タグ:家族探し ( 8 ) タグの人気記事

前へ

ぴかー 晴れましたよ
2月11日(祝)、第3回「顔見せ 福島の猫の譲渡会」開催です。
今回は大きなポスターもプリントしてみました。
寄ってらっさーい 
第1回の様子  第2回の様子  かるらのこと
a0180681_0581951.jpg

今回も町田尚子さんが作ってくだすったチラシ/ポスターには、
かわいい猫の絵が登場。参加猫の写真がなかなか揃わないため
苦肉の策だったけど、むしろこのほうが親しみやすいかも。
「ホントの家族を探してます。会いに来てにゃー」と書いてある。
a0180681_13562894.jpg

しかもそれを粘土作家のポヲさんが立体にしてくだすったのでした。
様々な応援や関わりのかたち。
a0180681_1352266.jpg

前日にはいつもの猫の手メンバーで会場作り。
ビールケース&カーテン生地端切れで明るくカラフルな空間に。
a0180681_13523049.jpg

今回は寒いので日陰亭提供ホットカーペットもオンだわさ。
a0180681_13521699.jpg

前回まで「顔見せ」と呼んでいましたが、なんなのかわかりづらい、
という声を受けて、一般的に使われている「譲渡会」としつつ、
浅草らしさが捨て難く「顔見世」も残してあります。
さぁどのくらいの方にいらしていただきご縁を結べるのか、
始まってみるまでは誰にもまったくわかりません。

当日。猫の手班は朝10時に集合。
すずと留守番でさくちゃん気の毒だなぁと思っていたけれど、
事情が変わってすずも連れて来ることができた。
とはいえ事務所でええコにしててくださいな。
a0180681_22492115.jpg

大人気の寅印菓子屋さんから届いた箱いっぱいのお菓子。
ぶさねこ堂に参加してくださることになり、名付けて「ぶさ寅」は
猫にちなんだお菓子ばかり。しかもスペシャルあご海苔バージョンが!
ぶさ寅は必ずしも譲渡会とセットということではなく、他の商品と同じく
無理のない範囲でついでに作れるときにご参加いただくことになっています。
猫のようにふらりと訪れる出会いをお楽しみに。
a0180681_23225137.jpg

福島から猫10匹とヒト2匹(寝不足でヘロヘロ顔)も無事到着 @11:00
どんどんケージは組み上がり、
a0180681_22461141.jpg

はい猫さん入りまーす
a0180681_22461982.jpg

福猫舎から、千世(ちせ)
a0180681_22464049.jpg

今回もチーム銀次手芸部のKaeさんとナリナリさんが
すてきなおめかしグッヅをたくさん作ってくださいました。
かわええね〜
a0180681_1562515.jpg

真澄
a0180681_22514643.jpg

ロキシー
a0180681_22515562.jpg

おかゆ
a0180681_2252783.jpg

個人的に、唯一関わりのあるこのお方。千世という名前をもらったのは、
給餌ではほぼ毎回通った「タロさと猫たくさん」宅の「ポンちゃん」です。
村にいた頃のポンちゃんは[こちら]から全部遡れます。
a0180681_22521561.jpg

吹き抜けた納屋の二階に空の皿の補充に行くと、いつも私を追い抜いて
ハシゴを駆け上がり、顔を洗いながら得意顔のポンちゃん。
似たような梁の天井を持つこの蔵に、ポンちゃんがいるふしぎ。
なにしろ「猫たくさん」「猫∞」と呼ばれた餌場、
最大で15匹近くいたこともある。
四方が開きっぱなしで屋根も穴が空いているし、
カラスもイノシシも野生動物はなんでも入り放題。
ドライフードを盛ったバケツも洗面器もプラ皿も紙皿も
いつでもすっからかんで吹っ飛ばされている。
そんな納屋さえも、解体されるとなれば十数匹が居場所をなくす。
シェルターには余裕がない中で、一斉保護はあまりに厳しいと思えた。
けれど、そんなときこそ諦めないのが犬班おっちゃんなのだった。
で、少なくともポンちゃんはいま、守られて、ここにいるのだった。
あの場所へは戻れない。戻らない。前へ進むしかないのだ。
(2/14 解体され更地になった餌場→  日比さんのブログより)
a0180681_2252553.jpg

ちーむぼんぼんからは、みつまめ
a0180681_2249407.jpg

はくたか
a0180681_2253412.jpg

いつき
a0180681_22531026.jpg

いせき
a0180681_23122377.jpg

あら、誰かと色が似てますねぇ、おこげ。
黒白だといたずらワルに見えちゃうのはヒドい風評被害ですよな。
(写真が曲がっててごめんなさいよ)
a0180681_22513869.jpg

そしてひとり二階には大きなおっさん。
a0180681_22533054.jpg

こちらが彦摩呂
出せー!出せー!
a0180681_23114757.jpg

蔵の中は広くはないけれど、一度に4〜5組が入ることができる。
事前予約はそれほど多くなかったものの、
実際には途切れることなくご来場の方々が。
a0180681_23115741.jpg

あとで知ったことには、おっちゃんはトイレも行かずしゃべりっぱなしだったとか。
a0180681_0592281.jpg

オ、おかゆちゃんがんばっとるねー
a0180681_2312826.jpg

真澄もかわええったら
a0180681_23134539.jpg

カフェもてんてこまいにつき、蔵の中で何が起きているのかは
まったくわからないのだけど、たまに入ってみますと
15:00!
a0180681_23124834.jpg

15:30!うわーっ!
a0180681_23132299.jpg

応援してくだすってるある方が、見せてくだすった。
ひゃ〜 近々ぶさねこ堂にやって来るみたいですよ!
a0180681_2315924.jpg

二階に上がってみると、そこは彦摩呂の園…
a0180681_23135930.jpg

ケージから出られて、みんなに構ってもらえて、よかたねよかたねー
a0180681_23141049.jpg

もう今にもどこの家でも暮らせそうだよね。
彦摩呂と会ったみなさん、その魅力にメロメロに。
a0180681_2314282.jpg

直接出会って触れた感触や、動いた気持ちは、それぞれの言葉によって
また別の場所へ別のヒトへと伝えられてゆく。
こうして往復500kmを猫とヒトが移動することの意味を、
戻らず前に進むのだということの実感を、
共有できる機会はとてもたいせつだなぁと感じた。
私が一人で徒歩徒歩とシェルターに行くよりもずっと。

だいぶちょいベロなオトコ。
きっときっと、すてきな家族を見つけようね。
a0180681_23144120.jpg

終わりの時間が近づいてきてもまだ途切れない。
a0180681_23145318.jpg

こんなにかわええのに、今日は残念。
かゆゆ、またおいでね。
きみが首に巻き付いてパルパル鳴ってると、おっちゃん眠れないんだって。
a0180681_23123418.jpg

16:20、片付け開始
a0180681_2315284.jpg

帰り仕度ゴー みんなでやれば早いよ早いよ
a0180681_23155659.jpg

バケツリレーは誰も動かなくて済むほどの人数に連なった。
a0180681_23161054.jpg

おとーさんたちも
a0180681_2316467.jpg

重機が似合うヒトビト
a0180681_23162774.jpg

チーム福猫に移動して家族を探すことになる真澄。
今日は一旦日陰亭へ。日陰亭は一瞬7匹に、キャー!
a0180681_23165954.jpg

大きな袋に二つずつものたくさんの差し入れ。
事前にお預かりした分や寄付も二人に確かにお渡ししました。

お見送りーズ。
写ってないけどこちら側にも同じくらいいるのでして。
この小さい店にどんだけ猫とヒトが入ってたの。
a0180681_23171932.jpg

かるら、nana、松子、権兵、シンバ、レオン、福蔵、
シュー、みつき、十兵衛、真友、もなか、
福猫舎、ちーむぼんぼん、チーム福猫、日陰亭、オッサン猫の会、
それぞれの保護先から里親になった方たち、
銀次子分の会から、シェルターや活動の支援を始めてくだすった方たち、
それはもう、大きな猫親戚の輪のように、ふくらむ一方なのであって、
前へ進むしかない猫たちを、うんしょと押す力にもなっている。
こうして集まる一人ずつがそれぞれに里親候補のもう一人へとつながり、
出会いの場は強く大きく育ってゆく。

ちーむぼんぼんからは、いせき、おこげ、みつまめ、いつき、
福猫舎からは千世、10匹中5匹がトライアルに進むという成果。
これはもう、やってよかた!としか言いようがないし、
どのようにしてこの会にいらしてくだすったかの話を聞くにつけ、
三回を重ねたことの効果を実感することができた。
応援してくだすったみなさま、どうもありがとうございました。

このまま東京に残って家族を探すのは、
千世とロキシー@日陰亭、真澄@チーム福猫です。
引き続き、ご紹介などどうぞよろしくお願いします。

この日の福猫舎のブログ[こちら
この日のたこちゃんのブログ[こちら

やっと降りられたオトコ。
でもこのひとホントに他の猫のことは気にしない性質で、
一度もそわそわしなかったし、匂い嗅いだりすらしない。
a0180681_23173781.jpg

この日のぶさねこ売上は、主にぶさ寅で32,500円でした。
寅印さん、ご参加ありがとうございました!
a0180681_23175425.jpg

甘やかしー
a0180681_2318528.jpg

by ginji_asakusa | 2016-02-14 23:26 | イベント | Comments(2)

家族のはじまり

11月のよき日、日陰亭あやこ園長のウニ号に便乗して
ある猫さんのトライアル開始に立ち会わせていただいた。

あやこ園長は9月の終わりにお宅訪問をしており、
脱走対策の指示、設置も済んでいる。
あとは猫を迎えるのみ、というところまで環境と条件を整えてから、
あやこ園長はこの一家にふさわしい猫を考え抜いた。
年齢、性格、体重に至るまで。
選ばれたのは、ちーむぼんぼんたこちゃんのところにいる
「ちゃふ姉さん」 保護の経緯[こちら
「ちゃふ」って英語でchaff、「もみ殻」の意。
保護されたとき、体にいっぱいつけていたそうな。

「どんなコでも。お任せします」とおっしゃるご夫妻に
10月18日の顔見せ会にてちゃふと会っていただいた。
そのときの写真[こちら]by たこちゃん
それから一ヶ月、ご一家が待ちに待ったこの日。


8時に浅草を出発して隣県のK市へと向かう。2時間かかる予定。
あやこの車に乗っていると福島へ向かってるような気になるけれど、
今日は福島から猫がやって来るのだ。

無事到着。おはようございまーす
家具職人さん自慢の脱走防止ゲート、しゅげー
a0180681_19564368.jpg

福島から本日の主役ちゃふ姉さまと、
シモベのたこちゃんいかちゃん姉妹が到着 @10:00
a0180681_19564752.jpg

最初の一歩、そろり
a0180681_19565519.jpg

ベッドの下は定番ですな。でも怯えてる感じはない。
a0180681_1957180.jpg

おひさまいっぱいだね
a0180681_20131744.jpg

ようこそ ちゃふさん
猫はキライだけどヒトは大好きというちゃふさん、
初めて出会う大勢に囲まれてもへっちゃら。
a0180681_20123364.jpg

探検開始。みんなで二階に行ってみる。
吹き抜けから見下ろす。あぁコレたまらんでしょう
a0180681_22551416.jpg

動物は大好きだけれど猫と暮らすのは初めてなご一家。
きっと全部猫が教えてくれる。それがオトナ猫のいいところだ。
a0180681_20192012.jpg

ナツ探されてます
a0180681_17551894.jpg

お母さんのゆかりさん
a0180681_20234740.jpg

ゆかりさんのおっかさん
a0180681_22575263.jpg

お父さんのリョウさん(あやこじゃないほう)
a0180681_23212216.jpg

リョウさんの仕事部屋、ズンズン
a0180681_22591086.jpg

寝室、ソローリ。
家中どこでも行っていいんですと〜
a0180681_230064.jpg

忙しいね、このお城ぜーんぶ、あなたのおうち。
だいじょうぶ、他の猫はいないよ。
a0180681_20213366.jpg

ものすごいことだね!テンパっちゃうね!
a0180681_2321298.jpg

また下行く〜
a0180681_232149100.jpg

光あふれる広いリビング
a0180681_23221891.jpg

尚子さんの絵だ
a0180681_23223629.jpg

ちゃふは今日から「かるら(迦楼羅)」に。
願いの込められたこの名前は、8月下旬からすでに決まっていた。
首輪は赤唐草、ナツドはすべて落語家の柳家ほたるさん製手ぬぐい。
a0180681_1444374.jpg

もともとほたるさんを応援しておられるこちらのご一家は、
ほたるさんを通して銀さんだけでなく私たちとも出会ってくださり、
チーム銀次給餌班の交通費や仁義箱の支援をずっと続けてくだすっている。

ルディママ手編み「へのかっぱちぐら」は顔見せ会の日にお求めいただいた。
へのかっぱ合唱団」が流行ったとき、私を笑わせるためだけに(免疫アップ)
ご夫妻は頭にかっぱの皿をのせた扮装で登場したことでも有名である。
a0180681_23275548.jpg

私からのお祝いは、miikoさんのねこぶくろ
唐草模様だよー
a0180681_23284869.jpg

ゆかりさんは、鳥や虫とも話ができる方。
オトナなかるらさんともさぞやお話が通じることでしょう。
a0180681_23325662.jpg

また行くの
a0180681_23265033.jpg

うん、まちがってないよ、
全部かるらのだよ、すごいね!
a0180681_2327474.jpg

また階下に。
そこもいいよね、潜ってても明るくて。
a0180681_2329285.jpg

「猫がいなかった家」から「猫のいる家」に。
ひとつの命の放つ光が、みるみる充たしてゆく。
a0180681_23293739.jpg

リビングに。
姉さん忙しくて耳ひっくり返ってますよ。
この横でゆかりさんが「もう正式譲渡で!」なんて言っちゃってますよ。
a0180681_2330591.jpg

たこちゃんの家にはたくさん猫がいるからごはんはカリカリのみ、
あまり食べることに興味がなかったそうな。
食べますねぇウェット。
a0180681_23302816.jpg

姉さんうれしすぎて地に足がついてないですよ(上げたままウロウロ)
a0180681_23414490.jpg

そろそろお別れの時間。
ここまでかるらの命をつないできたヒトビト、
たこちゃん〜
a0180681_23412738.jpg

いかちゃん〜
a0180681_23321654.jpg

あやこ〜
a0180681_2330471.jpg

「私たちのことなんてとっとと忘れてしあわせになっちまいナ!」と
泣き笑いでどれだけの猫を送り出してきたことだろう。
こんな日を迎えるまでのあいだ、増え続ける保護猫を抱えて
それでも見捨てられなくて、どれだけため息をついたことだろう。
でもきっと、こんな日があるから、彼女たちは立ち止まらない。
働いて自分の生活も支えつつ、
どれだけがんばったかなんて、誰もひけらかさない。
こんな日のために、猫のしあわせのために、
ヒトのつながりを信じて、ただひたすらに心と体を尽くす。

譲渡の作業は誰にでも簡単にできることではないけれど、
私たちにも真似できること、真似から始められることはある。
猫のしあわせを、本気で考える。
ほんとの本気で考えるならその先には、
小さくても必ず何らかの行動、なんらかの繋がりがあるはずだ。
自分の中だけで終わったことは、
きっと本気じゃなかったのだ。

こんなにもしあわせな光景が、ご褒美でさえないくらいの
あたりまえになるように。
買い、捨て、殺すヒトたちの数を、
拾い、守り、繋ぐヒトたちの行動の数々が上回るように。


ママさんよろすく(しっぽ!)
a0180681_23372367.jpg

パパさんスリリ
a0180681_23334985.jpg

心得た!てなお顔。
あなたを中心としたご一家の姿、私には目に浮かびます。
よろすくね、かるらさん。
a0180681_2334280.jpg

6月、病院のベッドの上、ゆかりさんからのメールで、
リョウさんが私より一週間前から入院していたことを知った。
心臓が停止、そして緊急手術。
そんな中ゆかりさんは私にメールを送り続け、
「同じ空の下でともに生きよう」と呼び掛け続けてくだすった。
メッセージは私が入院していた日数と同じ数だけある。
生存確率3%以下という生死の境を彷徨ったリョウさんは
奇跡的に回復して私より先に退院した。
リハビリに励む様子もお伝えいただきながら、
「泉さん治療に不安があったらいつでも相談してね」とまで言っていただいた。

銀次親分には平伏すばかり、すずを抱くのもおそるおそるだったリョウさん。
たくさんの管につながれ集中治療室で目を覚ました最初のひとことは
「生きて帰ったら猫ほしいね」だった。
何度も死を覚悟しなければならなかったゆかりさんにとっては
そんな場合かw だったと思うけれど、銀さんからつながる猫のご縁が
こんなにもリョウさんに影響を与えていたのだとしみじみ感じられたという。
蔵の扉にも必ず頭をぶつけるリョウさんは、天国へと続く扉で
ヒト用でなく猫用をくぐってしまい、猫神さまに帰るよう諭されたのかもしれない。

そんな話を夢物語にしておかず、がっつりと現実に結びつけたのが
日陰亭あやこ園長である。
a0180681_23344481.jpg
(写真はゆかりさんが育てたお庭の薔薇)

今でも、リョウさんが生きているのは奇跡に思えて、
お目にかかると体をパタパタと触って確認したくなる。
会うたびにその大きな手で「生きようね」とがっしり握手してくださる。
おかげさまで私も、笑われるほど元気に、生きている。
銀さんと出会わなければ、同時に入院していなければ、
ご一家と私は、こんな日をともに迎えることはなかったかもしれない。
だから私は、この家族の始まりを見届けたかった。
a0180681_2334543.jpg

ありがとう銀色のもふもふ
a0180681_2335512.jpg

ありがとうめぐるいのち
a0180681_23351868.jpg

その日のうちに届いたメールで、かるらさんはすでに
リョウさんのハラの上で寝ていた。来てまだ数時間ですのよ!
a0180681_1555993.jpg

おっかさんにもしがみつき、夜にはゆかりさんのベッドで…
a0180681_1555178.jpg

この日のたこちゃんのブログ[こちら]泣いちゃう…

お話もよく通じてよくわかっているし、家族三人に均等に甘えてくれるし、
歯みがきもできるしお薬も飲んでくれるし、と驚きのかるらさんの日々は、
ゆかりさんがツイッターにて紹介しておられます [こちら

先日、月夜の森にご来場くださり久しぶりにお会いしたゆかりさんとおっかさん、
「二匹(かるら&リョウさん)が心配なので帰りまーす」と
それはそれはうれしそうにお帰りになったのでした。
by ginji_asakusa | 2015-12-16 01:01 | 記念日 | Comments(3)

第2回 顔見せ会

たいへん遅くなりましたよ…
10月18日、第2回「福島の猫たちの顔見せ会」のレポートです。
(第1回の様子[こちら])

がんばっぺ福島 in 浅草 隊長のさくら姐さんから
朝のグッ玉いただきました(寝ながら)。
a0180681_22235662.jpg

今回もシェルター福猫舎とちーむぼんぼんたこちゃんが主催、
子猫だけでなくオトナ猫もやって来る。
集合は朝10時。
すずは留守番のつもりだったけど、置きメシすると
いっぺんに食べて吐いてしまうから、いっしょに来た。
a0180681_22232541.jpg

すずは前夜の準備も手伝ってくれた。
日陰亭あやこ園長のアイデアで、猫入りキャリーをのせるための
ビールケース10台を用意。
これでみな床に這いつくばらなくて済むというわけ。
a0180681_2325050.jpg

何匹来るかわからないけれど、とりあえず前回と同じように配置。
どうですかね
a0180681_2324173.jpg

準備完了ー
a0180681_2323311.jpg

カーテン部のharumiさんが、ビールケースにかぶせる布を持って行きます!
と言ってくださり、そのための下準備。
ビールケースの底面はでこぼこなので、平らにするための段ボールをカット。
a0180681_233731.jpg

猫の手tomoさん
a0180681_23303233.jpg

猫の手ボン母さん
a0180681_23304049.jpg

宣伝部絵画班の尚子さんは松子の絵を描いてくださり。
a0180681_233154.jpg

当日も朝から猫の手たくさん
a0180681_22241322.jpg

二度目の来浅、福猫舎から松子〜
a0180681_22242160.jpg

松子ときょうだいの権兵〜
a0180681_22243354.jpg

もう一匹の兄弟・与作は第1回の顔見せ会で「とき」くんとともに
手芸部でおなじみカルアさんとルディママのおうちのコに迎えられ、
シンバという名前になり(ときはレオンに)今日からトライアル開始!
ふたりも続きますように〜

たこちゃんのところから、あいばちゃん
a0180681_22244128.jpg

色とりどりの厚手のカーテン生地に巻かれ、とてもビールケースとは思えぬ
a0180681_22245739.jpg

あやこ園長の一声で、配置換え。
うむ、たしかにこちらのほうがスペースを取りやすく動きやすそう。
写真撮ってるのは日陰亭撮影係のにゃいさん。
a0180681_22251268.jpg

おめかし仕度。
手芸部のナリナリさん、Kaeさんが作ってくだすった首飾りたち。
a0180681_2225193.jpg

開始前に腹ごしらえ @12:00
おやつ番長のふぐふぐさんから最強のさしいれも到着♥
a0180681_22254554.jpg

終わるまで閉じ込めになるすずくん、がんばって…
a0180681_22255160.jpg

松子がんばっているよ〜
a0180681_2226297.jpg

a0180681_2226318.jpg

蔵の二階は成猫部屋。
あやこ園長がその場で編んだベレー帽をかぶってカッパちゃん。
a0180681_22255711.jpg

若葉。
福猫舎のまるこシェルターから、東京のチーム福猫さんに移動して
家族募集中のふたりです。
a0180681_2226210.jpg

ちゃふ(♀)真っ先にトライアル決定
a0180681_14534191.jpg

もろ(♀)
a0180681_22392750.jpg

はくたか(♂)
a0180681_16192517.jpg

誰でしょね〜
a0180681_22391923.jpg

わかっぱ
a0180681_22394677.jpg

じとー…
a0180681_224046.jpg

退屈かね…
a0180681_22401532.jpg

先ほどのトライアル決定キャリーは、
松子と、
a0180681_22404332.jpg

権兵でした〜 しかも兄妹いっしょにお申し込みが!
なんとうれしや、おめでとーっ!
a0180681_22402792.jpg

お祝いちゅーる、ンメーッ!
a0180681_22425736.jpg

立ってまちゅw
a0180681_2243848.jpg

尚子さんが原画を持って来てくれたよ〜
a0180681_22405814.jpg

あいばちゃん、相当かわいいのに…お声かからず残念
a0180681_22411630.jpg

うぅ
a0180681_2241591.jpg

このふさふさ!
a0180681_2245870.jpg

あいばちゃん、どうぞお見知りおきをー
a0180681_22453925.jpg

カッパちゃん、場所に慣れてからは次々と誰のお膝でも抱っこで穏やか
a0180681_22434595.jpg

ベレーはヅラの一部です、てことで、のちにこの帽子は
「ヅレー帽」と命名されぶさねこ堂でも販売されています。
a0180681_22432444.jpg

かわえ…
a0180681_22544288.jpg

若葉 最後のお見合い、からのトライアル決定〜 おめでとう!
a0180681_2244767.jpg

終了時間となりました @16時
前回より来場者数は少なかったものの、
10匹中4匹がトライアルに進めることになった。

荷物を取りに二階に行くと、事務所に閉じ込めっぱなしだったすずが
ドアからすり抜け階段を駆け下り一直線に蔵へと飛び込んだ!
わわーっ!とんでもないことヲー!と青くなって追いかけたら、
おっちゃんに捕まってきょとんとしてたw
運悪く、まっつぐ飛び込んだ先が捕獲大魔神の腕の中だったのだ。
a0180681_22443873.jpg

片付け開始。
やはりこれも二回目だからでしょうな、さっさか早い早い。
a0180681_2244577.jpg

息つく間もなく…けえるぞー @17時
a0180681_2245596.jpg

この日の福猫舎のブログ[こちら
この日のたこちゃんのブログ[こちら
お二人もみんにゃさんも、おつかれさまでした!

すずも…
a0180681_22462068.jpg

がんばりました!
乳母ーズみなさまに甘やかしていただき
a0180681_22463362.jpg

のり弁寝
a0180681_22464722.jpg

開催から二ヶ月も経ってしまったので(汗)
いろいろ進展がありましたご報告!

❀松子と権兵はお名前そのままで11月11日正式譲渡に!
お父さんのツイッター[こちら
ナツ捜索隊にも参加してくだすっています。
福島からやって来た猫を想う気持ちは同じ。

❀与作→シンバ、とき→レオンも11月2日、正式譲渡に。

❀若葉は「むつこ(夢都子)」としてmiikoさんちのみいこさんとトライアル中。
手に汗握る、日々の様子は[こちら

❀ちゃふは「かるら(迦楼羅)」として11月にトライアルからの正式譲渡。[こちら

❀カッパちゃんは「ぶんちゃん」としてその後トライアルへ。[こちら
[追記]12月16日、正式譲渡に![こちら

❀[追記]あいばちゃん、お見合いからトライアルへ!(12月)[こちら

日陰亭では真友が募集中でしたが、カッパちゃんの枠で出場した譲渡会で
ご縁を得て、12月中にトライアルへ!

❀郡山のシェルター福猫舎では、飯舘村でまもなく取り壊しになる
納屋に居着いた10匹以上の猫たちの保護が始まっています。
ポンちゃんたちがいる「タロウと猫たくさん」宅の「猫たくさん」です。
ポンちゃんは犬班おっちゃんの命名で「千世(ちせ)」に。
こちら]←さくらはんの娘みさとの最新写真も載ってます❀

シェルターに10匹入るということは、10匹出なくてはなりません。
家族に迎えてくださる方、預かりだけでもできる方、ご検討ください。
ご友人にこのような活動をご紹介いただき、
ご協力の声かけをしていただくことも、大きな力になります。
by ginji_asakusa | 2015-12-15 23:59 | イベント | Comments(1)

ちびーず顔見せ会

涼しくなってきて途端にくっついて寝るようになるのねぇ 
a0180681_22102597.jpg

行きますよー 
a0180681_22112098.jpg

この日は福島からやって来る仔猫たちの顔見せ会
主に飯舘村でこの夏保護された仔猫たちです。
前夜の会場準備ではすずくんもハリキッテいました。
猫の手はボン母さんと、福猫舎の保護猫を家族に迎えたtomoさん。
猫たちのため何かしたいというヒトたちが自然に集まって自然に動く。
チーム銀次のええところなぁ。
a0180681_22123291.jpg

時間通り、浅草に到着ー @10:30
14匹のちびーずたち、そして福猫舎おっちゃんこと犬班A。さんと
ちーむぼんぼんたこちゃん。ご無事にようこそ!
a0180681_22114441.jpg

たこちゃんが持って来てくれた、桃たくさん!
a0180681_22114849.jpg

日陰亭あやこ園長+チーム銀次参加でさくさくと搬入完了
a0180681_22115920.jpg

蔵のなかに史上最多数の仔猫! 大合唱が響き渡る〜
これずっと聴いていたいライブ。チケット完売だな。


a0180681_22121220.jpg

松子〜
a0180681_22125553.jpg

a0180681_2213146.jpg

チラシのセンターだった宝と書いてほーちゃん
a0180681_2213769.jpg

この日参加した仔猫:
福猫舎から5匹[こちら]ちーむぼんぼんから9匹[こちら

ちびーずをキャリーからケージに入れ替えます。
こちらのケージはRAINBOW PROJECTのマメKさんからのご支援
マメKさんもご来場で初めてお目にかかれて感激。
a0180681_22131628.jpg

a0180681_22141074.jpg

仮積み
a0180681_22141874.jpg

a0180681_22142364.jpg

少しでも落ち着けるよう、一つずつケージカバーをかけていきます。
こちらも手作りの支援品。あちこちに猫たちへの愛情が溢れています。
a0180681_22143950.jpg

ちびーずも、チーム銀次手芸部のKaeさんとナリナリさん作の
首輪&首飾りを着けておめかしです。
a0180681_2219547.jpg

a0180681_2220558.jpg

階段下に福猫舎の5匹。
ケージにお名前プレートもつけました。
a0180681_22201943.jpg

正面と右列はちーむぼんぼんの9匹。
なんとか一匹ずつのお見合いスペース(間隔)も確保。
a0180681_22202823.jpg

よい出会いがありますようにな
a0180681_22204071.jpg

がんばって福島からやって来たんだもんね
a0180681_2220524.jpg

準備完了してカフェで腹ごしらえしながらスタッフ打ち合わせで
それぞれの役目と流れを確認。

13時、顔見せ会開始。
ランチをしながら開始を待ってくだすった方も。
a0180681_2221949.jpg

お見合い担当は犬班おっちゃん、たこちゃん、
そしてチーム福猫のむーまま、日陰亭のあやこ園長。
命のやりとりをするために必要なことを聞き出し、伝える、
肝力の必要な役目。誰にでもできることではなく、経験が物を言います。
4〜5組の希望者が同時に入場でき、10〜15人くらいが
蔵のなかにいたことになります。面積的にかなりの熱気です。
a0180681_22212128.jpg

私はカフェでの待ち合い担当。
お見合い担当が全員ふさがっている状態で蔵も満タン、
常に3〜4組の方たちにカフェでお待ちいただかなくてはならないほど
たくさんのご来場をいただいたのでした。
うれしい悲鳴で全員フル稼働のてんてこまい。
時々給水に飛び出して来るおっちゃんとたこちゃんに、
カフェでお待ちのサポーターの方々や、日陰亭を通して
福猫舎の猫たちの里親になった方々をご紹介したり。
支援のやりとりでは長い付き合いでも会うのは初めてな方ばかり。
一目会いたいとみなさん駆けつけて来られたのでした。
a0180681_22213030.jpg

わ!検討しててくだすったんだ!と初めて知った子分さんも
ご家族と来てくださり、うれしかった。
いつかそんな日が来ることを願っていました。
そんな方たちが、まだまだおられるのだろうと思うのです。

カフェ猫の手は今週もまどか&ムニ夫妻。
入口案内と消毒係は豆かあさん。
a0180681_22214913.jpg

蔵の入口に貼ったマメKさん作の注意書き。
開始前におっちゃんがヒドく頭をぶつけ、
でっかいたんこぶができたのは本当の話。
手ぬぐいで氷袋を包んで頭に巻いている姿が最高におもしろいのに
写真をお見せできずに残念です。
[追記:マメKさんのブログに写真が! こちら
a0180681_22214073.jpg

マメKさんが描いてくだすった銀さん
a0180681_10512490.jpg

松子がんばれ〜
a0180681_22215938.jpg

4時には終わらない感じになってきました(汗
a0180681_2222792.jpg

a0180681_22221572.jpg

a0180681_22222528.jpg

少し遅れてしまいましたが、大盛況のうちに終了です。
一刻も早くちびーずとおっちゃんたちを福島へ送り返すべく、
みなでさくさくと撤収。
シェルターでは50匹の猫たちがおっちゃんの帰りを待っている。

新幹線の名前がついたちびーずたち、
並んだキャリーが発車を待つ新幹線の車庫みたい。
a0180681_22223371.jpg

人数多いからすべてバケツリレーで早い早い!
お手伝いはそんなにいらないと思うよなんて言っていたのだけど全然必要だった。
みんないてくれてぎりぎりなんとかなってほんとによかった。
a0180681_22224628.jpg

ねむねむ松子、おつかれさん。
チーム銀次では一番人気の松子は残念でしたが
4匹のトライアルが決まり、まだ検討中の方々も数組。
どうなることかドキドキだったけれど、成果があってよかった!
a0180681_2223619.jpg

最後におっちゃんに給餌しながら、見送りのヒトだかり。
現場を支えたいと思う気持ちは親戚付き合いにも似て。
気負わないけど揺るがない、そんなスタンスがいいなぁと思うのです。
a0180681_22231898.jpg

今回は「店の前のポスターを見た上司から教えられて来た」
という方がおられたそうで、にゃんとうれしい!
「家族に迎える猫とはああいう場所で出会うもの」
という認識が共有されるためには、定期的に続けてゆくことが必要。
ネットで知ったヒトでも近所のヒトでも「あそこに行ってごらん、
いろんな猫に会えるよ」と誰かに話してくれるヒト、
誰かを連れて来てくれるヒトが増える。
そんな場が生まれるための第一歩となった一日でした。

引き続き募集中、ちーむぼんぼんの仔猫たち[こちら
この日のたこちゃんのブログ[こちら
この日の福猫舎のブログ[こちら
チーム福猫では[若葉]、日陰亭では[幸生]、それぞれ家族募集中です!


さてさて、出番ゼロだったうえに誰にもかまってもらえず
二階でずっとひとりだったすずくん、イジケたあまり
紙袋のなかで眠っていました。こんなの初めてです。
a0180681_22232886.jpg

スネヲくーん
a0180681_22233720.jpg

by ginji_asakusa | 2015-08-25 23:27 | イベント | Comments(2)

桜祝い

丘の上の蔵らが、「さくら」として浅草にやって来て、
今日で一年が経ちました。
a0180681_23474675.jpg

当時のさくらはん、ずいぶんスリムでしたね。
4.3kgしかなかったから(女子としては十分だけど)、
今のすずと同じくらいってことになります。信じられない…
一年で1.5kgほど増えました…
a0180681_05333.jpg

え?あんまり違いがわからない?(私もです)
上は来たばかりの写真です。

去年の今日、さくらを迎えに行った病院での動画。
猫撮る先輩撮影、未公開でした。☆鳴き声注意



蔵らと再会した日(4月1日)

蔵らを迎えに行った日(4月8日)
今日のブログも日付をまたいでしまいましたが、
実際さくらと浅草に到着したのは9日の午前2時近くでした。
猫を迎えに行く、というのは初めての経験でした。

1日目からの記録 

いま振り返って読むと、けっこうハラハラした日々だったけれど、
蔵らが丘の上にいることに比べれば天と地ほどの違いがあり、
私のハラは据わっていたように思います。
あの丘で蔵らの死骸と出会うくらいならば、
何だって乗り越えられると思えたのです。

そんな私の決意など比べ物にならないほど、
さくらはこの一年がんばってきました。
外の見えない部屋に一日中いて、あの豊かな野山を返せと
喚くわけでもなく、私の帰りを待ち、メシとおやつを待ち、
ただひたすら穏やかに眠って過ごす。
投薬も治療も、超ワルのすずさえも受け容れ、
まるで桜とともに舞い降りた女神のように横たわっています。
(立って運動してほしい…笹かまちゃん…)
さくらの豊かなハラを私はさくらヶ丘と呼んでいますが、
このやわらかなハラが野生動物に裂かれることだけは二度とない、
と思うだけでそのたび私はしあわせな安堵に包まれます。
ここに来てくれてありがとう、ありがとう、ありがとう。
私たちを会わせてくれて、新たな道へ背中を押してくれた銀さん、
ありがとう。
photo:猫撮る 2014.4
a0180681_4445294.jpg


無事の一年を祝って、昨夜はさくらの大好物のスープおやつを
いつもはすずと半分このところ、一袋あげました。
a0180681_23502572.jpg

おやつ待ちのとき、こんな顔をするさくらはんです。
a0180681_2312971.jpg

しかしもらえません。だって今あげたばかりです。
a0180681_2323030.jpg


今朝のさくらは、初めて私の顔にのっかって寝ていました。
a0180681_23531070.jpg

鼻の問題のせいか、さくらが喉を鳴らす音は表には聞こえません。
私はいつもさくらの喉に手を当ててその微かな振動を聞き、
あぁうれしいのねよかった、と確認しています。
今朝は体中に大きく響く喉コロの音でゆっくり目が覚めました。
さくらが私に聞かせるかのように、震えを伝えるかのように、
私の顔にかぶさって寝ていたのでした。
うれしいね、って伝えてくれたみたいで、しあわせでした。

すずはその背後にひっつき虫。雪が降ったほど寒かったですからね。
いつもはすずが真ん中なのに、今日はこのようにさくらはんが。
この図は相当しゃーわせに違いない、と震える右手でカメラを持ち、
これ当てずっぽうで撮っています。
スマホと違って平らじゃないのでたいへんです。
a0180681_23531312.jpg

ホケーー
a0180681_23531625.jpg

浅草のさくらはんは、
a0180681_23593753.jpg

今日も元気です
a0180681_23594067.jpg


しかし心はあの丘を離れたことがありません。
家族である蔵らを取り上げ、丘に置き去りにしてしまった三毛ちゃん。
一年前のあの頃、ヒトにはほとんど馴れていませんでした。
その後はひとりきりで生きねばなりませんでした。
餌場や隠れ場所を一時ふさがれてしまったり、
また戻って来て日比さんとの距離を縮めたりしていましたが、
最近また丘の上から姿を消しています。
無事でいてほしい、戻って来てほしい。
そう願うだけでは彼女のために何もならないことを、
私は蔵らを通じて知っています。
彼女が戻って来たなら、ではどうするのか?
しっかり考えないとなりません。

あの日の夕焼け。
a0180681_2262055.jpg

給餌レポートではほぼ毎回1ページ丸ごと使っていた
だいすきなチビ千夜コンビの千夜も、体調を崩して姿を消していましたが
なんとかボランティアに発見され保護、今は入院中です。
その日の福猫舎のブログ 
チビにはひとりの夜が続いています。どうしているだろうか。

村を離れて半年以上経ちますが、東京でできることの輪を
もっともっと広げていかなくてはなりません。
救える命はまだまだある、けれども行き先を見つけるのは簡単ではありません。
私の周辺だけでも、いろんな個性、いろんな物語をもった猫たちが
東京で家族との出会いを待っています。

ゆら♀ @日陰亭
(ナッキー♂は本日トライアルに出発、
ダイアナ♀はトライアル中)

いね♀(福島県飯舘村で保護/1〜2歳)
@猫撮る家
米太郎♂は申し込みアリ
猫撮る先輩の写真展「人が消えた村のねこ 福島県飯舘村の記録」が
渋谷のギャラリー・ルデコでGWに開催だそうです!

みっくん♂こと光圀(福島県浪江町で保護/6歳くらい)@チーム福猫 

小鈴♀(東京で保護/2014年8月頃生まれ)
@町田尚子さんのオッサン猫の会 

萌乃♀(東京で保護)@annyさんの703号室 

そしてたくさんの猫たち @福島のちーむぼんぼん 

たくさんの新しい家族記念日が生まれますように。
自宅に迎えられない方も、近しい方で迎えられそうなヒトを探したり、
話をしたり写真を見せたりすることからでも、引き続きよろしくお願いします。

なお、郡山のシェルター福猫舎では春の全頭一斉ワクチン接種に向けて
ご支援のお願いをしています。[こちら
今年も RAINBOW PROJECTさんがすてきな募金グッヅで
応援してくださっています。ぜひご参加ください。(4月14日まで)


発売から二週間が経ちました『銀次親分物語』。
寄せていただいた感想や書店に並んでいる報告などを、
togetterにまとめました[こちら
子分さんが全国におられることを、改めて実感しています。
応援していただきありがとうございます。

感想をカフェで直接伝えてくださる子分さんたちが
「しあわせな気持ちになれました」「救われました」
と言ってくださるのがなによりうれしいです。
「これでやっと」というニュアンスが感じられ、
あの日以来何ひとつ誰ひとりにもお返しできていなかったことが
ようやくお渡しできたような気持ちがします。
「ありがとう」というのはまったくこちらのセリフなのです。

ブログに書いてくだすった方も。
FUUさん[こちら
大学生のさこちゃん[こちら

銀さんが私たちに遺してくれた物語を通して、
もう一度猫と出会ってみようかと思ってくださる方が
もしもいてくれたなら、なによりうれしいです。

ヌッ
a0180681_2282225.jpg

すずも元気です
a0180681_227618.jpg

こちら「ぶさねこ堂」の新商品、ルディママ作ぶりぶりレース
a0180681_4525767.jpg

a0180681_453989.jpg


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
好評発売中『銀次親分物語(KADOKAWA/角川学芸出版)

by ginji_asakusa | 2015-04-09 02:34 | 記念日 | Comments(5)

日陰亭訪問 2

[つづきです]

あのねあのね、あなたの生涯の家族に見つけてもらえるために、
写真を撮ります。協力してくださいよナッキーさん。
銀次親分とお揃いの、月夜の森モフドだよ〜
a0180681_15572442.jpg

オ、ちょっと開いた(ここで最大でした…)
a0180681_15572836.jpg

さぁ立って、おもちゃで遊ぼうー
a0180681_1558068.jpg

おぉ、意外と遊ぶ。
ナッキーのこのデッカイ手も、かなりのチャームポイントですね。
a0180681_15581173.jpg

けど、さくらと同じ、とことん寝たまま遊ぼうとしているな…
ハラ触ると「ウキャキャキャ」とかわええ声で鳴きます。萌え。
a0180681_15584655.jpg

あ、ちゃっかり隊長のお膝に。
いや〜もうね、今すぐにでも、誰のお膝でもイケますがな。
そうやって抱いてもらえること、ずっとずっと待っていたんだよね。
a0180681_15585766.jpg

ま じ め に
a0180681_1601188.jpg

そんなに動かない気なら、飾っちゃうわよ
a0180681_15591796.jpg

にやうにやう。白木かぶりも余裕。
a0180681_160446.jpg

隊長作、デコド(デコラティブ・ナツド)。
首上げないと見えませんから。
a0180681_1605455.jpg

こんくらい派手なのでないと見えないね
a0180681_1612389.jpg

なんでも似合うわよ、白木先輩に続いてちょうだいね
a0180681_1614510.jpg

その合間にしっかりメシは喰ってるね、あちこちで
a0180681_1615864.jpg

お、ケム兄が覗きに来ましたよ
a0180681_1621718.jpg

無反応ー
a0180681_1634062.jpg

…というわけで、写真は惨敗と言えましょうか…
ナッキーは悪くありませんよ、私の力不足で。
しかしこの愛しさとまったり具合と安定感、
少しはご想像いただけることを願って。
もうね、マッサンと同じく会えばイチコロですわん、こういうお方は。
膝やハラが空いていればすぐにもこうして座り込んできますが、
10分くらいすると満足してひとりで過ごすこともできるそうです。
(主に寝て…)

餡ちゃんと遊んで帰ろ…
a0180681_1623658.jpg

帰り際、もう一度部屋を覗くと、まだ箱に入ったままのダイアナの
穴の隣でくつろいでいたナッキー。じゃあねふたりとも。
a0180681_1644152.jpg

気づけば終電の時間になっていました。
あぶないあぶない。

で、その夜、知らないヒトが帰ったら、ダイアナさん
穴から出て来たそうです!
しかもそのまま初めて抱っこできたそうです!
知らないヒトよりはメシくれおばさんのほうがマシ、と思ったのか。
私も猫だったら相当ヒト見知ると思うので、親近感。
一歩ずつ、きっと出会えるはずの家族に向かって、
赤い糸をたぐってがんばろ〜


一匹でも多くの猫に家族を見つけてシェルターに空きを作り、
今夜にも喰われてしまうかもしれない村の猫たちを守りたい。
どんどんどんどん出して行きたい。
自分の生活や飼い猫に負担をかけても、あやこ隊長の決意は揺らぎません。
この4年間変わらぬことだけれど「いつか」なんて言ってられる状況ではなく、
行動あるのみなのです。
どれほど危険なことか知りながら放置し、
死んでから画面越しに泣くだけなんて、いやなのです。
なので日陰亭にはこれからも、いろんな猫さんがやって来ることでしょう。
周りの方々へのご紹介など、みなさま応援よろしくお願いいたします!

日陰亭へのお問い合わせ→ satooya.hikagetei☆gmail.com(☆を@に変える)
日陰亭ブログ


さくらとすずは、変わらずなかよく元気にしています。
a0180681_1652100.jpg

さくらの最後の発作から、今日で99日!百祝い!
鼻の粘液をさらさらに溶かすアセテイン液という点眼を
様子を見ながらタイミングよく使っていくことで発作に至らせず、
だいぶコントロールできるようになりました。
そのため病院で相談し、ステロイドを減らしていくことになりました。
アレルギーは否定できないため、抗ヒスタミン剤は引き続き。
ネブライザーに通わなくてよくなっただけでもすごいことです。
東京に来てまもなく一年で、体もやっと落ち着いて来たのかな。
そうだといいな。あとは日だまりのある部屋をね。

すずも毎日出勤してがんばっています。
最近は寝てる時間のほうが長いですが。
a0180681_1651936.jpg

オ、マントの王子。
a0180681_1653719.jpg

銀さんみたい。
a0180681_1654638.jpg

『銀次親分物語』はまもなく入稿。
今日はテスト校なるものが届きました。ドキドキ…
もう戻れない感じが、少しこわいです。
どんな風にみなさまに届くのかな。
a0180681_1655447.jpg

by ginji_asakusa | 2015-02-20 00:13 | お出かけ | Comments(1)

日陰亭訪問 1

こんにちは!
a0180681_150457.jpg

と意味なくかわええふたりで始めてみました。


定休日の夜、本の作業の隙間に、あやこ隊長のご自宅
「日陰亭」にお邪魔して来ました。

現在日陰亭の保護部屋には郡山のシェルター福猫舎からやってきた
ダイアナ♀とナッキー♂がいます。
2月10日、飯舘村で給餌の帰りにオレ銀号が迎えに行きました。
オレ銀号豆川レポート  福猫舎の記事

ヒトとの生活に馴れる訓練中のダイアナにはもう少し時間が必要として、
シェルターから移ったとたん驚愕のゴロスリっぷりを見せ、
これもうどこでもだいじょうぶじゃね?と思わせるナッキーの
お茶目な写真を撮るのが目標です!


IT環境がハイテクな日陰亭では、保護部屋に観察カメラが置かれており、
ドアを開けずに隣室で中の様子をモニタできます。
去年の春、ヒトに馴れておらず兄妹で結託し、何をしでかすかわからない
子猫(計7匹)のときもとても役立ちましたこのモニタ。
今回は、ヒトがいないとダイアナはどう動いているか、
観察するのに役立っているようです。
隊長が部屋を出ると即座に棚の上から降りて来てメシ食べてるとかね、
バレています、ダイアナさん。

モニタを見ながら「あっ、あんなとこにいる、初めて見た!」と隊長。
真横に置かれたヒーターがあったかいことに気づいたらしい。
くつろいでますね。
「ドア開けてすぐ撮れば近くで撮れる!」とのことで、

サッ、 パシャ、

撮れました。
やべぇ油断した、という顔。いいよいいよ油断してよ〜
a0180681_1503216.jpg

ピューと穴ボックスに逃げ込むダイさん。
2013年8月に20km圏内から保護されたダイアナ
私は福猫舎で会ったことあります。
そんなに大きくは見えませんが、さくらと同じ体重があるそうですよ…
a0180681_1504163.jpg

うふふ
a0180681_1575528.jpg

そしてこちらがナッキー… 顔でか…
たぬきミックス、あ、失礼、シャムミックスだそうです。
おっさん猫マニアにはたまらん魅力の猫さんです。この貫禄。
a0180681_1553344.jpg

のっそりと椅子から降り、やって来ました。
きみほんとに誰でもいいんだね、歓迎ありがとう。
a0180681_1571790.jpg

オレ膝の上。
あのねあのね、今日はナッキーの、目が開いてるところと
立って歩いてるところを写真に撮りに来たんですから。
さ、膝から降りて、立って、目を開けて。
a0180681_15275352.jpg

降りたけど…
a0180681_15285044.jpg

うむー

そんな間にダイアナさんは、おもちゃに釣られてけっこうムキになっておられ。
もっと出て来て遊びましょうよう〜
a0180681_1533261.jpg

遅ればせながら、日陰亭オリジナルメンバーにご挨拶。
年の順に、番長ウニ
a0180681_1537362.jpg

「世界にあやこ以外は何もいらない誰もいらない」という
ややブラックなねっとり愛を捧げるウニさん。
去年の春には新入り餡ちゃんがやって来たり、
夏から次々保護猫たちの出入りが止まらない日陰亭で、
いちばん心労を抱えておられるお方です。
ウニさまから「出てけ〜出てけ〜」と呪っていただくと
保護猫たちが早く里子に出られるというジンクスがありますので
どぞ…よろしく…
a0180681_15377100.jpg

おっとりやさしい超巨猫・ケム。
さくらはんと比べて「デカ〜」と感じるのはこの方だけです。
なんたって9kg。
落ち着かなかった夏には、ひっそりと具合悪くなっちゃったりしたのよね…
おつかれさま。
a0180681_15351551.jpg

末っコ姫・餡
福猫舎から去年の春に家族入り。
水まんじゅうとかあざらしとか呼ばれていますが
ちっこくて超かわええです。
もとは飯舘村で子育てをしながら生き抜き、シェルターの大部屋でも
たくましく男子らと渡り合って来たお方なので、
かわいいだけでなくとっても頼もしい感じ。
二度と子育てするもんか、と子猫らには興味を示さなかったけれど、
最後まで残っていた富士子には、お姉さんらしくしてあげてましたね。
そしてやっと末っ娘に戻れたのに、隣の部屋にはまたなにかがいる気配…
学習した餡ちゃんは、完全スルーしておられるそうですw
a0180681_15392556.jpg

猫メシ
a0180681_15402272.jpg

ヒトメシ
あやこ手料理+持ち寄りでたいへん豪華なことに〜 ワーイ
a0180681_15383437.jpg

メシの合間に、ダイアナさんのご機嫌うかがい
a0180681_15424355.jpg

穴に手を入れてお尻なでてみますと、あへ〜
シャーとか言うけど噛んだり叩いたりはしない。
出て来られるのももうすぐかなー
a0180681_15423550.jpg

んでナッキーは…
a0180681_15572932.jpg


つづく…]
by ginji_asakusa | 2015-02-20 00:00 | Comments(1)

富士子の顔見せ会

ヒョコ 
a0180681_058114.jpg

11月8日、エフの蔵に「日陰亭」臨時幼稚園から富士子がやって来た。
a0180681_0591644.jpg

富士子が生まれた場所と育ての母さん[こちら]の「葉タバコ組合」。
8月に行ったとき、警戒心の強い母さんが食べに来るのを扉の隙間から
私はこうやって覗いていたのです(豆川レポート)。
食べ終わった母さんは大きな声で子猫を呼び続けていました。
子猫は4匹とも保護されてここにはいないのに、いつまでも。
東京では猫の子育てを見たことがなかった私は
その声にとても悲しくなりました。
ヒトのいない過酷な場所で生まれて来た子猫たち。
しあわせにするためとはいえ、こんなにも子を呼ぶ母さんから引き離したのだ、
絶対にしあわせにしなくては。とそのとき思いました。
東京での預かりに名乗りを上げたのが、これまでも20匹を超える
子猫を里子に出して来た経験豊かなあやこ隊長です。

7月に私が新幹線で運んだ牛舎の子猫たちはもう少し月齢が低かったため
比較的ヒト馴れも早く一ヶ月もせずに全員無事に
日陰亭を巣立って行ったのでした。

福猫舎の犬班A。さんたちが根気強く通ってばらばらに捕獲された
葉タバコきょうだい4匹はそのまま検査入院していたため
幸いにもパルボ禍を免れ、お盆の頃にあやこ隊長が給餌の帰りに
車で東京に連れ帰り、日陰亭の預かり猫となりました。
家猫たちと、念のための隔離期間を置いたためヒト馴れが遅れ、
野生動物同然で近づけず写真も撮れなかった子猫たちに焦りを抱え
隊長からは笑顔と飲み会が消えていった夏でした。
10月1日に日陰亭訪問したときのこと

隊長の寝ずの苦労の甲斐あってようやく手で触れるようになり、
富士子のきょうだい3匹のうち2匹の姉妹は尚子さんのご友人宅で
「琥珀」と「月見」という名前に、唯一のオス猫は銀次子分・
リス吸いさんのお宅で「こてつ」という名前になり、
今やすっかりゴロスリ猫に変身しています。

富士子ひとりが残っていたところ、故あって突如やって来た
巨大一歳児「マッサン」によって日陰亭はふたたびの大混乱。
ついにはオリジナルメンバー(3匹)が体調を崩したり
バトルで怪我をしたり。
ひとつだけよかったことは、マッサンの乱入によって結束が強まり
富士子の地位がぴょこんと上がったことだったそうです。
オリジナルメンバーが「あの空気読まないヤツよりは
先に来てたよなおまえ!」と少しだけ富士子との距離を縮めたのです。
オリジナル最年少・福猫舎から来た餡ちゃん
まるで母か姉のように富士子に寄り添ってくれるようになったり。
そんなてんやわんやの日陰亭で、物怖じせず子猫らしく
マイペースで育って来た富士子。
美形なのに、だからこそか、ひとり行き遅れてしまいました。

エフのカフェで壁にでかでかと貼った猫撮る先輩撮影の
富士子ポスター。あるときそれをかわいいと目に留めてくだすった方が
「犬を飼おうかと思っていたのだけど」とおっしゃって、
思わず「犬のような猫いますけど!」とマッサンの話をしたところ
ぜひ会ってみたいと言っていただき、蔵でのお見合いが決定。
しかもその方は、マッサンの元保護主とも私とも
動物ボランティアを通してつながっていた方のご友人。
まるで親戚の集まりのようになったお見合いでは、
銀さんが見守ってくれたかのようにすいすいと話が進み、
マッサンは現在トライアルに行っています。
a0180681_5415036.jpg

↑ 10月31日、蔵でのお見合い中のマッサン ↓
a0180681_542066.jpg

被災地に生まれて捨てられたマッサンが、たった一人のヒトを求めて来た
一年半、そこに関わってたいへんな想いをしながら守って来たヒトたち、
ついに出会ったほんとうの家族。
私はもうその夜にまったく感動して泣いてしまって。
富士子ごめん!と思いながら、どうしても猫とうまくやれないマッサンを
気に入ってもらえる貴重な機会を逃してはならない、と
富士子を後回しにしたのには、かわいいからきっともらわれやすいから、
という気持ちがありました。

そしてついに、残るは富士子ひとり。
珍しく隊長が土日に休みを取れたので、マッサンのしあわせにあやかって
蔵でお見合い会をやろう!ということになったのです。
とはいえ富士子は東京では病院に行く必要もなかったため
初めての外出。知らない場所にたくさんのヒト、
怯えて負担が大きかったら失敗です。
なのでまずは土曜日だけ、見物はナシで里親候補だけ、
という条件でおしらせをしました。
さてどうなるんでしょうか。相変わらず前置きが長いですね。

園長による富士子の振り返り&紹介ページは[こちら]です。
園長による初期のブログ[こちら


ケージの裏を通ってまず向かったのは銀次祭壇。
物怖じしないけど仁義を知るオンナ富士子。
a0180681_0581634.jpg

カフェの音も気になる様子、でも怖がってはいない。
その堂々ぶりに、あやこ園長も誇らしく胸を撫で下ろし。
a0180681_058149.jpg

リードを引きずってテケテケ二階に上り、
さっそくクライマーぶりを発揮。
さすがぁ、脚立はすずでも上ったことないよー
a0180681_0581975.jpg

ベッドも新品よ、使ってみてね。
a0180681_0582297.jpg

しばし蔵のケージで落ち着いていただき、
あやこ園長の胸元に入ってカフェデビュー。
a0180681_0593873.jpg

たくさんの物音やヒトの姿に、隠れるでもなく耳を倒すでもなく、
ただただ興味津々。いろいろあっておもしろいでしょ。
a0180681_1102212.jpg

おやつももらってラッキー
a0180681_0582724.jpg

お膝でくつろぎ中。
私も抱っこさせてもらったら、来た頃のすずより小さく細かったです。
小さな心臓はトクトクトク。
a0180681_0582543.jpg

ふたたび蔵の二階に。
ええとこ見つけたね〜 腕までたたんじゃって。
a0180681_058352.jpg

寝てもええよ
a0180681_174691.jpg

蔵の見学のお客さまが来たら、ぬぬっ
ヒトより猫のほうが多い日陰亭で育ったのに
ヒトにもしっかり興味を持って。
a0180681_173523.jpg

猫撮る先輩も応援に来てくれた。
我々夏以来なのに富士子が来ると聞いて飛んで来ちゃって、
このうれしそうな顔!
a0180681_18920.jpg

パシャパシャ!
猫撮る先輩の「あなたの猫撮る」富士子ギャラリー[こちら
告知にあたってこのページにはたいへんお世話になりました。
かわええ写真いっぱい。
a0180681_175772.jpg

面会はこんな感じ。
お座布団にちょこんと座る富士子かわいかった。
猫撮る先輩がさっそく書いてくれたレポートに載っています[こちら
a0180681_1272719.jpg

時間ぎりぎり最後の面会の方たちと、またまた二階へ。
a0180681_0583353.jpg

あ…
a0180681_0583874.jpg

この隙間、すずも覗いたり乗り出して、危ないんだよね
a0180681_0584224.jpg

のぼるの…?
a0180681_171127.jpg

あぶにゃーー
a0180681_113971.jpg

と慌てたら、あやこ園長からは「どっかのアホ猫といっしょにしないでくださる」
と言われましたよ、富士子は機敏だから落ちたりしないってさー

というわけで、カフェで居合わせた方々も含めて
何組かの方に富士子と会っていただけました。
富士子に辛そうな様子がまったく見られなかったため、
本日11月9日(日)も出動することに決めました。
なんと同じく飯舘村出身で福猫舎経由で日陰亭メンバーになった
餡ねえちゃんも応援でいっしょに来るんですと!
富士子のこと、会ってみて自分の言葉で友だちに紹介したいと
思ってくださる方も含めて、ぜひ会いにいらしてください。
時間も倍にして4時間、14時から18時までです。
(カフェに着席の際はご注文をお願いします)


この夏チームひとり徒歩々になってから、シェルターに行ってみたり
日陰亭の他にも個人で保護されている方とお会いしてみたり、
お見合いに同席させてもらったり、保護猫と会う機会が増えました。
私はたとえ臨時でも自分でこれ以上猫を増やす自信もなく責任が持てないので、
敬意をもって見学しながら勉強させていただくとともに、
協力できることはしていきたいと思っています。

個人で保護活動をされているアンニィさん
保護猫に対して書いておられた言葉、
「"心を開く" って、一番立派な行為だよ」
というのがとても好きです。
どのコも、それはかわいいコもうまくやれないコも、
ほんとうにそうやって小さな体で健気に自分なりにがんばって
恐怖を克服し、ある時点でヒトに対して心を開くのです。
保護猫たちにはまだ終の住処がなく、
ヒトの都合でこの先どこに移動されるのかもわからず、
ついにここなのか!と思ってみたらまだ仮だったり、
そんな繰り返しの中で、やっぱり彼らはがんばっているのだと思います。
生涯の家族に出会うために。
その証拠に、心配されていたコたちもおうちが決まるやいなや
すっかり安心して甘えん坊に変身し、あやこ隊長の夏の苦労を
全部忘れさせるくらいの姿を見せてくれているのです。
だからヒトもがんばれます。
生涯の家族に出会った
しあわせなきみの姿を見たいから。

富士子の赤い糸がしっかりと結ばれますように。
去年の同じ日に、銀次親分も同じ場所から
蔵で起きていることを見守っておられました。
a0180681_5323839.jpg

マッサンが来たときも二階に上って天井を見上げて大声で
誰かを呼ぶように鳴き続けたのです。
普段のマッサンを知る二人が「どうしたの?!」と驚くほど。
その姿はまるで銀次親分に仁義を切っているようでした。
銀さんどうか今日もお見守りよろしくお願いします。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-11-09 04:34 | できごと | Comments(4)


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

言葉が見つかりません。。..
by むぎ at 21:31
izumiさん。 みー..
by ナホ at 23:48
譲渡会の時に2度お会い出..
by nerogattoroigatto at 13:15
今日、知りました。 ど..
by かつお at 17:46
Izumiさんの周り..
by akiwan2nyan2 at 13:15
『ぼくらは きっと待って..
by バジル at 01:38
ldrnshd ..
by CurtisPek at 23:35
Izumiさん、お疲れ様..
by しんのすけ at 17:57
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
清らかで強い心を持ったう..
by むー at 02:28
すみません、かめ吉です。..
by かめ吉 at 02:22
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ