<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いりねこの日

今日は銀次親分の記念日。
銀さんがエフの猫になったのは2009年11月24日。
生きていたなら5回目のバースデーケーキを
今日はみんなで囲んでいたことでしょう。
今はここにすずがいます。
a0180681_17471880.jpg

代わりにホイップボールをもらえると思ったら大間違いですよ。
まだまだ足元にも及ばない見習いの坊です。
a0180681_17475970.jpg

アッ、ド突くな!
a0180681_17483030.jpg

ええところにいますね
a0180681_17484519.jpg

銀さんといっしょね
a0180681_17484983.jpg

過去の記念日はこちらです。
2013年  2012年  2011年  2010年  2009年


こんなときいつだっていっしょにいてくれる
豆かあさんが今日もお昼から来てくれた。
すずが家に帰ってからさくらはんが安眠できるようにと
せっせと遊んでくれます。
a0180681_17501792.jpg

猫釣れたー
a0180681_17502258.jpg

かわええふたり
a0180681_17505116.jpg

この足を閉じると指に噛み付かれるそうです。ンニャ。
a0180681_1750369.jpg

もつろんこのお方も、あやこ隊長。猫の手班作モフドの検品中。
a0180681_20594872.jpg

そして編み編み中。なんとすてき毛糸!
a0180681_210341.jpg

すずはそれにしたの
a0180681_1751393.jpg

再び遊んでいただき。
a0180681_17514410.jpg

誰とでもなかよくできるのはすずのとてもよいところです。
銀さんの宝を、きみが引き継いだんだものね。
a0180681_17522350.jpg

7万人目の子分、tomoさんも来てくれました。
a0180681_17531240.jpg

かわええ
a0180681_17525170.jpg

自称ぶきっちょのtomoさんからいただいた4匹目のぬいぐるみ。
これまでにれんちゃん、銀さん、すず、といただきまして
こちらはさくらはん。薄茶色でかわええの。
a0180681_2101536.jpg

ハラが強調されているように見えますが故意ではないそうですw
a0180681_2102168.jpg

久しぶり〜の双子ちゃんも登場して店内は大騒ぎ。
走り回って目が離せない生き物が三匹もいるんですから。
a0180681_21153016.jpg

驚いたことにすずは双子ちゃんと遊んであげていた。
キァーーーと奇声を発しながらつかみかかりのしかかってくる
双子ちゃんに、自らハラ出しゴロン。
ヒトの二歳児よりはおとなになったようだ。
a0180681_21154037.jpg

セリさんにも抱っこ
a0180681_21145052.jpg

銀さんの真似して豆絞りにしたかったけどもう手ぬぐいないんだったw
レインボーモフドにしたよ
a0180681_2115562.jpg

寝るならあたしの膝で寝なさい、とtomoさんが言ってくださるので
遠慮なくお任せし。腕の中で寝ちゃってちょいベロ。
a0180681_21151438.jpg

ホイップボールおそなえ。
あぁ猫撮る先輩が撮ってくれたこの写真、凛々しくてとっても好き。
a0180681_21143386.jpg

銀さんのいない日々、もうすぐ一年になるよ。
銀次親分の名に恥じぬよう、これからもがんばっていくからね。

外で暮らす猫が一匹でも多く生涯の家族とともに安全な家の中で過ごせるよう、
そのためにヒトが尽力することを銀次親分は願い、見守っています。

先日この蔵でお見合いをしたマッサンはトライアルを終えまもなく正式譲渡、
そしてここで顔見せ会をした富士子も、お見合いが決まりそうです。
一つずつ、しあわせな家族が増えていきますよう、
みなそれぞれにできることを。

ヒョコ
a0180681_17492559.jpg


エフにいないけど家族だから、昨夜のとっておきかわええさくらはんを。
a0180681_2123458.jpg

菩薩と呼ばれる寛容さですずを包むさくらはんです。
99%はさくらのおかげですが、すずが少しだけ辛抱できるようになったのが
おわかりになるでしょうか。
(こらえきれずにやりすぎて一晩に最低三回はバトルになるけど…)



福猫舎レポート始め他にもたくさん書かなきゃいけないことあるのだけど
締切やらに追われて全然できてません、ごめんなすって。
日々の様子、しばらくはTwitterにて…

「月夜の森」のご予約もお待ちいたしております。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-11-24 22:47 | 記念日

富士子の顔見せ会

ヒョコ 
a0180681_058114.jpg

11月8日、エフの蔵に「日陰亭」臨時幼稚園から富士子がやって来た。
a0180681_0591644.jpg

富士子が生まれた場所と育ての母さん[こちら]の「葉タバコ組合」。
8月に行ったとき、警戒心の強い母さんが食べに来るのを扉の隙間から
私はこうやって覗いていたのです(豆川レポート)。
食べ終わった母さんは大きな声で子猫を呼び続けていました。
子猫は4匹とも保護されてここにはいないのに、いつまでも。
東京では猫の子育てを見たことがなかった私は
その声にとても悲しくなりました。
ヒトのいない過酷な場所で生まれて来た子猫たち。
しあわせにするためとはいえ、こんなにも子を呼ぶ母さんから引き離したのだ、
絶対にしあわせにしなくては。とそのとき思いました。
東京での預かりに名乗りを上げたのが、これまでも20匹を超える
子猫を里子に出して来た経験豊かなあやこ隊長です。

7月に私が新幹線で運んだ牛舎の子猫たちはもう少し月齢が低かったため
比較的ヒト馴れも早く一ヶ月もせずに全員無事に
日陰亭を巣立って行ったのでした。

福猫舎の犬班A。さんたちが根気強く通ってばらばらに捕獲された
葉タバコきょうだい4匹はそのまま検査入院していたため
幸いにもパルボ禍を免れ、お盆の頃にあやこ隊長が給餌の帰りに
車で東京に連れ帰り、日陰亭の預かり猫となりました。
家猫たちと、念のための隔離期間を置いたためヒト馴れが遅れ、
野生動物同然で近づけず写真も撮れなかった子猫たちに焦りを抱え
隊長からは笑顔と飲み会が消えていった夏でした。
10月1日に日陰亭訪問したときのこと

隊長の寝ずの苦労の甲斐あってようやく手で触れるようになり、
富士子のきょうだい3匹のうち2匹の姉妹は尚子さんのご友人宅で
「琥珀」と「月見」という名前に、唯一のオス猫は銀次子分・
リス吸いさんのお宅で「こてつ」という名前になり、
今やすっかりゴロスリ猫に変身しています。

富士子ひとりが残っていたところ、故あって突如やって来た
巨大一歳児「マッサン」によって日陰亭はふたたびの大混乱。
ついにはオリジナルメンバー(3匹)が体調を崩したり
バトルで怪我をしたり。
ひとつだけよかったことは、マッサンの乱入によって結束が強まり
富士子の地位がぴょこんと上がったことだったそうです。
オリジナルメンバーが「あの空気読まないヤツよりは
先に来てたよなおまえ!」と少しだけ富士子との距離を縮めたのです。
オリジナル最年少・福猫舎から来た餡ちゃん
まるで母か姉のように富士子に寄り添ってくれるようになったり。
そんなてんやわんやの日陰亭で、物怖じせず子猫らしく
マイペースで育って来た富士子。
美形なのに、だからこそか、ひとり行き遅れてしまいました。

エフのカフェで壁にでかでかと貼った猫撮る先輩撮影の
富士子ポスター。あるときそれをかわいいと目に留めてくだすった方が
「犬を飼おうかと思っていたのだけど」とおっしゃって、
思わず「犬のような猫いますけど!」とマッサンの話をしたところ
ぜひ会ってみたいと言っていただき、蔵でのお見合いが決定。
しかもその方は、マッサンの元保護主とも私とも
動物ボランティアを通してつながっていた方のご友人。
まるで親戚の集まりのようになったお見合いでは、
銀さんが見守ってくれたかのようにすいすいと話が進み、
マッサンは現在トライアルに行っています。
a0180681_5415036.jpg

↑ 10月31日、蔵でのお見合い中のマッサン ↓
a0180681_542066.jpg

被災地に生まれて捨てられたマッサンが、たった一人のヒトを求めて来た
一年半、そこに関わってたいへんな想いをしながら守って来たヒトたち、
ついに出会ったほんとうの家族。
私はもうその夜にまったく感動して泣いてしまって。
富士子ごめん!と思いながら、どうしても猫とうまくやれないマッサンを
気に入ってもらえる貴重な機会を逃してはならない、と
富士子を後回しにしたのには、かわいいからきっともらわれやすいから、
という気持ちがありました。

そしてついに、残るは富士子ひとり。
珍しく隊長が土日に休みを取れたので、マッサンのしあわせにあやかって
蔵でお見合い会をやろう!ということになったのです。
とはいえ富士子は東京では病院に行く必要もなかったため
初めての外出。知らない場所にたくさんのヒト、
怯えて負担が大きかったら失敗です。
なのでまずは土曜日だけ、見物はナシで里親候補だけ、
という条件でおしらせをしました。
さてどうなるんでしょうか。相変わらず前置きが長いですね。

園長による富士子の振り返り&紹介ページは[こちら]です。
園長による初期のブログ[こちら


ケージの裏を通ってまず向かったのは銀次祭壇。
物怖じしないけど仁義を知るオンナ富士子。
a0180681_0581634.jpg

カフェの音も気になる様子、でも怖がってはいない。
その堂々ぶりに、あやこ園長も誇らしく胸を撫で下ろし。
a0180681_058149.jpg

リードを引きずってテケテケ二階に上り、
さっそくクライマーぶりを発揮。
さすがぁ、脚立はすずでも上ったことないよー
a0180681_0581975.jpg

ベッドも新品よ、使ってみてね。
a0180681_0582297.jpg

しばし蔵のケージで落ち着いていただき、
あやこ園長の胸元に入ってカフェデビュー。
a0180681_0593873.jpg

たくさんの物音やヒトの姿に、隠れるでもなく耳を倒すでもなく、
ただただ興味津々。いろいろあっておもしろいでしょ。
a0180681_1102212.jpg

おやつももらってラッキー
a0180681_0582724.jpg

お膝でくつろぎ中。
私も抱っこさせてもらったら、来た頃のすずより小さく細かったです。
小さな心臓はトクトクトク。
a0180681_0582543.jpg

ふたたび蔵の二階に。
ええとこ見つけたね〜 腕までたたんじゃって。
a0180681_058352.jpg

寝てもええよ
a0180681_174691.jpg

蔵の見学のお客さまが来たら、ぬぬっ
ヒトより猫のほうが多い日陰亭で育ったのに
ヒトにもしっかり興味を持って。
a0180681_173523.jpg

猫撮る先輩も応援に来てくれた。
我々夏以来なのに富士子が来ると聞いて飛んで来ちゃって、
このうれしそうな顔!
a0180681_18920.jpg

パシャパシャ!
猫撮る先輩の「あなたの猫撮る」富士子ギャラリー[こちら
告知にあたってこのページにはたいへんお世話になりました。
かわええ写真いっぱい。
a0180681_175772.jpg

面会はこんな感じ。
お座布団にちょこんと座る富士子かわいかった。
猫撮る先輩がさっそく書いてくれたレポートに載っています[こちら
a0180681_1272719.jpg

時間ぎりぎり最後の面会の方たちと、またまた二階へ。
a0180681_0583353.jpg

あ…
a0180681_0583874.jpg

この隙間、すずも覗いたり乗り出して、危ないんだよね
a0180681_0584224.jpg

のぼるの…?
a0180681_171127.jpg

あぶにゃーー
a0180681_113971.jpg

と慌てたら、あやこ園長からは「どっかのアホ猫といっしょにしないでくださる」
と言われましたよ、富士子は機敏だから落ちたりしないってさー

というわけで、カフェで居合わせた方々も含めて
何組かの方に富士子と会っていただけました。
富士子に辛そうな様子がまったく見られなかったため、
本日11月9日(日)も出動することに決めました。
なんと同じく飯舘村出身で福猫舎経由で日陰亭メンバーになった
餡ねえちゃんも応援でいっしょに来るんですと!
富士子のこと、会ってみて自分の言葉で友だちに紹介したいと
思ってくださる方も含めて、ぜひ会いにいらしてください。
時間も倍にして4時間、14時から18時までです。
(カフェに着席の際はご注文をお願いします)


この夏チームひとり徒歩々になってから、シェルターに行ってみたり
日陰亭の他にも個人で保護されている方とお会いしてみたり、
お見合いに同席させてもらったり、保護猫と会う機会が増えました。
私はたとえ臨時でも自分でこれ以上猫を増やす自信もなく責任が持てないので、
敬意をもって見学しながら勉強させていただくとともに、
協力できることはしていきたいと思っています。

個人で保護活動をされているアンニィさん
保護猫に対して書いておられた言葉、
「"心を開く" って、一番立派な行為だよ」
というのがとても好きです。
どのコも、それはかわいいコもうまくやれないコも、
ほんとうにそうやって小さな体で健気に自分なりにがんばって
恐怖を克服し、ある時点でヒトに対して心を開くのです。
保護猫たちにはまだ終の住処がなく、
ヒトの都合でこの先どこに移動されるのかもわからず、
ついにここなのか!と思ってみたらまだ仮だったり、
そんな繰り返しの中で、やっぱり彼らはがんばっているのだと思います。
生涯の家族に出会うために。
その証拠に、心配されていたコたちもおうちが決まるやいなや
すっかり安心して甘えん坊に変身し、あやこ隊長の夏の苦労を
全部忘れさせるくらいの姿を見せてくれているのです。
だからヒトもがんばれます。
生涯の家族に出会った
しあわせなきみの姿を見たいから。

富士子の赤い糸がしっかりと結ばれますように。
去年の同じ日に、銀次親分も同じ場所から
蔵で起きていることを見守っておられました。
a0180681_5323839.jpg

マッサンが来たときも二階に上って天井を見上げて大声で
誰かを呼ぶように鳴き続けたのです。
普段のマッサンを知る二人が「どうしたの?!」と驚くほど。
その姿はまるで銀次親分に仁義を切っているようでした。
銀さんどうか今日もお見守りよろしくお願いします。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-11-09 04:34 | できごと

Good Mornings

保護から二ヶ月ちょいの隔離期間を経て、
すずを自宅に連れて帰るようになったのが夏休み中の9月5日
二ヶ月が経ちました。
これに関してだけは「あっという間」という感じがしない。
長かった…

目が覚めて、私が最初に目にする光景をほぼ毎日Twitterに載せています。
念願の三匹川の字寝が始まった9月22日からのふたりをまとめました。
a0180681_23492561.jpg

9月22日
a0180681_18423144.jpg

9月24日
a0180681_18432363.jpg

9月26日
a0180681_2349337.jpg

9月28日
a0180681_23483758.jpg

9月30日
a0180681_2348784.jpg

10月1日 すず前日のワクチンによる不調
a0180681_1859843.jpg

10月2日
a0180681_23475032.jpg

10月3日
a0180681_23473137.jpg

10月4日 すず復帰
a0180681_23464774.jpg

a0180681_2347095.jpg

10月5日、チビを探しに
a0180681_1848409.jpg

10月6日
a0180681_23462886.jpg

10月9日
a0180681_23455960.jpg

10月10日
a0180681_23454452.jpg

10月11日
a0180681_18505324.jpg

10月12日
a0180681_23452742.jpg

10月14日
a0180681_2345724.jpg

10月15日
a0180681_23444981.jpg

10月16日
a0180681_23443181.jpg

10月17日
a0180681_23441077.jpg

10月18日
a0180681_2319376.jpg

10月19日
a0180681_23432893.jpg

10月20日
a0180681_2319454.jpg

10月21日 さくらはん不調
a0180681_18535262.jpg

10月22日 不調だっつってんのに
a0180681_1855552.jpg

10月23日
a0180681_23172178.jpg

10月24日
a0180681_2317299.jpg

a0180681_23172670.jpg

10月25日
a0180681_23162432.jpg

10月26日
a0180681_23162138.jpg

10月27日
a0180681_2316187.jpg

10月28日
a0180681_23161470.jpg

10月30日
a0180681_2316937.jpg

10月31日
a0180681_2316188.jpg

11月1日
a0180681_23155785.jpg

11月2日
a0180681_23155478.jpg

11月3日
a0180681_23155189.jpg

11月4日
a0180681_23154861.jpg

11月5日
a0180681_1801694.jpg

a0180681_180265.jpg

昨夜のストーブ前もそうなんですが、私はこうして猫同士が
絡み合うのを見るのが初めてなので、どの姿にも感動してしまいます。
(二匹いたときもあるけれど、片方が自力で動けないれんちゃんだったため)
まるで別の場所から来た二匹が、
こうして家族と認め合って過ごしてくれることが、
奇跡のようなしあわせに思えるのです。
(たとえ理由が「寒いから」だとしても…)

それでもさくらとすずがこうなるまで、泣きそうだった夜もありました。
すずを今さら里子に出したほうがいいのかと悩んだこともありました。
先輩方に励まされたり笑われたりアドバイスをいただきながら、
慈愛あふれるさくらはんの忍耐と寛い心に助けられ二ヶ月が過ぎ、
今ではバトルも運動だよ〜と笑って見ていられるようになりました。
ほんとうにめちゃくちゃだったすずが、わずかずつでも自制を学んでゆく姿、
書ききれていない、ふたりの間の微妙な変化もたくさんありました。
一匹を迎えること、もう一匹増やすことをためらっている方たちに
どこかで参考になったらいいなぁと思っています。

どんなコもなんとかなるさ〜 と気軽に言うことはできず、
体調を崩したり深刻な怪我をさせるなど、どうしても他の猫がダメなコもいます。
一週間以上は様子を見ないとわからないことです。
トライアルの期間中は保護主に戻すこともできます。
一匹いるおうちにはもう一匹、いないおうちにはきょうだい二匹、
冬が来る前に、一つでも多くのぬくぬく猫団子が生まれるよう願います。

どこで保護された猫であっても、シェルターから一匹減ることで
また別の一匹がシェルターに入ることができます。
そうして猫たちは全部つながっていて、私たちはみな猫親戚です。
そのことを私たち自身が誇りに思うことで、
一方通行のペットショップの流れを止められるのではと思っています。
命はそうして廻ってゆくのだよと、銀さんが教えてくれたのです。


11月8日(土)15時〜17時、飯舘村でこの春生まれた
子猫の富士子ちゃんが、生涯の家族を求めてエフの蔵にやって来ます。
面会は家族として迎えることを真剣に考えてくださる方に限ります。
ぜひ会いに来てください。

8月から富士子を守り育てている「日陰亭」幼稚園あやこ園長による
富士子のご紹介は[こちら]でご覧ください。
猫撮る先輩による「あなたの猫撮る」富士子ギャラリー[こちら
家族に迎えるための条件など[こちら



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-11-05 20:12 | 日常

DAY OFF:ストーブ前 animal

ストーブの前では30分ごとに
実に様々な寝姿が繰り広げられ目が離せません。
よく見るとさくらはんはほとんど動いておらず、
寝相の悪さでおもしろくしているのはすずなんですけどね。
a0180681_1504724.jpg

a0180681_22209.jpg

a0180681_222472.jpg

a0180681_222825.jpg

a0180681_223442.jpg

a0180681_223852.jpg

a0180681_224431.jpg

a0180681_22495.jpg

a0180681_225374.jpg

a0180681_225776.jpg

a0180681_23221.jpg

a0180681_231091.jpg

a0180681_231866.jpg

a0180681_243441.jpg

a0180681_212063.jpg
a0180681_2113813.jpg

これ全部、4時間の間の写真です。
今日のふたりはごはん時ののべ1時間くらいしか
起きていない気がします。いいけど。
さくらはんが鼻を鳴らさずすやすや眠れていてうれしい。
すずは時々ストーブが熱くなると離れ、しばらくすると
トコトコとまたさくらヶ丘に戻って来て丸まります。
a0180681_3231922.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-11-05 02:17 | 日常

タワー食堂

タワーが来て二日目、さくらはんは自分から乗らないので
留守中のメシを三段目に置いて出掛けてみた。
帰って来たら、一粒も減ってない…
それはそれでダイエットになるからいいのだけど、
なんとか少しでも日々の上下運動をしてほしいので、
帰宅してふたりのメシをタワーに置いてみた。
誘っても、お行儀のいいふたりはいつものメシ台の前で
「ごはんはここでしょ?」「なんでそっちなの?」と戸惑いウロウロ。
やがてすずは釣られてピョーン。
a0180681_301262.jpg

さくらさん、立ち食いじゃなくてね
a0180681_303264.jpg

そして…


ヒョイッ
a0180681_304978.jpg

これが意外にも、軽々ヒョイッと跳んだのでした。
私ゃ二段目、右の椅子、三段目、とえっちらおっちら
体を引きずって上るのを想像したのだけど、一気に。
どすこーイ、ぐらぐら〜 とかもなく優雅にヒョイッ、と。
a0180681_311437.jpg

なぁんだ、全然動けるんじゃないの!
動けるのに自分から動かないのは、
億劫なほど重いのかぁ… それは問題だぬ。

さくらの食べ残しをさらいに再び上るオトコ。
a0180681_313015.jpg

ダメダメ、きみもハラがぷよぷよと評判なんだから!
ふたりで留守番のときはこれできない。
きみが全部食べてしまうに決まっている。
a0180681_333530.jpg

はい、さくらはん、もう一度残りをどぞ。
a0180681_31473.jpg

こんなところで食べるのイヤー とな。
a0180681_32479.jpg

タワー食堂、不評です。
しょぼん…
a0180681_34317.jpg

ウム… ご覧の通り、足場に対してさくらはんがデカすぎて、
すずのように同じ段では食べられないのだ。
ちなみに一番上の段の丸には体が収まらない…
(これを使っていた虎太朗はぴったり収まっていたそうだ。
あまりにぴったりで出て来ず寝てしまうので寂しがった下僕は
丸部分ごと取り外してそのまま膝に抱えていたそうなw)
a0180681_343837.jpg

下でうずうずすず。もともときみのためにいただいたんだから
ここでずっと上下に走ってればいいのよ?
a0180681_351936.jpg

いろいろ暴露してごめんね
ドシュッ
a0180681_34188.jpg

いつもと違う場所で食べて、食べた気がしなかったのか、
フードの袋をかじりに行った。そんなの今まで一度もしたことがない。
さくらはん、それね、メタボって書いてあるんだよ。
a0180681_3274824.jpg

あきらめて、ストーブの前で寝に入るふたり
a0180681_3351469.jpg

ストーブがだいすきになったさくらはんは、
抱く勢いでストーブのそばにずっといる。
留守中はほかほかマット、寝るときは布団。
a0180681_3464439.jpg

三度の冬、どんなに寒くても1mを超える雪のときも、
あったかいものなんてひとつもないあの丘の上にいたんだもんね。
これからはずっとストーブと毛布があるからね。
a0180681_3352446.jpg

と、ひとときも体をほぐすこともできずまた冬を迎える
すべての外の猫たちにそう言ってあげたい。
凍える猫が外にいないということは、
すなわち私たち自身のしあわせなのだと、
一人一人がそう考えてみてほしい。冬が来る前に。
a0180681_35453.jpg

a0180681_36059.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-11-04 03:59 | 日常

初☆タワー

ブラックすずの悪行に胸を痛めたある方が連絡をくだすった。
1万人目の子分・ゆかりちゃん。虎太朗のダイエットのため、
より高さのある巨大キャットタワーを買って二台にしてみたら、
初代タワーに見向きもしなくなったのでいりませんか、と。
い、いるいるるる!
すずを垂直に走らせるために買おうと思ってた!

子分寄り合いのときもお二人で参加しておられた、
パートナーのテツローくんが車で運んでくださると。恐縮…
全部バラして梱包して送り出すのもたいへんそうだし、
急いでないから車の都合がつく日を待つのでよいです、と言ったら
運びがてらさくらに会えるのをとても楽しみにしてくだすって、
昨日がその日だった。
夜、車で拾っていただき店をちょっと抜けて自宅まで。

ところで虎太朗は何キロですねん。
「5.7kgかな」
なんと、さくらはんとぴったり同じ!
…って比べてる場合じゃありません、
虎太朗は男子としてダイエット命令が出ているのに
さくらはんは(大型)女子なんですから!
あぁヤバいヤバい…

さくらはんもヒト見知りしないのでお二人を歓迎ー
a0180681_4103656.jpg

タワーには見向きもせずハラ出しゴロンサービス
a0180681_4101962.jpg

虎太朗は(特にテツローを)噛むそうで、全然噛まない〜と
それだけで感激のおふたり。うん、さくらは絶対噛まないよ。
(ブラックすずへの自衛を除く)
a0180681_411944.jpg

れんちゃんのときも銀さんのときもお花を贈ってくだすったお二人。
1万人目の子分というのはいちばん最初ですから、
ずいぶん長い間このブログに寄り添ってくだすっている。
いっぱいなでてもらってよかったね。
帰りは珍しく後追いするほどだった。
a0180681_493288.jpg

帰りにエフですずにも会っていただけた。
さくらは玄関から出ないけれど、すずは出ようとするので
運び込みのときに危ないから店に連れて行っていたのだ。
タワーは帰ってからのお楽しみだよ。
ゆかりちゃんと。
a0180681_4114440.jpg

テツローくんと。遠くから、ありがとうございました〜!
a0180681_4112717.jpg


真夜中帰宅して、さっそく見慣れない物体に気づいたすず。
おもちゃに釣られてのってごらんな。
a0180681_3394999.jpg

三、四段目へ
a0180681_339546.jpg

頂上へ
a0180681_340017.jpg

さくらはんは自分じゃのらないのでのせてみた。
a0180681_3513342.jpg

いやぁぁ、とすぐに飛び降り、着地の際には「むっふん」と
聞いたことのない押され声を出し。
ゆかりちゃんが「むしろ飛び降りたときの重みで足腰が心配w」
と言うのでマットを敷いてみたのだ。
豆かあさんから誕生日にいただいた裂き織りマット。
三陸の被災地の手仕事[こちら

さくらはんはあくまで爪研ぎとして使うそうです。
a0180681_3543949.jpg

いちばん怖れているのがコレ。
すずが上の段からさくらはんの体に飛び降りること。
a0180681_3551928.jpg

いまのところ、わざとすれすれに着地して
脅かす遊びにしたようだ…
気に入って何度もやる。ワルいなー…
a0180681_3554786.jpg

洗濯機が脱水に切り替わるやいなやダッシュでフタに飛び乗り、
ぶるるるる…
a0180681_3585543.jpg

ブルブル動画



その隙にさくらが一段目にイン
a0180681_3591687.jpg

か、かわいいけどさくらはん…
a0180681_3594558.jpg

それだとさ…
a0180681_40042.jpg

なるよね、もぐら叩き…
a0180681_401839.jpg

さくちゃん、それでいいの?
a0180681_4194.jpg

ほんとに…?
a0180681_403385.jpg

お茶目ポーズ キュイ
a0180681_405317.jpg

「さくちゃん使い方が全然わかってないじぇ」とすず。
a0180681_475158.jpg

あれこれやって見せ。(見てない…)
a0180681_482115.jpg

ごはんを上の段に置いたら自分で跳んでくれるかな。
運動してみてね。
a0180681_48488.jpg

[ご報告]
子分さんたちも大勢観に行かれていた
ペットショップにいくまえに展2014』@ウレシカさん
会期中に募金箱に集まった寄付とチャリティグッヅの売上を
動物たちのための活動に分配するということで、
町田尚子さんのご縁でチーム銀次を選んでいただきました。
収支報告活動報告もご覧くだすってチーム銀次の活動を認めていただき、
95,000円の寄付をお預けくださいました。光栄です!
展覧会HPからの報告[こちら
ご参加くだすったみなさま、どうもありがとうございました。
お預かりしたお金は、主に飯舘村での給餌活動の犬猫フード、
備品代に使わせていただく他、連携活動をしている団体や個人
(シェルター運営/TNR/保護など)へ寄付させていただきます。

昨日尚子さんがわざわざ届けてくださり、封筒には猫たちの絵が!
左上はすずではなくてウレシカさんちの
つぶれあんまん」ことハチくんです。
「おっさん猫の会」仲間にもなられたそうです。
a0180681_521474.jpg

「ペットショップにいくまえに」というメッセージ、
もともとは画家のどいかやさんの絵本です[こちら
パソコンからダウンロードしてプリントし、各自で配ることができます。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-11-02 18:30 | 日常


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ