<   2014年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

旅のつづき 7:つづき

晶子さんがギフトカタログから村で役立つ物を選ばせてくれた。
特大LEDランタン。これで日が暮れても怖くねえ。
というわけにはいかないのだけど…
a0180681_23533531.jpg

タマちゃんー [前回
a0180681_23534257.jpg

車のヘッドライトの影がどうにも好きである
a0180681_2353472.jpg

タマちゃんの影
a0180681_23535834.jpg

あーあ、抱っこしちゃった
a0180681_23541776.jpg

タマちゃんは日暮れ組最強の甘えっコ
a0180681_23543753.jpg

しがみつくだけでなく車を追って来るという恐ろしさを
先輩、思い出してくだされよ
a0180681_23544888.jpg

ふぅ…

最後に、いざ蔵らの丘へ。[前回
怖いのにも多少慣れた。
a0180681_2355328.jpg

あぜ道を曲がると、ぬ?
ヘッドライトの先に小さな目がいくつも光り、
なにか小さな生き物が固まって蠢いておる。
うへぇ、またも子猫発見か!
a0180681_23551386.jpg

ぬぬ!
a0180681_2356429.jpg

うっへーー 猫より小さい!
a0180681_23571178.jpg

なんでこんなちっこいのだけでいるんだろ…
そんなわけないよな… たぶん近くに母さんがいるはず…
見ようによっては赤ちゃんたちを追いかけているようにも見える我々。
体当たりされるかも…

しかし赤ちゃんたちはなぜかあぜ道を行き、なかなか退いてくれない。
引き返せず、カメラの記録によると8分間後をついてゆっくり走った。



猫は懸命なTNRが進められているけれど、野生動物は手つかず。
食べる物はないわけだけど、かといって激減するわけでもないだろう。

ふぅ…
丘の上に到着。専用トイレが…
a0180681_063411.jpg

イノシシ母さんに突撃されるのではと、
背後を気にしながらのメシ支度
a0180681_064122.jpg

すべてのライトを消し三毛ちゃんたちの登場をしばらく待つも、
誰も現れず気配ナシ。
雨も降って来たので撤収することに @21:00

丘を降り、再びあぜ道の角を曲がると… 出た…
a0180681_064891.jpg

デカイ…
a0180681_0105630.jpg

ぎゃ、こっち向いた!
お、お、おコさんたちはあっち、あっち、丘の裾のほうにいましたー!
a0180681_0112036.jpg

拡大図…
a0180681_0113261.jpg

猪☆突猛進か… と唾を呑み込む青銀号。
畑の真ん中の一本道、いざとなったら猛バックしかあるめえ。

避けてくれた、ホ…
a0180681_0114118.jpg

高速の入口までの道中、車の前に三回も動物が飛び出してひやりとした。
タヌキ、タヌキ、猫。
2匹目のタヌキは飛び出したあげくに途中で止まって
何かを拾い食いしていた。アホか死ぬでー!と車内大ブーイング。
みなさん雨で出て来たカエルでも追っているのかね、
雨上がりはさらに注意運転しよう。


高速に乗り、へとへとにつき最初のSAで90分の仮眠を取る。
90分がうまくいくととてもすっきりする。まだまだここから230km。
トイレに向かうと、裏手から猫が出て来た。
SAで猫… たいがいヒトでさえ徒歩では辿り着けない場所、
帰れないことも轢かれることもわかっていて
わざわざ捨てに来るヒトがいるのは知っている。
猫撮る先輩もおーあみさんとSAで猫を保護した経験がある。
ヒトが行き交うからかわいがってもらえる?
あわよくば拾われる? ふざけんな、殺すも同然だろ。
ここで生まれたとしても、元は捨て猫なはずだ。
近づいてみると、建物の裏手にピューと逃げてしまった。
いやーな気分… ほんとにまったくニンゲンてやつぁ…

気を取り直してそこから1時間ほど走ると猫撮る先輩が
「あーこの単調な作業(運転)に飽きたーー」と唸り、
予定外のPA休憩。

しばらく休み、さぁ、いつも自分給餌しているSAまで、がんばろー。
本線へと合流する直前、ヘッドライトの先にあるはずのないものが。

小さい目、ふたつ。


たぬきじゃない。
猫だ。
しかも小さい。
正座しとる…


ゆっくり猫の先まで行って本線ぎりぎりで止まり、
二人で車を降りる。迷いもためらいももちろんない。
気をつけてね、またね、などと言っている場合では断じてない。

村を出るとカメラを首から外すので、
さすがにここで取り出している余裕はなかった。
もしもさっきみたいに馴れていないコなら、
怖がって本線に飛び出す危険がある。
しかしここにいたならいずれは…

猫撮るが近寄ると、猫はニャーと鳴き、小走りですり寄った。
なつっこい!
そんなコが、こんなところに…

[状況説明…]
a0180681_20134759.gif

子猫は暴れることもなく、素手で抱っこで無事保護 @2:10
幸いなことにPAからの後続車もなく、本線も空いていた。
子猫が本線に飛び出したならいっしょに飛び出してしまいかねない
ネ根性組であった。危なかったけれど実際危なくなかった。
ほぁぁぁあああーーーーー

ちょうど折りたたみケージを積んでいなかった、しまった。
とはいえここまで捕獲&保護の準備ができている車がこの時間、
他にあろうか?
ちびくんすごいよ、よりによって青銀号を捕まえるなんてすごいよ。
これが噂のピンポイント・ヒッチハイカー… ガクブルである。
捕まえられたのはオレたちである。

空いたペットボトルの段ボールに入れ、ガムテープで閉じる。
a0180681_0131485.jpg

助手席の私の足もとに箱を置く。最初は鳴いて穴から手を出していたけれど、
30分もせず静かになって、箱の底で丸まったのを足で感じた。

すっかり目が覚めて 自分給餌も休憩もすっ飛ばし、走る走る青銀号。
マジで… オチもドンデン返しもドラマもいらんのに…

今ここでこうして出会うまでの一日のできごとが駆け巡る。
暗闇や野原の遠くに猫を探したり飛び出し動物を避けたり、
あれもこれもすべて伏線だったように思える。
これはどこからの、どこまでの、つづきなのか。
数分でも違ったら、数メートル違ったら、
そもそもここで休まなかったら、別の高速道から帰っていたら…
よかった、ともかくよかった、無事保護できて。


首都高手前最後のPAで停車してネ根性会議。
健康に問題がなければ里子に出すことを目指し、
まずはエフで保護することにした。

浅草に着いて24H安売り店で、トイレ小、トイレ砂、子猫メシの一式購入。
エフに着いてれんちゃんケージを屋上から降ろし、
蔵の中に立ててイン @5:00
朝日も浴びちゃってへとへとだけど、猫のためならがんばるネ根性、押忍。

黒白ハチワレ、未去勢オス。
名前はこのとき「とおみ」としたけれど後日変わることに。
a0180681_013248.jpg

メシメシ。よかった食べてくれて。
a0180681_0133671.jpg

とりあえず今夜は銀さんとれんちゃんにお守りいただくことにして…
a0180681_0133913.jpg

さくらはん、ただいま…へとと…
発作もズビズビもなくお元気でいてくれてよかった。
あのね、もう知ってると思うけどあのね…
a0180681_013544.jpg

バタリ…


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-29 20:37 | お出かけ | Comments(4)

旅のつづき 6:日暮れ

続いてもう(たぶん)噛まない犬タロウと猫たくさんのお宅。[前回
ポンちゃーん
a0180681_23385162.jpg

茶トラさん。
二週間経って忘れられてもしかたない、イチからスタートじゃ、
と思っていたけどハラ出しで迎えてくれた。
a0180681_23391057.jpg

タロさはさっそくお散歩へ。
木屑が土の上で新しいから最近やったのだろう。
お散歩待ちかねたのかな。
a0180681_23391916.jpg

ポンちゃんごめんごめん、そんなしょぼん顔…
猫班行きまーす
a0180681_23392427.jpg

気の強い三毛さんも来て「仕事がおせえ」と猛抗議中
a0180681_23393290.jpg

トッピングまだですけどー…はいつものこと
a0180681_23393892.jpg

あれ、今日は猫さん少ないですね、黒猫さん入れて4匹のみ。
もちろん10匹分作りましたよ。
a0180681_23394186.jpg

タロさお帰りー よかったね
a0180681_2339509.jpg

ポンちゃん水飲む
a0180681_23395573.jpg

夕焼け。日が長いのをいいことに、
遅れた分は日暮れて取り戻している今日この頃のネ根性組。
しかしもう夏至を過ぎたんだよなー…
a0180681_23395961.jpg

続いてジョセン中のお宅。[前回
敷地を埋め尽くしていた汚染袋は移動されていたけれど、
森林除染の分なので敷地内はまだ高い。
a0180681_23422915.jpg

雨樋下もまだ。
a0180681_23422347.jpg

なつっこい猫さんが取り残されている
a0180681_23475285.jpg

続いて[前回]子猫を発見したゴン納屋
a0180681_23482337.jpg

子猫6匹とサビ母さんはちーむぼんぼんさんが保護してくだすった。[こちら
猫はもういないはずだが日比さんが昨日ドライを置いたというので
餌場の状況を確認に。他の動物に荒らされてはいなかった。
a0180681_2350502.jpg

あのとき慌ててふさいだ壁の穴。
a0180681_23504153.jpg

日が暮れる、あと二軒。
a0180681_23483980.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-29 19:37 | お出かけ | Comments(2)

旅のつづき 5:庭の奥

続いて、初めてのお宅。
3月にチーズチビたちを紹介していただいたとき同時に習ったけれど、
犬が噛むと聞いて行っていなかったところ。
グレーの猫さんがお迎えに。
a0180681_23125497.jpg

鋭い眼光、でも鼻挨拶できる
a0180681_23132060.jpg

こちらが噛む犬クー
は、はじめまして…
a0180681_23134299.jpg

怖いのでハウスの奥のお皿を取りに行けず、
プラボウルごと進呈。
a0180681_23135051.jpg

噛む犬と呼ばれているけれど、クーのほんとうの姿は
5月のまどかレポートにあります。[こちら

あ、黒猫さんもおられるのね。
二匹はあまりなかよくないようだ。
a0180681_23135744.jpg

メシメシ
a0180681_23241963.jpg

お庭の薔薇が満開
a0180681_23273349.jpg

a0180681_23275411.jpg

a0180681_23274938.jpg

ご商売だったのか、たくさんの盆栽
a0180681_23274424.jpg

a0180681_2329754.jpg

a0180681_23275825.jpg

しかしこの庭にも
a0180681_2328585.jpg

隠れてた黒猫さんもメシメシ
a0180681_2328488.jpg

またね
a0180681_23285470.jpg

続いて母子猫東 [前回
a0180681_23342228.jpg

私の背ほど伸びた雑草
a0180681_2335517.jpg

白猫を探せ(難易度:低)
a0180681_23344139.jpg

a0180681_2334552.jpg

メシだけ置いてとっとと帰りまーす
白猫を探せ(難易度:低)
a0180681_23353814.jpg

猫撮る先輩はこうした距離の猫たちのことをとても気にしておられる。
a0180681_2336252.jpg

(その後現在までにこの場所で子猫4匹が発見されたいへんなことに…[こちら])

続いて母子猫西。
先輩は野原の向こうの白猫さんの写真を撮りに行った。
納屋の二階はやはり空っぽ。
a0180681_23363783.jpg

給餌ボックスのドライは適宜
a0180681_23362384.jpg

茶トラさんに待たれておる
あなたは未去勢ですね…
a0180681_23361211.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-29 19:05 | お出かけ | Comments(2)

旅のつづき 4:ズンズン隊

続いては呼ばなくても出て来るオトコ宅[前回
ズンズン、
a0180681_2224388.jpg

ズンズン、
a0180681_2224833.jpg

ぬぬ??(拡大図)
a0180681_22253131.jpg

白いお方が!メンバー加入?
前回のキジトラさんとは違って明らかにズンズン隊列に加わり、
千夜ちゃんのすぐ後に続いて出て来た。でもヒトは怖いみたい。
チビ、子分が増えたのかえ?
a0180681_22283793.jpg

カエルにジョセンリボン、
これって冗談かな本気かな…
a0180681_2229522.jpg

チビのその顔は冗談かな
a0180681_22301046.jpg

オ、先輩も千夜ちゃんと鼻あいさつ
a0180681_2231795.jpg

さ、お皿を取りに行きますよ
a0180681_22313838.jpg

恒例のご案内。この瞬間がとても好き。
a0180681_22395468.jpg

さぁどっちが一番かな
a0180681_22365496.jpg

やっぱりチビでしたー(千夜ちゃんのロン毛しっぽ)
a0180681_22365972.jpg

ハイハイまた空っぽだね…
白猫さんの分まで盛っておかなくちゃね
a0180681_2237730.jpg

先輩はチーズとお散歩へ
a0180681_1833189.jpg

まず水場で食器を洗うといつもチビはすぐそばで水を飲む
a0180681_22415798.jpg

千夜ちゃんもメシの前だけはやさしい
a0180681_22475472.jpg

舐めてくれちゃって
a0180681_22491565.jpg

チーズがいつ帰って来てもいいように、ワンコメシから作ります
a0180681_22494469.jpg

少々お待ちを…
a0180681_22501219.jpg

お待ちをってば、それはワンコメシだってば
a0180681_22523061.jpg

千夜ちゃん、イデデ
a0180681_22533078.jpg

ほいニャンコメシお待たせー
a0180681_22504054.jpg

おいしいかえ
a0180681_239316.jpg

ぬ、チーズ帰って来たかな
a0180681_18335873.jpg

おかえり〜
ふたりが戻る直前に白猫さんがかなり近づいて来たのだけど
チーズを見て逃げてしまった。
a0180681_2344681.jpg

一瞬で二皿をぺろり
a0180681_235289.jpg

チビももう一回
a0180681_2352184.jpg

ウマかったねー(ピント合わず)
a0180681_235519.jpg

オ、カクイー
a0180681_2362240.jpg

ほれぼれだよチビ
a0180681_2364074.jpg

でも目やにがヒドイね…
a0180681_237043.jpg

目やに拭いてのドヤ顔、カックイー!
a0180681_237172.jpg

そしてもう一回
a0180681_2373572.jpg

ジョセンの間は納屋の中にいるんだよ
a0180681_238076.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-29 18:34 | お出かけ | Comments(3)

旅のつづき 3:奇遇

続いて黒柴のチビ。1月末ぶり[前回
赤ちゃん産んだそうですが、お元気ですか?
a0180681_20154446.jpg

おやつを献上すると、一本は寝床に、もう一本は鼻で砂をかけて隠した。
隠せてないし、あんまり置いておくとアリに分解されちゃうよー
a0180681_20163079.jpg

お散歩ゴー
チビなら引っぱらずに歩けるからオレでも行ける
a0180681_20322839.jpg

道路は熱いからあぜ道を行こね
a0180681_2031669.jpg

ええお顔でンコ
a0180681_20321613.jpg

きれいだねー
a0180681_20324662.jpg

グミの実
a0180681_2033731.jpg

続いて杉林のお宅、こちらも1月下旬ぶりか[前回
クルッポ、久しぶり〜
a0180681_22113434.jpg

すごいヒゲだぬ
a0180681_2211833.jpg

ちょっとまるまるに似てるね
先輩が「かわいくてしかたない」と言っておられますよ
a0180681_22112827.jpg

餌場は空っぽ
a0180681_22104717.jpg

歯がとても痛そうなスミダさんには
カロリーエースをベースにスープメシ
a0180681_22114023.jpg

どぞー…
a0180681_22114714.jpg

あぁよかったー
a0180681_22145437.jpg

クルッポもガツガツ
a0180681_22121094.jpg

役場で日比さんと合流 @14:30
a0180681_22122232.jpg

いつもよりずいぶん遅いお昼休憩、我々のすぐ後に入って来たおじさまに
「多摩ナンバー、どこから? 私ら練馬から」と声を掛けられた。
「ぼくは国立で彼女は浅草で」と先輩が答えると、「浅草っていえばさ」
と話が展開し、なんと全員が私の父の知り合いだということが判明して
「オイオイオイ〜!」と大騒ぎ。
そのうちのお一人はエフにもいらしたことがあると。
声を掛けてくだすったおじさまが中心になり、原発事故を忘れるなと
月に一度メンバーを募って飯舘や浪江を案内して回っているとのこと。
いやはや奇遇な。
毎週日帰りで犬猫に、と話すと驚いておられた。応援お願いしまーす。

日比さんから、おむすびと交換に果樹園のさくらんぼをいただいた。
a0180681_2216712.jpg

さて午後の部。てか夕方の部。
「マガリーー」と呼ぶとテテテ、と走り出てしまったマガリ。
本名強し。
a0180681_22162771.jpg

まだ近づけないけど
a0180681_22164362.jpg

カリカリ好きなマガリさんへ、あとで食べてください
a0180681_22165575.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-29 18:19 | お出かけ | Comments(2)

旅のつづき 2:あのオトコ

牛舎のお宅で出会った見守り隊(自警団)のお父さんは、
この地域の動物たちのことは何でも知ってて
いろいろ教えてくれるヒトだそうで、猫撮る先輩も久々の再会。
そのお父さんちのワンコ、本名ラッキーさん。
a0180681_19492074.jpg

お父さんがお仕事で帰ってるから放してもらってるのね、
はじめましてー
a0180681_19492541.jpg

おやつを献上しようと取り出すと、
エーそれかよ、という顔w
a0180681_1950091.jpg

いちおう匂いを嗅いで、やっぱいらねえヤツ、と
a0180681_19512855.jpg

おしっこジョー
いいねぇどこででもできて…
a0180681_19515891.jpg

猫さん見当たらず、大声で名前を呼んでみましたところ、
はるか遠くに猫ハケーン!
猫を探せ。
a0180681_19522526.jpg

いじわる問題でした。もう少し見えますかな。
a0180681_1953237.jpg

ズンズン、
a0180681_19533927.jpg

ズンズン、お久しぶり!
私の愛しのお方、ムクでした〜〜
最後に会ったのは3月始めかな[前回
a0180681_19534583.jpg

猫撮られ〜
a0180681_19532261.jpg

そこへラッキーさんが来ちゃってドタバタたいへんなことに…
a0180681_19545722.jpg

ラッキーさんが興奮しすぎなので棒で遮って制止
a0180681_19553061.jpg

小屋の周りの電気柵が生きてた。
まず私がビリリッとやられ、その後ラッキーがしっぽに当たって
ギャン!と鳴いて走り去って行った。オレじゃないよ〜〜
a0180681_19554477.jpg

ムク救出
a0180681_19572860.jpg

ええお顔
a0180681_19574036.jpg

メシメシ
a0180681_201148.jpg

小屋の扉は閉まっていたけれど
ムクたちは別の場所から入れるようになっていた。
きれいね。
a0180681_2012781.jpg

ドラミちゃんみたいな三毛ちゃんはムクみたいになつっこくない。
[追記]本名:チャビ
a0180681_2013639.jpg

ムクのプリケツ
a0180681_2015677.jpg

またね、お元気で
a0180681_2022193.jpg

続いて猫撮る先輩の愛しのお方、こちらのオトコ



マメ〜 ひさしぶり〜 最後に会ったのは2月の終わりかな[前回
a0180681_12452.jpg

写真展の顔として、浅草でマメ大活躍だったよー
a0180681_121424.jpg

猫撮るもずっと会いたかったんだよー
a0180681_122121.jpg

しゃわせしゃわせ
a0180681_12288.jpg

a0180681_123947.jpg

母屋では黒猫さんがデンと構えており、
マメはなかよくないのでこちらでメシメシ
a0180681_12477.jpg

小さな老猫マメもおじいちゃんを待ち続けてがんばっています
a0180681_125867.jpg

ンマかった、キリッ
a0180681_131213.jpg

私にもお愛想ありがと
a0180681_133097.jpg

おヒザにも
a0180681_135663.jpg

ずがーん
a0180681_141083.jpg

公園の恋人同士か!
a0180681_142999.jpg

オレが運転できればふたりっきりにしてあげるんだけどなぁ
a0180681_14485.jpg

マメもしあわせそう
a0180681_15924.jpg

こんなところで携帯が通じるのもふしぎなものだが
日比さんに連絡中。マメのいい距離。
ヒトの営みがあり家族といた頃は
農作業中のおじいちゃんとこういう距離でいたのだろうな。
a0180681_339160.jpg

猫撮る先輩の『マメのつぶやき』見てね[こちら
a0180681_162487.jpg

車から離すのが辛い作業。
マメ、またね、お元気で。
a0180681_163478.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-29 17:58 | お出かけ | Comments(2)

旅のつづき 1:久しぶり

6月24日未明、チーム銀次・青銀号はひっそりと浅草を出発。
写真展会期中に計13台で毎週通い、先週はお休みしての二週間ぶり。
仁義メシはワンコメシ以外すでに在庫がなく購入した。

銀次親分が旅立って3週間経った日からモーレツに再開した給餌行。
設営をしていたり仕事だったりの日以外は一日も休んでいなかった。
先週はさくらさんとただひたすら眠っただけで
家から一歩も出ず何もしなかった。だったら出動したほうがマシ。


靄と朝焼け。今週も出遅れるネ根性組。
a0180681_18181633.jpg

前半は、1月28日以来しばらく来ていなかったルートを行く。
新しく設置されている給餌ボックス。
a0180681_18202386.jpg

お富士さん〜 痩せましたね
a0180681_18203012.jpg

サバビちゃん
あ、私が勝手に呼んでるだけです
a0180681_1820419.jpg

濃いグレーのハチワレさん
a0180681_18212796.jpg

待ちきれずに駐車場でハムハム
a0180681_18222168.jpg

薄いグレーのハチワレさん。
他に、写ってないけどキジトラさんの計5匹が待っていた。
a0180681_18221013.jpg

続いてGS横のシロ
a0180681_18224643.jpg

写真展でも、日比さんのブログをご覧になってる方々から「シロちゃんへ」
とカロリーエースややわらかメシ、高栄養食をお預かりした。
a0180681_18281577.jpg

シロは3缶を飲み干し、続いてa/d缶も
a0180681_18293553.jpg

サビ猫さんもカロリーエース好きだ
a0180681_18284263.jpg

お母さんを待ち続け、ボロボロの体でがんばるシロ。
「かわいそう」と言うだけは簡単。
a0180681_18295219.jpg

痩せっぽちのサビ猫さんはなつっこかった
a0180681_18311224.jpg

スリスリ
a0180681_18314828.jpg

続いて初めての場所、山裾の小屋
a0180681_1832982.jpg

日比さんの写真でさくらに似てると思ってたけどそうでもなかった。
痩せてる。なつっこくはないけどピューとも逃げない。
a0180681_19412668.jpg

この猫が発見されたのはつい最近で、日比さんが欠かさず通っておられる。
三年間どうやって生きていたのか、こんな小屋の中で待っている。
a0180681_19415898.jpg

ここにも睡蓮の池があった。
a0180681_19422878.jpg

a0180681_19425184.jpg

a0180681_194336.jpg

続いて白タヌの家 [1月
a0180681_19431424.jpg

頼れる兄貴、白タヌくんキタ
a0180681_19433257.jpg

壮観
a0180681_19435273.jpg

ヒトに近づけず入れずにいるコ
a0180681_194461.jpg

続いて風車の家。
以前の餌場は閉鎖され今もない場所だけれど猫はいるはず。
伸び放題の雑草を掻き分けて先輩が納屋の中にドライをセット。
a0180681_19441819.jpg

続いて帰還困難区域手前の地域へ。さすがに線量高い。
けどバリケードの外っていうね…
a0180681_19452521.jpg

牛舎の猫。
ここには5匹いるそうだ。腕が鳴るゼ。
a0180681_19443648.jpg

牛の糞が残ったままの牛舎
a0180681_19445881.jpg

a0180681_1945938.jpg

寄り目のシャムMIXが現れた
a0180681_19455130.jpg

なつっこくなく、上へ下へと逃げ回りながらも
メシから目を離さない。
a0180681_19462231.jpg

あとでゆっくりお食べなせえ
a0180681_19463666.jpg

牛の名前
a0180681_19465097.jpg

工夫
a0180681_194773.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-29 15:46 | お出かけ | Comments(4)

初☆ネブ 2

さくらさん、お話が…
a0180681_1325982.jpg

自宅ネブライザー二日目です。
今夜は小さいキャリーケースでやってみようと思います。
狭いほうが落ち着いてできるかなと思って。
「エーー」
a0180681_13272487.jpg

銀さん詣りのお客さまがバーで声を掛けてくださり、
うちのコもネブライザーやってるんです、とボックスの霧の中の
猫さんの写真を見せてくだすった。
最初の頃はいやがったけれど、慣れたら調子よくなることもわかり、
今では蓋をロックしなくても20分は入っていられるとのこと。
わー心強いな、がんばります、と思えた。

キャリーをビニール袋で包んで、こうなります…
今日はステロイド入り。
a0180681_1325186.jpg

ごめんね…
a0180681_13253420.jpg

15分のタイマースタート。
お互い姿が見えず、前日より絶叫も少ない。
それでもさくらさんは悲しい声で時々鳴き、扉とホースをバキバキと引っ掻く。
福島から連れて来たときを思い出すなぁ。
でもさすがにキャリーケースからは出られません。
前日よりとても軽い気持ちで15分を終えることができたホ。

ネブ仲間のお客さまは、終わると必ず猫さんにおやつをあげているそうで、
さくらさんの大好物はまだわからないのだけど、
あやこ隊長からいただいてたフリーズドライささみを進呈。
a0180681_13254231.jpg

興味ゼロ…

しかし元気になったようで、走る走る、
a0180681_13235562.jpg

サッカーサッカー
a0180681_13235178.jpg

走る走る!走りすぎ!!
a0180681_13234486.jpg

あぁよかった〜〜と安堵し机に向かうと、さくらさんも椅子に飛び乗り
私によっかかって身繕いを始めた。
すると突然、さくらの鼻がズゴッッと詰まり、
みるみる口呼吸になったと思うとケ、ケ、ケ、とまた
痙攣のような発作が… @4:00AM
a0180681_1326298.jpg

なんで…
走ったから? それともやっぱり自分の毛?
薬が半端に効いて溶けかかった浮腫が詰まった?(非科学妄想)
突然そうなる原因がわからない。
どんどんひどくなる発作は止まる気配もない。
いつも、このまま死んでしまうのかと思う。
a0180681_13261271.jpg

今日も吸入一回だけにしようと思ったけど
まだ薬を捨てていなくてよかった。
残りの薬剤で1時間ごとに二回目、三回目。
それでも発作は収まらなかった。
9時に病院開くまでがんばろねさくら…
でも病院でも同じ機械で同じことやるわけだよ…
a0180681_13262669.jpg

治療中に発作が止まらないなんて、どうしたらいいんだろ…
a0180681_13265094.jpg

何度目かの、さくらさんと発作と徹夜。
猫って辛いときは距離を取るからヒトはせつない。
でも枕もと。いっしょにがんばるよ、何もしてあげられないけど…
a0180681_1326553.jpg

9時に病院へ。
三人掛かりでステロイドを点眼点鼻。

二日連続の自宅吸入の様子を報告すると、
小さいキャリーでやるのはあまりよくない、と先生。
霧を閉じ込める箱は小さいと効率が悪く、
たとえば狭い中でホースの先に尻を向けていたら尻が濡れ続けるだけで
うまく充満しない。できるだけ大きいケースがよい、とのこと。
そうかー… 狭いほうがよく溜まるような気がしたけど違うんだ。

しかもこの季節、閉じ込めたケージ内は相当な暑さになるので
凍らせたペットボトルなどで内部を冷やす必要があると。
うわ、考えてなかた!アホだろ危険だろ!
そういえばれんちゃんが危篤になって自宅に酸素室を導入したときも
七夕頃で暑く、温度計も付けて天板に保冷剤を置いていたのだった。

時間を空けながら何度も点鼻して、ようやく浮腫が治まってきた。
ズコーズコー…
暴れて先生の手を流血させてしまい、爪も切っていただいた。
だいぶ落ち着いて来たさくらさんは、先生が高栄養の療法食を
小皿に盛ってくださると二皿分食べた。
「猫がごはん食べてるとこ見てるのっていいよね」と先生。
うん、病気のコならなおさら。よかった。

ついさっきまで自宅で吸入していたつもりだったけれど
うまくできていなかったことを考慮して、そのまま病院に預け、
再度ネブライジングしていただくことに。
飛び入りなので、予約のコたちが終わるまでできません。
はぁさくらさんごめんね、がんばって…


一人帰宅 @10:30
さくらがいない内に、リビングに敷いていたほかほかカーペットと
ゴザを撤去し、濡れ拭き10回。
晶子さんから借りた布団のダニ取り掃除機も使ってみたオエー
もっともっといろいろ捨てなくてはならないかな。
a0180681_1327362.jpg

病院から終わったと連絡が来て、すぐにお迎えに @19:00
4回分の自宅用薬剤もいただき、引き続きがんばる。
預けてやってもらうのと薬剤だけ買うのでは料金が倍違う。
(本来なら機械を買うか借りる料金もかかる)
けれど自宅では私がいる時間よりいない時間のほうが長い暮らしで
毎日3時間も箱詰めにされるのはどうにもさくらがかわいそう。
どうしてもできません、と相談すると、以下のように習った。

猫は比較的ステロイドの影響を受けにくい動物とされる。
霧状にすれば副作用もないとされる。
それでもやはり強い薬なので慎重に扱う。
そのため病院では15分噴霧45分静置を3回繰り返す3時間コースで、
最後の1回にだけステロイドを入れる。
自宅で1回(1時間)しかできないなら、ステロイドは二日に一度にするなど。

ふむ。それが上手にできるようになったら
通院は週一回でもいいかもしれないな。
深夜の大発作に備えて薬剤の在庫が常に自宅にあるといい。
人間も使うような即効性のある薬もあるといいけどな…
でもほんとうは、できるだけ薬に頼りたくない。


帰宅して、10時間ぶりの自由を満喫
a0180681_20185377.jpg

転がる!
a0180681_20192670.jpg

飛ぶ!
a0180681_20191864.jpg

あのねぇさくらさん…野でたくましく生き抜いて来たさくらさんには
たいへん言いづらいですが、もうちょっと抑えていただかないと…
a0180681_20193484.jpg

床のマットをなくしましたよ、どですか
a0180681_2019138.jpg

グッ
a0180681_2019864.jpg

私も成人してから猫喘息になって、治らないと言われたけど数年で治った。
発作が出れば病院に行くくらいでそれ以外は特に予防も通院もしなかった。
さくらにもそんな日が来るといいな。

まぁのんびりしててくだせぇ、と一旦エフに戻り、深夜に再びの帰宅。
元気に玄関まで迎えてくれ、鼻も鳴らず、楽そうだった。
メシよりゴロスリハラモフ、それは丘の上にいたときと変わらない。
さくらといっしょに床に転がってみた。
美しい野山で育ったさくらを薬漬けにするのはとても辛い。
悔しい、悲しい、涙がとまらなくなった。
さくらは私の手を自分に引き寄せ、抱きしめて舐めてくれた。
そして「うれしいよ、うれしいよ」と体いっぱいで伝えてくれた。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-21 22:11 | 日常 | Comments(5)

初☆ネブ 1

喘息のためネブライジング治療が必要になったさくらさん。
通院は週二回だけれど自宅で毎日の吸入が推奨されている。
給餌活動を通して知り合ったある方を通して、
現在使っていない超音波ネブライザーを貸していただけることになった。
肺気腫と闘った猫さんとの経験談や頼もしいアドバイス付きで。
ありがとうございます、心強い。

それにしてもれんちゃんも風太も銀さんもさくらも
全部違う病気だから、毎回イチから勉強。
しかもオレ非科学班なのでまったく頭に入らず身に付かない。
今回も病院で機材の使い方を習うとき、説明を動画に撮らせていただき
看護士さんが「撮るほどのことでもw」と笑っておられた。
いえもう驚くほど覚えが悪いもんで…
でもね、銀さんの補液セッティングだって、そのうち
おしゃべりしながらでもすらら〜っとできるようになったしね。

ここで振り返ってみましょう、銀次親分の初点滴[こちら
笑えます。[2013.3.2]


仁義メシお届け月間が終わり、1月下旬ぶりの休みの日は
家から一歩も出ずさくらと寝て過ごしてしまったもんで、
水曜の帰り道、24h営業の安売り店でPP衣装ケースとハンダごてを買う。
ケースは大きいのが500円で売っていて、ていうか
もっとがっしりしたのがほしかったけどそれしかなかった。

まずは適当に穴開け。
こんな道具も初めて使いますよ、でもこれから
村の給餌ボックスの穴開けも挑戦するので練習じゃ。
「ハンダ付け以外に使わないでください」って書いてあるけど
穴開けに使っていいのかな… プラッチック溶けたら有毒だよね…
と丑三つ時の薄暗い室内の換気扇の下でぷるぷる腕を震わし…

我ながらヒドイ… ためらい傷もw
a0180681_15204846.jpg

しかしこれが適当だったのにホースのサイズにぴたーり。
さぁさくらさん、薬を調合するから待ってておくんなー
a0180681_15211030.jpg

またそれで遊んで…
a0180681_1540441.jpg

リボンもズタズタだね、飽きないね
a0180681_1540844.jpg

さくらさんそろそろ…
a0180681_15465876.jpg

あ、呼んでないけどヒョイと飛び乗り椅子九割占拠。
いいけど… じゃあオレも心を鎮めるため丑三つそうめん。
a0180681_15485099.jpg

ハァ、ハラにしがみつくさくらさんを三時間も箱に閉じ込めるだなんて…
でも点滴針を刺すよりはきっとマシなはずはず。
途中でくじけそうなので、ツイッタで中継することにしましたよ。
誰も見てなくてもなんとなく、一段階ずつ進める気がしたのだ。

薬剤をセットします。
a0180681_16285370.jpg

と思ったら、病院からいただいたメモをエフに忘れてまして、orz
ナオトさんに写真で撮って送ってもらいました。
今日は初めてで一瞬たりともできないかもしれないので、
ステロイド以外の5種類を入れます。
こんな名前も、補液のときみたいにそのうち覚えちゃうのかな。
a0180681_1712594.jpg

不穏な空気を察し始めたさくらさん
a0180681_16284511.jpg

二種類の薬をシリンジに吸い取ったところで、
あ、そうだ電源、とコンセントを出してみますと、
ガーーーン
a0180681_1629045.jpg

アースが付いているので専用の差し込み口を用意、と言われていたのに
PCに付いてるような緑のひょろっとしたやつだと思い込み、
それなら床にたらしておけば平気だよーとみんなも言うもんで
電気屋さんに行ってなかった。
こんな口は、家中どこにもありませーん orz
すでに薬剤も開けてしまったのに、そもそも病院からのメモにも
手順の最初に「機械のセット」とあるのに、
電源という出だしでくじけるとは!(オレらしいゼ、ふ)

とツイッタで嘆いていますと、中継を見ていてくれたあやこ隊長が
三つ又とかないの、と。

あった… なんとか… よかた…
a0180681_1629541.jpg

その頃さくらさんは、退屈ー
a0180681_16295981.jpg

あぁいやだいやだやりたくない。
でも意を決して、ボックスにイン、ロックをガチャ。
ていうか穴はてっぺんに開ければよかったのかな?
なぜそこ(底)にしたのかな? なんも考えていません。
a0180681_1631125.jpg

噴霧スイッチオン。
さすが安物ボックス、大型屈強女子さくらさんの全力抵抗を前にして
まるでお持ち帰りの焼きそばのパックみたいにメキメキバキバキ
a0180681_16335662.jpg

割れました… しかたなく、蓋の上に重しとして座ってみるも、
それまた割れそう。

霧が充満して来た。わわーコワイ…
さくらさん、急にアヘくた〜〜となる。だだだだいじょうぶ?!
a0180681_16352140.jpg

う、う、これでいいのだろうか…
薬の量は間違ってないはずだけど、モクモクすぎるかな…
a0180681_16383113.jpg

絶叫とともに霧に包まれ消えてゆくさくらさん…
ちなみに午前4時。
a0180681_16461416.jpg

水分で箱の中が滑るからこうなる。でろーん
見たまんま気持ちよく過ごしてくれてたらいいのだけど、
a0180681_1722166.jpg

さくらさんにとっては私にこんなことされてトンデモ事態なわけで。
壁を引っかいて絶叫されるとまるでガス室に入れたみたいな気持ちになる。
見ていたくないけど、様子がわからないのも心配で、
あぁもうオレが吐きそう。
a0180681_17223477.jpg

15分のタイマーと同時についに蓋の隙間から飛び出した。
私も耐えきれず押さえる手を緩めたのだ。
ほんとはその後45分静置しなくちゃいけない。
薬は三回分(計三時間)だから、残りは無駄になってしまうけど、
少しずつできるところまでやって慣らしていくしかない。
ということにした。
a0180681_17224722.jpg

ヤケ喰い。あぁ食べてくれてうれしい…
a0180681_1723129.jpg

毛もシトシトになって、薬臭い。
シャンプータオルで拭いてあげた。
a0180681_17243938.jpg

ごめんね…
a0180681_1725233.jpg

さくらさんは「怒り」という感情がないようで、ただ戸惑い、いやがる。
力が強いので逃げようとするとき傷はできるけど、
それはさくらさんが私を狙ってしたのではない。シャーも言わない。
怒ってくれたほうが気が楽だ。
「なんでこんなヒドイことをするのかえ…悲しいよ」と言われているようで。
a0180681_17254735.jpg

少しは楽になったのだろうか?
ともかく今日はこれで終わりにして、寝ましょ…
a0180681_1725344.jpg

体に染み付いた臭いを必死で消しておられ、とても忙しい
a0180681_17275356.jpg

ベッドに呼んでも上がらず枕の向こうで落ち着いた
a0180681_1726523.jpg

ふむ… もう6時すぎですよ…
a0180681_1727169.jpg

(´;ω;`) ブワッ
a0180681_17273497.jpg

目が覚めると、枕をともにしていたさくらさん、
右手はグッ
a0180681_17363659.jpg

初めての自宅ネブライザー、ドタバタ体験記でした。
私ほどドタバタはしないだろうけど、いつか同じ境遇の誰かの参考に。
日課になればそのうち騒がなくなりますのでおゆるしを。
ハァがんばります…


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-21 01:38 | 日常 | Comments(7)

霧中 5:いっしょ

大物チビ、オッス [先週
先輩いきなり抱っこですか
a0180681_16121038.jpg

まんざらでないオトコが喉を鳴らしている
a0180681_16144314.jpg

ハグハグ愛を交わすふたり。
あのう千夜ちゃんがいないんですけど。
a0180681_16144736.jpg

前もそんなことあったけど、メシの後だった。
どうしたんでしょう心配です。チビもなんとなくいつもと違う。
a0180681_1614537.jpg

ポテポテポテ、と走って納屋へご案内、またまた空っぽ…
納屋がきれいになってる、日比さんかな。
a0180681_16145954.jpg

メシの支度しますね
a0180681_161547.jpg

近いねチビ、千夜ちゃんがいないからでしょ
a0180681_1616444.jpg

そりゃ千夜ちゃんだってチビだって、
ひとりでどこかへ行くこともあるだろう。
同じにおなかを空かせているはずだから、メシ時にふたり揃っていないと
我々が勝手におかしな気がするだけで。
でも、二度と帰れなくなる日がいつか来る。どちらかひとりになる。
その光景を想うととても堪え難く、ふたりのために悲しくなってしまう。
ふたりで助け合って生き抜いてほしいと、勝手に願っている。
ほんと、勝手な話だよな。

先輩はチーズとお散歩へ。
長くなりすぎないように、時計を持って行かないとね。
a0180681_1616246.jpg

行ってらっさー
a0180681_16163285.jpg

メシの支度してたらようやく千夜ちゃん帰って来たホ。
マダニピアスは取れたけど、またお顔になんかついてますよ。
a0180681_16164210.jpg

チビは鼻の頭にメシがついてますよ。
千夜ちゃん帰って来てよかったね。
a0180681_16165139.jpg

千夜ちゃんおなかがびしょびしょ。
雨上がりの野原で遊んでたのね。
a0180681_1617658.jpg

ドライも補充ー
a0180681_16171659.jpg

満足第一弾でチビは野原へ、千夜ちゃんも続く。
a0180681_16332330.jpg

チビは実はおトイレに来たのだった。
しっこ中のチビに正面から向き合う千夜ちゃん。
いつでもどこでもいっしょって、そこまでかなぁw
a0180681_1617302.jpg

チビの顔拡大図 けっこう無心w
a0180681_10555473.jpg

千夜姫、お花が似合いますね
a0180681_16333749.jpg

ベーーだ
a0180681_1634370.jpg

チーズも20分で帰って来た、おかえりメシメシ
a0180681_16341489.jpg

メシ第二弾、
シンクロナイズド・イーティング、きゅっ
a0180681_1634305.jpg

お元気でね またね
a0180681_16345259.jpg

そうだ、まどかレポートで「チビは女の子だったの !?」とあり、
これまでのチビのオレ様キャラはどーなっちゃうの !? と
それはそれでおもしろいと思ったのだけど、先輩と抱っこして
真正面からつぶさに観察しましたところ、元オレ様でしたよ(写真は自粛)。
a0180681_1635316.jpg

次のお宅、[先週
猫さんが待っていた前庭はジョセン袋で埋め尽くされていた。
a0180681_16351283.jpg

続いてサビ母子のお宅。[先週
日も暮れて19:30。珍しくアカがいちばんに出て来た。
a0180681_16352186.jpg

空腹に勝てずがんばって近寄ってみるアカ
a0180681_16354141.jpg

アカかわええね
a0180681_16362729.jpg

ヒゲちゃんも合流、ふさちゃんだけいない
a0180681_16364441.jpg

唯一なつっこいタマちゃんも合流。
残りのメシは奥の作業場へセット。
a0180681_1636533.jpg

見守り隊の車が来て、遅くまでごくろうさまと声を掛けてくだすった。
こちらこそ遅くまですみません、あと一軒で帰ります、と報告。
タマちゃんは見守り隊の車を追いかけて車道へ。膝に乗られなくてよかった…


今週も最後に蔵らの丘 [先週
三毛ちゃんが夜になると帰るのを確認したくて
&会えなければすぐ帰れるから。

先週一つだったジョセン袋が大量に増えて小屋は囲われ、
その先の山の上の方まで盛大に作業が進められていた。
ここまで来ると却って野生動物はいないかもしれない。
はたして微妙にヒトと関わっている猫は。
a0180681_1637193.jpg

立入禁止のコーンも立っているけれど、日比さんが毎日通う
ハシゴへの通路はなんとなく確保されているような。
a0180681_16371777.jpg

さくらがだいすきな煮干しをいっぱい入れてみた。
a0180681_16372847.jpg

笑えるよまったく。
それでも、これがオレたちのだいじな仕事なんだ。
a0180681_3315818.jpg

星は見えないけれど月が。
a0180681_16374330.jpg

静寂。待つともなく。(すごい待ってる)
ひとつだけ思うこと。
あの「蔵ら」を待っているのでなくてよかった。
ひとつずつ、そう思うしか。

流しを囲んだ雑草の茂みを照らしてみると、
母屋の壁際に光る眼がふたつ。暗くて眼しか見えない。
いる!いるいる!
目を凝らす。白くない。三毛ちゃんじゃない。地が黒い猫。
日比さんが、三毛の他に二匹寄っていると言っていた。
そんなに逃げない。しばらく眼だけが見える範囲にいた。
やがて猫はジョセン袋の向こうに隠れ、
我々も車内に引っ込んで暗闇の中じっと待つ。
しばらくすると猫は闇に紛れて小屋にスタタと向かった。
薄ぼんやり見えたのは、黒白の猫だった。
頃合いを見て車のヘッドライトを点ける。
小屋の二階の窓からメシ喰う猫の姿が見える。
猫撮るが望遠で狙う。オレカメラではムリ。
猫は長いこと皿をつついており、私は車の中でふっと寝落ちてしまい、
起きてもまだ食べていた。

食べ終わって動いたのは見えたけれど小屋を出る姿は見えなかった。
うまく降りたなぁ。たぶんもう行っただろう。
あんなに食べたら三毛ちゃんの分なくなっちゃったな、と確認に行くと、
一皿の半分が減ったくらいだった。歯が悪いのかな。
減った分を補充する。

最後だからって、待ったなぁw 丘を降りたらほぼ21時、任務完了。
ところで「三毛ちゃん」も多すぎだから、名前をつけよう。
ソメイヨシノの次に咲く、八重桜の「やえちゃん」にしよう。
いつの日か「やえざくら」がともに咲くイメージを描きながら。

20回目の給餌行、訪問したのは20軒だった。


先週から、帰りのコンビニでカップ味噌汁を買うのが流行っている。
お湯を入れて作ってくれて温まり、不味いコーヒーよりうんといい。
6月になっても日の出前と日没後はブルルと寒いのだ。

二週連続で仮眠なしで帰った先輩も今回はへとへとで
阿武隈高原でダウン、仮眠。まだまだ200kmの道のり。
帰り道もずっと霧。途中工事通行止めで一旦降ろされたり。
先輩おつかれさまです…
a0180681_22573312.jpg

夜明けとともに、さくらはんただいま。
今ではさくらがこの場所で、私の帰りを待っている。
a0180681_2258818.jpg


別のカメラでもう一度、
猫撮るブログ「おわりの旅 4:普通のヒト」[こちら


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-06-12 13:28 | お出かけ | Comments(4)


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

譲渡会の時に2度お会い出..
by nerogattoroigatto at 13:15
今日、知りました。 ど..
by かつお at 17:46
Izumiさんの周り..
by akiwan2nyan2 at 13:15
『ぼくらは きっと待って..
by バジル at 01:38
ldrnshd ..
by CurtisPek at 23:35
Izumiさん、お疲れ様..
by しんのすけ at 17:57
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
清らかで強い心を持ったう..
by むー at 02:28
すみません、かめ吉です。..
by かめ吉 at 02:22
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ