<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お届け

出たーーーーーっ
a0180681_1471965.jpg

出たーーーーーっ
a0180681_1474168.jpg

出ましたよ うふふ
a0180681_148869.jpg

アゴを上げて、銀さんの真似ー
a0180681_150283.jpg

って、すずくんは何をやってもマンガみたいですね。

3月25日、角川学芸出版より『銀次親分物語』無事発売となりました。
「25日には書店を探してもない」とおしらせしていたのですが、
大きな書店でご予約くだすった方には本日入荷したと連絡があり、
すでに引き取りに行かれた方もおられました。
書店に入荷する本は他にもたくさんありますのでね、
翌日並べていただけるか、翌々日か、それは書店さんによるそうです。
予約分しか仕入れていないお店にはもちろん並びませんのでね…
みなさまぜひ書店にてお問い合わせください。
そして「扱っておりません」と言われたら「えぇぇ、マジですか?!」
という顔をしていただけると…仕入れをご検討いただけるかもしれません。
エフには27日に入荷します。

エフでお買い上げの方にはポストカードセットをおまけに。
エー!他所で買っちゃったじゃないの!という子分さん方にも
後日さしあげられるよう、現在制作中ですが
完成は4月になってしまいます。


帯に言葉を寄せてくだすったいしいしんじさんから、
夜中にメールをいただき、ぶわーと泣いてしまった。
思いがけず、献本を読んでくださった感想で、
その言葉も帯にしたいw というくらいすてきなメッセージに
ほっとして、とても励まされた。
しんじさんが最初の小説を出版したとき、工場からできたてで
まだカバーのついていない一冊をいただいた。
そのときにも添えられたメッセージとともに、今でもたからもの。
れんちゃんとの別れにも、銀さんとの別れにも、
いつも宇宙の一滴のような言葉をいただいた。
大きな影響を受けて来たしんじさんに、
自分の書いた物を見ていただくのはなんだか怖かったけれど、
銀さんが運んでくれたんだね。
みなさまのもとへも、まもなくです。
もう一度銀さんに出会い、これからもずっとおそばに。


日中には福猫舎のおっちゃんがすずを抱っこしながら
ずっと「メタボの歌」を歌ってました。
先週会ったばかりですが、なんでこんなとこにいるんスか。
a0180681_2105897.jpg

猫を引き受けるトンボ返りの旅の隙間に納豆食べに寄ってくれました。
私も午後から外の仕事があり、30分しかいっしょにいられなかったけれど
納豆食べ切り、いろんな猫情報を一気に詰め込まれw
なんか切り取った腫瘍の写真とか見せられた気がするぞ。
あ、先日の忘れ物(下着類)も届けていただきましたーすません。
日陰亭で家族募集中の「ゆら」に必要な物なども預かり。
あ、あやこ隊長ががんばって収支報告をしておられますよ![こちら

そこへちょうど、パルボのときに真っ先に駆けつけてくださり、
消毒薬をバルクで支援してくださった方がご来店になり、
その節は、とご紹介できてうれしかった。
今も続けてブログを見ては支援をしてくださっているそうで、
ありがとうございます。

おっちゃんと日比さんにさしあげる銀本に
尚子さんからいただいたゴム判を初めて押してみたのですが、
ものすごく失敗して練習みたいになってしまいました。
段々うまくなるかな…


外の仕事へ。
ビルに切り取られた都会の空にも桜が咲いていました。
a0180681_2384821.jpg

都会に出ると気持ちが悪くて倒れそうになり、
何も見ないで一刻も早く帰りたくなる。

前夜、自分給餌に行った近所の純喫茶。
一人メシを食べていると、女のヒトが入って来て、
そのヒトが福猫のおっちゃんに似ていてすごくドキッとした。
やがて旦那はんと息子はんが集合して、家族メシ。
ただそれだけの光景を見ていて、失礼ながらも勝手に、
原発事故がなかったら、おっちゃんにも東京で
まったく別の暮らしがあったんだよなぁ、ととてもリアルに感じた。

「東京は、やだな」
浅草のビルの谷間で別れ際、おっちゃんがそう言う。
ほんのひととき、新幹線を降りてまた乗るまでの間、
すべて捨ててあとにした東京の空気を吸う。
4年前に何も起きなかったみたいな、
4年前のことはすべて解決したみたいな、東京の空気。
あの場所には、4年間も助けを待っている猫たちが今もいる。
「あそこらの猫なんてとっくに野生化してんでしょ?」
私も最近よく聞く。振り払いたいのは、そんな東京の空気。

猫一匹を救い出すために、救えないことに、
今も身をよじってそれでも倒れず踏ん張っているヒトたちがいる。
ねじれた夢の中のような、福島と東京の行き来。
「でもあたしはあっちを選んだから」
うん、そうだね。これからも。
そして私は、知らん顔でそびえ立ち、
猫さえ寄せ付けない都会のビルの足もとを、
桜でもなければうつむいたまま歩く。
250km離れた村の一匹ずつの顔を思い浮かべ、
名前を呼びながら。
オカシイヒト? いいよ、それでも。


私と入れ替わりでご来店だった乳母ーズみなさまに
たくさん遊んでいただいたそうで、帰ってもすずは
スネておらずフクフクでした。ありがとうございました。
a0180681_2133962.jpg

その後も母の椅子を占領して寝ており。
つやつや毛皮の坊ちゃん、天使の輪ができておる。
(床に転がってるので実際はゴミだらけです)
a0180681_2134490.jpg

今日が発売日だって言ってんのに、母の誕生日と間違えてね…
フライングでケーキまで用意しちゃってね…
今日もダメな一日でした。

そして閉店後。
ゴルァ、そこはアウトアウト!@カウンター入口
a0180681_2143982.jpg

しゅん…
マット一枚分アウトだからね。
銀さんはそのマットを一歩も踏まなかったんだから。
a0180681_21405.jpg

せっかく降りて来たのですずくんにもお仕事を、
というわけで冒頭の写真撮影となりました。
気負ってなくていいですよね、すずは。

あっ、コラーーッ!
a0180681_228886.jpg

コラー
a0180681_22915.jpg

コラ… もういいよ、私のだけど、すずにあげるよ…
a0180681_2294366.jpg

どんだけ…
a0180681_2291478.jpg


昨夜寝る前
膨らみ続ける笹かまちゃん。
a0180681_2353846.jpg

火曜に病院で体重を量り、まさかの増量!
4ヶ月ぶりだったので血液検査をしていただき、
ステロイドの肝臓への影響も見られず、糖尿の気配もなく、
体重以外は問題ありませんでした、体重以外は。
でも帰ってからンコ+シコしたので重かったのはその分だと思います。

今朝の目覚め
さくらの腕をまくらに寝ていたすず
a0180681_2363759.jpg

by ginji_asakusa | 2015-03-26 05:39 | 記念日 | Comments(6)

桜が咲くから

ガスファンヒーターが不完全燃焼臭を発していて
三日前から使用中止。今夜はつらい…
a0180681_3423021.jpg

寒いねぇ
a0180681_3423599.jpg

日中の東京には開花宣言、
浅草神社の桜も咲いていました〜
a0180681_3562027.jpg

昼間のすず。
前夜の(いらん)お供えはキッカーでしたが、
朝はねずみおもちゃでした。さくらはんはどちらもいらんそうです。
a0180681_431572.jpg

想いが受け取られなかったすずはキレて、またまたバトルが始まります。
a0180681_431878.jpg

さくちゃんも「来るなら来いや〜」とパンチを構えて応戦。
a0180681_432116.jpg

自宅を出発するときのスリングイン。
すずがいなくなって初めてさくらはんはのんびり養生できます。
a0180681_432446.jpg

カフェでは栗ごはんさんが待っていてくださり、
a0180681_441591.jpg

長めの銀むすびの先に鈴を縫い付けたおもちゃをいただきました。
ハーネス着けてるとあんまり動けないからちょうどいいおもちゃ。
でも鈴を噛んで飲み込みそうだからほどほどにー
a0180681_441936.jpg

尚子さんからすてきなプレゼントをお送りいただき…涙。
左側にひっくり返してあるのは尚子さん手彫りのゴム判です。
形でわかりますかな、銀さんなんです。
『銀次親分物語』にサインを、と言ってくださる方が多くて
ほんとにもったいないので私のサインよりも絶対こちらのほうが
喜んでいただけます!カックイー銀さんなのです!
というわけで、お楽しみで裏返してあります。
a0180681_453792.jpg

子分さんたち続々と書店に問い合わて宣伝してくだすっていて
ありがとうございます!
我々子分にとっての銀さんは大スターでも、
私という人間はまったく無名の新人です。
大きな出版社には他にもたくさんの新刊があるわけで、
人の手から手へ宣伝していかないと誰の目にも留まらないのです。
まずはお読みいただき、もしも薦められる本だと思っていただけましたら
どうぞよろしくお願いいたします。
エフには27日到着予定です。

ナオトさんに「発売前ってドキドキするもんなの?」
と訊かれまして。うーんそりゃぁ、
みなさんどう受け取ってくださるかな、というドキドキはあるけれど、
できてしまってどうしたってもう直せないわけで、
私にできることはこうしてお願いをして回るくらいで(回ってねえし)
原稿を最後に手放す直前のほうが、ドキドキしたかなぁ。
なんたって、とてもとても書ききれるものではないのに、
銀さんの名前を丸ごと背負ってしまったんですから。


はぁぁ〜〜寒いっ
桜が咲くんだからしかたない。
a0180681_34319.jpg

ガスヒーターなくてもふたりは上から(電気ストーブ)下から(ホカペ)
横から(猫)あったかいですよ。
誰も抱っこさせてくれないし、ストーブは遠いし、私は寒いです。
a0180681_3443543.jpg

ぬ、イヤな予感…
a0180681_3441984.jpg

今夜はどんなワルしようか考えてるでしょ
a0180681_344504.jpg

今夜のワル
なんかさぁ、夏の夜に部屋に迷い込んで来て、バチンガツンと
あちこちぶつかって飛ぶカナブンみたいだよね。
さくちゃんのぽよぽよぶりも見どころなんだけども。


これでも怒ってる菩薩。
昨夜よりヒュウヒュウはマシだけど、まだ治ってない。
明日は久しぶりに病院かな。桜が咲くんだから、元気でいなくちゃね。
a0180681_345866.jpg


今夜は鍋を煮るはずだったのが、急遽琵琶さんと『花一看』
4月公演のチラシを作ることになり… 急遽、っていうか
すでに一ヶ月前ですから出遅れていたのでした。
できました。ブログより放置していたHPも直しつつ…
ご案内は[こちら]です。4月29日(祝)開催
a0180681_54553.jpg

この春からの一年間は、失われつつある日本の心の在り方
「やまとごころ」をテーマにトークゲストをお迎えします。
第1回のゲストは評論家の井尻千男(いじりかずお)さん、
随筆家の丹生谷(にゅうのや)真美さん。
初めての試みとして、演目はゲストの方にお好きな曲を
選んでいただきました。これが楽しみで!
丹生谷さんの選曲は『城壁のハムレット』。この曲を作詞された
作家の橋本治さんも冬のゲストでご出演くださいます。
全5回、お楽しみに!
by ginji_asakusa | 2015-03-24 05:16 | 日常 | Comments(3)

ヒュウヒュウの丘

帰る仕度の気配を感じると、すずは事務所のソファの下や
棚の裏など手の届かないところに隠れてしまい、
おやつやおもちゃで釣っても出て来なくなり、
ナオトさんと連携して捕まえるのに15分はかかってしまいます。
帰るんじゃなくてトイレに行くだけだよーというフリをして
出待ちにおびき寄せる作戦もありますが、いちばん確実なのは
ぐっすり寝ている最中にそのままスリングにイン、です。
そこから仕度を始めるので、すずには袋の中で待ってもらうわけですが。

たいへん不本意なようです。
a0180681_152142.jpg

だっていっしょに帰らないでどーすんのキミ?
a0180681_1545063.jpg

逆に家を出て店に向かうときは、スリングと首輪を出しても
まったく隠れなくなりました。すずも行きたいんですね。

ただいまー

なんですか…
a0180681_147319.jpg

もつろんおやつ待ち。
すず、デカくなった…?


今夜は外の風と同じにさくちゃんの胸がヒュウヒュウ鳴っていて、
呼吸が苦しそう。肩で息している感じ。
鼻もズビズビしておらず、発作ではないけれど。
a0180681_1471710.jpg

ちょうどお薬三種類の日なので様子を見ます。
現在はステロイド減量中で、三日空けての投薬。
一ヶ月前までは三日空けと二日空けの交互でした。
次は四と三になるのかな。減量ってそんな微細なんですね。
曜日で覚えられないのでさすがにカレンダーに印をしています。

食欲もあるけど、フードを替えたからか下痢気味だし。
体にはよかったはずの穀物フリーのフードはあまり好きでなく、
ンコは写真に撮りたいほどとっても見事だったのにな。
しかたなく混ぜていたフードのほうを気に入って
そればかり食べるようになってからおなかがゆるい。
話を聞けば、フードはどこのお宅も苦労しますなぁ。

まぁこうして横になれるようになったから少しマシかな。
今夜は襲っちゃダメだよ、やさしくしてね
a0180681_1475270.jpg

真っ白ふかふかのさくらヶ丘に置いてみると
すずの足の裏の汚さがよくわかるな
a0180681_224824.jpg

あまりよくならないので点眼も二種類にしてみた
a0180681_1495230.jpg

はぁ…
a0180681_151566.jpg

重いってよ…
a0180681_1493580.jpg

やさしくない
a0180681_1503264.jpg

全然
a0180681_1512664.jpg

さくちゃんはすずの足まくらでいいそうです
a0180681_15142100.jpg

お、たまにしか見られません、
すずの尻をまくらにするさくらはん(すずが寝返っただけ)
a0180681_2501592.jpg


『銀次親分物語』は四六判(しろくばん)というサイズで、
A5サイズの『ネコの吸い方』と並べるとこのくらい小さいです。
すずや、並んでくれるのはうれしいけど、
親分のお顔を隠さないで…
父娘の縁を結んだ銀さんとサバはん、
本屋さんでいっしょに並べたらいいですなぁ
a0180681_249758.jpg


すずの今夜の「やさしさ」は、宝物のお供えだそうです
a0180681_253956.jpg

具合悪いから遊べないって言ってんじゃん…
a0180681_253335.jpg

すごく迷惑だってよ…
a0180681_253475.jpg

結局すずがまくらにしてるし
a0180681_345077.jpg

はーぁ…
a0180681_351057.jpg

by ginji_asakusa | 2015-03-23 03:17 | 日常 | Comments(2)

春の目覚め

春ですね。
二夜連続で、寝始めのすずは布団の上で丸まるようになりました。
起きると布団の中にいますけれども。

今朝の目覚め 
a0180681_16292812.jpg

猫吸い ずぃーーーっ 
a0180681_16295997.jpg

もふもふで大きなぬいぐるみみたいなさくらはんに
むしゃぶりついているうちに、すずの目つきはブラックになっていきます。
さ、さくちゃん逃げてー
a0180681_16253011.jpg

何をするにもいちいち乱暴な、ちんぴらすず。
優しいさくらはんに抵抗されるとキレて襲いかかります。
このやりとりは、幾分落ち着いてきたものの変わりません。
a0180681_1626645.jpg

断固すずストッパー始動
a0180681_16342844.jpg

が、がんばってさくちゃん
a0180681_16341660.jpg

時にはさくちゃんだって噛み返します
a0180681_1634194.jpg

動画でどぞ



こんなのが毎朝まくらの上で、私の目の前で繰り広げられています。
たまに流れ弾に当たることもあって危ないです。
よそでやってくんない?

気が済んだら、こう
a0180681_16264057.jpg

さくらはちょっとは怒るけど、
a0180681_161444100.jpg

すぐ眠くなっちゃう
a0180681_161595.jpg

まぁ気にしない
a0180681_1614243.jpg

だからつけあがる坊 ウシシー
a0180681_1625405.jpg

私が支度している間のふたり。よっかかり
a0180681_16131442.jpg

いつだってさくらはんをクッション扱い
a0180681_16132546.jpg

またハラを噛まれてさくらはどこかへ行ってしまいました。
へのかっぱー 広くていいやー と憎らしいすず。
a0180681_16123067.jpg

早くすずがいなくなってほしいさくらはん
a0180681_16125450.jpg

行きますよー…
a0180681_16124170.jpg

出動ー
しかしカフェが満席で目が配れないのでなかなか降ろせません。
事務所のドアの向こうで出動を待つ姿。
a0180681_161147100.jpg

ランチタイムが終わって少し空いたので子分さんに抱っこ。
なんですかその赤ちゃんみたいな寝方は…!
a0180681_16274652.jpg

今月中に、すずの飛び出し事故防止カーテンをカフェに設置する予定です。
もしも勢いでドアから飛び出してしまったら、すずにはチャンスがありません。
迷子になるヒマもなく、目の前の国道で轢かれてしまうからです。
一度も失敗できない、後悔したくない、その想いを受けて、
チーム銀次カーテン部の harumiさんが施工準備をしてくだすっています。

それまでの間、カフェに降りるときはハーネスとリードを着けることに。
ハーネスが着いているとやんちゃ度99%ダウン、みなさまから
「なんておとなしくていいコなの」と驚嘆されているすずくんです。
(その分家に帰ってから暴れるわけですが)
乳母ーズみなさま、ありがとうございました。
a0180681_162749100.jpg

by ginji_asakusa | 2015-03-22 19:20 | 日常 | Comments(2)

銀さんの誕生祝い

3月25日発売『銀次親分物語』(角川学芸出版)
見本ができましたー!
a0180681_14304126.jpg

19日に編集のYさんがお届けくださり、
題字と絵を描いてくだすった尚子さんも
駆けつけてくださいました、ワーイワーイ
a0180681_1519824.jpg

デザイナーのしいなさんは出張中でとても残念…
本に顔と命を与えてくだすったのはしいなさんです。

たまたまこの日は私の誕生日で、年取るのは全然うれしくないんですが
銀さんが誕生日祝いサービスに来てくれたみたいで、
うれしいお届けになりました。

まずは何ヶ月も応援してくれた家族に一冊ずつ配りました。
制作中、ただの一カ所も誰にも見せていませんでしたから
みんなどれだけ気を揉んでいたことでしょう。
さぁ、さぁ、ついにですよ、と渡しても、みな開けない、触れない、
泣いちゃう、ムリ、と恐る恐る遠巻きにしています。
晶子さんなんて触っただけで鼻が赤くなっています。
ナオトさんも「買うからいらない」とか言っちゃって
「写真見ただけで泣いちゃうし」とか言っちゃって。

あのね、私がどんだけ泣きながら作ったと思ってんスか。
銀さんを思い出してもちろん泣いちゃうに決まってるけど、
泣かせるための本ではありません。
一歩進むための、猫と在る日々の愛しさを抱きしめるための本です。
それが銀さんの教えてくれたこと、生きた証だから。

とはいえ私もね、泣いちゃいますけども。
最後まで、赤ペンが入った原稿しか見ていなかったので、
全部が修正された本文というのは本になって初めて見たわけです。
最後の最後の校正をしてから時間も経ったので、
この夜初めて「物語」として読むことができました。
そしてやっぱり泣いちゃうのでした。
銀さんと出会えて、ほんとにほんとにしあわせだったな、って。
どの猫にもこんな出会いがありますようにと心から。

お話が読めないという方にも、写真のほうが多いですから
写真だけでもカックイー銀さんを堪能していただけます。
「フォトエッセイ」と呼ぶみたいです。
写真を選ぶのもホントに拷問で、何度も頭が破裂しました。
銀さんの魅力を最大限に引き出すため、側近子分である
尚子さんとしいなさんのアイデアがたくさん詰まっています。

ご注文はぜひお近くの本屋さんへ。
その際に、猫の本であることをひと言添えていただけるとうれしいです。
タイトルだけだと意味不明ですからね、
スマホで店員さんに書影を見せてくださった方もおられます。
猫の本だということが一発でわかりますね。
意外とあちこちの本屋さんに猫本コーナーってあるんです。
大きな店なら書店員さんにも一人は猫好きがおられるはず。
もしも予約注文以外に仕入れていただき置いてもらえたら、
銀さんにまったく出会ったことのない方にも目にしていただけます。

そしてここで「銀次郎」問題です。
パッと見、「親」の字が「郎」に似て見えるのだと思います。
画像を見ながら「ぎんじろ…」と書かれそうになったケースがあるそうです。
注文票で間違われないようご注意ください。
近しい方で「銀二」と書く方もよくおられます。銀次です。
a0180681_152838.jpg

で、ここからだいじです。
発売日は3月25日ではあるのですが、「書店に並ぶ日」ではなく
「出版社から出荷される日」なのだそうです。
ネットショップでは発売日が26日や27日と表示変更になったのは
そのためだと思います。
なのでネットを含め、エフもですが、
その日に手に入れられるところはどこにもないはずです。
25日にどこを探し歩いても見つかりません。
書店に並ぶ(届く)のは早くて26日、確実なのは27日(金)だそうです。
予約したのになぜ25日も26日も連絡がないのかしらっ、と気を揉んだり、
25日にあちこち探し回る方がいらっしゃると申し訳ないので…
(ここにしかいらっしゃらないと思いますが…)

見本=完成品はエフにあるんですけれども、
「もったいない!」「見られない!」「見たくない!」
「ぎゃー開けるな!」と、みんな目や耳まで塞いで
誰も触りませんでした…あのぅ…
カフェでご覧になりたい方はお申し付けください。

まだ書影が載っていませんが出版社のページは[こちら
エフでも27日から販売します。
名古屋ではカフェ・シャトンルージュさんでも販売してくださいます。
電子書籍版もあるそうで、同じく27日配信開始。
各ネット書店で探してみてください。

長い道のりを応援してくだすった子分みなさま、ありがとうございます。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



誕生日にみんなと食べたくて自分で用意した、
あこがれのゼリー詰め合わせ。ずっと眺めていたくなります。
ほんとはホールがほしかったのだけど、今週はお休みだった。
a0180681_14362657.jpg

きらきら、ぷるぷる、なつかしい昭和の香り。
福島県はいわきの「ゼリーのイエ」から届きました。
大人気で、買うのたいへんス[こちら
それでも一日に作れる量を守っておられる手作業の丁寧さを
たいへん美味しくいただきました。
a0180681_1436441.jpg

Yさんは会社に戻り、尚子さんをお引き留めして
晶子さん作誕生日ディナーをごいっしょしていただきました。
にゃんとこちらも美し!
a0180681_14363235.jpg

今日のプレゼントは「作るもの」だから食べたいとき言ってね、
と言われてたらこんなのキタ!
マグロ、ウニ、いくら、ほたて、錦糸卵、の押し寿司ケーキしゅげー!
a0180681_1436406.jpg

harumiさん、美雨ちゃんからお花もいただき、
ありがとうございました
a0180681_15115930.jpg

a0180681_15115273.jpg

さくらはんもお元気です
a0180681_1635948.jpg

すずも元気でワルです
a0180681_1641398.jpg

by ginji_asakusa | 2015-03-22 01:54 | 記念日 | Comments(4)

猫の手八本 2

1ページ目を公開し、2ページ目を書いている一日の間に、
みなさまの反応から「晶子さんの猫シェルターデビュー」が
いかに衝撃であったかを実感しました。話題騒然でしたw


つづきです。
おなかいっぱいで、車中では寝落ちつつ
6時過ぎにシェルターに戻りました。
もう作業は終了にしたのですが、せっかく来たのだから
まだ行ってない部屋のみんにゃさんにも会って行きましょう。
普段ヒトが一人しかいないここでは
みんにゃさんとの触れ合いもだいじな仕事。
おっちゃん以外のヒトが来て怖がってしまうコもいるけれど、
いつか新しい家族と出会うためには、
少しずつでも慣れていってもらわないとなりません。

尚子さんは「仕事はここで終わりって決められるけど、
猫と会うのはどうやって終わりにできるの?終わりがないよ?」
と心配そう。そうね、新幹線には終わりがあるけど…
東京で解散してからも電車の時間があるものね。
晶子さんはこの間に車で仮眠してくれました。
作業中は「帰りもあるんだから休んで」と何度言っても休んでくれず。
今回徒歩々班の長老であり唯一の運転者ですからおだいじにしないと。


二階のお部屋へ。
左から、爽、ピット、レオ(なんと!床にいる!)
a0180681_130142.jpg

獅子丸と、んー誰かしらw
a0180681_1363929.jpg

あれ、二階の写真、これしかありませんでした、
どんだけ眠かったんでしょう。深春がおもしろかったのに。
尚子レポートに期待w

この部屋には「彦左」と「ヒッチハイカー拓」と「このは」がもういません。
なんといっしょに迎えてくださるという方のお宅へトライアルに出た
拓と彦左は3月18日に東京のチーム福猫さんを通して正式譲渡になり、
このはは銀次子分ふぐふぐさんのお宅で
二匹の先住猫さんたちとトライアル中です。
シェルターから猫が出て行くのは当たり前のこと、喜ばしいこと。
こんな風に「うれしい不在」というのを体験したのは初めてです。
拓とぴこが一生いっしょにいられるなんて、
想像しただけで目眩がするうれしさです。


続いてキャリアっこ部屋へ。
の前に、もう一度相撲部室へ。
感染防止のためキャリアっこ部屋は最後なのです。
飯舘村でいちばんの移動距離を誇った風来坊の「ちょび」。
腫瘍が見つかって手術の後でしたが無事戻りました。
その後腫瘍は悪性でなかったこともわかりました。
よかった、元気で、新しいおうちで、やっとやっとしあわせになるんだよ。
a0180681_142988.jpg

茜(あかね)
a0180681_14585321.jpg

もいちど蓮くん、ちょいベロとウインクゲット。
なんてかわいいのかしら??
a0180681_1454887.jpg

ボン母さんがなでなで
a0180681_1444450.jpg

醍醐はやっぱり出て来てくれず。
かーちゃんひとすじだなぁきみは。
a0180681_1441362.jpg

三朗ー
a0180681_1462227.jpg

ぐでぐで
a0180681_1495548.jpg

マメー
a0180681_1465331.jpg

ボン母さんに抱っこ、横綱・蓮くん
a0180681_1472657.jpg

尚子さんも重量級をどんどん抱いて、折れないでね。
巨猫No.2のローリエ
a0180681_1494036.jpg

いよいよ最後のキャリアっこ部屋へ。
かなで(奏)、がんばってるの知っているよ、えらいね。
a0180681_1551996.jpg

この部屋の不在は、あの夏の恐怖と痛みを思い出すと今も苦しい。
それでもおっちゃんは、他の猫といっしょにできず
行き場のない猫たちを引き受けている。
ほとんどが、原発被災地で遺棄されていた猫たち。
そんなところに猫を棄てるヒトがいるのもまた事実です。
それぞれが保護された場所や状況を聞くと、怒りや悲しみに震える。
そんな場所や仕打ちから猫たちを守る、
そんなヒトが一人でもいてくれる。一人にしてはいけない。
この部屋はだいじ。この部屋は、悲しくなんかない。


尚子さん、憧れのジャンボを抱っこ。
なんたるジャンボ!
a0180681_1551332.jpg

尚子、あなたモテてるモテてるわよ!
a0180681_155432.jpg

ジャンボが顔を舐めてあげてるのがあまね(天音)。
その手前でぼくもと言ってる茶白がにーにー(兄兄)。
そこへもっと混ざりたいのがかなで。
あ、モテてるのはジャンボ兄さんか。
a0180681_1571613.jpg

なかよし。
この部屋には風雅兄さんみたいなアニキが必要なんだ。
ジャンボ、みんなを頼むよ。
a0180681_157377.jpg

にーにーの妹、しっぽだけ三毛のまいまい(妹妹)
a0180681_212717.jpg

子猫のときに棄てられて鳴き涸らしたのか、
声が出ない天音。抱っこすると必ずチューしてくれる。
a0180681_21664.jpg

かなでもチューするかい?
a0180681_2111251.jpg

千夏 昼間は窓辺で応援してくれてありがとねー
a0180681_2113179.jpg

いさおと書いてつとむ 山猫かっ
おっちゃんには馴れてきたそうです。怖がらせてごめんごめん
a0180681_211466.jpg

千秋くん
a0180681_14562661.jpg

千秋と葉月 穏やかにありがとう
a0180681_2115615.jpg

太陽
a0180681_2123249.jpg

寿珠(じゅじゅ)
a0180681_2124623.jpg

宝珠(ほうじゅ)
a0180681_2125627.jpg

ゼーハー、おっちゃんの付ける名前はっ、ほんとにっ、
意味深く美しいけど読むのも覚えるのもたいへんにゃのよっ!


そこへ事件ですw
来客パニックで部屋中を駆け回った巨猫・武蔵が、
三段ケージを駆け…駆けのぼ… れてない!落ちるーーっ!
そのすべての重量感に一同呆然。
あぶっ、あぶないっ!!(カーテンがっ!)
a0180681_213716.jpg

咄嗟に体の動く女・おっちゃんに助けてもらってなんとか。
あーびっくりした、だいじなカーテンぶっちぎれるかと思った。
体は大きくても怖がりなんだね、大勢で入ってごめんよね。
体が半分くらい小さい千夏(右)に
「怖かったの、よしよし」となぐさめてもらってて可笑しかった。
a0180681_14542211.jpg

うしお(潮)(旧おにぎりくん)
a0180681_2212762.jpg

ジャンボ… あなたのこの腕の太さをどう伝えられようか。
ほんとに猫なの…?
a0180681_2133089.jpg

マジ猫
a0180681_2134737.jpg

母がおっちゃんにプレゼントした尚子さんの新作絵本
さくらいろのりゅう』、おっちゃんがサインをお願いすると
「ここで !?」と言いながら尚子さんは目の前のジャンボを見ながら
すらすらと似顔絵を描いていった。わぁいいなぁ〜すてき!似てる!
a0180681_2141449.jpg

この部屋にいるコたちを、一般家庭で引き受けるのは困難です。
せめてみんなで見守ってあげられたらと思います。
日の当たる部屋で、できるだけ穏やかに、苦しまず、暮らせるように。
おっちゃんが綴る毎日のブログで、名前を覚えて(むずかしいけど)、
今日は元気だったなとか、体調を崩したんだとか、
そのたびに必要になる支援や励ましなど、彼らを見捨てることのない
あたたかな手を増やしていけたらと思います。


名残惜しいが今日はお別れです @19:30
おっちゃんがゆらとお別れの支度をしている間、
借りてる車を汚さないよう、家の猫たちに持ち帰らないよう、
みな着替えます。私は外の暗がりで…
暗がりでも、窓の外からでも、一つの部屋が
また使えるようになったことの爽快感が溢れている。
みんにゃさん、おっちゃん、またね、また来るよ、
おつかれさまでしたーーー!


途中までは鳴くと思うよ、と言われていたゆらが
車が動き出しても一声も鳴きません。
ほんとに入ってるのかな? 怖すぎて声も出ないのかな…
だいじょうぶだからね、と声をかけつつ進みます。
あんまり静かで、いるのを忘れてしまうほど。

ナビによれば22:30到着予定だったのが、休憩を入れつつで
徐々に延び、23:00過ぎにようやく浅草に到着。
36軒という最高記録とともに給餌班オレ銀号は
その30分くらい前に東京を通過していたようでした。
みんなおつかれさま。
尚子さんとボン母さんは足早にそれぞれの電車へ。
家には愛する猫が待っている。

店の前ではあやこ隊長のウニ銀号が待っていてくれました。
ゆらの引き渡し。あぁ写真がないったら。
日陰亭には現在ナッキーがいます(ダイアナはトライアル中)。
どちらもたぬきMIX、じゃなくてシャムMIX。
私がたぬきMIXと呼んだら怒っていたのに、
自ら「たぬたぬ亭」と改名したようです。
シェルターを出て日々変わりゆく二匹の姿は
あやこ隊長のTwitterにて。

晶子さんは、浅草から家までがいちばん辛かったそうです。
みんなを乗せている間は緊張していて疲れに気づかなかったよう。
やっぱり一人運転は厳しいかなぁ。次の日も休めないし。
私も徹夜で行ったので、やっぱり頭痛に悩まされ。
長持ちする猫の手になりたいなぁ。

0時過ぎ、晶子さんから最後の帰宅報告。
この日動いたチーム銀次7名全員が無事帰宅できました。
銀次親分のお見守りに感謝です。
おっちゃんが言っていました。各地から送られて来る支援物資には
時々「チーム銀次メシ班」と書き込んでくださる方々がおられると。
銀さんの仁義が今も生きて届いている。とても誇らしい気持ちです。
どうもありがとうございます。

洗い物が半分残ってしまったことで、尚子さんとボン母さんは
達成感が足りなかったと。いやみんなフルでがんばりましたしw
部屋が復帰できたことは一つの区切り。
徒歩々の一歩。また行けばいいから。
次はアレを持ち込んでアレをやっつけてやるゼぃ、
と密かに狙っているわけです。

村にしてもシェルターにしても、東京から福島まで行かないとならない、
そのことだけが時間も体力も経費も、なによりの負担です。
でもそれこそが、送電線で結ばれていた福島と東京の距離であり、
そのことが招いた原発事故と放射能災害に対して、
他人事にするかどうかの距離であると思うのです。

おっちゃんがやっていることは私たちにできない。
おっちゃんの手が足りずやりきれていないことは、
他のできるヒトがやればいい。
私たちが見ずに済んで来たことを、全部見て来たヒトたち。
見てしまったからには、放置しなかったヒトたち。
動物たちのため、そうあってほしいと願う社会や現象や風潮を
形作っているのは私たち一人一人。
そこにはヒトの数だけ様々な関わり方があるはず。
へなちょこでも、トホホでも、かたちを作る。
猫たちが丸くなれるかたちを。


帰宅 @23:30
朝4時半に家を出たから19時間の留守番、おつかれさまでしたね。
普段もそういう日がなくはないけど、いっしょに布団に入らないまま
私が出て行くのは、いつもと違って不安だろうから。
でも母が途中で様子を見に行ってくれたので私は安心でした。
何もかも、一人ではできないことばかり。
店ではいつも母に抱っこで甘えているすずは、やはり自宅のさくらの前では
「馴れ馴れしいゼ」とばかりに甘やかしを拒否したそうです。
a0180681_2142317.jpg

次の日の昼にはおっちゃんが、私が暑くて途中で脱いだ腹巻きと首巻きと下着と、
前回もおみやげにいただきとてもおいしかった母上作の梅酒を
捕獲器の上に忘れていったのをTwitterにて公開してくださり。ウケた。
初めて行ったときも脱いだの丸ごと忘れて来たのよね。
まぁいいのよ、また行くから。物置に突っ込んどいてちょうだい。
きっとまたそれも忘れるだろうけどね。


徒歩々の歩み:1  2  3


福猫舎の心強いサポーター、RAINBOW PROJECTのマメKさんによる
シェルター、圏内、飯舘村訪問レポート [こちら
美しい写真からたくさんのことが伝わってきます、ぜひご覧ください。


☆警戒区域や飯舘村の猫たちが保護されているシェルター
 「福猫舎」への支援は[こちら]から☆


仁義箱からも定期的に医療費の支援を送らせていただいています。
みなさまの継続的なご参加ありがとうございます。
by ginji_asakusa | 2015-03-20 05:38 | お出かけ | Comments(3)

猫の手八本 1

3月17日、チーム銀次・徒歩々班、シェルター福猫舎に出動してきました。
徒歩々と言いつつ今回は車です。
前回11月のカーテン設置のときから、
シェルター管理人犬班A。ことおっちゃんに相談されていました、
環境改善のためみんにゃさんのお部屋の大移動計画。
まずはいま使えていない部屋を片付けて復帰する大作業に、
人手の多い日が必要。
しかし運転できるヒトはなるべく給餌に行ってほしいから悩ましい。
ならば徒歩々班の出番、となるわけですが、
一人や二人ならまだしも、全員が往復新幹線で行く交通費を考えると
目眩がします。すると叔母の晶子(しょうこ)さんが
「今なら預かっている車があるからそのときは行くよ」と言ってくれました。
これまでも出動班をがっしり支え続けてくれているものの、
私が次々猫を持ち込むのでしかたなく慣れてくれてはいるものの、
もと猫嫌いの晶子さんが、マニアも唸る猫の巣窟へ!
信じられないうれしいお言葉、そんな機会はだいじにしたいものです。
しかしその後は私が本の制作にかかりきりになってしまい、
真冬に外での水作業は辛すぎるというのもあり、延び延びになっていました。

3月の公演も終わり、本も発売を待つばかりとなり、
来週なら行けるかも、とおっちゃんに連絡したところ、
一週間前の予報では最高気温17℃とのこと。
予報が外れてみんなに嫌われるかもだけど、やっちゃうか!
となりまして、「次はいっしょに行く」と言っていた徒歩々班・尚子さんと、
いつも応援してくださり醍醐の旧名「ヤマパン」の名付け親でもある
古参子分のボン母さんをお誘いしてみました。
猫の手八本増えるのだけど、体力自慢は一人もいないという
若干不安なメンバー、どうなることやら!


この日は豆かあさんのオレ銀号も飯舘村の給餌に出動していました。
長くお勤めだった仕事を辞めてお休み中だった豆かあさんは
この春から新たな一歩を始められます。
そのためこれまでのようには出動できなくなり、それまでは、と
モーレツに出動した春の写真展以降もこの冬の間も、
月に二回の平日の出動をがんばって維持してくれました。
ほんとうにおつかれさまでした。
出動し続けるにはなにより自分に信念がなければできないことですが、
一番遠くに住んでいるのに厭わず車を出してくれて、
スキーが好きで雪道の運転にも慣れている豆かあさんが
私の最初の誘いに応えてくだすったことは奇跡のようなできごとでした。
放射能汚染の問題で、誰でも行くことを勧められる場所ではないけれど、
だからってこういうヒトが日本に一人しかいないのか?と思うと
私はそんなはずはないと思っています。出会っていないだけ。
もっともっと話して、伝えていかなくては。

ただ給餌するだけでなく、命をつないだからには避けられない
TNRや保護、譲渡など、一人一人の取り組みの変化によって
原発被災地の厳しい環境から守られる猫が少しずつ増え、
様々な関わり方への提案や実行が目に見えるようになってきました。
猫撮る先輩の新たな保護活動に挙手してくださり、ダイクことカンナの
預かりに手を挙げてくだすった「猫寮母」さんが、
預かることを決めた経緯をブログに書いておられます。
ぜひ読んでみてください。[こちら
私も読んで初めて知ったのですが、以前浅草にお住まいで、
銀さんに会いにカフェに来てくださり、写真展も観てくだすっていたそう。
銀さんの命も、マーブルの命も、カンナの命に繋がっていたことを知り、
私はとても励まされました。

ともかく、止まらず動き続けること、やってみること。
徒歩々の歩みも一歩ずつ。
その中できっとまた新たな出会いがあるはず。
ご縁は猫神さま頼みなのだけど、豆かあさんと出会えたのも
猫撮る先輩と出会えたのも、みな猫神さまである銀さんのおかげだもの。

前置きが長いのは恒例だよ!


留守番組のおふたり、よろすくお願いしますね。
a0180681_1534690.jpg

朝5時に浅草を出て始発で晶子さんの最寄り駅に集合、
6時に出発、気合いを感じさせる朝食は佐野SAにてラーメンにカレー。
東北道で予定通り9時半すぎにシェルター着。

日当りのいいキャリアっこ部屋の窓からみんにゃさんを覗いて
きゃいきゃい言っていると二階から声が。
おっちゃんまだ朝のお世話が終わらないそうです。
どぞおかまいなくー

そこへ郡山にお住まいのYさんという女性も登場。
不定期でお手伝いに来てくださることになったそうで、それは頼もしい!
まずは火曜恒例、ゴミ出しから。
使用済みトイレ砂がメインのゴミたち、一袋でもかなり重たい。
最初の作業だからハリキッテ二袋持とうとするメンバーに、
みなさーん、今日は長持ちしてもらわないと困りますから
二個持ち禁止〜

みんなでやれば早い早い、ゴミ出し終わっておっちゃんが
「みんにゃと遊んでて〜」と言うのでまずは相撲部室から訪問。
「ふくらむねこの家」として定評がある
「ふくねこや」が誇る巨猫さんが多い部屋なのでそう命名されました。
過酷な環境から保護され、大所帯の仮住まいではあるけれど
ひとまず温度管理もされた屋根の下で安心できているみんにゃさん。
おっちゃんのケアやご支援いただく良質なフードのおかげで
少しずつ健康を取り戻し、ふくらんでいきます。

かまってくれるなら誰でもいい三朗ですが、
真っ先に晶子さんの足にしがみついて歓迎。
「え〜私でいいの〜ありがとう〜」と晶子さんも困惑しつつ感激。
イイゾ三朗!みんにゃを代表してハートをつかめ!
a0180681_17101865.jpg

ここでマメと会えるふしぎ。飼い主さんの依頼で保護中。
少しふっくらしたね。
a0180681_17102565.jpg

この部屋にはもうダイアナがいません。
日陰亭に移り、7万人目の子分tomoさんのお宅でトライアル中です。
本日の第二ミッション、家族を見つけるため帰りに日陰亭に搬送する「ゆら」。
空では帰りませんよ。
保護猫が一匹減ったあやこ隊長が「誰でもいいから連れておいでよ〜」
と言ってくれたんだもーん。
ゆらや、今日はシェルター最後の日だよ。
a0180681_17103596.jpg

この美しくさみしげなゆらのブルーの目が、
シェルターを出てどのように変化するのか楽しみです。
a0180681_17124289.jpg

尚子さんにガッシとつかまってうろたえるこの部屋の横綱・蓮くん
a0180681_17341715.jpg

机の下で目を逸らしてる醍醐。
最近「気をつけ」が少ないんですけど?
(かーちゃんにしがみついちゃうんだそうです)
a0180681_17133869.jpg

もうひとり、ここで会うのがふしぎなお方、
お歯黒ちーちゃん、療養中。
村では子どもたちを引き連れて真っ先にお迎えに来てくれたちーちゃん、
まだここでの暮らしに慣れていなくて隠れ気味です。
a0180681_1713553.jpg

尚子さんにおにぎりにされている三朗
a0180681_17142123.jpg

あ、そだ、おばさんみんなと遊ぶためにおもちゃ持って来たよ!
シュタッ!
a0180681_17144158.jpg

って次の瞬間には破壊されました…
壊したのは飛び入りの一朗兄さんでした。
a0180681_17183480.jpg

姫ちゃんの、トォ!
a0180681_17151965.jpg

さてさて作業開始。
ものすごい大量のお水のご支援が届きまして、
玄関前の軒下に積んでいきます。
2Lが6本入りだから一箱12kgですかな、いきなり腰が不安ですな。
必死だったので写真がありませんね。

続いて溜まった洗い物に取りかかります。
こちら二名は水仕事班。
a0180681_1732514.jpg

尚子さんの背後に登場した茶トラさん。
a0180681_17364927.jpg

私含め三名は、まるごと消毒して復帰させる部屋に取りかかる。
まずはケージの解体から。おっちゃんが部屋からどんどん運び出します。
簡単に見えてこれがもう、金具を外すのがあり得ないくらいたいへんで…
設計ミスだろー素人に優しくないぞーとぶぅぶぅ言いながらやりましたが
どうしても外せないところは力持ちのおっちゃんを呼んで。
組み立てるときも泣けたよ、日比さんとまること三人で、
勢いでやったよ、とおっちゃん。どんだけたいへんだったことか。
そしてまた、力も必要だけど、コツなんだなー
ようやくコツをつかんだ頃には終わってたんですが。
a0180681_1733971.jpg

もうね、あったかいどころか暑い。村もいいお天気かな。
念のため重ね着してきたけれどヒートテック、腹巻き、ネックウォーマー、
全部脱ぎました。半袖Tでオケー。

続いて、さっき解体したのより大きい、同じくらいの量のケージ。
どんだけ入ってんすか。こちらは解体せず丸ごと洗うそうです、ホ。
しかしこれまた柵を一本ずつ洗うのもたいへんで、くじけそうになったけど、
ここまでおっぴろげたからには空になった部屋も掃除して
きれいになったケージを戻したいではないですか。
この作業、いくらおっちゃんでも一人ではできないもの。
a0180681_17433816.jpg

それにしてもこの大きな三段ケージ、さくらを保護すると決めた日に
私が注文したのが同じサイズ。デカいw
結局一度も使わず、開梱することさえなく日陰亭の夏の子猫たちに貸し出し、
デカいデカすぎると言われ続けて訪問した際にはすでに撤去されていて
実物を見ませんでした。
その後ちーむぼんぼんのたこさんのところで募集があったので、
使っていただけてよかったですが。プロかw というサイズ。
きっとうちでは置くところなかったと思います。


まったくもってお天気が味方をしてくれています。
キャリアっこ部屋の日だまりで見守ってくれてる千夏ちゃん。
a0180681_17355497.jpg

相撲部室では三朗が窓に頭をこすりつけて応援。
a0180681_17435545.jpg

かわええぞー
今度はこの窓も洗うからなー
a0180681_1744368.jpg

尚子さんと私でせっせと柵を洗っている間に
おっちゃん、晶子さん、ボン母さんは不要になった器具やネットを外したり、
ゴミをまとめたり、せっせと何度も何度も拭き掃除したり。
すぐ隣の部屋に猫たちがいるので掃除機が使えないのです。
帰りもあるし、休んでと言っても休まない方々…
ボン母さんの百均レインスーツが破裂してておもしろかった。
a0180681_17434737.jpg

そしてついに、ジャジャーーン!!!
はぁぁぁぁ、まるでリフォームしたてみたいじゃないですか!
ケージの半量はまだ洗えておらず外に出しっぱなしなのですが、
おっちゃんも「ここまでできたらあとはコツコツ一人でもできる!
うれし〜ぞ〜うれし〜ぞ〜」と歌まで歌いながらたいそう喜んでおられます。
一人じゃできなかった、みんなだからできた、
徒歩々班出動の甲斐があったってもんです。がんばったーー
a0180681_17441385.jpg

ハラ減ったよーとつぶやき始めて数時間、パンやお団子をかじりながら
ようやく目標以上に達成できたので区切りをつけ、
洗って乾かしていた物たちを物置に仕舞い、外に放置する物たちを片付けて、
みんなでおっちゃん思い出のレストランへ。
もう夕方5時ですけどね。ヘンな時間でお客さんも少なく、ほっとする。
福島でスパゲティ食べたの初めて。おいしかった。すごい大盛りだった。
a0180681_17442430.jpg

レトロ感溢れる店内には、なぜかフラミンゴが20羽もいるのですw
ふしぎな生き物だなぁ。
a0180681_1744338.jpg

なんだか夢の中のようにふやふやと、
どこに来てるんだかすっかりわからなくなりました。
a0180681_17445027.jpg


つづく]のです。
by ginji_asakusa | 2015-03-19 01:26 | お出かけ | Comments(4)

ええお顔

すべての原稿が手を離れてから十日が経ちました。
なかなかネット販売の告知が整わずに申し訳ありません。
すでにご予約くだすった方々、ありがとうございます。
みながネットで買うと町の本屋さんがなくなってしまうので、
ぜひお近くの書店でもご注文ください。

まだ他では載っていませんが、許可をいただきましたので
ここにて書影(帯つき)を初公開!
a0180681_18103212.jpg

表紙はこれしかないと私は思っていました。
年賀はがきのはずが遺影になったこの写真。
すべて吹っ飛んでしまった2014年正月のことを
思い出してしまうけれども、だからこそ。
出版社の会議をいくつも経てこれに決まってうれしかったです。
表紙は本の顔。銀さんらしい、ええお顔になりました。

本のデザインは椎名麻美さん。
題字と絵は町田尚子さん。
帯には猫吸いさんといしいしんじさんが言葉を寄せてくださいました。
みーんな銀次子分、無名の私にとってたいへん心強い応援です。
帯にも尚子さんが描いてくだすった銀さんがいますが、
本文でもあちこちにひょこひょこおられますので全部見つけてください。
猫撮る先輩の写真もお借りしています。
素人写真満載の本の中で、だいじなシーンをビシッとキメていただきました。

『銀次親分物語』Izumi 著
発売日|2015年 3月25日
価格|1,300円(税込1,404円)
出版社|KADOKAWA(角川学芸出版)

全128ページ、半分がカラー、58ページ分がお話(文字)です。
サイズは四六判で持ちやすいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


そうこうしている内に、3.10と3.11と3.12を迎えました。
3.12は原発が爆発した日。
原発さえなければ、あの村を知ることもあの丘へ行くこともなく、
さくらに会うこともなかったわけだけど、
そのほうがよかった、と心から思いました。
さくらを始めとする猫たちが、三年間も苦しまなくて済んだから。
さくら以外の猫たちが、四年間も苦しまなくて済んだから。

こんな目に見つめられると泣けてきます。
一つでも何かしなければと思います。
実際は「おやつ足りねえ」と言ってるんですけども。
a0180681_20205470.jpg

「今朝の目覚め」シリーズはツイッターにて、
私がカメラを忘れていないかぎり毎日続いています。
a0180681_20165029.jpg

大あくび写真は歯石のチェックにも役立ちます。
a0180681_2017447.jpg

暖かくなって来たし、最近は寝るときにテーブル下の猫ねぐらの
電気毛布の電源を切るようにしています。
それまですずは、朝までそこで寝てしまうか、私とさくらが寝てから
いつの間にか布団に入っていたのが、
眠りに落ちる前に入って来るようになりました。
三匹同時に布団に入りたくなくてひと暴れしてから来るのは変わらず。
起きると必ずさくらか私にしがみついています。

一週間分の寝起きなかよしをどぞ。
寝ぼけてるとき以外はさくらにヒドいことばかりしているすずなので、
なかよし写真ばかりは癪なのですが、まぁなかよしです。
a0180681_20165999.jpg

a0180681_20162171.jpg

a0180681_20162018.jpg

a0180681_20145412.jpg

a0180681_20143285.jpg

a0180681_20141034.jpg

a0180681_20134761.jpg

a0180681_20132521.jpg

a0180681_20115111.jpg

a0180681_2010596.jpg

起きるのか起きないのか(起きない)、
猫がまどろんでいる時間がいちばん好きです。
さくらも発作なしで今日で120日目!
その前が77日だから、約200日で2回に抑えられているわけです。
うれしいな、このまま発作なんてなくなってしまえーー

もうすぐさくらが来てから一年。
すずだって6月ですからもうすぐです。
三匹で暮らし始めた9月から始まったような気分なので、
そんなに経った気がしないのです。

鍋を煮ています。
by ginji_asakusa | 2015-03-13 23:29 | 紹介 | Comments(4)

3月のおしらせ

a0180681_1345042.jpg3月9日(月)19時
3月10日(火)19時

鈴木一琥/カワチキララ
ダンス公演『3.10 10万人のことば』

詳細[こちら

by ginji_asakusa | 2015-03-01 00:00 | おしらせ


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

こころよりご冥福をお祈り..
by 千尋&るな at 18:06
御冥福をお祈りいたします..
by はる at 17:45
一度もお会いしたことはな..
by くぼた at 17:35
いずみさんの蔵の案内の英..
by neko-zuki at 16:26
心よりお悔やみを申し上げ..
by スミレ at 15:57
最近ツイッター等でお見か..
by nao at 15:48
最近ツイッター等でお見か..
by nao at 15:48
ご冥福をお祈り申し上げま..
by さきち at 15:04
初めてエフに行ったのはC..
by まつこ at 14:33
是非一度お伺いしたい、お..
by ひとん at 14:17
izumiさんのご冥福を..
by cat at 12:14
もう一度抱きしめたかった..
by ナホ at 11:33
言葉がありません。ショッ..
by mhpri at 11:16
本当に…辛い。 でも一..
by ももちもい at 10:08
悲しいのひとことしか頭に..
by あずき at 09:27

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

お気に入りブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ