<   2011年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

DAY OFF

昨日定休日でしたが、朝7時起きで別のお仕事へ。
銀さんは、見送りどころか起きてさえくれなかったなぁ。(;_;)イイケド…
a0180681_234124.jpg

夜、エフに戻ってライブ会場の片付けと準備。
おなかぺこぺこで六区でうまいメシ食べて、
帰ったらすでに日付変わっててブログ更新できず…(;_;)ヘトヘト

  ダメじゃん    すんません…
a0180681_291363.jpg

  みんな待ってんのに    すんません…
a0180681_291064.jpg

じゃあ親分なんかおもしろいことやってくださいヨ。



家政婦は見た。
a0180681_291771.jpg

家政婦は大あくび。
a0180681_2192487.jpg

芸人は見た。
a0180681_21922100.jpg

ありがとうございました。


郵便局が提供している年賀用「手作り風はんこ作成ツール
登録も不要、手軽で楽しかったです。作った画像はすぐにダウンロードして使えます。
銀さんはんこ作ってみました。

a0180681_212484.jpg


れんちゃんもごはん中。
a0180681_3454078.jpg

おいしいかいー
a0180681_3453624.jpg


ではみなさま、今週より「月夜の森」にてお待ちいたしております。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-30 03:07 | 日常

まもなく開催

エフではいよいよ今週から、冬の音楽会月間『月夜の森 10』が始まります。
オープニングとなる 12月1日(木)19:30 からは
バーも含めてのジャズライブを開催。
お誘い合わせの上ぜひお集りくださいませ!

出演|三木俊雄(テナーサックス)/上村 信(ベース)
日本のジャズシーンを代表するトッププレーヤーの二人が
テナーサックスとウッドベースで語り合うアコースティックデュオ。

ミュージックチャージ:3,200円(当日料金)
定員:40名
事前にお電話にてご予約ください TEL 03-3841-0442
メールはこちら

公演について詳しくはこちらをご覧ください。


第一部は、メイン会場となる築143年の土蔵の中で。
扉を開放しているのでバーからもお楽しみいただけます。
a0180681_15444572.jpg

なにも混ぜず、なにも通さず、木と土に響き、体と心に深く沁みこむ生音ライブ。
息づかい、夜の街の喧噪、地下鉄の震動、グラスの氷の溶ける音、
その場に震えるあらゆるものを取り込みながら、上質なジャズの対話が生まれてゆきます。


第二部はバーにて。(写真は昨年のステージ)
お二人には、月夜の森第2回から9年連続で出演していただいています。
a0180681_15445319.jpg

a0180681_15444852.jpg

a0180681_15445179.jpg

オトナの浅草で、ジャズの夕べ。
走り始める月の最初の夜に、肩の荷を降ろして贅沢なひとときをお楽しみください。


昨夜の親分、私のデスクの横の椅子までやって来て、
見張りに付き合えと訴えておられましたが、忙しいので無視していたら
コクリコクリと船をこぎ始めました。
a0180681_2071663.jpg

ね…寝てはどうですか…
a0180681_2071936.jpg


帰り道、境内の銀杏。
a0180681_207858.jpg


今日は、山田クンがレクチャーの資料に使うということで
蔵の再生にまつわるインタビュー収録に協力 @蔵の中

三脚を見ると張り切る銀次親分。
開店前から16時まで、よく寝てましたねぇ。
a0180681_2072489.jpg

山田クンちもたくさん猫いるから、きっと匂いますね。
でも今日は猫話ではないのですよー
a0180681_2072763.jpg

山田クンとちゃぶ台を挟んで向かい合って座っていたら、
親分がちゃぶ台の上に座りこんでおもしろかった。写真撮れなくて残念。
山田クン聞き上手で、気づけば2時間も経っていた。

奇跡のようないくつもの出会いが、ゆるやかに線や流れになって、
今のエフがある。
「水のように」
エフを作っていたときに、いつも鍋さんに言われていたことだ。
目の前のことだけ見ているといつだってめちゃくちゃだし、
もちろん渦巻きや逆流や濁流や氾濫もあるけれど、
それは今も変わらず、エフのまんなかを流れている。


先日のチロルマグネットの提案者、ユウちゃんからメールが届き、
すてきなプレゼントをいただきました。
掲載許可をいただいたので、おすそわけ。
親分のいいところだけを抽出していただいたようなほっこり似顔絵。
もったいないほどかわいっス。ありがとうございました!
a0180681_19535370.jpg

なんとコレ、iPhoneで描いたんだって! ってことは、指先ですよ。
シマ模様なんて、ペンタブでも上手く描けないのにオレ…
イマドキのヒトはすげえなぁ。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-28 22:47 | おしらせ

モモさん

昨夜の銀次親分。
バー営業中から姿勢よく通りを見張っておられます。
a0180681_0294084.jpg

見張り付き添い時間が誰よりも長い、言わば見張り専用子分のナオトさんによれば、
これほど真剣な銀さんは初めてとのこと。
あのチビ猫を相当気にしているようです。
a0180681_0295746.jpg

そうね、チビ猫はチビだから、下も見ていないといけませんね。
a0180681_0301923.jpg

右見て、
a0180681_0305088.jpg

左見て、
a0180681_031374.jpg

前見て、
a0180681_0312187.jpg

銀ちゃんカッコイィ… (by 蒲田行進曲)
a0180681_0315092.jpg

最後のお客さまをお見送りし、
シャッターも降りてナカジマ避けアクリル板設置。
a0180681_0322375.jpg

ナカジマとは、時々通りすがりに銀さんを叩いていく野良猫です。
パンチがアクリル板に当たるバコーンという音が聞こえれば、
それはまぎれもなくナカジマです。
完全に当てに来てるので、アクリル板がなかったら事件です。
なのでやっぱり親分にとって、見張りは重要な任務なのです。

  オトコは黙って見張りだゼ  (モノクロにしてみた)
a0180681_0331031.jpg


今日の記念日はモモさん。
モモさんお誕生日おめでとう。

様々な文化交流プロジェクトをいっしょにやってきたモモさんは
外国で仕事をしていて、年に二度エフの休みに合わせて帰って来る。
私が旅行や海外出張にも行かれるように、れんちゃんを預かってくれる。
ごはんと水の量や温度、一日二回三種類のお薬、排泄物の始末、発作時の対応、
手のかかるれんちゃんは、簡単には預けられない。
れんちゃんを中心に私たちは常に入れ違わねばならず、
プロジェクトの現場でいっしょになることはないのだけれど、
ともに制作をしてくれるモモさんがいなかったら実現しなかったことばかりだ。

海外出張では常に、出発のその朝まで徹夜しても仕事が終わらず、
パッキングが大の苦手な私のために、「いーさんまた徹夜なのねー」と
自宅まで来て、パッキングまでしてくれる。
あれとあれはあそこに入ってます、あれとあれが必要な時はここ、
WiFi の設定はこれこれこう、というメモまで作ってくれる上に
「いーさんのパソコンの中きれいにしておいたよー(メンテナンス)」
という靴屋の小人的チームがいてくれることを、私はここで大声で感謝&自慢したい。
こうなるまでには長い道のりがあったけれど、
離れて暮らすたいせつな妹なのだ。

「癒し系」ならぬ自称「冷やし系」のモモさんは、様々な人生の修行を引き受けながらも
感情を表に出さず、すべてにおいて淡々としておられる。
そっと忍び寄っていつのまに寄り添っている黒猫のような人だ。
妹と呼びながら(たぶん8歳くらい下)、いつだって姉さんのような人で、
いつだって感情爆発型の私を抱きしめてなだめてくれる。


2009年の1月下旬、風太の容態が悪化してごはんも食べなくなっていた頃、
病院から「三日間の自宅点滴」の指示を受けた。
皮下点滴とはいえ、素人にいきなり愛猫の背中に針刺せって言っても…
「連日通院しては風太くんにも負担だし、れんちゃんもいつそうなるかわからないし、
 簡単ですからできるようになっておいた方がいいですよ」
と言われ、うぅ、それもそうか… とキットを受け取った。

さも簡単なようにざっと説明を受けたけれど、実際そんなわけがない。
縫い針と鶏のもも肉(皮付き)を使って、何度も何度も皮膚を刺す練習をした。
これが皮ってけっこう硬い。
こ…こんなに押すんだ…と鶏皮でさえ、吐き気と息苦しさに襲われる。

深夜に自宅で一人、何時間も鶏肉を握りしめてプツプツ刺し続け、
いざ風太の背中の皮をつまんでみると鶏肉よりずっと硬い。
いや、刺せない気持ちがそう感じさせたのかもしれない。
とにかくムリ。

刺さなきゃ死んでしまうし、刺しても死んでしまうかもしれないし、
失敗するたびに風太はギャーと叫んで痛がるし怒るし。
ダメだオレはダメな母親だーーー と泣き叫びながら
何時間も床をのたうちまわり、朝になった。
マジで、こんな負担やリスクを負ってまで、ほんとうに素人が刺すべきなのか?
結局出勤までに刺すことができず、夕方に病院でやってもらった。

翌日は、手が震えて針に触ることさえできなかった。
それでもやらなくちゃならない。
朝の6時、すっからかんに干涸びて粉塵になった勇気を寄せ集め
再び刺すと、風太はギャーーと叫んで私の指をひどく噛んだ。
痛いよね、痛いにきまってるよね…


そんな時、ちょうど東京に戻って来ていたモモさんがエフに来て、
私は自分がいかに意気地なしで母親失格で人間失格で風太がかわいそうかをモモさんに吐き出す。
するとモモさんは、「ちょっとその鶏皮貸して。やってみる」と淡々と練習を始めた。
しばらくして「うんわかった。私できるかも」と言った。マジですか。
そしていっしょに自宅に来てくれて、風太の背中の皮の感触を何度も確かめた。
「うん、やろう」

風太を押さえる係、点滴袋を持つ係、そして針を刺す係、
と三人掛かりになった。
三人寄ったところで素人だ。
死なせてしまうかもしれないのに、風太を愛する三人が
何でこんなこと、何で、と悔しくて涙が出た。

そしてモモさんは、成功した。
だいぶこぼれてしまったけれど、いくらか風太の皮膚の下に入ったのだ。

そして私は、もう二度とやらない、と決めた。
多少風太の負担になっても、病院でやってもらう、と決めた。
いつかはできるようになりたいけれど、私の指先から伝わる不安と恐怖を
今この風太に押し付けたくない。


そして先生に指示されていた日、病院に向かうと休みだった。
近所で他に開いているところを探して駆け込んだ。
これまでの状況を説明して、今日は点滴しないといけない日なのに
病院が開いてないから点滴だけしてもらえますか、とキットを持ち込んでお願いした。

先生は「うーん、これ、点滴必要かなぁ? だってこんなに溜まっちゃってて」
と言った。
風太の足は点滴液が溜まってたるたるに膨れていた。
診察してもらうと、吸収されなかった点滴液は肺にまで溜まっていた。

「点滴しなきゃ死ぬ/点滴してればオケー」は、正しくなかった。
点滴後の経過を見極めることができない素人に、
とにかく入れなさいと三日分を渡して放置してよい状況ではなかった。
むしろ、私が勇気バリバリで連日風太に刺し続けていたら、
そのせいで死んでいたかもしれなかった。

私は翌日もとの病院に電話して肺に溜まった液体のことを伝えたけれど、
先生は認めず、「腹水か胸水でしょう」と言った。
私の勇気はここでも試された。
保護時から少なからずお世話になったのに申し訳ないような気持ちと、
誰が風太の命をほんとうに守れるのかという見極めと。
「風太は重篤なので、休診日がない病院に変えます」と先生に伝えた。
そして風太は自宅点滴ではなく、自宅にレンタルした酸素ボックスで過ごすことになり、
しばらく持ち直した。
ドラえもんのようだった足の先が元に戻るのには、とても時間がかかった。


病院を移ったことは、当然モモさんにも報告した。
あんな想いをしてまでみんなで泣きながら風太のためにやったのに、
誤った(もしくは不完全な)指示でそれが風太を苦しめることになった。
辛い現実だったけれど、モモさんは淡々と受け容れて、残りの日々を支えてくれた。

一年に数週間しか日本にいないモモさんが、あの日あの時私のそばにいて、
風太と私のために命を預かってくれた勇気を、私は一生忘れない。
彼女は淡々と「私そういうの平気なんだもん」と言うだろう。
でも私は、一生感謝しています。
点滴に慣れた人からは「おーげさ!」と言われるかもしれないけれど、
自分の刺した針が、自分のではない猫を死なせるかもしれないのだ。
そんなことを引き受ける勇気は、私にはない。
もしくは、そのくらい、誰かの猫を自分の猫として愛すること。
かげがえのないものを見せていただいた。


そんなモモさんは私より深刻な猫アレルギーだった。
そばに寄って初めて何ともなかった猫が、れんちゃんだった。
れんちゃんは猫じゃないからねぇ と冗談にしていたけれど、ふしぎ。
そして今では、スイレンとニィニという二匹の猫の母さんになっており、
地域の野良猫の保護までしている。
311被災動物たちのためにもせっせと募金を送っている。

日本とは慣習の違うその国では、避妊手術のために獣医さんが自宅まで来てくれる。
「見ますか?」と聞かれてモモさんは、
「じゃあ見ておきます」と淡々と避妊手術の一部始終を見届けたという強者だ。
風太の肺から太い注射器で水を抜く時に、「針刺すの見ない方がいいですよ」
と先生に促されてすごすご退室した私とは大違いなのだ。
いや、見なくていいっしょ?

そんなモモさんも、スイレンが麻酔から覚めたときには安堵して泣いた。
スイレンの傷口に触れぬよう、かわりに枕を抱きしめて。


他に何もいらない。
この小さくやわらかいもののために、私は何だってする。
猫のハラ毛に顔を埋め、そう誓う夜をいくつも重ねた果てに、
私たちは、その愛情と真の勇気とを試される。

モモさんはいつも言う。
「生まれ変わったら、いーさんちの猫になりたい」

その言葉に恥じぬよう、私は猫たちと暮らしていきたい。
モモさんのような友人や、自分が信じられる先生たちの、力を借りて。


誕生日当日に間に合ったのはこの文章だけ。相変わらずヒドい姉ですね。
いつものように、プレゼントは今度会う時までコツコツ溜めておくからね。
毎年私は言っている。誕生日くらい自分を褒めて甘やかしてあげて。
そして毎年モモさんは、仕事してたら終わっちゃった、
ふつーにごはん食べに行った、とか言っている。
今日と、今日から始まる一年が、優しくモモさんを包む日々でありますように。

お誕生日おめでとう。

銀次親分は今日も元気です。
きみの街の猫たちはどうだい?
a0180681_3564493.jpg

a0180681_3564064.jpg


日曜日、境内では中村勘九郎さん襲名披露のお練りをやっていて、
二天門にも辿り着けないほど賑わっていた。
ランチも満席だったけど、親分はずっと寝っぱなしで
15時頃メシ周辺の30分くらいしか起きてませんでした。

親分が寝てる間に、むぎとろの女将さんがいらしてくだすって、
「銀次親分さんにご挨拶しなくっちゃ。親分お久しぶりでござんす」って
ご挨拶してくださってましたよ(カコイー!)
アワアワ (゚ω゚;) ですよまったく。
a0180681_18544068.jpg

薄目開けて、寝たフリなのは知ってるんだからね。
つか、またメシ寝過ごしてますよー
a0180681_18544429.jpg

20:00、ようやく起きました。
親分、毛がボサボサだよ…
a0180681_2085684.jpg

さっそく見張りに。
a0180681_20105864.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2011-11-27 20:15 | 記念日

あたぼー

本日も晴天の土曜日。
浅草は酉の市もあってすごい混雑。
裏路地にまで、駐車場を求める車の列ができていました。

銀次親分、今日は混みますからよろしくお願いしますね。
a0180681_18105793.jpg

  あたぼーよ
a0180681_18105988.jpg

  クンクン
a0180681_181125.jpg

  クンクン
a0180681_1811697.jpg

  んじゃ、寝るからナ
a0180681_1811982.jpg

エッ  (゚∇゚ ;)

酉の市の土曜日というのに、親分は13時から18時までずーーと寝ておられました。
シルバーシートだったので、お客さまには寝姿でお楽しみいただけましたが。

んで、メシ喰って起きていたのは1時間くらいで、
19時から3時間くらい寝ましたねぇ。ハァうらやまし。
a0180681_2245859.jpg

バーも満席。
銀さん、そんなとこから優雅に見下ろしてないで、
a0180681_22451764.jpg

しっかりお見送りしてくださいよ。
a0180681_22452122.jpg

  いらっさいいらっさーい 行列できてるゼー
a0180681_22452838.jpg

ちゅうわけで、今宵はこれにて。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-26 22:56 | 日常

全然ヘーキ

つぶろぐでご心配おかけいたしました、
銀さんは昨夜のうまいメシをゲーしてしまいまして。
食べ慣れない缶詰で、油分が多かったんですかね。反省オレ。

しかし吐いてスッキリしたようで、その後はかなりハイテンションで
駆け回ってフルコースで遊んでおられました。
ソムリエさんからいただいた時はソッポ向いたというおもちゃも。
a0180681_1913545.jpg

シャカシャカ遊び
a0180681_19131064.jpg

高みの見物。チビ猫は昨夜もまたやってきた。
a0180681_19125985.jpg

モッフ  ダブルマリモ+おにぎりゲット
a0180681_19142189.jpg

ゼハ…
a0180681_19145528.jpg

そして、
a0180681_1515045.jpg

今朝なんてうまいメシ比率下げたのにバクバク。
というわけで、どうかご心配なくー


帰り道、夜遅く。寒くなったなぁ。
あっ、ハマコさーん
a0180681_14523681.jpg

今日は雪景色の中におられるのね。寒いでしょうに。
a0180681_14523967.jpg

アイ…


今朝はすでに開店前からシルバーシートでおやすみ。
a0180681_1915094.jpg

14時頃いったん起きてメシ。
a0180681_1937304.jpg

白ネズミを追いかけ追い詰めるひとり遊び。
a0180681_19192143.jpg

壁からヘンなキノコが生えました。
a0180681_19275977.jpg

テーブルの下で、人知れずまんなかサービス。知られなさすぎだよ…
a0180681_19151232.jpg


銀次親分の4万人目の子分、豆ちゃんの母さんから、
チロルチョコ届きました〜♪ のメールが届きました。
ま、豆ちゃん、
いきなりハウスに知らないおっさんが侵入しちゃって
カタマッテませんかー (チョチョイと遊んでおられるそうです)

a0180681_4522768.jpg


母さん「もったいなくて食べられない」とおっしゃっていますが…
そんなあなたに耳寄り情報。

先日、カフェでチョコをさしあげたお客さまがいます。
3.11の翌日に親分の様子を見に来てくれた彼女。
当時、山口県から就職活動に来ておられた大学生だった。
このたびめでたく東京で就職が決まったそうなので、就職祝いということで。
取っておいてもチョコだから溶けるよ、と言ったら、彼女がこんな提案を。

チロルチョコと同じかたちを紙粘土で作る。
銀さん包み紙をきれいにはがし(どうぞ、チョコお食べ)、紙粘土を再びくるむ。
背面にマグネットシートを仕込んでおけばチロルマグネットの完成〜

それはいい保存方法だね! 真似しよう。
ドイツのアーティスト、スーザンのお菓子ジュエリーを思い出す。


14:30から現在まで、シルバーシートにて爆睡中。
高飛び込み寝。
a0180681_19192417.jpg

本日24時を過ぎると酉の市です(26日0時〜24時)。
三の酉、最終日です。明日は浅草にぎわうなぁ。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-25 19:33 | 日常

祝いの宴

銀次親分ときたら、21時を回っても起きそうにありません。
もう帰らないと…なヒトもいるし、メシも3時間寝過ごしてることなので、
メシの支度を始めました。
お皿がカツンと鳴ったら弾丸のようにハウスから飛び出して来ました。

親分が食べてる間にケーキの準備。
今年も ISO さんのケーキですよー
プレートもおみごと。1分かからず書いてくださる。
a0180681_2233674.jpg

親分、お誕生日席にどぞー

  ウホッ!
a0180681_2233917.jpg

  ムハムハ!
a0180681_2234215.jpg

まぁ当然そうなりますよね…
親分我慢です、これは撮影用です。
つか、耳が燃えそうなことに気づいて!
a0180681_2234548.jpg

あ、えらい。我慢できてる。
a0180681_2234891.jpg

遠い目がすてきです。
a0180681_2241292.jpg

オッ、いいお顔をありがとうございます。
さすがです親分。
a0180681_2235198.jpg

もちょっと。
a0180681_228157.jpg

ハイおまたせ、ホイップボールどぞー
お誕生日おめでとうございまーす
a0180681_2235994.jpg

続いてうまいメシですが、テーブルからもらうことを覚えてはいけないので
階段にて。
いや、ちがう、それ角度が90度違う。立ち呑みのおっさんかい。

  ムハムハ!
a0180681_224312.jpg

一分かからずぺろり。
いつもこのくらいきれいに食べてくれると
こびりついたお皿を洗う手間が省けていいんですけどね。

親分満足なさいましたか。
今日が何の日かわかってないかもしれませんが、
毎日こうだと思ったら大間違いですね。
a0180681_224698.jpg

満足していただけたようで、お目々キラキラ。
そうそう。あれは年に一度の夢だったんですよ親分。
ちゃんとマズいメシ(腎臓用療法食)も食べてね。
a0180681_22165528.jpg

ケーキは、たまたま親分に会いに来てくださっていたお客さまと
スタッフとでおいしくいただきました。

こちらは去年の誕生祝いの画像。by 山田クン
山田クンも「客席を映せばよかった…」と後悔してましたけど、
去年はちょうどバーが満席だったんですよね。全員で親分を祝って、みんなニコニコで。
親分はナニゴトカとビビってますね。




ヽ(・∀・)ノ HAPPY BIRTHDAY DEAREST GINJI THE BIG BOSS ヽ(・∀・)ノ


[豆知識]ネットの自動翻訳にかけると「銀次親分」は
「SILVER NEXT BOSS」と意味不明になる



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-24 22:45 | できごと

記念日

本日、銀次親分二年目の記念日。
いちおう、お誕生日ということにしています。

記念日恒例、外にいた頃の銀次親分を大きいバージョンでご紹介。
毎度しつこいですが、ごいっしょに、親分の変遷をしみじみと味わってくださいませ。

[2009年11月8日撮影]
a0180681_13361476.jpg

この顔、この状態で、近寄るとゴロゴロ喉を鳴らしていたのが
異様な光景でした。
まったくどうしてウチに来たんでしょうねぇ。
a0180681_13361792.jpg

[2009年9月10日撮影]
歯が腐っていたので苦痛に顔を歪めながら必死で食べています。
a0180681_13362154.jpg

堂々な感じはこの頃から。
a0180681_13362482.jpg

11月16日捕獲。
ごはんで釣って店内に入ったところをラクラクキャッチ。

口内炎によるよだれがあぶくになっていました。
a0180681_13455338.jpg

翌日、病院にていろいろ取られたところ。
麻酔が効いているうちになんとか顔やら体やらをきれいにしてもらいました。
顔を洗う前足は目やにや血まじりのよだれで赤黒く染まっていました。
a0180681_13455774.jpg

そして11月24日に退院して、初めてエフに戻って来たところ。
完全に牢名主。
a0180681_1346228.jpg

ナオトさんとご挨拶。
さてどちらが「よろしくおねがいします」と言っているでしょう。
a0180681_1346835.jpg

それまで保護したのは子猫ばかりだったので、
オトナの猫って初めての場所でもこんなに落ち着いてドッシリしてるものなの…
と驚いたものでした。たぶん違うと思いますが。
まるでこうなることを描いてわかっていたかのように。
a0180681_13461436.jpg


今日は私より早く、朝一番でソムリエさんがご来店くださり、
お祝いにおもちゃをいただきました。
いつもいろいろと探して買って来てくださるのに、親分はなかなか食いつきません。
親分のおもちゃはゴミとか切れっぱしで十分なようです。
でも小さい白ネズミは気に入って、モーレツに追っかけ回しておられました。
小さくてすぐどっかへ行ってしまうので、椅子の下に見つけてもびっくりなさらぬよう。

他にもみなさまからお祝いメッセージ、O さんからは昨日、
銀さん模様で特注の陶器のプレゼントなどいただきました。
中に電球を入れると肉球模様の影が出るわけ。
みなさまありがとうございます!
a0180681_20295784.jpg

で、O さんは今夜もまた寄ってくださって、
「よく考えたらあれじゃ銀さんに何の役にも立ちませんよね」と
さらに手ぬぐいをくださった。
おなじみ染の安坊さんの「獅子毛歌舞伎古典色」という柄。
渦を巻く獅子の毛の模様には魔除けの意味があるのだそうです。踏まれませんようにね!
紺もえんじも、銀さんに似合う色。カッコイー

そしてソムリエさん、さっそくブログに今朝のことをアップしてくれました。
こちら
「いろいろ」には貴重な「朝の銀さん」写真がありますョー

私が出勤したときにはすでに寝ておられたので…
a0180681_18244432.jpg


15時前、起きて即座にお出迎え&ゴロンサービス
&窓辺の寄り添いサービス。
a0180681_18245131.jpg

銀さん、すてきな二年間をどうもありがとう。
いつもすこやかでいてくれてありがとう。
いつも銀さんを愛してくださるみなさま、
銀さんに会いにご来店くださるみなさま、ほんとうにありがとうございます。
a0180681_18245435.jpg

こちらもしつこいですが:
銀さんを見て、「猫飼いたいな〜」とおっしゃる多くの方々、
ペットショップへ行く前に、地震・津波・原発で被災した動物たち、
保護団体さんが抱えている動物たち、保健所で日々死を待つ動物たち、
地域の野良猫たち、捨て猫たち、虐待されている動物たちに、
どうか目を向けてください。

外で拾ったコには、銀さんと同じように重大な病気を抱えたコも多くいます。
ペットショップやブリーダーから買った動物でも、病気にならないわけがなく、
遺伝疾患などが隠されている場合もあります。
それでも家族として最期まで責任を持って命に関われるかどうか、
よくよく考えてみてください。
転勤、失業、入院、結婚、出産、
人生の様々な転機に、常に寄り添うことができるかどうか。
今年はそこに「被災」もリアルに加わりました。

誰にも、すべてのコを救うなんてできない。
それでもいつか、見ないフリのできない出会いがやってきた時のために。

なーんて、偉そうに聞こえるかもしれませんが、私も知らないことばっかりです。
すぐには勇気も出なかったり、腰が重いことがいっぱいです。
でもみんなでやれば、できたりする。
これからも、情報交換しながら、せめて動物たちをしあわせにできる社会に
意識を変えてゆけるよう、いっしょにいろいろ考えてゆきましょうな。


原発20km圏内に、関東地方から動物を棄てに来る人たちがいるんだそうです。
身の危険を冒して、取り残された動物たちに今もメシを運び続けている人たちがいる一方で。
吐き気がします。どんだけ醜いんでしょうかニンゲンは。
「愛玩」なんて、動物たちに対してそんな資格があるものか。
そんなヒトたちと、いっしょにされたくないよね。
自分で自分に問おう。それを許しているのは、私たちでもあるのだから。


というわけで、ハイ、再びやってきましたジンルイの宿題。
動物愛護に関するパブリックコメント後半です。
いろいろ教えてくださっている先輩方のサイト:

・前回もたいへん有益な情報を提供してくださっていた
 mon_cher_chat さんの One Action for Animals(解説準備中)

・FreePets メンバーの渡辺眞子さんによる記入例
 前回の結果も数字で報告されています

FreePets さんのサイトにも記入例がまもなく掲載されるそうです。

夏休みじゃなくても、みんなでがんばろう。締切は12月7日(水)。


今夜は子分らで、ささやかにケーキとうまいメシでお祝いする予定です。でした。
ケーキの写真を載せたかったけど、銀さんは夕方から現在もハウスで爆睡中。
親分、いろいろ寝過ごしてますよ〜
a0180681_202733100.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-24 20:48 | 記念日

祝日

本日も晴天なり。
外のヒト、半袖で歩いてますね。

定休日明け、銀次親分は無事リュックで出勤し、
祝日らしく張り切ってカフェで働いておられました。
a0180681_23183417.jpg

今週の花姫 by 本所吾妻橋・花辻さん
a0180681_2319104.jpg

先週はみどりさんのお供えのお花があったのでお休みでした。
今日はお店お休みなのに来てくださってありがとうございましたー


小さいヒトが来て安全地帯に避難。
小さいヒト、コタロー(5)は補助輪ナシの自転車で父ちゃんと初めての遠出。
30分もかかってエフに辿り着き、誇らしげな顔をしていた。うん、すごいね!
a0180681_23183832.jpg

親分もあんまり長いことがんばったのでその後ずっと爆睡。
a0180681_23184140.jpg

夕方の見張り @17:00
雨が降って来ましたな。
a0180681_23184492.jpg

そうだ、奇妙なことがありました。
二週続けて、親分が自宅でまったく喉を鳴らさなかった。
いつもあんなに大音量で鳴らしていたのになぁ…
かといってリラックスしてないようには見えないのだけど。
ネットで調べてみてもこれといった答えが見つからないのですが、
(私と同じに、体の不調?と不安で質問してる方はいた)
どなたかご存知?


メシ喰って再びのお昼寝を経て、夜の見張り @22:00
a0180681_23184784.jpg

完全に柏餅ですね。
a0180681_23185096.jpg


  ダレが柏餅じゃ
a0180681_23185222.jpg

いやどうぞそのままで。

お気づきかな。
親分の首巻きを、一張羅の豆絞りに交換しました。
親分の祝日は明日。
朝一でお祝いに駆けつけるという子分情報が入りましたので。
a0180681_23185746.jpg


祝日につき、早めに閉店。
これはシャッター登りではなく、爪研ぎ。 ってヤメレー
a0180681_2319146.jpg

凛々しく見張り中。雨は止んだけどさっむいです。
a0180681_2319344.jpg

ちび猫が来るかもしれないから真剣です。
a0180681_2319667.jpg

写真だけ撮って見張りに付き合わず二階に戻っていたら、
呼びにお越しに。

あ、親分の頭からご来光が、
a0180681_23191431.jpg

昇ったよーー
a0180681_23191721.jpg

二年前の今頃、親分は病院の入院室で明日をも知れない気持ちでいたわけですな。
お互いに、なんという二年間だったことでしょう。
明日は感謝の一日。

みなさまにも、明日がよい一日でありますように。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-23 23:55 | 日常

DAY OFF

ぎーんさーん
a0180681_4515444.jpg

  ナンジャ
a0180681_4515848.jpg

なんでもねー
a0180681_23432357.jpg

[豆知識]銀さんの左後ろ足には、ほくろみたいな模様がある。
a0180681_4511244.jpg

本日もすやすや。
a0180681_4513376.jpg

豊かなハラ毛。
a0180681_4513959.jpg

れんちゃんは今月発作が多かった。
季節の変わり目だからなのか。
a0180681_4512986.jpg

今週のブサ猫:
a0180681_4514899.jpg

ポーレからもらった張り子の猫。
雷門右横の和紙屋さん、黒田屋さんにいます。
ポーレは滞在中に必ず私になんかくれて、できるだけ猫を探してくれる。
ありがとうね。
それにしてももらった猫が多いな。


西浅草の定食屋さんで食べた蟹の春巻きがすごいおいしかった。
予想の5倍くらい本物の蟹が入っててびっくり。

おなかいっぱいで苦しくて横になってたら深寝になってしまい、今起きた。
東京を大震災が襲う夢。パニック映画みたいにすごいリアルだった。
半分に折れてねじり取れた東京タワーの上半分が飛んで来るところで
過呼吸と絶叫で目が覚めた。
アーこわかった。
最近休みの日に寝ると悪夢を見るなぁ。


そうだ、今日はふじ屋さんで銀さん用の手ぬぐいを買ったのだった。
三本も。
a0180681_024551.jpg

ふじ屋さんの手ぬぐいは上質なので、ふつうの1.5〜2倍のお値段。
でもこちらは豆手ぬぐいで、ふつうのサイズを半分に切ったもの。
アラ半分! 銀さんの首巻き用には手ぬぐいを四つ切りにする。
でも4回使い切ることはほとんどない。(季節ものだから来年使うかも)
だから2回分くらいでちょうどいい。
で、半分以下のお値段で、種類多く買えちゃうわけ。
みなさんもハンカチがわりにぜひ。

銀さんまたカッコイーの巻こうね。
a0180681_0245226.jpg



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-22 23:59 | 日常

40000

a0180681_22544425.gif


一番乗り、銀次親分の4万人目の 子分 お友だちは、
三毛猫豆のかあさん」でした〜
おめでとうございまーす (v´∀`)ハ(´∀`v)

いただいたメールの件名が 「親分っ!!!」 と
カルタ取りの掛け声のような勢いで、すばらしかった。
どうもありがとうございましたー

お願いしたら送ってくださいました、こちらが豆ちゃんだァ、美人さん!
帽子かぶってるみたいな模様がたまらなくキュートですな。
a0180681_23204579.jpg

豆ちゃんも元は野良さんだそうです。
いい母さんが見つかって、あったかい毛布にくるんでもらって、
よかったねよかったね豆ちゃん〜

豆かあさんの銀次親分との出会いは、雑誌『ねこ』だそうです。
あのカメラ目線に一目惚れで、先月初めて浅草まで会いに来てくださり、
親分とも会えて(起きててよかった!)、それ以来毎日ブログを読んでくださっているとのこと。
親分の手のでかさにびっくりしたそうです。
そうですね、女の子の猫さんと比べたらそりゃぁもう、
グローブつけてんのかってくらい…

浅草からはちと遠い豆かあさんちには、今夜チロル三粒をお送りしまーす。
「子分にさせていただいて光栄です」と言っていただいたので、
堂々と、4万人目の子分、ということで。
どうもありがとうございました〜
おめでとうございました〜


その裏で、秒差で二着で悲しみに暮れるソムリエさん
ありがとうございます〜(バラしちゃいました)
ソムリエさんからは親分がいつも貢ぎ物をいただいておりまして、
お礼にさしあげるんですのよーーー

そして三着の M.M. さんからも、あたたかいメッセージをいただいたため、
急遽特別賞を考えました。
次回ご来店の際にお好きなの一粒プレゼント〜
こちらのお方も
「謹んで、喜んで銀さんの子分にさせていただきたく」
とおっしゃっていますゼィ親分。
仁義に厚い親分の猫徳ですなぁ。さっすがさすが。


いやぁ今回も楽しかった(私が)。
チロルチョコを提供してくださった S さんも、どうもありがとうございました!
みなさんとっても喜んでおられます。
お守りにします、って makumaku さん、チョコだから夏は気をつけてね!

みなさま今後ともどうぞよろしくお願いいたしまーす!


さて親分さんは、午後からずっとハウスで寝たあと、
a0180681_23433199.jpg

淡々と江戸通り見張り中です。
淡々と、これからも、元気でいきましょうな。
a0180681_23433536.jpg

さっきバーで、親分のことを知らないお客さまが親分を見つけて
「アッ、ちょっとマスター! 猫入って来ちゃってるよ!」
とあわてて教えてくれていたのがおもしろかった。
親分がエフに入って来ちゃったのは、2年前のことですよん。

明日(火)は定休日です。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2011-11-21 23:55 | ブログ


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ