきたいのだけど、
うれしくてうれしくてしかたないらしい。よかったなぁ。
夜だけと決めましたが、毎日がんばりまふ下僕。
甘やかし_a0180681_16553669.jpg

昨夜は、すずと会うのを楽しみにしていてくだすったもちこさんが
名古屋からご来店くださり、強力乳母ーズ5名様が集結。
ひそかさんに抱っこでとろーん。
甘やかし_a0180681_1634345.jpg

こちらの乳母さまはおうちに7匹おられるとな。
さすがの抱っこ上手ですずはうっとりメロメロ。
こんなに長時間抱かれておとなしくしてたことはないなぁ。
この隙に爪切ったり薬飲ませたりすればよかった。なんつって。
暑いのに熱い子猫をずっと抱っこしていただきありがとうございました。
こんな甘やかしはカラーが取れるまでだぞ。
甘やかし_a0180681_160316.jpg

もちこさんが iPadの猫アプリで遊んでくださる。
すずはとても上手で、ページをめくったりもしていた。
甘やかし_a0180681_15595423.jpg

銀さんもやらせてもらったことあるけど、イマイチだったね。
もちこさん曰く、子猫しか反応しないそうな。


すずに似てるからと、もちこさんが着て来てくだすったTシャツ。
ヒゲもヨレてて生意気な目で、ほんとに似てる!
甘やかし_a0180681_1602689.jpg

途中でしいなさんがソフトエリカラと桃をお届けくだすった。
病院のよりやわらかくて寝るときも邪魔にならないし、
Bたんが逆さに着けていて舐めなかったとのこと。
逆さなら、顔周りのストレスがなくなるからイイネ。
傷口に舌が届かなければなんでもいい。
しかしすずは軽々と舐めてしまい…(なぜBたんは…w?)
甘やかし_a0180681_1601594.jpg

通常巻きに。
甘やかし_a0180681_1613035.jpg

透明で見えてるのにぶつかるより、見える範囲で前だけ見て動くから
こちらのほうがストレス少なそう。その分動きは激化するが…
甘やかし_a0180681_1613836.jpg

猫のうしろ頭(造形)って重要だなと、見えなくなってつくづく思う。
閉店後、ナオトさんが掃除機をかけているのをジッと目で追うすず。
じゃあ帰るね、と背中を触ったら、ビッヨーンと飛び上がった。
視界が狭くて前だけに集中してるから、びっくりしたんだな。
甘やかし_a0180681_1614728.jpg

日曜日。台風の影響で店はがらがら。
すずは退院後ンコも2回して、嘔吐も下痢もなく、順調に回復の様子。
抗生剤を一日二度飲む。お盆前の木曜日までに治ってカラーを外せますように。
ていうかー、外の猫さんたちは翌日には裸でリリースされてるんだから。
これは過保護仕様だよね。

晶子さん自ら「耳掻いてあげるからおいでおいで」ですと。
カラーがあって掻けないもんね。
甘やかし_a0180681_1544383.jpg

まぁやさしい
甘やかし_a0180681_1544058.jpg

まぁ過保護
甘やかし_a0180681_1543556.jpg

開店休業=閉店後=オレのやりたい放題タイム、と勘違いしてる坊は
蔵にしまってもしまっても出て来る。
銀さんの骨壺はここから落下したんですよみなさん。
甘やかし_a0180681_15462115.jpg

おとなしくしろー
甘やかし_a0180681_15463114.jpg

マル秘部分はまだ腫れている
甘やかし_a0180681_15463845.jpg

今日は乳母ーズいないから母で我慢だよ
甘やかし_a0180681_15464641.jpg

鼻クソついとるやん。顔も洗えないからしかたないね。
甘やかし_a0180681_15465486.jpg

ちっさい白玉やのぅ
甘やかし_a0180681_15471280.jpg

最くるくる部分
甘やかし_a0180681_15471999.jpg

しまってもしまっても出て来るオトコ。
でも扉からピューと飛び出すよりは、捕まえる時間を稼げるのでよい。
甘やかし_a0180681_15503640.jpg

さらに出て来るオトコ
甘やかし_a0180681_15504871.jpg

寝ました(撮影:晶子さん)
甘やかし_a0180681_1625284.jpg

飯舘村の牛舎で保護され、7月22日に郡山から新幹線で連れて来た
しましまぐるぐる三兄妹、本日台風のなか2匹のお届けが無事終わり、
これにて三匹全員がトライアルに行きました。

「成せば成る」「やったるで!」を常に実践するあやこ隊長、
ここまで子猫たちを守り、健やかに育て、里親探しに奔走されました。
ほんとうにおつかれさまです!
あやこさんも他の誰とも同じ、働く猫かーさんです。
「えいやっ」と一歩踏み出すことで、各自にできることは必ずある。
村で保護された子猫ーズはまだまだ控えており、
今月にも再び東京へ搬送される予定です。
「ピンチです!助けてあげて!」という感覚よりも私たちは、
猫と始まる新しい暮らしの楽しさを伝えていきたいと思います。
甘やかし大歓迎、安心な室内で生涯の家族としてたいせつにしてくださる方、
ご検討の上ご連絡ください。

そして、福猫舎で7月22日に出会った風雅くんが7月26日に、
保くんが8月6日に旅立ちました。
猫たちの命の強さ、そして脆さに、胸が締め付けられる毎日です。
犬班A。さんのブログ[風雅くんのこと][保くんのこと

ぎりぎりの命をたくさん抱えてぎりぎりの心で踏ん張っている
シェルター「福猫舎」に継続的なご支援をお願いいたします。
支援先[こちら
レスキュー車支援先[こちら



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-08-10 18:50 | 日常


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
_a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
_a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
_a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
_a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
_a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
_a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
_a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
_a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
山登りと猫
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ