DAY OFF:寄り添う

24:00前から浅草はふたたびの豪雨&雷。
歩道がみるみる川に。
a0180681_240063.jpg

母と銀さんとれんちゃんとたくさんの荷物とでタクシーに飛び乗る。

自宅にて、れんちゃんになんとか水だけは飲んでほしいと思い、
何度も何度も閉じた歯を押して水を流す。
するとようやく、溺れて人工呼吸で息を吹き返したヒトみたいに
グハッと目を覚まし、口を開いた。開いた!開いた!
病院から帰って無理矢理数滴押し込んだごはんが6時間経って口に残っていた。
久々に開いた口の中は乾いていて、クチャクチャ開け閉めしているので、
その隙に薬も放り込むことができた。4粒全部。

はぁもう母さん感激、と一息ついていると銀さんが…
a0180681_240891.jpg

いやん
a0180681_2401016.jpg

軽くフレーメン
a0180681_240145.jpg

あっ……
a0180681_2401754.jpg

まさかの… 寄り添い……
a0180681_2405025.jpg

猫の子分であられるみなさまにはおわかりでしょう。
これをヤラセようったってできないことを。
a0180681_2402291.jpg

動画でどぞ。(れんちゃんのハラは動いています)


涙腺崩壊ッス、オヤビン…
a0180681_2401928.jpg

[初めてれんちゃんの看病に遭遇したときの銀次親分:こちら

何事も諦めるもんじゃないね、ムリと決めるもんじゃないね、
ってことを、私は幾度猫たちから習ったことだろう。

銀次親分、あんたはオトコの中のオトコだね。
ありがとう…
a0180681_2404526.jpg

午前3時、いつものように背中から抱いて布団に入る。
れんちゃんの微かな息の音を子守唄に眠る。

午前6時、トイレに起きる(オレ)。
れんちゃんすやすや。

午前11時半、目が覚める。

私の腕の中で
れんちゃんの呼吸は止まっていた。

体温計で測れないくらい、昨日から体は冷たかった。
今はさらに冷たく、そしてすでに固くなっている。
6時と11時半のあいだ、
れんちゃんの心臓は、
ろうそくの灯がジジジと燃え尽きてふっと煙になるように、
巻き忘れた時計の針が止まるように、
静かにそっと、その鼓動を止めた。
抱いて寝たときの姿のまま、もがいた形跡のひとつもなく。
れんちゃんは私を起こすことなく、旅立った。

前日に先生が「点滴もごはんも不要」と言ったので、
ならば三日と保つまい、と思っていた。
今では24時間いっしょにいるので看取れないことはないけれど、
苦しまず、眠るように旅立てたらいいなと思っていた。
でも今日は用事があり出掛ける予定だったので
どうするかなぁ、と思っていた。
神さまとれんちゃんが決めた旅立ちは、定休日、
目覚ましをかけずに私がぐっすり寝ている時刻だった。
風太も定休日だったけれど、私は出掛けていて風太は病院にいた。
今回も看取れなかったらさすがに立ち直れないところだった。
「眠るように」と言うよりも、
「眠った」という言葉がふさわしい最期だった。

ボーーとリビングを見やると、母はすでに出勤していて
空のベッドで銀さんが座ってこっちを見ていた。
銀さんは昨夜わかっていて、見送るために寄り添ってあげたんだね。
どうもありがとう。れんちゃんきっと安心だったよ。

いつになく神妙なお顔の銀さんです。
a0180681_19574978.jpg

母に電話して午後の予定をキャンセル。こちらもだいじな用事だったけれど。
母はすぐに段ボール箱とお花を持って戻って来てくれた。
段ボール(銀さんが寝てたやつ)、これ大きすぎでしょ!と言ったものの、
手足を伸ばして「ヒ」の字で寝ていたので、入れてみたらギリギリだった。

スリングに包んで送ってあげたいと miikoさんにメールした。
心を込めて縫っていただいたものを焼いてしまうことになるわけだけれど、
最期まで私とれんちゃんを繋いでいたものだから。
a0180681_19464954.jpg

miikoさんも泣きながら「喜んで」とお返事くださり、
花に包まれてれんちゃんのお支度が完成。
目は最期まで閉じなかった。
でもれんちゃんは目を閉じるとブサだから、そのままでいいや。
a0180681_19471410.jpg

ほんとうにね、眠っているようにしか見えない、穏やかなお顔です。
いただいた観音さまのお守り、他、金具の着いていないお守りも入れた。
a0180681_19474624.jpg

16:30、風太を送った浅草橋のペット霊園へ。
お別れをしたいというヒトたちの顔が浮かんだけれど、みなさんはお仕事中。
一日待つよりも、私が休みの今日、儀式を済ませた方がよいと思った。
そのために今日なんだろうと思った。
母と友人が同行してくれた。風太と同じく個別立会葬を選んだ。
釜の前で、がんばったね、ありがとう、と最後のお別れ。

小一時間かかるので、近くの昭和テイストの喫茶店へ。
カフェオレについて来たスプーンがたぶん間違っていて可笑しかった。
飲んでいるといきなりおじいさんがやって来て
「ブランデー入れてあげよっか」とニコニコ立っている。
「いや、酔っぱらっちゃう…」しかしすでに瓶は斜めになっており、
「あぅ、じゃあ一滴」と言う間もなく、っていうか聞くつもりもなく
ドボドボ入れられてしまった。ヒエー
しかし意外に心落ち着く香り。
そして飲んで、コーヒー共々おいしかった。
ヒトの葬儀もそうだけど、泣いたり笑ったり、するよね。
a0180681_2453183.jpg

振り返ろうとすれば目眩がするほどの時間と想い出。
今はれんちゃんの体を送ろう。17:30、染まり始めたこの空に。


火葬が終わり、15年と5ヶ月間れんちゃんの体を支えた
小さな骨の群を目の前にする。
ちいせぇぇぇー…

ヒトと同じに長いお箸でお骨を拾う。
誰にも同じことを言うのかもしれないけれど、係のおじさんは
「お祭りの砂糖菓子みたいに白いですね、普通はもう少し黄ばんでいます」
「小さいけれどけっこうしっかりしていますよ」と言ってくれた。
「目が見えなかったからあんまり動かなかった骨ですけれど」と言うと
その方は「うちのコは声が出せない猫でした」と言った。
「買ったコなんですけどね、しばらくしてから気づいて。
(心の中でオレ:「買っちゃダメですよ!」)
 でも一度家族になったら返品交換なんて思えませんよね」「ンダ!」

喉の骨がハート形にくり抜けていてかわいかった。
「写真撮りたくなっちゃうね」とふざけると
「お骨の写真を撮るのはどうにもいけません」とたしなめられる。
撮りませーん。


ほかほかの骨壷を抱いて帰る。カバーの色は黄色がなかったので赤にした。
浅草橋の駅前で、れんちゃん頼みで母と宝くじを買う。ハハ
帰り道、まずは観音さまへご挨拶。
れんちゃんの魂は、観音さまと風太にお預けします。
どうぞよろしくお連れください。

そして病院へ。
今日は院長先生がセミナーで不在とのことだったので、朝メールで報告しておいた。
昨日の時点で、先生たちはもうわかっていただろうと思う。
おなかの中身もきれいにしていただき旅立ててよかったです。
みなさん出て来て次々に慰めてくださった。慰めるというより、
れんちゃんのこれまでのがんばりを讃えてくださった感じだった。
「動画も見たー 銀次もがんばったね」
泣けてしまうのでロクにお礼も言えやしねえ。
でも哀しみに暮れ涙に溺れるという感じではなく、
なんというか、れんちゃんの尊厳を守り、
「大往生だったね」と後悔のない清々しささえあった。

エフで使っていて残った大量のおしっこシーツを献品。
一旦家に戻り、家にも大量に残っているシーツとフードを持って再度病院へ。
合計ですごい量になった。なんせ S/M/L の三種類が二カ所にあるのだから。
あ、オムツも。サイズが合わなくて一枚しか使わなかったなぁ。
フードは返金していただけた。
天使の看護士さんが「レモンちゃんは//さんが飼い主で
ほんとうによかったですね」と泣きそうな笑顔で声を掛けてくださった。
私の右足の上では、巨大すぎるサモエドくんが転がっていて
全身でモッフにダイブしたかったけれど、また泣いてしまう前に辞去。
ほんとうにお世話になりました。


はぁ銀さんただいまー
a0180681_19542078.jpg

留守番だったのに、迎えにも出て来ない。
凹んでおられるの? そうね、さみしいね。
これで銀さんはひとりっコだね。
あっちの部屋にれんちゃんはもういないよ。
さみしいね。
シーツの包みが減って、部屋がスカスカですよ。
ケージも畳んだら、もっとスカスカですよ。

れんちゃんが寝ていたおしっこシーツを片付けに行くと、
小さくシミがあった。色は濃いけれど匂いはほとんどしなかった。
いらないモノ全部出して、身軽だったね。
もうどんな不具合に苦しむこともないね。
目が見えないこともうまく歩けないことも、
生まれつきだからまったく気にしていなかったれんちゃん。
生涯で何度の発作に襲われただろう、もう数えなくていいね。
発作も入院も手術も投薬も、今は全部忘れたい。
そうして箱の中で生かしたことが正しかったのか、今は考えたくない。
いつだってれんちゃんはムクムクと自力で立ち上がって来た。
もうこれで終わり、とこちらが決める余地などないほどに。
盲目の瞳のその奥に、いつでも命の光を映し、私たちを照らしてくれた。
最後の二ヶ月半のその姿、特に8月のミラクル連発は、あまりに眩しい。

おつかれさま、ありがとう、あなたと生きられてしあわせでした。
それはどんな言葉にも書ききれないくらい、
あなたは私の命の一部でした。


お祈りくださったみなさま、お守りを送ってくださったみなさま、
メッセージを送り続けてくださったみなさま、
会いに来てくださったみなさま、今日にも会いに来ようとしてくださったみなさま、
心に留めてくださったすべての方に、感謝を申し上げます。

私、寝過ごすという大失態ながらも ( ̄^ ̄)
なんとか初めてこの腕で我が猫を看取ることができました。
母としてパートナーとして、こんなにしあわせな最期があるだろうかと
たくさんの想い出を噛み締めているところです。
今はれんちゃんの光が眩しくて、ぽうっとしています。
そのうちもっといろいろ思い出しては、穴の空いた感じがしてくるのかもしれません。
でも、私がれんちゃんとともに生きていることに変わりはありません。
優しい言葉もお贈りいただき、しばらくは涙もろい猫おばさんだと思いますが
どうかご心配なく。
しあわせな一日でした。

現在も闘病中のすべての猫さんと飼い主さんが
命の煌めきが照らす道を迷わずともに歩めますよう祈ります。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-09-25 23:52 | 生きるチカラ


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ