タグ:空襲 ( 24 ) タグの人気記事

12年目の

2月12日、発売になりました。
おもてにゃし 酒場の癒やしにゃんこたち
オラが表紙です、どぞよろすくー
a0180681_2349243.jpg

この日、今年初めて全員集合したのはダンス公演
『3.10 10万人のことば』のメンバー。
12年目になる今年も東京大空襲記念日に開催します。
a0180681_2344114.jpg

ほぼできあがった音声作品を視聴するため、みなで蔵に。
寒いので二階でエアコンをかけてみたら、これまで我慢大会のように
一階でやっていたのがアホのよう。みんな風邪引かないようにね…
すず学芸員も参加。
a0180681_23442028.jpg

80歳を過ぎて初めて語り始めたという方の新しい証言も、
過去の証言で聞いたことのなかった部分も加わり、
ハッとしてズシンと突き刺さる内容に。
この声も、あと10年もしたら、録音以外に聞くことができなくなる。
a0180681_23455331.jpg

音声構成カワチキララ、一番の猫使い
a0180681_23552555.jpg

ダンサー鈴木一琥
a0180681_23441611.jpg

手前は今年初参加、俳優の吉澤宙彦。
イッコさん以外に生身の誰かが入るのは、初めての試みです。
さっそくすずに頭をかじられてた。
a0180681_23443919.jpg

飽きたのかえ
a0180681_2344750.jpg

そんなわけねッス
a0180681_23562340.jpg

音響操作のずんいちさん
a0180681_23551622.jpg

シートを踏んでますよ
a0180681_23472186.jpg

猫を抱き語る
a0180681_23485069.jpg

a0180681_23481168.jpg

照明のタケモトさん、ルパンの五右衛門みたいな方です。
座り心地がよくなるようホリホリ。
a0180681_23485580.jpg

そこに決めたのだね、渋いチョイス
a0180681_2349062.jpg

キラちゃんが「こっちの膝のほうが肉がついてるよ」と誘っても
ずっと離れず。
a0180681_2349636.jpg

そんなメンバーで始まりました2016年の『3.10』。
公演情報は[こちら]です。
10万人の命を焼き尽くした炎の中を耐え抜いたこの蔵で、
「あの夜」を追体験するひととき。ぜひご参加ください。
ご予約受付中ですが、冬期休業中はお返事が遅くなります。
ご了承くださいませ。

今年のチラシに使わせていただいたダイトウノウケンさんの写真は、
墨田区に残る飛木稲荷神社の被災樹とともに撮影されたものです。
過去11回のチラシ[こちら
a0180681_2162247.jpg

明日にはPVが完成する予定です、こちらに掲載します。
by ginji_asakusa | 2016-02-15 00:35 | 紹介 | Comments(3)

その中で

本日は 13:30から Mr.コネリー。
a0180681_1959011.jpg

14:46、ラジオから追悼の鐘が鳴った。
今日までの二年間に起きたことがすべてこの瞬間から始まったことに、
改めて体が震え、涙が溢れた。
多くの方のお命日に、魂の平安を祈ります。
忘れるとか忘れないとかでなく、その中で生きている。生きてゆく。

銀さんはこんな感じだった。
a0180681_195948.jpg

ドイツはドレスデンから、1945.2.13 協会代表のノイツナーさん来訪。
ドイツから日本への空路は長く、高齢の被災者の方々には辛い。
戦後生まれのノイツナーさんが代表で初めての来日となった。
14:46はカフェでともに祈ってくださった。

驚くほど流暢な英語で話し、驚くほど滑らかな感性で
土蔵とこの街の歴史を受けとめてくださる。
蔵自身が意志を持って生き抜いて来たというような話は
誰にでも通じるものではない。お目にかかれて光栄だった。

ポーレがドレスデン滞在時に東京大空襲被災者の方々の話をして、
ドレスデン被災者の方々が「体験を共有・交換したい」とおっしゃって
始まった二つの都市の交流。
[2010年5月撮影、2011年2月展覧会、東京から二瓶治代さん訪問]

戦争を体験していない私でさえ、ノイツナーさんがこの街の破壊を
深く心に取り込み、蔵を慈しんでくださったことに、
たいへん救われる想いがした。
記念日を免責にしない。「その中でともに生きる」ということは
こういうことなのだと、奇しくも 3.10 と 3.11 の連続の中で実感する。

空襲の研究をなさっているみなさんと、蔵の屋根の前で記念撮影。
a0180681_20222434.jpg

「私は今回訪れた戦跡やみなさんから受けたもてなしをドイツで伝えます。
(高齢者も)一人や二人はぜひ行きたいと言うかもしれません」とおっしゃっていた。
滞在は予定外の3時間に。話しすぎ。
日が暮れる前に、と浅草寺や言問橋へと急いで向かわれた。


銀次学芸員も蔵の見回り @18:30
今日はずっと蔵にいるなぁオレ。
a0180681_2034691.jpg

暖かくなって来たら俄然ハリキリますね。
これまでは蔵の中があまりに冷凍庫だったので
銀さんも土間まで行っては「寒ッ」と戻って来ることが多かった。
a0180681_204107.jpg

ウッサ
a0180681_2082070.jpg

a0180681_208253.jpg

高みの見物。
a0180681_2083277.jpg

a0180681_2083553.jpg

19:00からずっとシルバーシート。今日は奥です。
a0180681_2083840.jpg

本日の点滴は冷たすぎたようで途中で怒られ中止。
先日の熱すぎがトラウマであたため足りなかったようだ。
ぬる燗むずかし…
でも好みを言っていただけるので助かります。精進します。
a0180681_209523.jpg

売れ残りきりたんぽ。
a0180681_2256229.jpg

a0180681_22563860.jpg

尻半分落ちとる。
a0180681_22595331.jpg

けどスヤスヤ。
a0180681_2301979.jpg

明日は定休日です。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2013-03-11 23:58 | お客さま | Comments(8)

3.10

銀次親分おはようさんです。
a0180681_22485676.jpg

いやいやヨロシク頼んでませんよ、NO ヨロシク月間ですから。

ダンス公演『3.10 10万人のことば』二公演無事終了しました。
ご来場くださったみなさまありがとうございました。
写真は昨夜のゲネプロより。
a0180681_2214469.jpg

今日は出勤時の自転車でやけに砂が目に入るなぁと思っていたら、
昼公演の受付開始頃からとんでもないことに。
見えますかな、見えなくなっているスカイツリー。普段はこう
息を止めて外に飛び出して撮ってみた。
a0180681_22195161.jpg

ボロ家の店内はあっちゅう間にテーブルの上がざらざらに。
みんなで「これが黄砂か!」と騒いでいたら、「煙霧」って? 初めて聞いた。
強風は珍しくないけれどこんなの見たことない。
ともかく恐ろしい感じのするものであることと、体によいわけがないってことは確か。
そして銀次 on the 最前線…
a0180681_22381948.jpg

昼公演終わって豆かあさん、エミちゃんと浅草公会堂の空襲資料展へ。
花粉症もあってか、街のマスク率は 80%。
焼け跡の写真では常に中央に位置している土蔵。
生きてるヨーーってピースして写真撮りたい気持ちだよね、
これを戦跡マップに載せないのはオカシイよね、と三人でプンプン。


行きは雷門通りから行ったのに帰りにふと柳小路を曲がって歩いていると、
ムム? 長崎にいるはずのヒトが前から歩いて来た。
「まっちゃん、なんでここにいるのー?!」
「ひゃ〜泉さん〜 メロンパン買って来たんです〜」
そうでなくて。

まっちゃんとコウヂくんが長崎からやって来て、
うちゅうばくはつがくだんのみんなが空襲記念日の浅草で
空襲の紙芝居を上演していたのだった。
「銀ちゃんの紙芝居やりまくりですよ〜〜」
(エフの土蔵と銀さんはお話の中で重要な役)
浅草なら教えてくれよ!行けねぇけどいちおう!
エフでも上演していただいた紙芝居は[こちら]。

団員のみんなと記念撮影。奇跡の再会。いや、おしらせくれよと。
なんであの道曲がったんだろうなー、と思えば、まんま会うためだったのだな。
まっちゃんも「メロンパン買いに出てよかった〜〜」と。
a0180681_2229515.jpg

夜公演の前に点滴したかったので、新曲聞けず残念。
あぁびっくりした。でもあたりまえか、コウヂくんだもの。
原爆記念日には長崎で会いましょう。
んでオレもデカメロンパン買った。

夜公演を前に銀次学芸員の最終チェック。
a0180681_2253661.jpg

オッケーですか。
a0180681_22535719.jpg

遊んでる場合ですか。
a0180681_2254324.jpg

銀さんと遊びたい小さいヒトならここに…
a0180681_2322763.jpg

くっちいさん、銀猫さんお届け、ありがとうございました〜
お揃いの赤いリボンまでつけて。
a0180681_2255467.jpg

あ、オトナのお姉さんのところに退避ですか、そちらも妖怪ですけど。
a0180681_233831.jpg

映画『犬と猫と人間と 2』の本チラシいただきました。
たまちゃんがチラシの猫さんが「ぎんぎん、にてる」って。
そうだね、ハチワレだし、まあるく座ってるかたちも似てるね。
a0180681_2335984.jpg

モンスターと妖怪のセット。
本日は昼も夜もオールスターキャストでしたな。
a0180681_2345248.jpg

えっと、銀さんはたまちゃんのお顔を引っ掻いてしまいました。
目のそばで怖い(>_<)! ごめんねごめんね。
a0180681_235191.jpg

というわけで怪我人一名、他は無事終了しました。
公演について、まだ言葉がまとまっていないので今日は書けませぬ。
よい公演でした。
今年もみなさまとこの場所でこの日を迎えることができました。
どうもありがとうございました。


今日の点滴は 21:30。ぬる燗で。
a0180681_23132458.jpg

明日はドイツからお客さまが。ドレスデン大空襲の証言を支える会の方が
土蔵に会いに来てくださいます。
ご一行についての[新聞記事


記念日は記念日だけで終わらない。
たいせつなのは、なにもなくなった土地と人生に立たされたヒトビトのそこからの日々。
過ちを繰り返さないことへの意志。
進行形の 3.11が私たちにそれを教えてくれる。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2013-03-10 23:39 | イベント | Comments(6)

前夜

昨夜閉店後、爛々の銀次親分を動画でお届け。
走り回って、シャッターをも登る勢いでした。
助走と踏切が合わなかっただけで、うまくいっていれば登ったと思う。
ご心配ばかりでは心苦しいので、元気な姿を。


カメラ蹴られすぎ。

続いてお輿上げ。
a0180681_22332945.jpg

寒くないから得意気がパワーアップ。そして長い。
ナオトさんあとはよろしく…
a0180681_22333324.jpg

本日もフロントシート。
夕方起きまして miikoさんに寄り添い。
a0180681_2310670.jpg

ソファ席で忠犬サービス。
a0180681_23101083.jpg

蔵の中を応援。
a0180681_23101428.jpg

銀さま大ファンのおばあちゃまに寄り添いサービス。
おばあちゃまは「今日はなんていい日!」ととても喜んでくださいました。
a0180681_23103458.jpg

今日もがんばっておられますねぇ
a0180681_2310223.jpg

ノビッ
a0180681_23102596.jpg

ホイ点滴 @17:30
a0180681_23102932.jpg

今日は失敗。怖かった。
気をつけようと書いていたのに、点滴液を温めすぎていた。
チューブを通して三回も手で確認していたのに、よく混ざっていなかったのか
熱すぎる部分があった。
銀さんもウーウー怒っているし、途中で気付いて止めて、
再び出してみたら、「アチッ」というほどではないけれどけっこう熱かった。
二度刺すのは気の毒なので半量にて終了。
その後は平然としておられたのでほっとしたけれど、すごく怖かった。
気をつけよう。銀さんごめんね。


18:30よりダンス公演ゲネプロに参加。
いよいよ明日が本番です。
二年前には母さんのおなかの中で参加していたたまちゃん。
おとんは本番ですよー
a0180681_23104648.jpg

チラ見せ。
明日は夜の部(18:00開演)のみご案内可能です。
お申し込みは[こちら]から。
a0180681_23284568.jpg

ではでは公演の準備をしてまいります。
お申し込みいただいている方々、ご来場お待ちいたしております。


明日3月10日は68年目の東京大空襲記念日です。
正確には9日の現時刻には爆撃機は東京の下町地区に接近。
日付が変わってすぐに爆撃が開始されました。
投下された焼夷弾は38万発以上、10万人以上の市民が炎に焼かれました。

日の出とともに明らかになった東東京の光景、
その目撃者である土蔵の中で、10万人のことばをつなぎます。

ギャラリー・エフと東京大空襲[タグ:空襲




Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2013-03-09 23:46 | 日常 | Comments(10)

街の記憶

昨夜銀次親分は閉店後も寝ておられ。
稽古上がりのイッコさんと仕事帰りの琵琶ッチとオレと、あちこちに偏った三人で夜更けまで
文化、民族、信仰、クニ、カネ、猫、あれこれに偏った話をして楽しかった。
a0180681_16391467.jpg

丑三つ時の見張りと抜け殻。
a0180681_1823122.jpg

今日から浅草公会堂で始まった東京大空襲資料展[新聞記事]、
実行委員長の Kさんからチラシを持っておいでよーとお電話いただき、
ピューと駆けつける。
エフの土蔵の写真ももちろんあります。Kさんはコピーも用意していてくださり
土蔵を囲んで赤丸をつけてチラシとカードとポーレの写真集を置いてくださった。
16年経っても、知らないヒトの方が常に圧倒的に多いからこういう機会もたいせつ。
a0180681_1640513.jpg

ちょうど体験談が始まったのでしばし拝聴。
吉野山隆英さん、当時15歳。あの夜の地獄絵図を絵画にしておられる方です。
15に68を足したお年にはとても見えません。
体験談がこちらに載っていました。
a0180681_16401841.jpg

正義の戦いなどない、二度と繰り返してはならない、と吉野山さん。
この街が焦土と化したこと、爆弾の雨は世界で今も降り続けていること、
核兵器が世界中で製造され続けていること、この国がふたたび
軍隊を持とうとしていることを、せめてこの日には強く心に刻みたい。
ビルが建ち並び、楽しいことだけを強調して見せるこの街だからこそ。

3.10 から 3.11へ、そして今もこの国を蝕み続ける原発が吹っ飛んだあの日、
すべては現実で、すべてはつながっている。
68年後、春の青空の下、この交差点を行き交うヒトビトにも。
誰だっていつだって、自分の街がまるごとなくなるなんて思っていない。
それでもほんとうは知っている、いつだってその種は
私たちの足もとで燻っていることを。
名前がわからなくなるまで炎に焼かれるのは、
いつだって私たちであるということを。
a0180681_17283779.jpg

さっそく公会堂でチラシを手にしてくださった方がカフェにご来店くださり、
蔵のご案内をすると「来られてよかった」と言ってくださった。オーよかったです。

あ、そうそう、
先月銀さんがフライングでハリキッテ対応しておられた
テレビの取材[こちら]、来週放送になります。

3月12日(火)20:00~
BSジャパン(テレビ東京BSデジタル 7ch)の『空から日本を見てみよう plus』
「東京の下町 築地~浅草」編にエフの土蔵が登場します。
番組詳細は[こちら

「見てる!」「くもじい好き!」という声が結構多いですね。
銀さんは登場しませんが、ビルの谷間に挟まれた土蔵を空から見るのが楽しみです。


おっ、銀さーん @15:00
a0180681_16432331.jpg

メシ喰ったのですね、よかった。
a0180681_184385.jpg

オトコの身だしなみ。ベロもピンクピンク!



16:00すぎ、窓際ベッドに戻ったのだけど数分後ナオトさん到着で
飛び降りて毛布ズルルーー
a0180681_16585510.jpg

ハイ忠犬。
a0180681_16444090.jpg

メシ喰って、突然思い出したようにハウス @16:30
まぁ珍しい。
a0180681_16581192.jpg

引っぱり出すのはかわいそうだから今日の点滴は夜かのぅ… と思いつつ
器具の用意をしていると… 足もとに。
これにも驚いた。これはもう「やっちまっておくんな」認定ではないだろうか…
a0180681_18514451.jpg

サクッと終了。本日もエライでした!(ノω・、)゚.+°

2月26日の日記によれば、病院で母が初めての点滴練習をしたあとに
「とはいえエフでやるのはムリムリムリムリ」と話していた。
ほんとうにそう思っていた。心から思っていた。
そのために高くても技術料を払うのは仕方のないことと思っていた。
だから記録っておもしろい。時にエイッと体当たりする試練や、
爪先分くらいずつの進歩を、こうして振り返ることができるから。
そしてまた教えられる。諦めちゃいけないってこと。
泣きながらでも鼻水たらしながらでも、いっしょにがんばってゆくのだす。


休憩中の 3.10チームにツンデレ寄り添いサービス。
チームは全員男性で全員とてーもクールなのだけど、
全員心は猫愛に満ちていることをオレは知っている。
そして銀さんの好みのタイプでもあるよね。
a0180681_187620.jpg

ダンス公演『3.10 10万人のことば』昼の部はまもなく定員となります。
夜の部はまだ空きがあります。
お申し込み、公演詳細は[こちら]から。

終演後、あの夜の防空壕のような蔵から這い出したとき、
浅草の街はきっといつもと違って見えるはずです。
68年が経ち、空襲や原爆の記憶を持つ最年少の方々も70代になられました。
誰も語らなくなったときのことを思うと私は怖くてたまらない。
自分の祖母の出自さえ詳しくも正しくも知らず、もう聞くこともできないのだから。
その時を待ち望む世界にあって、これらの記憶が失われるのは一瞬だ。

二度の猛火に焼かれこの場所に建つこと145年、黙して多くを語る蔵とともに
10万人の「ことば」を私たちのカラダにつなぐひととき。
ぜひご参加ください。


銀さんがシルバーシートの位置指定を行う瞬間を
初めてカメラがとらえました!
ね、ね、こうやるんですよぅ〜
a0180681_1884838.jpg

夜の部はそっちですか… しかしオヤビン、そこはこれから団体さんが見えるから
やめておいた方がいいですよ、ぐっすり寝られないと思います、
とフロントシートに誘導し、なんとか成功 @18:00
現在もぐっすりおやすみ中。
a0180681_20485116.jpg

さて〜 sudou_manさんから咲ちゃんの最新画像が届きました!
ブログなど始める余裕はない…とおっしゃる sudouさんに代わって
すでに美猫ぶりを発揮しておられる咲ちゃんをお届け〜
にゃぬーーーー がわえぇぇ
a0180681_1893765.jpg

なんかすでにニコとかしちゃってまぁ…
父さんに似て、庭の見張りは欠かさないそうです。
しばらくはおソトが恋しいかもしれないけど
咲ちゃん、おうちの中がいちばんですよ。
おばさんね、これだけは断言できるのよ。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2013-03-07 21:43 | 思うこと | Comments(11)

おしらせ

+:+:+:+: 3月のイベント :+:+:+:+

a0180681_0302564.jpg ダンス公演『3.10 10万人のことば』 vol.9
 ダンス:鈴木一琥 音声構成:カワチキララ

 2013年 3月10日[日]14:00/18:00(2回公演)
 昼の部は満席となりましたので受付終了いたしました
 夜の部はまもなく定員となります

 ご参加にはご予約が必要です
 詳細は[こちら]から


タイトルをクリックすると大きい画面になります

ギャラリー・エフと東京大空襲[タグ:空襲


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2013-03-01 00:00 | おしらせ | Comments(4)

3.10

ダンス公演『3.10 10万人のことば
2日間3公演、無事に終了しました。
机に座っている時間がまったくなく、ブログ更新できず。
ご来場くださったみなさま、どうもありがとうございました。
なみさん、豆母さん、ありがとう。

あ、そうだ… 無事じゃなかった。
イッコさん、昼の公演で顔から流血してましたね。
どこにぶつけたのかは謎ですが、夜公演までに三針縫いました。
狭くて暗くて、あれだけ集中していれば、起こりうる。
怪我しない方がふしぎですけど、8年間で24ステージのうち
血まで出たのはこれで二度目かな。だからきっと守られてる。


音響のジュンイチさんに遊んでもらっている銀次親分。
a0180681_4455071.jpg

昼も夜も公演中、たいへんおとなしくシルバーシートにおられました。
a0180681_4454720.jpg

どうやら銀さんには、
前説が必要な公演とそうでないものの違いが感じられるようなのだ。
a0180681_4454037.jpg

でもそこにいてくれるだけで安心します。
a0180681_4454381.jpg


イッコさんが病院へ行っている間に
私は米本塾長と、夜には石巻へ向かうリチャードを連れて浅草公会堂へ、
東京大空襲資料展を観に行って来ました。
けっこうなにぎわいでした。
『3.10』公演のチラシもポーレの写真集のサンプルも置いていただいています。

リチャードが私に訊いた質問を、会場の人に尋ねてみた。
すると被災者でおられるおじいさまが、鬼の首を取ったような勢いで
「この人アメリカ人?」とおっしゃる。
「オーストラリアですけど…」
「まぁアメリカもオーストラリアもおんなじようなもんだ!
 〜〜被害の説明〜〜
 なわけよ、これが正義の戦争? で、どう思うの!」と詰め寄る。
リチャードは「はぁ…」としか言えなかった。
私だってそうなるだろう。
というか、そうとしか言えないように、説明なさる。
「ごめんなさい…」と言えばよかったか。
早々に「ありがとうございました!」と言って離れた。

リチャードはオーストラリア人だけど、
たとえアメリカ人でも、ポーレのような人もいる。
「あの時」を知るのと同じに、「今」の姿もこちらから投げかけなくてはな。
FROM ABOVE』も、頁をめくってくださるといいな。
いつまでも憎み合った国のままでいたくないし、いてはいけない。
時間があればいろんな方のお話を聞きたかった。

何が起きたのか知ることはだいじだけれど、
敵のしたことを責めるだけでは足りない。
当日ということもあって、会場におられた被災者の方たちも
「知ってもらわにゃ!」という気概にあふれておられたのだろう。
怒りも苦しみも、67年間も背負っておられるのだから当然だ。
若い人にも外国人にも触れやすい説明を、と求めるわけにはいかない。

私たちは聞くしかない。聞いて解釈して、伝えてゆく。
けれど、知って自分の中に取り入れるには人それぞれ余白が必要だ。
だからこそ、こういう資料展の他に、私たちアートの取り組みが
きっと役割を持っているのだ。
一歩ずつ、一人ずつだけれど、私たちも声を継ごうとしています。
山下さんには「頼りない」って言われてたけど、
少しでも安心してもらえるような出会いを、これからも辿っていきたい。

死体の山の写真や絵のポストカードセットを買って、
自分用と、リチャードにも記念にあげた。
それだけじゃなんなので、いもきんも買ってあげた。
Have a good time in 石巻!
私たちの分まで、みなさんを元気にしてきてください。

資料展の会場でいちばん大きく掲示されていたのが浅草の焼け跡写真。
真ん中に、エフの蔵が立っている、あの写真です。
蔵に代わって「今も生きてるよー!」ってみんなに大声で叫びたかった。
a0180681_4313543.jpg

エフでも毎年、公演終了後に観ていただくため二階に展示しています。
a0180681_4314036.jpg

床に落ちたイッコさんの汗を私が拭いている間に、照明のタケモトさんが
「ここが仲見世です」など写真の解説をしてくださっている。
もう三年目だからできるようになっちゃった、と言っておられる。
この写真に詳しい人が一人増えてた!


     生きてるよーー!
a0180681_4245322.jpg

お客さまの一人が、土蔵の向かい側を指差して、
「これは銭湯ですかね?この高い煙突。ここで女湯と男湯に分かれてて」
とおっしゃる。ほんとだ、新発見。ご近所さんに聞いてみよう。
デジタル技術で解析したら、もっといろんな物が見えて来そうだ。


今年の初登場、空襲警報/警戒警報の看板。
東京大学医科学研究所からお借りした、当時使われていた実物です。
この蔵に置くとあまりに似合いすぎて、優秀な小道具さんが
公演用に作ったみたいに見えてしまうふしぎ。
a0180681_425295.jpg

お仕事終わって駆けつけてくれた豆母さんが、こんなことを言ってくれた。
「泉さんに出会わなかったら、きっと今年も何でもない3月10日でした」

うれしくて倒れそうだった。
ステージの間も、実はさんざん泣いている。
毎年聴いても、全ステージ見ても、必ず泣いている。
それはやっぱり、「ヒト」から受け取ったことばだからなのだ。

昨年の日記から:
二瓶治代さんの 3.10 >>


今年は特に、焼け跡と津波被害の光景が重なるシーンが多く、
この二つのできごとを67年後にも伝えてゆくということの重さに
常にくじけそうなギリギリだった。
今年はチームの環境も大きく変わり、
まずはキララちゃんが作品のみで現場にいない。
全員が、それを「足りない」ことにしない努力を静かに積み重ねていた。
いつもより進行が遅かったり、不安が残る部分もあったけれど、
私はこれほど真剣で正直なチームを他に知らない。
だからこそ、8年間も続いている。
自分たちの技術がどうこうとか、自分たちがどう見えるかということよりも、
この「ことば」をどう伝えるかということにただひたすら向き合う。
合い言葉は「(これをやって)意味があるかな?」。
一つ一つのシーンに、それを問いかける。
どんな小細工もこの言葉の前には不要となり却下となり、
どこまでも削ぎ落とされてゆく。
そして、どこまで行ってもあの夜失われた「ことば」には
たどり着けないということの意味をみんな知っている。
だからこそ積み重ねる。少なくともそのもがきだけは、
誰かに伝わるはずだと信じている。



終演後出て来たら銀さんは美しい流線型に。
a0180681_445368.jpg

公演は終わったものの、まだ 3.11 の準備がある。
こちらのイベントは公演と違ってあえて未確定な要素を多くしているものの、
もしも参加してくださる方がいるならば、場を開く者として
ある程度押さえておくべきポイントがいくつかある。
みなそれぞれに傷を抱えて来た一年目なので、繊細に気を遣うべき場面もあろう。
ということで、イッコさんと何度も流れをさらっている。
これが実は、『3.10』以上に緊張しましたよ。
あちこちでイベントもあるし、関係者内でも自宅で家族と静かに過ごしたい
という声も多く、我々だけかもしれないよね、ということで
予約も不要にしたので人数もまったく読めない。

打ち上げる間もなく突入したミーティングにはすでに
イッコさんの友人で、『3.10』最終回を観に来てくれた若者が捕獲されていた。
韓国でチャングという伝統楽器をなさっている亮クンという方。
韓国にいるはずが今宵浅草にいるのは何かの縁だ、ということで急遽、
イッコさんの踊りに演奏で参加してもらうことになった。

さらにその後琵琶ッチ登場。
3.11 の参加はほぼ無理と思われていたのだが、
ぎりぎりで参加できるようになった。というか、そうしてくれたのだろうな。
鎮魂の音が鳴ってほしいなぁと思って前から話してあったけれど、
忙しいから当然無理だろうと思っていた。
14:30前には到着できないとのことなので、ギリギリ感満載だけど、
間に合えば、黙祷の後に演奏していただくことに。

ミーティングの間もスタッフさんたちは黙々と機材の片付け。
毎年同じ作業のここらへんから、昨年の記憶が鮮明に蘇って来る。

「明日片付けるからそこらへんに積んでおいてください」と
事務所に積んでおいてもらった音響機材の箱は、全部ひっくり返って落下した。
蔵の中で胸の位置に立てて置いてあったスポットライトを見て
「これ地震が来たら落ちるなー」と一瞬思った。
けれどヘトヘトだったのでそのままにした。
そして見事に落下して破損した。
今年は床に寝かせました。
製菓メーカーの方から今年もいただいたお菓子の差し入れ。
去年は徒歩で家路を辿る方たちに、カイロとともに道で配った。


日付は変わって、3.11。
心が落ち着かず、なかなか眠れない。
3.10 でいっぱいいっぱいのまま 3.11 になったっていうのは、
やっぱり、相当なことだったんだよ。

昨年の日記から:
清岡美知子さんとの 3.11 >>


私が寝なくちゃれんちゃんも寝られない、ってことで、朝方布団に入る。
a0180681_4455842.jpg

a0180681_4455414.jpg

明日はレモン電池が活躍するよ。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-03-11 23:23 | イベント

風の強い夜に

れんちゃんと寝ています。
a0180681_22545994.jpg

れんちゃんと起きました。 ホケーー
a0180681_2255265.jpg

ヒャー 寝坊寝坊!
a0180681_2255668.jpg

銀次親分さんおはようさんです。
30分も遅刻してすんません。
a0180681_22551114.jpg

今日もフクフクで。
a0180681_22551368.jpg

本番、がんばってきますのでヨロシク。
a0180681_22551752.jpg

鎮魂の想いを込めて、銀さんの手ぬぐいもロウソク柄に替えました。
a0180681_23473019.jpg

銀さんの首巻きは手ぬぐいを四つに切って使っています。
季節ごとに新しい柄をいただいたり買ったりしているので
4回使い切ったものはありません。
ただ一つ、このロウソク柄だけはこれで最後です。
a0180681_22552013.jpg

照明の幸さんはカフェに出て来るたび靴のヒモで銀さんを釣っています。
a0180681_22552695.jpg

応援の寄り添いサービス。
a0180681_22552239.jpg

本番前の最終舞台チェック。
a0180681_22552837.jpg

ダンス公演『3.10 10万人のことば
雨の中、大勢のご来場ありがとうございました。
67年前の3月10日、東東京を焼き払った大規模な空襲は
0時7分から2時37分、真夜中のことでした。
38万発、1783トンもの爆弾が風の強い日を選んで落とされ、
一晩で10万人もの命が炎に焼かれました。
その多くは老人、女性、子どもたちでした。

清岡美知子さん(当時21歳)の証言:

「見上げると、言問橋が燃えていました。
 橋の両側から火に追われた人々が押し寄せて、
 真ん中で衝突しては川に飛び込んで行った。
 何千もの人が、言問橋と隅田川で亡くなったんです」

写真集『FROM ABOVE』より抜粋

明日の公演は15:00/19:00開演の 2ステージです。
ご予約受付中です。こちらから。
カフェは14:00〜17:00、バーは18:00〜21:00貸切となります。

今夜の風は強くありません。一日中雨が降っています。
銀次親分は今夜も通りを見張っておられます。
a0180681_23574664.jpg

[追記]
いやいや… 自転車乗って帰ってたら、エライ雨風だったょ…



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-03-09 23:58 | イベント

忘れないから

浅草寺境内西側の「江戸町浅草奥山風景」、ほぼ完成の図。
3月10日オープン。
a0180681_17323225.jpg

店舗には「いせ辰」さんも入っておられる!
やったぁ、猫手ぬぐい補充補充。
他にもなんと60店舗が並ぶそうです。
老舗すき焼き屋さんの「ちんや」さんのご主人のブログに、
浅草の有名老舗店の味が一気に楽しめるという
たいへんおいしそうでおトクなおしらせが。ご覧あれ

お出かけの際はぜひ、境内に立つ東京大空襲の被災樹(銀杏)にも
会いに行ってみてください。


本日の朝日新聞朝刊(地域面)に、ダンス公演『3.10 10万人のことば
大きく取り上げていただきました。

踊る 伝える 東京大空襲
現代舞踊「3.10 10万人のことば」浅草で9・10日
「1日違い」震災犠牲者へ思い重ねて
朝日新聞 2012年3月7日朝刊
a0180681_17322787.jpg

オンライン版がないみたいなので、紙面のスキャン画像はこちら

掲載されているステージ写真は昨年のものです(紙面ではモノクロ)。
a0180681_1892271.jpg

今年は、特に三月に入ってから 3.11 一色という感じで、
3.10 はいっそう埋もれている感がある。
戦後60周年の年に始めた『3.10』公演。
60、65といった節目の年には大きく取り上げられるものの、
その年どころかその日が済めば忘れられてしまう。
だからこそ忘れたくないという気持ちは、
ビルの谷間で誰にも見えなくなった江戸の蔵と
ともに生きたいという気持ちに似ている。
というかおんなじだ。

関東大震災は88年前のことだから、話をしてくださる方は、もうほぼおられない。
空襲や原爆の話は、今ならまだ直接聞くことができる。
私は毎日土蔵の案内をするたびに空襲の話をしているので、
忘れようがない。見てきたように、毎日話している。
見てきた人の話を聞き、見てきたように話している。
今まで知らなかった人も、ここで知ってくれて、
また浅草に来て隅田川を眺めるときには誰かにその話をしてくれたらと思う。
先日アメリカ人観光客の若者を案内して焼け跡の写真を見せたら、
「アレッ、ぼくたち(の国)って東京も爆撃したんだっけ?エェ?((;゚Д゚)
と苦笑いをしていた。

61年目も62年目も、何度でもこの場所に集まって来た。
受け取った「ことば」たちを、忘れないでいたいから。忘れないから。
いくら「忘れないで」と叫んでも、必要のない人の心に残ることはないだろう。
だから私は「忘れていないんです」ということを淡々と、
この街に聞かせてあげたいと思う。
花に水をあげるのと同じように淡々と、
でも毎日続くことがだいじなのだ。

それはきっと 3.11も同じになってゆくのだろう。
今はまだ、振り返るにはあまりに近く、
特集番組を見るのも辛いという声が多い。
空襲や原爆についても、50年が過ぎてやっと語れるようになった、
という方も多い。
時間はいつだって傷を癒してくれるけれど、
それは忘れてゆくということでもある。
だから私たちは今年、67年前の「3.10」を通して
67年後の「3.11」にまで手を伸ばしてみたいと思う。
たとえ届かなくても、手を伸ばすことができるのは、
この「カラダ」があるからだ。
今触れることのできる唯一の「3.10 - 3.11」、
まだ収まらぬ揺れの中で。

ダンス公演『3.10 10万人のことば』ご予約受付中です。
前売期間を過ぎましたので、ご入場は当日料金3,200円となります。
公演日時、お名前、人数、お電話番号のみこちらまで事前にご連絡ください。


水曜日なのに銀次親分は、
14:00過ぎまでカフェでがんばっておられました。
a0180681_1732358.jpg

昼寝。
a0180681_19474851.jpg

あまりに熟睡しておられるので史上初、
一気に全部の爪を切れました!
a0180681_19475260.jpg

夜寝。
a0180681_1948976.jpg

a0180681_19481225.jpg

夜ごはんにちょろっと起きて、
再びシルバーシートへ @21:30
団体さまの荷物を置くのにシルバーシートを畳んでおいたのだけど、
むりやりその上に陣取っておられます。
今日は一度もハウスで寝てませんね。
a0180681_21444299.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-03-07 23:59 | イベント

谷間にて

昨日はイッコさん、公演に関して取材を受けておられましたよ。
写真撮影のため、蔵の屋根が見えるカフェの屋上へ記者さんをご案内。
裏に新しいビルが建ってますます「ビルの谷間」と呼ぶにふさわしい光景だ。
地震で全部倒れて来ても、隙間で耐えそうなスケール感じゃないか。
ふんばれ、オレたち。
a0180681_033750.jpg

ここだけ江戸時代ですヨーョーョー(こだまでしょうか)

狭いナー 空。
a0180681_034452.jpg

この空が開けることは金輪際ない。
街が変わってゆくというのは、そういうことなんだ。
まぁ谷間から眺めるから、そう思うわけですけど。ハハ…
広い空を手に入れるために、あそこより高くなりたい、
と私は一生思わないだろな。
だったら空と大地しかないところへ行きたい。


東京大空襲で焼かれた屋根瓦の跡。
「竹」は江戸時代にこの土蔵を建てた材木問屋さん「竹屋」の屋号です。
a0180681_1702693.jpg

竹屋の銀次。
a0180681_1703281.jpg


3.10で照明担当の幸(ゆき)さんが苦悩を綴っておられるブログ記事を発見。
いいですなこのひとりごと感覚。いいですな望遠鏡。進呈したい。
毎年無謀に見えてこの公演では、各部署の各プロフェッショナルが
しっかりと落とし込み、しっかりと落とし前をつけてゆく
そのプロセスと結果が美しい。
このとんでもないミニマル空間に、上野の山まで見渡せたという
あの日の焼け跡の光景が立ちのぼるのだ。

ダンス公演『3.10 10万人のことば』鋭意制作中です。
今年だけの 3.10 に、ぜひお立ち会いください。


カフェでは銀さんが、猫遣いキララちゃんの操るゴムヒモに
あらゆる運動能力をフル稼働中。
安定した立ち姿。
a0180681_16554837.jpg

30分ほど遊んだのでさすがに疲れましたね… 眉間にシワが。
a0180681_0164925.jpg

ヘトヘトでハウスに倒れ込み、閉店まで起きず。


深夜、ようやく起きて来た銀さんは、蔵の下の隙間をくぐって
真っ暗な蔵の中へ入って行きました。
ついて行って灯りをつけてみると、例の位置に。
a0180681_3562224.jpg

もう龍はいませんけど、カクイーですなぁ。
a0180681_3562570.jpg

[拡大図]みごとなおニヤリで。
a0180681_4391290.jpg

LEDだと影もシャープなのね。
a0180681_3563382.jpg

もののけがゆく〜〜
a0180681_3563926.jpg


本日、どんより曇り空。
銀次親分は早々にシルバーシートでお昼寝。
シロクマに似てる(体型が)って言われちゃうかもョー
a0180681_1765572.jpg

16:00頃起きて寄り添いサービス。
a0180681_1703541.jpg

先日の東京マラソン、横断幕で応援した浅見さんが登場!
浅草を通過したところまでしか知らなかったので結果が気になっていました。
最後は徒歩で、それでも5時間40分で完走なさったそうです! オメデトウ!
「走りながら横断幕が見えて、とっっても感動したんです!」と伝えてくださった。
応援のお礼にと、巨大いちご大福と、フルーツをいただきました。ヒャァ ´^ω^`
a0180681_0122567.jpg

しかも、記念に、と横断幕をお持ち帰りになりました… (/ω\)
銀さんも寄り添いサービス。ありがとうございました〜  浅見さん ↓
a0180681_1703869.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-03-04 20:03 | 日常


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

言葉が見つかりません。。..
by むぎ at 21:31
izumiさん。 みー..
by ナホ at 23:48
譲渡会の時に2度お会い出..
by nerogattoroigatto at 13:15
今日、知りました。 ど..
by かつお at 17:46
Izumiさんの周り..
by akiwan2nyan2 at 13:15
『ぼくらは きっと待って..
by バジル at 01:38
ldrnshd ..
by CurtisPek at 23:35
Izumiさん、お疲れ様..
by しんのすけ at 17:57
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
清らかで強い心を持ったう..
by むー at 02:28
すみません、かめ吉です。..
by かめ吉 at 02:22
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ