<   2014年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

弟子入り

9月27日(土)は薩摩琵琶奏者・友吉鶴心『花一看』開催でした。
公演前にランチからご利用くださる子分さんたちが集まり始め、
会場を整えていると、すず学芸員がハリキッテ登場。

照明点検 
a0180681_2301529.jpg

客席点検 
a0180681_0243682.jpg

全部コロコロしたんで暴れないでね 
a0180681_0245532.jpg

楽器点検 
a0180681_0253858.jpg

すずの席はやっぱりそこなんだね、ケージのあった場所
a0180681_2331154.jpg

コメント欄でおなじみの栗ごはんさんがご来場で、
新たなチャリティーグッヅを持って来てくださいました!
もう見た瞬間から猫の首に巻くことしか考えてないですけども。
母上の昭和の着物の端切から手縫いしてくださったそうです。
イベントにはいつもお着物でご来場くださる栗ごはんさん、
聞けばどの小物も端切れから手作りとのこと、筋金入りの手芸部員が!
a0180681_0274100.jpg

ふかふかやわらかく、中には綿ではなく毛糸が入っています。
古布なので、二度洗ってアイロン掛けで消毒してくだすったとのこと。
ひゃぁ〜なんたる手間!
100円でもチャリティーになれば…と言ってくださり、
いえいえそれではナツドモフドと同じ500円にいたしましょう。
いずれも全部手作りで、500円どころの手間ではないのだけども、
コツコツ作り続けてくだすった手芸部のみなさまと
お求めくださるみなさまのおかげさまでこれまで売上の合計は
20万円以上になっており、給餌活動とシェルターの保護活動を
支えてくれています。

昔は子どもの魔除けに着物の背に刺繍をしたという
「背守り」をモチーフに、銀の糸で肉球刺繍がまんなかに。
ひとつだけ、丸に「ぎ」の字のもありますよ〜
a0180681_0271090.jpg

同じくご来場の豆かあさん、ねこなでさんと、
ほれぼれ手に取りながら名前を考えました。
モフドやナツドみたいに覚えやすい名前を。
「輪」「和」「守り」ワモリ?ニャモリ?ヒモだからヒモリ?
ヤモリとイモリみたいw ギンマモリ?
といろいろ口にしながら輪っかを作っているとねこなでさんが
あぁやっぱり結ぶから「むすび」がいいなぁ、と。
うんそうですね、猫とヒト、結び結ばれましょうとも。
名付けて「銀むすび」に決定〜

猫さま着用モデル。素材的にほどけやすくゆるみやすいので、
着けっぱなしや置きっぱなしはナツドより危ないです。
すずもさっそく歯に引っかかってそのまま噛んでいました。
撮影やお飾り限定で一時的にご使用くだされ。
終わったら下僕の腕輪や首輪にどぞ。だってこんなにすてき!
a0180681_0282435.jpg

すてきすてき
a0180681_031508.jpg

開演時間が近づくにつれ私は受付に張り付き、玄関の出入りは激しくなります。
そんなときは子分さんらが交代ですずをお見守りくださり、あぁありがたい。
ゆかりさんに抱っこ。
ゆかりさんのジャケットは母上の手織りの生地とな!織ですよ織!
a0180681_0305494.jpg

はぁもうみなさんすげえな…
だから私は知っていますよ、「できること」があるヒト、
ほんとはもっとたくさんいるって。合わせれば力になるって。

すずを保護してすぐに前回の琵琶公演があり、当時はまだ
足も折れててしおらしかったし、豆かあさんに抱っこしてもらって
最初から最後まで(寝たまま)参加できたのでした。[こちら
エフのコになってから散々なワルっぷりが露呈したいま、
参加は可能なのでしょうか。
眠い時間だし、なんとかいけそうな気もする。
でもやっぱり、豆かあさんが(指定w オレ照明係で二階にいるもんで…)
本番中ずっとひやひやしてなくちゃならないのは申し訳ない。
というわけで事務所にご退場願う。

開場し、順番に入場していると事務所からすずの絶叫が。
そうね、ちゃんとみなさんをおもてなししていたし、
(ア、走った勢いで一度テーブルに飛び乗ってしまったけど…)
本番も行く気(出る気?)満々だったよね…
ごめんよ…でもそこまできみを信頼できないんだオレ…
それでもあんまり叫ぶので、講話の間だけでも?と母が抱いてチャレンジ。
しかし閉じ込められた怒りで興奮しすぎたすずは
抱かれてじっとしていられず、あえなく再退場となりました。

公演の合間に双子ちゃんまで登場。ぷちにゃたくさんに大喜び。
2歳になりましたよ〜
a0180681_0321438.jpg

そして夜の部開場前。
琵琶ッチがすずに音を聞かせています。耳を傾けるすず。
a0180681_0322813.jpg

琵琶に弟子入りですか
a0180681_0323921.jpg

そっから行くw
a0180681_0331913.jpg

琵琶ッチもすずがだいすきなので寛大です。
a0180681_0325921.jpg

先日知り合いのお家で猫が琵琶を弾いた(鳴らした)んだそうで、
すずにも「弾いてよ弾いてよ」と言っています。
a0180681_1233260.jpg

噛み切っちゃうと思うな…
a0180681_124662.jpg

夜の部開場、入場中もすずは正面で前説係。
銀次親分から習って来たいくつかの業務を、
こうしてたまにやってくれちゃうからたまらない。
とはいえまたも開演前に強制退場でしたがw
a0180681_1241614.jpg

終演後も、ぺんぎんさんとへなちょこやろう(ご本人のHNなもんで…)さんに抱っこ。
すずと遊んでいただいたご縁でお二人とも初参加、ありがとうございます。
a0180681_1242636.jpg

おっぴらげ
a0180681_1244636.jpg

みなさまご来場ありがとうございました
a0180681_125866.jpg

21時、バー営業を復帰してさっそくご来店くだすったのは
今月半ばに名古屋にオープンしたばかりの猫専門ギャラリー&カフェ
シャトンルージュ」のオーナーさまを囲んでの強力乳母ーズ軍団。
a0180681_1254288.jpg

こうしてヒトなら誰の腕の中でも(銀八を除く)
甘え上手なすずを見ていると、
誰もブラックすずの存在を信じてくれません…
a0180681_125224.jpg

琵琶ッチも終演後お食事してくだすったお客さまたちをお見送りし、
楽器をしまいます。すると乳母ーズの腕の中で寝ていたすずが
スタタと蔵にやって来ました。しまうのだいじですね、弟子。
a0180681_1255347.jpg

蔵と同じ年のたいせつな楽器。
こんなカバーをつけます。
a0180681_1261363.jpg

こんなケースに入れます
a0180681_1262365.jpg

バチもしまいます
a0180681_126328.jpg

もっとラブラブ写真もあるのですが友吉鶴心事務所より
デレ写真は公開禁止されておりましてあぁ残念〜

寝ました。
長い一日、琵琶ッチもすずも、おつかれさまでしたね。
a0180681_1232432.jpg

次回『花一看』は別会、12月13日(土)15:00/19:00開演
赤穂浪士討ち入りの物語『雪晴れ』の演奏です。


日付変わって本日(日曜)すず坊は欠勤です。
イベントでがんばったからではなく、私が朝早くから外出の用事があって
連れて行かれないからです。
まだまだ見習いなのに会いに来てくださる方もおられますが、
すずがいないときはごめんなさい。
用事で事前にわかっている場合はこうしておしらせいたします
(主にTwitterかと)。そうでないときも、猫優先でごめんなすって。

これだけ盛りだくさんな一日をがんばったので、
さぞすずはくったり寝てくれるかと思いきや、
そんな甘い夢こそはぶち破るオトコすずのすけ。
猫団子が部屋中を駆け回っています。
あぁ7時起き、あぁ寝坊しそう。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-28 03:51 | イベント

どんな一日

さくらとすずの第二回ふたり留守番、無事完了しました。
だいすきな光景。
a0180681_473454.jpg

ブレちゃいましたが、13時間ぶりに会うおふたり、
お出迎えは揃ってハラ出しゴロンしてくれました。
すずはまだ私の自転車の音を覚えていないので出遅れます。
a0180681_471989.jpg

台所の食器類や飾りはあちこちで倒れ、
様々なモノが床に散乱していたけれど
猫団子の抜け毛だけはどこにもない。
もしかしてすずくんがんばったの?
a0180681_410967.jpg

姉さんとなかよくできた?
a0180681_494810.jpg

あぁハイハイ遊びましょう
a0180681_4102728.jpg

さくらはんもね
a0180681_4104320.jpg

いつもと違うこと:
走り回って休憩するのにわざわざさくらのそばに行って横になる
a0180681_411222.jpg

いつもと違うこと(中):
さくらの前では甘えん坊なところを見せたくないからか、
私にハラを出さないどころか背中をなでられても逃げていたのが
ハラを出す、なでられている、チュウまでしちゃう。(喉は鳴らない)
a0180681_4122336.jpg

いつもと違うこと(最大):
さくらを襲うのを踏みとどまっている
a0180681_4112382.jpg

さくらはん…
a0180681_4114522.jpg

どんな一日だったのかとっても知りたいけど、
でもいいんだ、ふたりだけの秘密で。
ふたりでだいじに育ててほしいな。
留守番ていうか、これがふたりの暮らしになればいい。
a0180681_412182.jpg

ありがとう。おやつあげよう。
こういう日を週に2、3日作ろう。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-27 04:33 | できごと

まどろむ

ベッドに入ったのは朝6時。
さくらはんも枕に来てくれた。
a0180681_145121100.jpg

先にすずを抱っこして誘ってあげたのに、プイと出て行ったから知らん。
そこにさくらが寝てしまったことが気に入らず、ひとりでひとしきり
走り回ったあと頭上のコーヒーテーブルの上に無理矢理座り込んだ。
そこから顔に飛びかからないでねお願い…
a0180681_14515294.jpg

さくらはたぶん布団をかける習慣はなかっただろうと思うけれど、
かけてあげるとまんざらでもないという顔をして、でも潜りはせず
朝までには枕の上に出ている。
すずは何かをかぶされるのがキライ。
布団もそうだし、スリングのネットもそう。
捕獲箱にかかった野良猫や、洗濯ネットで病院に連れて来られた猫のように
死にもの狂いで暴れてしまうのだ。袋詰めで捨てられたんかのう…
先日も、スリングのファスナーを開けようとして中から噛まれ、
ぶっすり指に穴が空いた。ファスナーにリボンで持ち手をつけて解決。
川の字のまんなかのすずに布団をかけないということは、私にもかからない。
今はまだ寒くないからかけなくてもいいけどさ…

で、目が覚めるとこうなっている。
なんできみ横方向なの。
a0180681_14521066.jpg

のあーー
a0180681_14521453.jpg

にょーー
a0180681_14522913.jpg

さくらはんのふこふこの胸に埋もれる坊。
寝ぼけてるときだけかわいい。
a0180681_14524375.jpg

さくらはんも母さんみたい
a0180681_14525732.jpg

あ、ウソですウソです、
さくらはんにこんなワル息子さんはいません
a0180681_1453245.jpg

起き上がってさくらの腕を舐める坊
a0180681_14533563.jpg

段々目が覚めて来て動きが怪しくなってゆく。
まだ眠いさくらは闘わず腕で押しのける。
a0180681_14543426.jpg

顔がワルくなってゆく坊
a0180681_1455354.jpg

のど笛を噛む
a0180681_1455760.jpg

さくらはん退場
a0180681_14551652.jpg

でも逃げない
a0180681_14552875.jpg

座り直し
a0180681_14553830.jpg

ご奉仕 と見せかけた匂い付け
a0180681_15255698.jpg

やさしくね…
a0180681_1526933.jpg

はぁ眠い眠い
a0180681_15261768.jpg

よゆーのさくらはん
a0180681_15262664.jpg

ずっとこうしてまどろんでいたいわね…
a0180681_15263742.jpg

ええ距離
a0180681_15264987.jpg

写真がお見苦しいベッドばかりですません…猫だけ見てね…


行きますよー と覗いたら、こんなんなってた。
火曜日に初めて留守番させたときのように、一つの座椅子で。
手前のは坊がどこかから引っぱって来た毛糸の帽子。
a0180681_1527394.jpg

夜にも他の毛糸帽子を引きずって来て、
さくらはんの前にぽとんと落とした。貢いだの?
a0180681_1552472.jpg

その感じ、引き離す気になれないんだよねー
買い物も行かなくちゃならないし、今日も留守番してみるか。
今日は金曜だしこの間よりうんと長いけど、がんばれるかな坊。
a0180681_15271051.jpg

というわけで、置いて来ましたドキドキ…

明日9月27日(土)は『花一看』開催です。
15時/19時開演の2ステージ、当日券あります。
公演開催中、カフェ/バーは貸切となります。
詳細[こちら



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-26 18:21 | 日常

銀八先生

すず坊よく見ると鼻くそついてるね 
a0180681_22352651.jpg

前歯がものすごくガチャガチャだね 
a0180681_2236549.jpg

なんで前歯を見たかっていうと、こちらの写真がええ顔してて、
眺めていたらアレ?このひとアゴだけじゃなくて上唇も黒い?と見えて
確認してみたのです。実際は黒くなくて写真のいたずらでした。
a0180681_225607.jpg

昼間はたくさん遊んでいただいたけど、結局夜は寝っぱなしだったので
怖々帰宅すると、意外と穏やかだった。
すず初留守番の日、お客さまがすずと遊ぼうと持って来てくだすったおもちゃ。
ふたりの遊び方が異なるので二刀流が必須です。
a0180681_22515711.jpg

さくらはん、がんばりそうな表情の割にほとんど動きませんw
a0180681_22523234.jpg

坊が50倍動きます
a0180681_22522284.jpg

ええ感じ
a0180681_2235923.jpg

なんつって、三匹でれんちゃんを偲んで静かな夜を、なんて
オレの妄想の中にしかないわけでよ。
祭壇をきれいにしたのにワルいオトコがわざわざ上を走り、
カーテンに飛びついてお供えの黄色い花を花瓶ごとひっくり返し、
ガラスのキャンドルホルダーをいくつも叩き落とし、
転がるろうそくを追いかける遊びなど。火をつけてたら危なかった。

それでも乱闘にはならなかったのでふたりにおやつを差し上げて、
オレさくらはんとベッドへ @5:00AM
もうオトナ二匹は慣れて来ました。
断続的に襲いかかるすずに寝ながらでも受け身を取れ、
ぬいぐるみも何度でも投げられます。
一度だけすずが川の字の真ん中にいた記憶もあるけれど、
やはり寝てないんじゃないかな。目が覚めてもいなかったし、
ね、さくらはん。
ノロケですけど、こうして手をつないで寝てます。
a0180681_2254628.jpg

坊いませんねぇ
a0180681_2252159.jpg

そこから何度かの乱闘、出発する頃になるとようやく眠くなって来る坊。
行きますってばよー
a0180681_22522562.jpg

さくらはん、おつかれさまでした、よくおやすみくだされ
a0180681_2252463.jpg

カフェに出動ー
a0180681_225332.jpg

ぷちにゃが入荷していたので写真撮影。
すずはカメラが得意で、連日ええ仕事してくれます。
でか猫在庫。現在までに、下から二段目の二つ、世界で最後の一つの
「ひまわり」と「キタカミガワノユウヒ」が旅立ちました。
a0180681_22531361.jpg

いろいろ撮って、へろへろ気味w
a0180681_2253328.jpg

おつかれさまでしたー
a0180681_22532711.jpg

9月25日。れんちゃんの二年目のお命日。
なみちゃんありがとう
a0180681_21431785.jpg

豆かあさんありがとう
a0180681_21424943.jpg

あのときみなさんからいただいたたくさんのレモン色のお花
今でも私の心に咲いています。
れんちゃんの写真は Twitterに載せたので[こちら]でご覧ください。
だいたいどれも写真は二枚ずつ入っています。
青いリンクまたは時刻の部分を押すとページごとに見られますにょ。


夕方、日陰亭あやこ園長が久しぶりにご来店。
お盆の頃、東京にやって来た飯舘村生まれの子猫4匹きょうだい、
うち姉妹2匹が二日前に晴れてお嫁に行きましたー!
保護されてからのタイムラグや、パルボ騒動を受けての隔離期間があり、
ヒト馴れが遅れてたいへんだった生後三ヶ月過ぎの野生児たちを、
根気強く惜しみなく時間をかけてみごとゴロゴロに手なずけた
あやこ園長&宿六兄さん、ほんにほんに、おつかれさまです!
最中に一度ご来店いただいた際にはお酒も飲まず(車だったからw)、
笑顔も冗談も消えていて、心配になったこともありました。
ネットで調べまくっても、ヒトの手を知らず三ヶ月を過ぎた野良のコを
手なずけるのは「ムリ」とばかり書いてあったそうです。
それをやり遂げたんですから!
そして今後の展望についても力強く決意を語っておられました。
まったく、頼もしいなぁ!

そんな園長が手塩にかけて守り、育てているあと2匹、
雷蔵(♂)と富士子(♀)が家族募集中です。
ライくんは最後までお母さんといたので今でもオトナ猫がだいすき。
心の寛い先住猫さんのいるお宅だといいなぁ〜
フーちゃんは「おひとりさま」女子。
ひとり遊びもできるし、ひとりでも寝られるマイペース。
ヒト家族ともきっと楽しく甘々で過ごせることでしょう。
もちろんきょうだいいっしょでも楽しく過ごせます。
猫撮る先輩の「お宅猫訪問撮影(仮称)」でプロフィール写真も
撮っていただき、改めて募集に力を入れていきます。
とってもふたりらしい表情だと園長も大満足。
どの写真もかわいくて選べずたいへん苦心しておられたので
横からオレ選びましたw
仮ですが、こんな感じですよ! [撮影:猫撮る
左が富士子、右が雷蔵、よろしくお願いします。
a0180681_059574.jpg

あやこ園長と猫縁戚になれるなんて、
頼もしいことこの上なし!怖いもんナシ!ということを、
いつもお世話になってばかりの私が保証いたします。


一時は、猫の常識がないすずを入園させようかと
本気で話していた日陰亭臨時幼稚園。
7月の子猫3匹は月齢的に「保育園」と呼び、
8月に来た4匹は「幼稚園」の時期、今では「小学校」くらい。
すずはちびーズと比べると「(荒れる)高校生」に当たります。
そして日陰亭にはオリジナルメンバーのうにケム兄さんズ(初老)と
飯舘村出身で春にシェルターからやってきた餡姉さんがいます。
ちょうどその中間に挟まれて揉まれながら社会性を学ぶことが
すずには必要なのではと思ったのだけど、当然「あんなワル」と入園拒否w
ハイ、正しいご判断です園長さま。ちびらに怪我などさせたら恐ろしい。


というわけで、園長のご来店で久しぶりのご対面。
「ちょっとアンタ、調子に乗ってんでしょ、
"すずサマ" なんてまだ早いっつんだよ」 あ〜れ〜
a0180681_21442512.jpg

ま、これはいつもの挨拶ですけども、
首の後ろの皮を噛んでぶら下げてます。
乱暴に見えますが、これは母猫が子猫を運ぶときの動作です。
そして園長はすずに「噛んだら痛いでしょ」ということも教えています。
さくらはんもヒトも、本気で噛んではいけません。
「そもそもコウモリはそれを教えるための道具だったのに
泉さんが飛ばして遊んじゃうから道を誤った」のだそうですすませんw
a0180681_21451012.jpg

「あんたはもう子猫じゃないでしょ!」
とその証拠に下半身は手で押さえてくれてます(時々離すw)、
重いからね。
a0180681_2145174.jpg

飴と鞭です
a0180681_0442631.jpg

「みんなに甘やかされて誰も叱らないからナメてんでしょ、
好き放題やっちゃいけないこともあるのよ!」
野生児と日々格闘しておられる本場日陰亭の鞭ですヒャーー
a0180681_2362595.jpg

これ以上はちょっと見せられませんw
すずくん、生涯初の逆さ吊り体験にしばし放心。
a0180681_22333247.jpg

飴です。
「あたしが憎い?いじめてるんじゃないのよ。
さくらをいじめちゃだめよ。挨拶のできるコになるのよ」
飴かと思ったらまた噛んでます。
a0180681_22335274.jpg

手前には風邪の養生のための生グレープフルーツサワー(L)です。
a0180681_23203953.jpg

そうです、あやこ隊長はワルガキを叱ってくれる近所のおっさん、
ワル高校生を更正させる「銀八先生」なのです。
ぎんぱっつぁんと呼んでください。

あ、その横でえみこさんとオレは焼かつお200本、
キリキリ班してました。犬の手ありがとうございましたー
a0180681_22342673.jpg

手厳しい洗礼を受けすっかりしおしおにしぼんぢまった坊は、
銀八先生がお帰りの際にはしっぽを巻いてピューと二階に逃げ帰り、
降参ー
あ、もう明日の昼まで復帰しなくていいですw
a0180681_22341467.jpg


坊ちゃんかわいそう…とお嘆きの方もおられるかしら。
だいじょうぶ、坊には愛に満ちた教育係もいれば、
専属の癒し係もいてくださるのですから。というオチ。

深夜、お仕事帰りにモノを受け取りに寄ってくだすったmiikoさん。
よかったねぇ、坊。小僧 on ひざ小僧。
a0180681_2244955.jpg

とろ〜〜ん
ぼくね、きょうね、なんにもわるいことしてないのにね、
こわいおじさんがきてくびでぶらさげられてね、
さかさまにされてね、とってもこわかったにょ
a0180681_2245955.jpg

「そうね、でもね、おうちでさくらさんを
いじめたらダメなのよ、わかってちょうだいね」

ぼくなんのはなしかよくわかんないにゃー
a0180681_225189.jpg

オイオイきみ高校生だから…

というわけで、今夜も猫団子ドタバタ @4:30AM
まあね、店ではおおむねイイコだから、叱られてもわかんないよね。
黒錫になるのはこの時間の自宅のみだから…
銀八先生が「泊まろか」とも言ってくれたけどw
オレはオレで、がんばります押忍。

はぁ、さっきまでおもちゃで楽しく遊んでたのになー
a0180681_534614.jpg

まだ眠れそうもありません。
今日すずの爪切っておいてよかった。
a0180681_456193.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-26 05:14 | 記念日

遊ぶのが仕事

昨日の初ふたり留守番は無事終わったものの、
半日寝てたわけだから坊はまったく放電しておらず、
朝6時まで爛々なことに変わりはなかった3時に寝られるわけなかった。
さくらはんはとっくにベッドを降りてどこかへ行ってしまい、
すずは半分寝落ちて半身起こすことのできない私の手もとに
23回もぬいぐるみを運んで来た。それだけは助かるよ坊…
うつぶせで半分眠りながら数えながら23回投げた。
しかし全開のきみに蹴られ踏まれ噛まれるとほんとに痛い。
これは私よりうんと柔らかいさくらはんかわいそうだよ。
それでも完全に姿を消さず、敢えてすずのそばに腰を下ろしてくれる
さくらはんはいったいどういう展望をお持ちなのだろう…

目が覚めると川の字、三日連続じゃ
a0180681_15211321.jpg

さくらはんも毎度ちゃんと戻って来てくれててうれしい
a0180681_15212810.jpg

寝ても覚めても聖母
a0180681_15215777.jpg

寝てるときだけ天使
a0180681_15214169.jpg

陰陽
a0180681_152225.jpg

ハーすずが寝てるうちにもっと寝たい
a0180681_15221429.jpg

グッ玉
a0180681_15221833.jpg

さぁ今日は出勤ですよ
a0180681_15225584.jpg

では行って来ますね
a0180681_15232455.jpg

オーーイ
a0180681_15233561.jpg

腰はだいぶマシになり、すずもぐっすり寝ていたので
そのままスリングに滑り込ませることができた。

出動ー
まずはボン母さんに同席サービス
a0180681_1531457.jpg

続いておもちちゃんとヒモ遊び。
すずはおもちちゃんを遊び係に任命したようだ。
a0180681_15253340.jpg

ええですな、昼爛々
a0180681_15254132.jpg

ねこなでさんご一家とボン母さんもおられ、
みんなで猫を囲んでかつてのように。
a0180681_1526377.jpg

おもてなしとはとても呼べず、すずはまだ自分が遊ぶことだけに夢中だけれど、
今は遊ぶのと寝るのが仕事なんだよね。
a0180681_15402595.jpg

こうして見ると黒猫みたい
a0180681_15403776.jpg

前はタキシード
a0180681_1541051.jpg

a0180681_15404913.jpg

狙って狙ってー
a0180681_15411174.jpg

他の方がご来店になると、サッとすずを抱きかかえ
カギとドアまで開けてくださるさすがの古参子分さん方。
すっかりお任せしてオレまかない食べてましたw
a0180681_15413336.jpg

あのねぇすずくん、子分さんたち全部、
あなたは銀次親分から引き継いだのですよ、しあわせなことだねぇ。
a0180681_15414379.jpg

イカイカ
a0180681_15412312.jpg

寝ました @15:30
a0180681_1616716.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-24 16:31 | 日常

初留守番

月曜日、すずと蔵の床で遊んでいる最中、
脇に逸れたおもちゃを取ろうとしてぎっくり腰が再来。
昨年も9月になりました、横ぎっくり。
あのときはただ机に向かっていただけなのに突然右腰が
ダルマ落としのようにガクンと落ちて動けなくなった。
そのまま犬猫牛まつりに行って、ホテルのベッドで豆かあさんが
マッサージしてくれてなんとかしのいだのだった。
大好きな夏とともにオレの体はセミのように息絶えるのだな。

それでも鍋を二つ煮なくてはならず、料理でもあらゆる場面で
腰が重要な役目をしていることに気づかされる。
まっつぐ立っての手元の作業以外できず、落とした物を拾うことも、
奥の鍋に腕を伸ばすことも、棚の上の物を取ることもできない。
その都度ナオトに手伝ってもらい、なんとか完成 @3:00AM
右手を負傷していたときは左手の不器用さを嘆いたものだけど、
先日左の薬指が使えなかったときは、普段いかに左手が
さりげなく右手の動作を支えているかに気づいた。
腰はその比ではない。普段からだいじにしなくてはね(なんつって)。

というわけでほとんど遊んであげられなかったもんで
ワルいオトコは寝放題…
a0180681_121880.jpg

しかも祝前日で遅仕舞いだったもんで遅くまでバーにも降ろせず、
ドア開けるのにすずをどかしたくてもかがめず。
床でくねくね転がってかわいコぶりっコしてねだられるけど、
だからしゃがめないんだってば…
a0180681_12221.jpg

やっと閉店してナオトに託しても、結局二階に戻って来てまた寝る。
あぁ帰宅してからが怖い…
a0180681_1214877.jpg

あ、でもすずくん、いい仕事もしておられました。
カフェ/バーでレギュラー4種類が人気の「アンカー」から
新作の秋限定ビールが届きまして、今年は販促グッヅがないとのことで
すずくんと撮影。タキシード柄でキマってますねん。
隠し味にメープルシロップを使っているという秋色のビール、
美味しそうですねん。数量限定なのでお早めにお試しくだされ。
a0180681_1202284.jpg

ナオトにすずをスリングに入れてもらい、自転車で帰る。
自転車に乗れるくらいの軽症ではある。
ここでまた充電していたカメラのバッテリーを忘れました。ガクシ。
充電されすぎたすずは、さすがのパワー全開で部屋を駆け回り
さくらに連続アタック。
どうせかがめないので、今夜はふたりに介入しないことに決めた。
投薬もトイレ掃除もつらかったー
くしゃみと咳が特につらいー
クショ!となるたびあまりの激痛にシリーウォークみたいになっちゃう。

そんなときに限って、すずが足元にぬいぐるみを何度も持って来る。
今まで自宅でやったことないハラ出しゴロンをしてみせる。
めでたいことだから…かがんだけど撫でたけど…
その上さくらはんまで、行ったことのない奥まで行って
梱包材で爪研いでみたりして、すずをさらにワクワクさせていた。
誰も心配してくれないのねー
腰を直角に折り曲げて移動するオレの異様な姿が目に入らぬのねー

すずが落ち着いたのが6時で、ふたりを呼び寄せるのもやめて横になった。
さくらは私の足もとの一段高いところで寝始め、
枕もとが空いているのですずが飛び込むかと思いきや、
さくらに並んで私の足もとに丸まった。

目が覚めると枕もとでちゃんと川の字になっており、
二日連続なのでまぐれではないだろう。
すずの頭はさくらのハラの上に、さくらの手は私の手を握っていた。
形状記憶睡眠、イイゾ。


普段火曜日は定休日だけれど、祝日につきカフェのみ臨時営業。
火曜が祝日でもいつでも営業するわけではありません…
気まぐれでごめんなさい。

腰をかばいながら支度をし、すずをスリングに入れる段になって
うーん、これは厳しい、と気づく。
すず収納にはテクニックを要し、いまの私は咄嗟の動きに全くついていけない。

前夜Twitterであやこ番長より
「泉さんがいるから取り合いになる、サシで決着つけさせたほうが
(ヒト抜きで猫同士のバランスを発見させたほうが)いいのでは」
「猫の賢さを信じるんだよ」と意見をいただく。
「ムリムリ、さくらがかわいそう!」と答えたけど、
これを機に今日はふたりで過ごしてもらおうか…
と突っ立ったまま考える。

ぎりぎりまで心が決まらなかったけれど、テーブルの下で
一つの座椅子に香箱でぎゅっと並んで座っているふたりを見て、
腰をさらに痛めてここから引きずり出してまで袋詰めにしなくても、
と決心できた。
カメラがないのがとても残念だった。かわいかった。
同じ家の中で同じ下僕を共有し、お互い気に食わないことはあっても
血を流すほどのことではないと学んでくれることを願おう。
さくらはん、よろしくお願いします。
坊、姉さんを頼ってね。

ライブカメラはないから、今日家で何が起きようと
全部さくらとすずだけの秘密になる。
時間と空間の共有、秘密の共有、
そのことが、ふたりにとってだいじなのかも。
うむ、ふたりの力を信じよう。
帰って何を見てもヒィと言わない覚悟で。


店に到着すると、すずと遊ぼうと新品おもちゃ持参で
ご来店くだすった方がおられたり、
tomoさんが、ご自分が肋骨をヒビしたときの
本格コルセットをご持参くだすったり…
ありがとうございます。オレのせいで、すません…

夜は、個人で犬猫の保護活動をされている
アンニィさんのご実家の台湾料理をいただきに、
With Cattleの永澤さんと待ち合わせ。
あったかいお母さん、海鮮薬膳鍋とっても美味しく、
初めての味、忘れられない味だった。
遠方から食べに来るヒトがいるというのも納得。
a0180681_1131314.jpg

一旦座ると直角でしか立ち上がれない無様な姿だったけれど、
アンニィさんとそのすてきなお仲間たちともごいっしょでき、
牛活動は男性ばかりな永澤さんも気楽で楽しい〜と喜んでおられた。
アンニィさんのカメラで記念撮影。
a0180681_3164580.jpg

春の写真展でお目にかかったアンニィさんの活動を知って
ブログを拝見するようになり、その保護や譲渡や看取りの
真剣さと迫力にいつも圧倒されている。[こちら
ヒトが苦手と言い切っているところにもひそかに親しみを持っていた。
被災地での活動も未だに必要だけれど、自分の暮らす地域に目を向ければ
いつだって必ず助けが必要な猫たちはたくさんいるのだ。
そこからまず目を背けず一つ一つ片をつけてゆくアンニィさんの活動は
里親となった方々にも受け継がれて根付き、
みなさんそれぞれに一歩ずつ保護活動を始めておられる。
脱走防止策を徹底させる理由もうかがって、涙が出てしまった。

震災直後は飯舘村のレスキューをしておられた永澤さん、
やがて牛のレスキューに移行するのだけれど、当時の村での活動は
今よりもっと過酷であった話を聞いている。
そうした先輩方のおかげでいま私のような者でも活動ができるようになっている。
そのことを「続けてくださってありがとう」と言って応援してくださる。
「ブログ書くのたいへん〜」と嘆いておられた With Cattleの活動報告、
牛も犬も猫も登場しない、ひたすら牧草ロールとトラックとオトコたちw
たしかにこれは、楽しんで書くのは難易度高い!
それでも、圏内に生きる約700頭の牛たちの命を抱え
重圧の高い活動の傍らでがんばって更新しておられます。
仁義箱からも寄付をお届けしていますので、ぜひご覧になってください。
こちら


おなかいっぱいで帰宅 @21:30
ぎっくり腰をいたわってアンニィさんが車で自宅まで送ってくだすった。
ありがとうございます。
部屋にお誘いしたかったけれど、室内が壊滅しているかもとためらった。

それほど長時間ではないけれど、さてふたりはどう過ごしたのでしょう。
まず、自転車を停める音がしなかったからか、
いつもは鍵を開ける前から玄関まで迎えに来るさくらが来ない。
すずも来ないけど自宅で留守番が初めてだから当然だ。
うぅでも心配…

事実ふたりは、とてもぐっすり寝ていたようだった。
この出迎え。
a0180681_1134774.jpg

a0180681_1143163.jpg

ふたりでなかよく眠れたかい?
a0180681_1151069.jpg

部屋の中はほとんど破壊されておらず、猫団子に付き物の毛も散っておらず、
トイレのドアが開いていてペーパーが少し引っ張られていたくらい。
たぶんずっと寝ていたのだと思う。

到着と同時に思い出したように乱闘を開始するふたり。
それでもね、オレはふたりが無事留守番できたことを誇りに思うよ。
ありがとうね。
miikoさんとひそかさんからメッセージが届き、
そうだ今夜はmiiko主催の「さんまnight」が催されているのだった。
おなかいっぱいだけど、文字通り重い腰を引きずり
100mちょい歩いて合流。路地のさんま。
miikoさんによる80尾のさんま料理、どれもすばらしく美味しかった。
(食べてんじゃん!いや、一口ずつね…)
a0180681_1152576.jpg

帰りにひそかさんが寄ってくださり、さくらはんにブラッシング
a0180681_1154332.jpg

「このくらいなら全然平気だよ〜」とふたりを見守ってくだすったけど、
いやいや全然、まったく揉めてない、なぜかふたり猫かぶってますよ!
a0180681_116294.jpg

案の定、ひそかさんを見送って帰宅すると乱闘再開。
乱闘後
a0180681_1161858.jpg

今日も猫な一日であった。
a0180681_1163824.jpg

a0180681_118562.jpg

寝ましょうか
a0180681_25498.jpg

寝室のカーテンが突っ張り棒ごと落下 @3:00AM
もちろんワルいオトコの仕業。
また狙わないでくださいよ。
a0180681_3171774.jpg

寝ますよー(洗濯カゴ)
a0180681_15203672.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-24 03:24 | できごと

祝☆川の字寝

昨夜は早仕舞いで早く帰った。
ナオトに「さくらちゃんにとっては長い夜になるね…」と言われ。
そ、そうだね… 早く寝られるといいな…

どこかから鈴入りボールを見つけて来て得意気なすず。
サッカーすごい上手。すぐどこかへやっちゃうけど、
たくさん走り回れて楽しいようだ。オレも楽。
a0180681_13531561.jpg

そこにさくらはんがやって来て、
a0180681_13531715.jpg

ボールには興味なく、すずの頭を舐めた。
首をすくめたすずが子どもらしくてとてもかわいかった。
a0180681_13532082.jpg

ほっこりしていると途端にがっくりさせられるのはいつものことで、
その後のすずは執拗にさくらに襲いかかって乱闘猫団子は10回を超えた。
テーブルの上で息を整えている坊。
a0180681_13535755.jpg

すずも自分の居場所や身の置き方を探してがんばってるんだよね。
それが見つからないからイライラしちゃうんだよね。
私にするように、さくら姉さんには素直に甘えてみたらいいと思うんだよ。
家族でいられる時間は一日でも長いほうがいい。
誰もが最後にはそう思うんだよ。
だから一日も早く安心できますように。
a0180681_13532217.jpg

さくらはんも今夜は辟易… おやつもナシ
a0180681_13532573.jpg

私もとっとと寝ることにしてみた @3:00AM
すずもピューと走って来てベッドに乗る。
今夜はさくらもすずを舐め始め、お互いの顔を舐め合っている。
a0180681_13532720.jpg

さくらがすずを抱き寄せ(押さえつけ)ながら舐めると
すずも少しだけ身を預ける。
けれどすずが噛んでしまったことでさくらの怒りを買い、
噛み返されたすずもヒートアップし、またまた乱闘へ。
動画でどぞ。ふたりとも眠いからマイルドバージョン。



決裂…
a0180681_13532980.jpg

でも眠いからふたりとも解散しないw
a0180681_13533380.jpg

さくらを壁際のいつもの場所に、その真ん中にすずを誘うと
私のハラに背中を付けてくるりんと丸まった。
おぉ、川の字じゃないですか!
さくらは私と寝るのはだいすきだけど、
もともとぴったり体をくっつけることはなく、布団にももぐらない。
間に一匹はさまっていようと全然気にしない。
腕まくらの先の手でさくらの手を握っていてあげれば満足する。
すずはその後さくらを噛むこともなく、三匹は眠りに落ちた(はず)。


そして朝… そのまんま!ヽ(' ∇' )ノ
7時間も経っとる!
a0180681_1481978.jpg

乱闘を止めるため急いでかがんで悪化させたぎっくり腰も
二匹腕まくらで寝返らなかった背中もバキバキですごく痛いけど、
オレしゃわせーーの感涙ー

長いボー(オレ)が真ん中の小の字寝が9月11日
今日は22日。ニャーニャー、ついに川にたどり着いたぞ!
長いボーどいてみました
a0180681_1356689.jpg

さくらはんありがとね
a0180681_14112642.jpg

背中舐めとる
a0180681_14113458.jpg

乱しとる
a0180681_14114451.jpg

さくらはんは不機嫌ではなくて眠い顔です
a0180681_14115343.jpg

よっかかっとる
a0180681_1412373.jpg

やさしいやさしい。
昨日までと違うのは、すずがさくらを押さえ込んでおらず、
いっしょに香箱座りしながら舐めてること。
a0180681_14121181.jpg

うふふ… かわええね
a0180681_140221.jpg

朝ごはん終わって並んで洗顔
a0180681_14046.jpg

寝床で居場所を見つけ、三匹安眠できたことで安心したのか、
今朝のすずは全然違って、一度もさくらを襲わなかった。
ま、今日からこれがずっと続くとも思わないけれど、
こうやって一つずつすずの中に安心と自信が
積み重なってゆくのだと思う。
それが毎日いっしょに過ごす家族だよね。

よかったね、坊
a0180681_13594627.jpg

さくらはんもありがと
a0180681_13585794.jpg

名残惜しいが… 行きますよー
a0180681_13584160.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-22 17:28 | できごと

やさしいと思える

さくらはん、遊びましょかー @3:00AM
キリッ
a0180681_14522492.jpg

やほー
a0180681_14522943.jpg

昨夜は比較的穏やかで、遊びも含めて爛々暴走タイムは一時間ほど、
すずは静かになって落ち着いた。
落ち着いて眠れそうなときだけふたりにご褒美で
おやつをあげることにして、これがハグモミの夜以来二回目。
すずがその関連付けを理解してくれるとは思えないけど…
(おやつほしさにイイコにするなど…ナイナイ…)
福猫舎でも日陰亭でもみんにゃだいすき大活躍の「ちゅ〜る」、
ほんのちょびっとなのにもう気の毒になるくらい喜ぶのね。
ええコのさくらはんには毎晩あげたいくらいだけどさ。

んじゃ、寝ますよー @4:00AM(早!)

ふたりは同時にいそいそとベッドへ。
さくらはんはいつもの枕もとの位置に。ええですね、遠慮不要。
ほんとはそこで寝たいすずも、布団を蹴散らして続く。
だからきみはさくらはんをどかさなくても
「川」の字の真ん中のボーになればいいでしょうに。
真ん中なんていちばん安心でしあわせじゃないの。

すずがベッドで落ち着くか諦めて部屋中を走り出すまではいつも
さくらを布団に包み、狙われやすいハラやしっぽが出ないようにする。
さくらは「守ってね」という風に私の手をにぎる。
うん守るよ、さくらはんのこと。
おやつも食べて、せっかく三匹で寝ようと思ったのにね…
a0180681_1520343.jpg

首をグワシとつかんでいるのが乱暴だけど、
a0180681_15242079.jpg

絵としてはほっこりしていますよ坊
a0180681_15242894.jpg

すずはしばらく噛んだり蹴ったりしていたけれど、
さくらはんはベッドで「寝るときは寝る」と決めたようで
教育的指導もおやすみ。
つまらなくてひとりで暴れていたものの破壊はそれほどひどくなく、
れんぷー祭壇のろうそくホルダーが割れたくらい。
私も二時間ごとに起こされながらなんとなくうとうと眠れた。
やっぱり店でもあのくらいは遊んだり起こしたりしないと、
それでも足りないんだもんなーとぼんやり考える。
目覚まし時計を床に落とされたのだけは危なかった。
寝てる間にはずみで電池が抜けたらオレ二度と起きねえ。


支度をしていると、すずがさくらのもとへ。
a0180681_15252381.jpg

寛容なさくらはん
a0180681_152538100.jpg

オ、なかなかいい距離じゃないか。
つか眠いんでしょ。きみのおかげでみんな眠いけどね。
そしてきみはこれから出勤だけどね。
a0180681_1526062.jpg

「でははじめます」  エ、そうなの…
a0180681_1526884.jpg

やさしくお願いしますね坊
a0180681_15274329.jpg

にょー
さくらはん、いやだったら逃げていいのよ
a0180681_1610853.jpg

…やさしいね
a0180681_16103012.jpg

うしろあたま逆毛立てられてますよ
a0180681_1611454.jpg

くつろぐ坊
a0180681_16112038.jpg

目線ありがと…
a0180681_16113362.jpg

噛んでる噛んでる
a0180681_16115031.jpg

そこフェロモンポイントね…
さくらはん寝ちゃうの…
a0180681_161299.jpg

それでも私には、攻撃してないだけすずが「やさしい」って思えるんだ




よっかかってんでしょ
a0180681_15541257.jpg

つか寒いんでしょ
a0180681_15545476.jpg

ぴと
a0180681_164789.jpg

うふふ、いいねぇ
ふたりって、いいもんでしょ坊
もっと寒くなったら、もっといいのよ
a0180681_15564987.jpg

その角度もいいね、お尻を向けるって信頼のしるしだもんね
(きみはズルして背後からでもトイレ中でも襲うけどね…)
a0180681_1613515.jpg

さくらはんベタベタにしちゃってごめんね…
a0180681_16124084.jpg

行って来まーす…よく寝てくださいね
a0180681_1614358.jpg

着きまして、さぁ寝るどー とばかりに @事務所ソファ
きみはいいよねーホント…
a0180681_16232076.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-21 19:51 | 日常

やさしくなかった

日中ははるちゃんがいたので遊び足りず、
バーも金曜の遅仕舞でなかなか階下に降りられず、
丑三つ時を迎えてすずの爛々は事務所で始まった。
ついに最頂部の神棚に到達。
その垂直の道中にあるモノを様々蹴り落としながら。
彼岸からご先祖さま方に叱られるぞー
a0180681_1925364.jpg

帰宅ー メシメシ
a0180681_19254287.jpg

いっしょに遊ぼうー @4:00AM
a0180681_19255418.jpg

いっしょに遊ぶと言っても、ふたりの遊び方は全然違う。
すずはひたすら「追い回す」遊びで、獲物が捕まらないことを楽しむ。
さくらは「捕まえて離さない」ことを遊びにしているので
一旦手や口で捕まえてしまうとホールド時間が長い。
それがすずにはフラストレーションになるようだ。
鳥さんは常に飛び回ってないといけないわけ。
なので下僕は二刀流でシャカシャカするわけですね。

そしてまだまだ暴れ足りないすずはいつも通り
夜が明けても走り続けていた。
私ゃ付き合いきれず、三匹解散のまま寝落ちさせていただきました @5:30AM

2時間後、目が覚めるとさくらはいつもの場所に埋もれていた。
a0180681_1926549.jpg

すぐさま襲いかかるすず。
今ならわかる、これはやきもち。
a0180681_19264842.jpg

痛いししつこいからいつもなら場所を移すのに、
さくらはん、どんどん寛容になっておられる…
a0180681_19265396.jpg

聖母の抱擁 むぎゅぅぅ
a0180681_1927925.jpg

シェー…
a0180681_19275450.jpg

「かかってこいや」にも見えるけど
a0180681_19275845.jpg

かわええ…
a0180681_19281185.jpg

こうなっています
a0180681_1928637.jpg

あ、また… 乱暴だなぁまったく
a0180681_19293044.jpg

午後、ひそかさんがご来店で雨宿り。
ぷちにゃヒモで遊んでいただいたり、
a0180681_19294197.jpg

そばで寝てみたり、
a0180681_19293677.jpg

寝ちゃいかんよーと蔵で遊んでみたり。
a0180681_19304778.jpg

そこでひそかさんから衝撃のお話を聞く。
「猫同士はね、舐めるほうが上なんだよ」
なんと、「やさしくしてあげてる」のではなく、
「自分の優位を示すため」だと言うのだ。
えっじゃあしっぽの付け根舐めてたのもフェロモンポイントだから?
「そう、目の上の毛が薄いとことかもよく舐めるよね、
あそこもフェロモン出てるから」
すずもさくらの耳の周り舐めてた!
フェロモンポイントってことは、さくらの匂いに自分の匂いを
舐めてなすり付けてる、ってこと?!
ヒャー なんと生意気なー
ここ数日間、「すずくんも優しくなって…」なんて
ホロリとかほっこりとかしていたオレはアホなの ( ꒪⌓꒪)
でも写真や動画を振り返ってみれば思い当たることばかり。
「おとなしくしとらんかい」とばかりに押さえつけて
無理矢理舐め続けていたもんな…
なんだーそうなのかーガックリだなー…orz
アイツやさしくなかったんだ、自己主張だったんだ…

「さくらはすずのこと舐める?」
すずには舐められながらじっとしてるヒマがないからw
それにさくらには上も下もなく、張り合う様子は一切感じられない。
むしろ譲っていることのほうが多いし。
最初の日は怒って、当たりどころが悪くて流血になってしまったけど、
どんなコが来てもやがてはこうして受け容れてしまうように見える。
さくらはんなら、自分も大好きなブラッシングを
他のコにやってあげるかもしれないと思える。だってやさしいもん。
それを坊は調子に乗って… ウヌー
「子どものすることだから、って許してくれてるのかもしれないね」
あーあ、どこまでやさしいの、さくらはん。

空は狭いけど、夕焼けがきれいだった。
a0180681_19312891.jpg

寝すぎんなよー ぽよーん @21:00
a0180681_215469.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-20 21:32 | 日常

独占するオトコ

木曜の夜から金曜にかけて。
店でみんなと長時間起きていたからさすがにくたびれたのか、
帰宅しても走り回らず静かに座っていたり、
自らさくらの近くに行って身繕いをしてみたり。
a0180681_15365683.jpg

不気味なほど静かで穏やかな夜。
さくらはんは遊びたそうだったけど、おもちゃを出すと
爛々に火をつけてしまいそうなので遊ばずにおいた。

午前5時、ひとりでベッドに寝ていたすずが突然むくりと起き上がり、
避難部屋で寝ていたさくらのところへ行き、
飛びかかるかと思ったらしっぽを舐め始めた。
つかみ方がいささか乱暴だけど…
彼なりにさくらに何かやさしいことをしたかったのだろうか?
a0180681_15371445.jpg

しっぽをむんずと押さえ、
a0180681_15373398.jpg

付け根をぺろぺろ。そこ意味ありますかー
(「意味ありますかー」てのは希望の牧場の吉沢さんの真似)
a0180681_15373648.jpg

じゃあいっしょにさくらはんにやさしくしようー
さくらヶ丘、やわらかくてやさしくてあったかいでしょう、
寒くなったらそこで寝かせてもらえるように、
だいじにしなくちゃいけないよ
a0180681_15373928.jpg

オレこっちで寝るべきかな…でも、きみさえ静かにしててくれるなら、
二日ぶりにちゃんと寝たいからベッドに行きますね。

するとすずはピューと走って来て私のハラ脇でくるりんと丸まった。
うん、きみがそこが好きなのはわかった。
さくらがいつも寝ている場所を空けておけるように、
すずを騙し騙しそっと体をずらす。
遠慮して譲ってくれちゃうさくらはんが、すずがいても
後からちゃんとベッドに来てくれるか実験だ。

店で長時間起きていたこと、
みんなと触れ合ってたくさん遊んでもらったこと、
毎日続けている植物エッセンス、寝る前のおやつ作戦、
さくらはんのさらなる寛容、原因はどれかわからないし、
きっと全部が合わさってのことだと思う。
久しぶりに5時間連続で眠れたのだ。

朝、もぞもぞした動きに目を覚ますと…
ワッなにそれ!
a0180681_1538060.jpg

ハラ脇で、すずがさくらにまたがって、顔をぺろぺろしている。
充電していたカメラを急いで取りに行く。
たいがいそういうときは解散してしまうのだけど、それでも続行中。
さくらはん、顔w が、がんばって…
a0180681_154436100.jpg

動画でどぞ。
さくらはさらなる寛容を示し、ちょっと噛まれたくらいなら放っておいている。
するとすずは噛むのをやめ、またペロペロに戻る。



あぁぼさぼさ…
a0180681_15451494.jpg

べろべろ…
a0180681_15451858.jpg

ヒゲぼわぼわ
a0180681_17364518.jpg

いちいち乱暴だのぅ
a0180681_17375239.jpg

なんとも言葉がありません
a0180681_17362341.jpg

噛むとこ現行犯
a0180681_1752489.jpg

さくらは移動し、
a0180681_17441276.jpg

すずはそのまま寝てる
a0180681_17442053.jpg

やがて並び、
a0180681_1753925.jpg

うーん、調子に乗ってんなー
a0180681_17533224.jpg

さくらはんそんなに耐えないで、やっちまっていいのよ…
やっちまえーー
a0180681_17534770.jpg

おつかれさま…
a0180681_1754260.jpg

すずがいないうちはのんびり寝てくださいね、行って来ます
a0180681_17541743.jpg

彼岸花咲きました
a0180681_17542870.jpg

はるちゃん〜
a0180681_17561351.jpg

ここに複雑な想いのオトコがひとり
a0180681_17544365.jpg

はるちゃんがオムツを替えてもらっています
a0180681_17552084.jpg

すみっこでイジケるオトコ
a0180681_17554868.jpg

はるちゃんが蔵を出てからも、入口で見張るオトコ
a0180681_1756333.jpg

はるちゃんが再び蔵でオムツを替えているとき、
危ないからと抱っこしておいたすずが身をよじって脱走、
床で仰向けに寝かされたはるちゃんに向かって一直線!
ヒャーあぶない!
慌てて母さんが抱きかかえると、すずは空いたはるちゃんマットの
ど真ん中に「オレんとこや!」とばかりにゴロン!きみ土足だし!

それ以来、もうずっと蔵から離れない。
私がはるちゃんを抱っこしているのを見たら、
叱られるのを知っていてわざとキッチンに入ろうとしてみたり。
事務所に連れて行っても眠らずに、誰かと階下に降りれば
蔵まで一直線に走って見回り、はるちゃんが寝ていた場所に座り込む。

その姿を見て、私は確信した。
すずの行動は「やきもち」や「独占欲」に基づいていると。
はるちゃんはきみより後からこの世に来たけどね…
自宅ではさくらはんとオレが先に暮らしていたわけですから…
蔵だってきみが使っていたけれど、きみの部屋ではないんだから…

坊ちゃんの思い通りにはならないけれども、それがハッキリしたことで、
彼に安心や自信を与えるためのヒントにはしていけるかなと、
思った次第です。
ふたりをいっしょにする際、先輩方から言われたのは
「ともかく先住猫をいちばんにかわいがる」
気をつけてそうしていたけれど、そのことが余計にすずの嫉妬をつのらせ、
さくらが逆恨みを買ってしまっているように思えた。
お互いが見えないところでそれぞれ撫でたりもしてるのだけど。

ひそかさんが言ってた、
「ともかくさ、すずの環境はめまぐるしく変わっているわけだから」
すずが来てから三ヶ月。言われてみれば、そうなんだ。
ヒトの出入りの多い場所でのケージ暮らし、
骨折、貧血、下痢の経過、入院からの去勢手術からの茶碗時代、
夏期休業中の留守番、そして新しい場所でさくらとの出会い。
そもそも私との関係もまだ確立されていないのかもしれない。

「ふたりきりがいい」そう望まれても、私には無理なんだよ。
私のことももっとよく知っていってね。
一日の半分以上は、きみをだいじにしてくれるたくさんのヒトたちと
過ごしていられてることを、安心と自信にしていってね。
同じようにさくらはんにも、一日を過ごす安らかな場所が
必要だってこともわかっていってね。
そしてなにより、自分に愛情をかけてくれるさくら姉さんを、
たいせつにできるように。
むしろさくらはんを独占して、私を邪魔にするくらいに。


はるちゃんまたねー
a0180681_22265941.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-09-19 22:22 | できごと


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ