カテゴリ:お出かけ( 190 )

徒歩々遠足 果樹園にて

6月のある日、遠足に行って来ました。
福島へ。初めて遊びで!
初めてのさくらんぼ狩りへ!
a0180681_16255524.jpg

果物の中でいちばん好きだよさくらんぼう
か わ え え
a0180681_1626484.jpg

ご案内くだすったのはこちら、郡山在住ひびゆうプロ。
毎年この果樹園の食べ放題にいらっしゃるそうです。
a0180681_16262286.jpg

いったいいつから約束してましたっけと振り返れば、
1月5日だったw

鈴生りとはこのことだ。
これが30分食べ放題だなんてちょっと意味がわかりません。
a0180681_16264844.jpg

種もヘタも地面にププッとしてよいと。
持ち帰ってはいけない、この中でだけ食べきる、というのがルール。
この中でだけの夢なのだよ。

30分の有効な使い方として、ひびゆうプロの教え。
「まずあちこち食べてみて、自分の樹を決めるんよ。
あとはひたすらその樹から食べたらええねん」
たしかに、あちこちの樹から食べ歩いてみると、
甘いのと酸っぱいのがあり、好みの樹が自然と決まる。
甘い実の樹からは、どこから食べても甘い。
上のほうの枝はさらに甘い。
枝からもいで、そのまま口へ。
ひたすらむぐむぐ。
むぐむぐ。

あの枝のあそこ!と脚立を操縦するひびゆうプロ。
a0180681_1627073.jpg

この日ですでに時期が一週間遅かったそうで、
地面に近い方の枝はすでに食べ尽くされており、
だいぶ脚立を使わなくてはならない。
私たちの次の回には更に減っているわけで、
朝一番に行くべし、ってのはそういう意味だったのだ。
パパさんがんばって〜
a0180681_16271175.jpg

パックに詰められたさくらんぼしか見たことがなく、
樹になっているところを見たのは初めて。
それはそれは緑と赤がお互いを引き立て合って、鮮やかに美しい。
a0180681_16271735.jpg

見ているだけでもいいや〜もうおなかいっぱいになってきたし〜
と、さくらんぼを前にしてここまで余裕ある心持ちになれたのも
初めてのことだ。
a0180681_1627191.jpg

だってもう、プチトマトかい!というサイズやし。
a0180681_16272250.jpg

たわわわわ
a0180681_16273447.jpg

食べ尽くされたとは言ってもまだまだいくらでもあるし。
a0180681_16274172.jpg

りんごに
a0180681_16275285.jpg

ももも
a0180681_16281882.jpg

おみやげも
a0180681_16283576.jpg

大満足のにゃお子は「ハーもう帰ってもいい」なんて言うけど
まだお昼の12時だっぺ。
せっかく来たんだし美味しいごはんとか温泉とかさぁ。
「だってさくらんぼでおなかいっぱいだし」
そうなのよいま私の体の中にはさくらんぼしか入っていないのよ!
もう一度言ってみる。
「さくらんぼでおなかいっぱいだしー」

プハーー し や わ せ

さぁ、どこ行きましょう。
実は、地理に疎い我々はまったく知らなかったのだけど
ここからSORAシェルターが近いそうなのだ。
なんと!行ぐ!行ぐ!会いたい!

その活動はずっと知っていたけれど、初めて来ることができた、
SORAシェルター。日比さんが村から保護した「ゆず」がいるのだ。
a0180681_16504710.jpg

うれしいねうれしいね
a0180681_16503210.jpg

こんにちはー
a0180681_1651615.jpg

なんと気持ちのよい眺め。
犬に関わるたくさんのヒトたちが、
ここで涙を晴らしてきたのだろうなぁ。
a0180681_16505572.jpg

ドッグランもある(オレンジ色のフェンスの中)
a0180681_16511791.jpg

こんにちはー
a0180681_16512873.jpg

うれしすぎるゆず
a0180681_165139100.jpg

飛び入りお散歩係としての手続きをして説明を受け、
ンコ拾いバッグと熊鈴を持って、エル(飯舘村出身)とお散歩へ。
近くで熊出たそうで、大きな鈴。
a0180681_1652171.jpg

村でしかしたことのない犬散歩、久しぶりだなー
a0180681_16525772.jpg

尚子さんと歩いているのはモコ(浪江町出身)。
a0180681_16521661.jpg

なかなか歩いてくれず、説得中
a0180681_1654696.jpg

おっ、ちょっとずつ歩く、イイゾー
a0180681_16542887.jpg

エルとオラ
a0180681_1714524.jpg

私たちが歩いている間、お散歩ボランティアの方たちが
何人も行き来しては交代で犬をお散歩させていた。
こういうのを日課にされているのは、とてもすてきだな。
a0180681_16544478.jpg

帰って来たよー



モフモフ(名前)|浪江町出身
a0180681_16551279.jpg

チビ|浪江町出身
a0180681_1655488.jpg

チビT|飯舘村出身
a0180681_1656273.jpg

コロT|飯舘村出身
a0180681_16565026.jpg

しっぽピーーン、エル
a0180681_16571031.jpg

ゆずとおいちゃん
a0180681_16572728.jpg

あへあへ
a0180681_1658210.jpg

実は犬のヒト尚子とエル
a0180681_1659110.jpg

あへあへ
a0180681_16583660.jpg

コロT
a0180681_16592454.jpg

シロクマ(名前)
a0180681_16593328.jpg

実は猫シェルターもある。
a0180681_1701075.jpg

記念撮影。すごい記念だなぁ。
a0180681_16595250.jpg

ゆず、またね
a0180681_1702074.jpg

シロクマさんバイバイ
a0180681_170428.jpg

シェルターにいる犬たちの詳しい紹介は[こちら
身近で犬を家族に迎えようとしている方たちに、
こういう犬たちもいることを、ぜひご紹介ください。

天使のはしごのお見送り
a0180681_171017.jpg

ひび家御用達のフルーツパーラーでフルーツパスタ!
もつろんケーキも。
a0180681_16335993.jpg

フルーツづくし、夢のような夏の一日でした。
恒例行事にしましょう。
a0180681_1948577.jpg

by ginji_asakusa | 2016-06-22 17:01 | お出かけ | Comments(0)

へなちょこ山岳隊

5月のある日唐突に、遠足に行って来ました。
いってきまー
a0180681_18455037.jpg

メンバーは
a0180681_1942141.jpg

直尚(にゃおにゃお)コンビ。
膝を壊すほど毎日一万歩以上歩いているオトコ・うちの父と、
チーム銀次史上最弱のインドア派・尚子。
二人の共通点は話芸(あ、お絵描きも)、
組み合わさるとボケツッコミが絶妙である。
私の通院や投薬にいつも付き添ってくれて、
愉快な要素が一つもない治療室にあって
笑いが絶えないこのコンビは看護師さんにも人気だ。

この遠足の計画も投薬帰りの食事中に(父の中から)持ち上がり、
(娘たちに山歩きと川釣りを体験させたい父がものすごく)
楽しみにしていたもの。
父にとっては近所の散歩と同じくらい慣れた山らしい。
a0180681_18242449.jpg

誰もいなくていいね
a0180681_18243298.jpg

私もこう見えて登山は好きですのよ。
白馬岳、谷川岳、奥穂高岳に登ったことあります。
でもいったい十何年ぶりだろ?
去年退院してからはもちろん、
こんなところへ来られるとも思っていなかった。
a0180681_1825597.jpg

だいじょうぶ?って訊くと、
だいじょうぶじゃない、って答える。
尚ちゃんがんばってー
a0180681_18251959.jpg

最後の登り
a0180681_1825258.jpg

はや!
1時間ちょいで頂上着 @13時
へなちょこに相応しく、なんせ標高270mですから。
「私は物足りないくらいだけど、まぁちょうどよかったね」
「全然ちょうどよくない!つかれたー!」とにゃお子。
ともあれ、無事到着。
a0180681_1826105.jpg

おやつはみんなだいすき寅印〜を連れて来た〜
おいしい空気とともに、いただきます
a0180681_1825352.jpg

a0180681_18264142.jpg

a0180681_18265746.jpg

空と緑をいっぱい呼吸した。
体にも心にもそりゃあもう、効きますよ。
a0180681_1827175.jpg

a0180681_1827219.jpg

a0180681_18272456.jpg

a0180681_18273424.jpg

a0180681_18274455.jpg

a0180681_18275854.jpg

a0180681_1846679.jpg

a0180681_18461519.jpg

降りて最後に、熊いるんかーい
a0180681_18462370.jpg

a0180681_18463135.jpg

川原へ
a0180681_18478100.jpg

父は釣りを始めた。
釣れなくても、垂らしてるだけでよいらしい。
a0180681_18464715.jpg

娘たちはお昼寝。
目線に川面、気持ちいい。
野外で寝るのはムリ、と言ってた尚ちゃんもすよすよ。
a0180681_18465787.jpg

ハーよく寝たスッキリ
a0180681_18472085.jpg

寝ている間、二匹の蝶が私の周りを飛び回っていたそうな。
蝶は神さまのお告げとも言われる。(お迎えじゃないです?)
それを見て父は、私が病気に克つことを信じたそうだ。
「息も切らせずにこんなに歩けたんだ、強いなぁ、負けないぞ」
と喜んでいた。
うん、まぁ、ふつうに、まだまだ頑丈です。
父が帰りの特急の中で描いた絵。
a0180681_18473013.jpg

川原にあったこの看板が愉快だった。
ずいぶん古そうだけど誰もツッコまないんだな。
桃柄のパラソルかもしれないし。
a0180681_18455866.jpg

ただいまー
a0180681_18473980.jpg

すずとふたりで留守番なんてげっそり、
ごめんごめん
a0180681_18474946.jpg

by ginji_asakusa | 2016-06-05 18:48 | お出かけ | Comments(0)

ねこ療法 5:へのかっぱ

さぁ最後に、キャリアっこ部屋で思いっきり遊びます。[前回
言っておくが、っていうかご覧の通り、
今日はなんも仕事してませんずっと遊んでます!
こちらの妖怪はマイマイ(妹々)です!
a0180681_19515480.jpg

前回はケージから出て来なかった潮(うしお)、近い。
a0180681_2011612.jpg

近い近い、叩かれるけどw
a0180681_2011919.jpg

ってアレ? 天音に入れ替わった 
a0180681_201223.jpg

ここからは延々と、天音と奏の仁義なき膝取り合戦が続くのだ。
a0180681_2014296.jpg

ありゃ、ジャンボもおひざ順番待ち♡
いやいやムリムリ、どうか乗らないで…
a0180681_202781.jpg

だってこうですよ、オレの太い太ももより、
どんだけ太いんですかアニキ
a0180681_2022034.jpg

ニイニイ(兄々)も?どぞどぞ、乗って(乗らない)
a0180681_2034679.jpg

マイマイ(妹々)はちょっと遠くで。
この兄妹、左おでこの下がり模様がお揃い。
んで、マイマイはしっぽの先っぽだけ三毛なのかわええ。
a0180681_2041184.jpg

上から見物 左から千秋、太陽、海人
a0180681_2033234.jpg

涼しげな千夏
a0180681_2031865.jpg

天音に襲われる〜
a0180681_2042776.jpg

犬班撮影 天音に襲われてる〜
ここまで顔をしかめなくても…と思うけど、舌も入れて来るし、
天音のチューは激しくてしつこくて痛いんじゃよ
a0180681_2071772.jpg

宝珠ったらこんなにかわいかったのね
a0180681_2045852.jpg

すなお(直)と
a0180681_20371947.jpg

かーちゃんとすなお、愛コンタクト
a0180681_20373736.jpg

かーちゃんと小玉パッカーン
a0180681_20374410.jpg

かわええなぁ、ジバニャン
a0180681_20375233.jpg

そろそろ登場、へのかっぱジャンボ篇。
おっちゃんが「絶対似合うから」とお願いして、
手芸部のぺんぎんさんがジャンボ用に特大を作ってくだすったよ。
a0180681_2052451.jpg

ジャンボもだけど、スリスリしに来る他の誰も気にしないという…
a0180681_2044021.jpg

キマったね、カクイー
何があろうと、へのかっぱだよねー
へのかっぱ合唱団の歩み[こちら
a0180681_20372536.jpg

わたる(航)もにやうよ
a0180681_20382197.jpg

千秋の鼻模様は神
a0180681_20384557.jpg

わぁなんてきれいなの、千夏
a0180681_2038359.jpg

わぁびっくりしますよ太陽、その鳩胸
a0180681_2038959.jpg

わぁそれおもしろいよ小玉!
a0180681_20383676.jpg

そのままそのまま、ププーッ!
a0180681_20385352.jpg

がんばってシャー我慢してくれてありがと、つとむ
a0180681_2039248.jpg

武蔵、いつかもうちょっとお近づきになりたいよ
a0180681_20391093.jpg

蕨平でがんばっていたフキ。
ニンゲンたちは、どれだけ彼らをがんばらせたか。
a0180681_20391884.jpg

宝珠かわええキャンペーン
a0180681_20392616.jpg

前髪パッツン、イケメン葉月
a0180681_2039384.jpg

かわいくて、楽しくて、隔離部屋だなんて忘れてしまうんだよ。
でもやっぱり調子の悪いコもいて、お尻が裂けそうな下痢の音も時々聞こえてくる。
この部屋で調子が悪いっていうのは、そう楽観できない事態で、
おっちゃんの心配とため息と涙は尽きることがない。
病気さえなければ、すぐもらわれそうにかわいくて愛に溢れているのに、
あんな場所を彷徨って、こんな病気を背負って、こんなにも生きているのに、
行き場を奪われた猫たち。くやしい。
彼らが生き抜いていたどの場所もどの環境も、私には生きられる自信がない。
そんな環境に、ニンゲンは動物たちを追いやり、今も、そして知らぬ顔で。
おっちゃんが何度もつぶやく。
「あーあ、病気なんてなかったらいいのにな」
「白血病なんて、なくなっちまえ」

自分に言われているような気もした。
思い返せば真夏の白昼夢みたいだけど、おっちゃんは猫のお届けがてら
無理矢理のスケジュールで私の病室をひととき訪ねてくれた。
だいじょうぶだよね、ってことを互いに確認するために。
私はますます猫になった気分だった。
たぶん私自身より、おっちゃんのように、周りのヒトのほうが心配で、
悔しかったりするんじゃないだろうか。
だってほら、今日は何一つ仕事をさせてもらってないし、
そのやさしさに甘えて、私は猫まみれ治療に専念する。
免疫落ちてると猫アレルギー出るかなと思ったけど、
くしゃみが5回出たくらいだった。
見てごらん、ここの猫たちは自分の病気なんて知らず、
ただまっすぐ精一杯を生きる。
ヒトの命をも励ますほどに、強く、やさしく、美しく。
病気かどうかなんてたいしたことじゃないみたいに。

私はこの部屋にいる間、「病気のヒト」でなくなった。
そのことが、今の私には必要だった。
生きるチカラを、生きているということのチカラを、
点滴して、呼吸した。
へのかっぱの歌を歌いながら、これからもきみたちと生きるよ、
スーハー


あのう…ジャンボさん…
a0180681_20395639.jpg

天音と…
a0180681_20401112.jpg

奏と…
この部屋でいちばんちっこいふたりと並んだのはジャンボに不利でしたが…
どれだけジャンボかおわかりいただけただろうか
a0180681_20394822.jpg

「こんなアニキなのー」by 天音(遠近法)
a0180681_20402487.jpg

そろそろね、行かなくちゃ
a0180681_2040345.jpg

お見送りありがと
a0180681_20404423.jpg

ありがと小玉、また来るからね
a0180681_2040555.jpg

前回の大失敗を教訓に、二度と新幹線の終電には乗りませんからね。
余裕を持って出発し、日比さんのお宅へご挨拶に。
メールで励まし続けてくだすった日比さんにも、
だいじょうぶを直接お届けしたかった。
(奥さまはすでに浅草まで会いに来てくだすって)

飯舘村の蕨平から来たイヴ。薄い毛の色はみさとも同じかな。
a0180681_2041587.jpg

猫の話するとやきもち焼くの、愛ちゃんてば。
a0180681_2042233.jpg

初めてこんな近くで会えた、ロゼ。
あとの一匹、ギンさんはこれまで一度も見たことない。
a0180681_20424610.jpg

無事到着。
お見守りをお願いした浅草の神さまにお礼参り、ただいまです。
a0180681_20431085.jpg

この日の福猫舎のブログ[こちら

☆警戒区域や飯舘村の猫たちが保護されているシェルター
 「福猫舎」への支援は[こちら]から☆


仁義箱からも定期的に支援金を送らせていただいています。
みなさまの継続的なご参加ありがとうございます。
by ginji_asakusa | 2015-08-31 02:02 | お出かけ | Comments(2)

ねこ療法 4:二階っコ

写真には撮れなかったけど、すごい光景を見たのさ。
階段を上がっておっちゃんに続いて部屋に入ると、
二階のみんにゃさんほぼ全員が扉の前に詰め寄せていたのだ。
そしてほぼ全員が私の顔を見るや「ゲッ!知らんヤツ!マジか!」
という顔をして、見事に一瞬でちりぢりに解散したのさ。
うわーおっちゃんだけだといつもこんななんだ!
これまでピコか深春かココヤムくらいしか迎えに来てくれたことない。
てか、足音二人分聞こえなかったの?オレ猫かしら?
前回

それでも扉の近くに残っててくれたレオ 
a0180681_1827288.jpg

いつもエアコン前のチャティ。
今日はシャーフー止まらず、許してくれなかった。
a0180681_18273756.jpg

和(なごみ)ごめんごめん、あなたには絶対近づけないし 
a0180681_18273225.jpg

おっちゃんが「そっとこっち来て、見て!」と呼ぶ。
ここから動いたの見たことない心音(ここね)、
おっちゃんの手からチュール食べとる!
「ここまで来るのにどんだけかかったか。感激だよぉ〜」とおっちゃん。
みんな、がんばれ、がんばれ。
シェルターで「おなじみ」の顔になんてなっちゃいけないんだ。
a0180681_18284393.jpg

いつも上からジトーの優雨(ゆう)
a0180681_18291930.jpg

チビ
a0180681_18301835.jpg

どんぐり☆ (☆印はおっちゃんの猫です)
a0180681_18303021.jpg

リ…リキw
a0180681_18311146.jpg

美空(みく)
a0180681_18311941.jpg

朝陽 (背後のみくw)
a0180681_18324554.jpg

爽 (背後のリキw)
a0180681_18332394.jpg

深春(みはる)
a0180681_18343865.jpg

福寿(ふくじゅ)と真(まこと)
a0180681_18344122.jpg

秀吉 [保護された日のこと
a0180681_1836926.jpg

樹(いつき)
a0180681_1838466.jpg

シロロ
a0180681_1840266.jpg

福寿
a0180681_18401196.jpg

ぶーち☆
a0180681_1840194.jpg

レオ、カクイー
a0180681_18402752.jpg

獅子丸☆と福丸
三本足の福丸が掻けない背中をおっちゃんが掻いてあげてるところ。
気持ちいいね〜
a0180681_18403786.jpg

福丸
a0180681_18404529.jpg

獅子丸☆
a0180681_18405556.jpg

ヤム☆
a0180681_18411123.jpg

麗(うらら)ばーちゃん
a0180681_18413176.jpg

リキ…
a0180681_18412338.jpg

比較的問題の少ないコたちが暮らす二階の部屋。
1月の訪問記を見たら、載っている猫たちのうち4匹が
シェルターを出て家族に迎えられました。
ちょっとずつだけど、猫たちの生涯を変える、大きなできごと。
5匹目として今回までにこの部屋を出たのは、幸生(こうせい)[前回
幸生はいま東京の日陰亭にいて、家族との出会いを待っています。
私の入院中、45日間もすずを預かっていただいた日陰亭では
幸生兄さんがアホ猫すずの面倒をとてもよく見てくれて助かりました。
あやこ園長も「一家に一匹いてほしい!」と大絶賛で手放すのが惜しいほど。
優しくて、猫もヒトもだいすきな幸生兄さんの募集記事は[こちら]です。


つづく
by ginji_asakusa | 2015-08-30 00:52 | お出かけ | Comments(4)

ねこ療法 3:相撲部室

ハイ相撲部室[前回]、
ちーちゃーん(&醍醐)
a0180681_18225655.jpg

相変わらずお美しい 
a0180681_18231137.jpg

服を着てない醍醐、見違えちゃったよ 
a0180681_18254468.jpg

サブローその体重でよじ登るとかありえません、やめて〜 
a0180681_1823084.jpg

爪伸びてて痛いからかーちゃんに即捕まってパチンパチン、やーい 
a0180681_18232267.jpg

蓮きゅん 
a0180681_18231551.jpg

みーちゃん 
a0180681_1823184.jpg

油断するとすぐ膝を三朗に占拠される。うっふーん 
a0180681_18232569.jpg

醍醐はかーちゃんがいいんだってさ 
a0180681_18232958.jpg

二夜と小町母娘 
a0180681_18233371.jpg

茜 
a0180681_18233668.jpg

いまや蓮くんを抜いて巨猫No.1と称されるローリエ。
そう見えないように撮れてみました。
a0180681_18234053.jpg

蓮くんはあやこ座布団がお気に入りだね。
グレーがアザラシっぽさを引き立てているね。
a0180681_18234584.jpg

きみ登場しすぎね、おもしろすぎるしね
a0180681_18234919.jpg

一朗、渚
a0180681_18251636.jpg

一朗、三朗、姫の三兄妹
a0180681_18252582.jpg

あーっ蓮くん、身繕いできるんじゃないの!(できてないよ〜)
a0180681_18253399.jpg

充(みつる)
こんなコもいるのです。保護された経緯、ぜひ読んでみてください[こちら
おっちゃんが見つけてくれてほんとうによかった。
こんなに甘えっコだもの、もう一度、本当の家族を見つけようね。
a0180681_18255512.jpg

充、手前に渚
a0180681_1825864.jpg

ギギギ、引いてる渚さん
a0180681_18261259.jpg

みーちゃんおやつ中
a0180681_1826335.jpg

表情を変えずにメシを要求し続けるちーちゃん。
また吐いちゃうわよ…
a0180681_19303271.jpg

ややこしいケアが必要なコもいるけれど
この部屋ではなんだかずっと笑ってて、元気が出る。
おっちゃんが他のお仕事してる間に、ブラッシングなどしながら
一人でケラケラ笑って過ごしてた。
かーちゃんいなくて仕方なく醍醐が膝に。うっふーん
a0180681_19292557.jpg

最後に、いちばんの笑かし屋のサブロー
a0180681_1823776.jpg


つづく
by ginji_asakusa | 2015-08-29 19:48 | お出かけ | Comments(3)

ねこ療法 2:みさと

会いたかった、みさと。あぁほんとにここにいる。
a0180681_1831781.jpg

勝手に名前をつけましたよ、美郷。
様々な経験をした村の中でも特に、あなたとさくらのいたあの丘は
私にとって忘れられない美しい場所だから。
[さくらを迎えに行った日

雪の間は雪原をかんじきで渡り丘を登らなければ辿り着けなかった。
ヒトが辿り着きにくい場所には野生動物も集まり、
猫が生き抜くには過酷な場所だった。
これからはさくらと同じように、しあわせに安全に生きられる
新しい郷と家族が見つかるよう、願いを込めて。

耳がない生き物ではありませんよ、ほら。
a0180681_1853043.jpg

それにしても、顔も薄い毛色も、なんて似てるんでしょうさくらはんに。
屋内での暮らしに慣れたらもう少しやわらかい菩薩顔になるのかな。

日比さんがさくら母娘に出会ったのは2014年1月16日
(その前にボランティアによってTNRされているが給餌されていなかった)
さくらを保護したのが4月2日。
その後ジョセンで丸裸にされた丘の上の、
あの吹けば飛びそうな小屋を唯一の頼りに、
a0180681_17181962.jpg

さくらが消えたあともみさとはひとりで生き抜いてきた。
a0180681_1718868.jpg

日比さんが毎日のように通い、給餌を欠かさずいてくだすったから
何ヶ月も姿が見えなかったこともあるけれど、ここに戻って来てくれた。
いったいどんな場所で眠っただろうね?
a0180681_17182810.jpg

日比さん撮影 さくらと。
a0180681_17184483.jpg

日比さん撮影 この写真、何度見ても泣けちゃう
行かないで、その声は届かない。
ニンゲンなんて勝手なイキモノ、知らない。って顔。
でもさくらにそっくりで。
a0180681_1719210.jpg

日比さん撮影 何度見ても好き。獲物を運ぶさくら、カクイーのだ。
みさとに運んであげていたのかな。
a0180681_17191011.jpg

なくなるほど耳を倒して、シャーシャーなみさと。
震災後生まれの、3〜4歳くらいだろうか。
まずはおっちゃんと暮らしながらヒト馴れ訓練です。
あのとき置き去りにせずさくらといっしょに保護していたら、
みさとの一年四ヶ月はまるで違ったものだった。
家族を奪った罪悪感を持ちながら、私はみさとに何もしてあげなかった。
生きていてくれた、みさとがしあわせになれるよう、
少しでもお手伝いをしたいです。
顔だけでなく、みさとの高い声はさくらとそっくり。
焦がし笹かまって呼ばれるくらい、ハラ出して眠れる日が来ますように。
a0180681_2352162.jpg

こうしておっちゃんが差し出した皿から直接食べており、
シャーシャー猫といってもマシなほうだそうです。
けれど飢えの記憶はまだ体に染み付いており、
ウェットもガツガツと全部口に溜めて食べる。
野生動物と鉢合わせになることも多かったあの小屋のなかでも、
食べるだけ食べていつでも逃げられるように、そうやって食べていたんだね。
a0180681_18115859.jpg

さくらの娘としてうちに迎えることももちろん考えたし
立候補したこともあるけれど、いまの私は自分の生活さえ心もとなく、
その資格がない。
おっちゃん曰く、一ヶ月も離れたら猫は家族であっても忘れるそうな。

チビも千夜のこと忘れたかな。
忘れて、淋しくないなら、それもそれで、いいのかな。
安全でない猫が一匹でも減ることのほうが、一匹ずつ減ることが、だいじなのだ。
神奈川県の預かりさん宅でレディに変身した千夜は[こちら]で家族募集中です!


こちらも村で突然発見され5月に保護されたロロ(シロ/ロン毛)。
知らないおばさんでこわいね、ごめんねー
a0180681_1833168.jpg

あれ、だいじょうぶだ
a0180681_1833761.jpg

あれ、そんなにだいじょうぶだ
a0180681_184050.jpg

福猫舎撮影 保護されたときw
a0180681_1840068.jpg

こんなにふわふわになっちゃって安心しちゃって。
みさとのこんな顔も、きっと見られるんだろうなぁ
a0180681_1855579.jpg

足の指毛ww こうしたお手入れも長毛さんにはだいじだそうです。
a0180681_1854135.jpg

挙動不審の真友(まとも)くんです、ハイッ!
a0180681_1823498.jpg

むーしゃんです
a0180681_186913.jpg

雫(しずく)ばーちゃんです
a0180681_1864160.jpg

浅草で会ったね、ちびーずです
a0180681_1843733.jpg

チーム銀次いちおし、強いコ松子
a0180681_1852074.jpg

権兵(ごんべ)
a0180681_1844499.jpg

ごんべニャー
a0180681_184502.jpg

トライアル決まったの、おめでとう美少女・宝(ほー)ちゃん
a0180681_185272.jpg

ねむねむ〜 左から与作、松子、権兵 引き続き家族募集中!
a0180681_18223271.jpg


つづく
by ginji_asakusa | 2015-08-29 18:55 | お出かけ | Comments(3)

ねこ療法 1:行くでしょ

夏の終わりの余韻もなく、ぐっと冷え込んだ今週から
布団の上でくっついて眠るようになったふたり。
なかよくね、行って来まーす @7:00
a0180681_121510.jpg

夏休み4日目。
週末の三日間は投薬だから、その前に行きたい!
起きてみて体調が悪かったら無理しないという約束で、
木曜日を予定していた郡山行き。
会いたい猫がいる。さくらの娘、丘の上のみさと(美郷)。
保護された日の日比さんのブログ[こちら
福猫舎のブログ[こちら

遠出に不安はあるけれど、行きたい気持ちが勝る。
神社にお参りして浅草を出て、いつもの新幹線で到着し、
喫茶店でモーニングしながらおっちゃんにメールすると…@9:00
「なぬーっ!油断した!出るとき連絡するもんだろぉぉ」
来ないかと思ってたらしい。
朝早く起こしちゃいかんと思ってな…すまんすまんw
ってか、体調が悪くたって来ないわけないじゃないの、このオレが!

10時まで駅でゆっくりし、到着。おはよございまーす。
仔猫の顔見せ会でおっちゃんとは4日前に会ったばかり。
徒歩々班の歩みは7回目です。
1  2  3  4  5  6
いま思えば、5月の徒歩々遠足のときも、そんな場合じゃねえと
体は悲鳴を上げていたに違いない。
ごめんごめん、聞こえなかったし、そんな場合だったのさ。


呼ばれて今日はキャリアっこ部屋から。
いつも大歓迎してくれるみんにゃさん。
やっほー 千夏と千秋
a0180681_12104749.jpg

左から葉月、ジャンボ、寿珠(じゅじゅ)
a0180681_12131350.jpg

奏(かなで)
a0180681_12192463.jpg

お、ケージから出てますね、小玉(こだま)
a0180681_1220799.jpg

もうシャーしない、勲(つとむ)
a0180681_12195373.jpg

おもしろいからもう一度、千秋
a0180681_12202831.jpg

かわええのぅ〜宝珠(ほうじゅ)
a0180681_1227155.jpg

おぉーこわこわ
a0180681_12271735.jpg

海人(かいと)
a0180681_12271974.jpg

潮(うしお) 浪江組ふたりとも近しくなっとる〜
a0180681_124214100.jpg

上から葉月、イケメンさん
a0180681_12373455.jpg

あいよー奏、抱っこはあとでだよー
a0180681_12274585.jpg

おもちゃ投入〜で猫柄の風呂敷みたいだ
a0180681_12383444.jpg

写っているのは千夏、ニイニイ、マイマイ、天音、太陽、ジャンボ
a0180681_12384367.jpg

トォー
a0180681_12385092.jpg

あ、ヒト見知りの宝珠はおもちゃになら寄って来るのね
a0180681_12385767.jpg

外にはみんにゃさんの飲み水タワー、
クロネコさんとおっちゃんがド根性で運んで積み上げた20ケース。
二ヶ月に一度、同じ方がずっとご支援くだすっているそうです。
ありがたいのう。
a0180681_12371570.jpg

a0180681_1237677.jpg


つづく
by ginji_asakusa | 2015-08-28 23:42 | お出かけ | Comments(2)

DAY 2:愛しの白木はん

夏休み二日目 
a0180681_15595573.jpg

尚子さんにお呼ばれし、初めて白木さんに会いに行くことに。
退院以来、電車に乗るのも三回目でだいぶ自信がついてきた。
約二年ぶりの、突撃!となりのニャンコはん vol.3です。[vol.2 日陰亭

お邪魔しまーす
白木さんはいちばん安全な場所、部屋のいちばん奥のすみっこ、
ベッドの下に転がっておられ。肌寒くなったので開いてもおらず。
a0180681_160375.jpg

オ、顔あげてくれた!かわいい予感!
a0180681_1603563.jpg

わゎー はじめましてー(無反応
怖がるでもなく、寄って来るでもなく。
a0180681_161138.jpg

三年前、キリ番子分として出会ったばかりの尚子さんと私。
9万人目の子分の紹介記事[こちら

尚子さんの絵の中にだけ存在する妖怪のように思える白木。
実在しているのをこの目で見られただけでも感激。
顔さえ見られないかと思っていたのでもうだいぶ満足です。

おいしいパンに、尚子さんがその場でラタトゥイユを作ってくれた。
a0180681_1612840.jpg

尚子さんがベッドの下から連れ出してくれた(拒否はしない
a0180681_1621922.jpg

これが元祖白木音頭〜(無反応
a0180681_1633260.jpg

白木もごはんタイム。
妻で下僕の尚子さんは指で一口ずつ食べさせてあげます。
a0180681_1643058.jpg

愛だなぁ
a0180681_1643529.jpg

尚子さんのツイッタでは目つきのワルーい写真が多いけど、
どう見てもうんとかわいいんですけど?
a0180681_1661654.jpg

ずいーーっ
a0180681_1672796.jpg

入院中も尚子さんといっしょにいっぱい応援してくれたの、
ありがとうね。
私も抱っこさせていただけまして、うれしそうではないものの
小さな声でイヤーと言うくらいで暴れるでもなく。
白木の体は想像してたよりうんと小さかったけど、
体重が同じすずに比べると大きい。顔や手足も大きい。
なので「ちいさーい」と言ってみたり「おおきーい」と言ってみたり。
伸び縮みするサイズ感に、結局実態はよくわからないのだった。

セクシーポーズ
a0180681_1674367.jpg

またベッドの下に
a0180681_1684657.jpg

戻って来てメシ要求。
あ、立った! これ可笑しいけど、フツーなんだそうです。
a0180681_16134287.jpg

ちょっとずつを何度か食べる。
下僕がメシの仕度をするのを背後からじっとりと見張る。
食べなかったり吐いてしまったりで尚子さんはいつも心配してるから、
食べてくれる姿を見られてうれしいな。
a0180681_16135292.jpg

キャリーにイン。
ほとんど動かないかと思ってたのに、いろいろやってくださるなぁ
a0180681_1621069.jpg

尚子さんは「白木はドスドス歩くから来るのがすぐわかる」って言うけど
私にとって白木の佇まいは衝撃的な静けさ。
ネットの写真ではあんなにも存在感をふりまいておられるのに、
実物は気配もなく、ほとんど主張しないから時にいるのを忘れてしまうほど。
もののけのように、ふと気づくと消えて移動している。

できあがったばかりのルディママ作・猫ザルにイン。
わー頭が平らだなぁ、オッサンにはピンクが似合うなぁ
a0180681_1621931.jpg

すずと体重もザルの大きさも同じなのに
なんでこんなにはみ出してるんだろう
a0180681_16211980.jpg

まいっかー
a0180681_16212821.jpg

おほはは
a0180681_16213821.jpg

おうちの猫さんとはなかなか会うことが叶わないから
妄想でお付き合いするわけだけど、こうしてお目にかかれて光栄です。

町田尚子絵本原画展『いるのいないの』『あずきとぎ』
9月5日(土)〜27日(日)です、お楽しみに![詳細
11日(金)柳家ほたる納涼落語会はご予約受付中です[詳細

あぁ楽しかった、すずくんただいまー
a0180681_16215530.jpg

さくちゃんただいまー
a0180681_16214516.jpg

ほんとにほんとに猫それぞれ、家族のかたちもそれぞれだねぇ


DAY 3:御うな
日本一と讃えられるうなぎ屋さんへ、
退院祝いにと連れて行っていただきました。しゃわせ
a0180681_1942696.jpg

by ginji_asakusa | 2015-08-26 18:50 | お出かけ | Comments(2)

徒歩々遠足 4

おっちゃんのミッションはまだまだ続いている。
村の近くの病院で猫さん一匹降ろし、入院していた一匹を乗せ、
B病院へ行って無事抜歯手術が終わった二夜を引き取り
A病院へ行って一匹を検査に預け(Q:さて車には何匹?)、
シェルターに戻ったのは21:30。
まだ会ってないみんにゃさんに会いたいから、
この時点で最終の新幹線で帰ることに決めた。
22:24発だそうです。

キャリアっこ部屋ちらり。
今日はよく迎えに来てくれるね、わたる。
待っててね、最後に必ず行くからね。
a0180681_20261850.jpg

やっと会えました二階のみんにゃさん、こんばんはー
お出迎えはおっちゃんの猫ココ
a0180681_20262411.jpg

おっちゃんの猫ヤム
a0180681_2028052.jpg

獅子丸(手前)と福丸
a0180681_202789.jpg

朝陽
a0180681_20272458.jpg

ジト三かわええ
左から優雨(ゆう)、美空(みく)、真(まこと)
a0180681_20273498.jpg

幸生(こうせい)
a0180681_20274220.jpg

おなかをモフられてるうちにズブブと沈んでとろけてゆくオレさ…
a0180681_20403049.jpg

心音(ここね) ここから動いたの見たことないなぁ
a0180681_20422276.jpg

あぁ好きw
a0180681_20413597.jpg

おっちゃんの猫ぷーち
a0180681_20405663.jpg

リキw その味わい深いお顔
a0180681_2042364.jpg

あぁリキw うしろはいつき(樹)
a0180681_2042493.jpg

レオ 同じ床の上にいてくれるなんて
a0180681_20432324.jpg

三本足の福丸、ごはんおいしいね
a0180681_20442160.jpg

みはる(深春)
a0180681_21334625.jpg

うらら(麗)
a0180681_21371291.jpg

そう(爽)
a0180681_21341176.jpg

イカ耳コンビ、レオと朝陽
a0180681_21345155.jpg

チャティ シャーされたけど、それはチャティの挨拶だそうで、
指出したらちょいちょいと握手してくれる
a0180681_21351040.jpg

おっちゃんが「この幸生見てよーかわいいのー」と呼ぶ。
あぁ内股かわええ、蓮くんみたいなおデブ座りですね
a0180681_21353361.jpg

幸生は片目がつぶれてしまっているけど、それがなんなのってくらい
ええお顔だし、穏やかでとことんのんびりした姿にほっこりする。
とびきりの専用ハラモフ係と出会えますようにね。
a0180681_21355158.jpg

ピットさん、三つ指ついて
a0180681_21361452.jpg

神出鬼没の深春は鼻水模様がピットと同じだね。
ケージの上にいたと思ったら、ジャンプして欄間の上で
お猿のポーズ
a0180681_21564378.jpg


お待ちかねーのキャリアっこ部屋へ
手前:すなお(直) 奥:葉月
a0180681_2137242.jpg

千夏
a0180681_21374529.jpg

太陽
a0180681_21375856.jpg

わくわくした子どもみたいな顔してる寿珠(じゅじゅ)
a0180681_2138126.jpg

対して、武蔵センパイ…
a0180681_2138365.jpg

山猫顔のつとむ 今回初めてシャーされなかった! 
a0180681_21385685.jpg

ジャンボ兄貴はダイエット継続中
a0180681_21391167.jpg

あれ、さっきあっち側にいた武蔵。
そんな巨体で逃げ回らなくていいのにー
a0180681_21393060.jpg

左:宝珠(ほうじゅ) 右:すなお
a0180681_21401668.jpg

おもちゃで遊ぶ。今日のハッスル大賞はにぃにぃ。
ゴーゴーダンス、イェー、パー
a0180681_21435537.jpg

その背後で、明らかにみんなと違うタイミングとポジションで
飛び上がっては一度も捕まえられない千秋がおもしろすぎた。
しかもアゴ海苔模様がさ、大きく口開いてるみたいに見えて。
a0180681_2144915.jpg

ん、いいのいいの、そのままのきみがすてきです
a0180681_2140541.jpg

よじ登り組、奏と天音
a0180681_21411481.jpg

わたるのハラ出しゴロンサービス
a0180681_21413434.jpg

まだシャーせずいてくれるつとむ
a0180681_21415263.jpg

前回つけていただいたレースカーテンが、
絞り染めみたいになってますけど…
a0180681_214267.jpg

ジャンボ放流ー 奏をぺろぺろ
a0180681_21423153.jpg

ケージから出て来ない組
上から:潮(うしお)、海人(かいと、うみんちゅ)、小玉(こだま)
a0180681_21424836.jpg

カメラのデータによれば、最後の写真を撮ったのが22:12。
最終の新幹線は、22:24発。
こりゃヤバい、行くよっ!とおっちゃんにうながされ、
急いで仕度して車でバビューン。

駅手前の信号で停まっているときすでに22:21。
ワー乗れる気が全然しねえw
22:22(ニャーニャー!)、挨拶もそこそこにロータリーで車を降り、
走れーー!というかけ声を背に走る。
こんなこともあろうかと切符はいつも往復で買ってある。
とにかく必死で走り、選んでるヒマもなく進んだ道が
どれもエスカレーターなし、
すでに到着した新幹線から人々がざくざく降りて来ている階段を
すべて一段抜かしで駆け上がる。

日頃の運動不足の蓄積というのはすごい。
最後の一段を跳んだとき、視界はスローモーションになり、
あ、オレいま棒になってる…
足が棒とはこのことだぬーぬーぬー…

ホームまで上りきったところで、開いている新幹線の扉を前に
動くことを突然拒否した下半身を残して上半身だけが虚しく空を掻き、
へなちょこ棒は倒れました。
それはもう、ビッターーンと全身で。
両腕前方に伸び、荷物ズザーーッ。
誰も助けてくれない。車掌さんにも見えてない。
目の前にポッカリ開いている扉はなんだか天国の扉にも見えた。
今ここで乗れると乗れないとでは天と地の差(大げさ)。
夜のうちにさくらとすずの元に帰りたい、がんばりたい…たい…たい…
(スローモーション)

這ったまま車内に転がり込んだ私の背後でドアが静かに閉まった。
荷物をバラまいたかもしれないけど振り向く時間はなかった。
ほんとに1秒の差だった。
それもこれもすべておっちゃんの咄嗟の判断のおかげさま!
と噛み締めながら、よろよろと席に着く。
「万が一乗れなかったら」とおっちゃんは駅前で待っていてくれたのだけど
乗れる確率のほうが全然万が一だったと思う。反省。

転んだショックと、激しく打った両膝が
あまりに痛くて泣きながら気絶。
オレ今日でいちばんがんばった(そこ!?)、
おっちゃんに見せたかったな…かなり笑ってもらえただろうな…
レポートの中でいちばん長い話がコレなのかな…

新幹線に乗っている間が、東京の暴風雨はいちばんひどかったようで、
留守番組から散々脅かされ心配されたけど、上野に着いたら
何もかもウソのようにおさまっていた。
自転車で帰るー


この日の福猫舎のブログ[こちら

☆警戒区域や飯舘村の猫たちが保護されているシェルター
 「福猫舎」への支援は[こちら]から☆


仁義箱からも定期的に支援金を送らせていただいています。
みなさまの継続的なご参加ありがとうございます。


シャワーして猫メシして洗濯して、気絶。
目が覚めたらさくらはんが腕まくら。
a0180681_21544959.jpg

布団の中にもう一匹。
a0180681_21545714.jpg

ほんの一時、村にいたのが夢のように思える。
「夢のような遠足だったなぁ」と声に出してみる。
その言葉と正反対の中身の重さに笑えても来るし、
自分一人では行かれないのだから事実でもある。

猫たちにとっては、あってもなくても同じかもしれない一時。
野生動物の口に入るだけかもしれない一皿。
それぞれの場所から村へ入るヒトたちの一歩。
7ヶ月ぶりの村行き。
それまでの様々なできごとやしがらみが
私の感傷を煽るには十分な時間だった。
けれどえぐられた現実が確かにそこに在るかぎり、
私の感傷も感情も、たぶんなんの役にも立たない。
なによりそこは、故郷を奪われたヒトたちの場所であり、
ゆくあてのない動物たちが追い詰められている場所であり。

自分の心も、何もかも、変わりゆく。
道しるべにできるものも、ほんのわずか。
一匹と一人から生まれたチーム銀次、
それぞれが「一人」であることの意味を見失わず、
どんなにトホホでも、何度転んでも、一歩の歩みを前へ。
by ginji_asakusa | 2015-05-17 02:58 | お出かけ | Comments(4)

徒歩々遠足 3

◎タロウと猫たくさん [昨年9月
お出迎えは三毛ちゃんとキジトラさん。
三毛ちゃんはおっちゃんが手術(捕獲)したんだって。
a0180681_19332871.jpg

チャイさんスリスリ
a0180681_19333438.jpg

ポンちゃんも
a0180681_19323342.jpg

納屋の二階、空っぽなのでドライ補充。
(ここには給餌ボックスができたのを忘れていた)
a0180681_19332143.jpg

ちゃっかりポンちゃん、
犬班で犬飯準備中のおっちゃんのそばで待つ。
あぁ変わらないね。
a0180681_19365344.jpg

もう一匹キジトラさん、で計5匹
a0180681_19374254.jpg

ヌヌ?とおっちゃんが突然ポンちゃんを引き寄せ、口をこじ開ける。
「うわ、口内炎ひでぇ、臼歯も腐ってるし、こりゃ痛そう」
a0180681_19394132.jpg

え、そうなの… なんで口開けてみたの?
「口回りが汚れてっから」
そうか…猫たちの口をこじ開けるなんて、したことなかったな。
ごはんあげて、次へ向かうだけで精一杯で。
a0180681_19421566.jpg

ムハムハ。
ポンちゃんも以前と変わらずペロリとたいらげるけれど。
a0180681_19413286.jpg

チャイさんと三毛ちゃんも
a0180681_19423587.jpg

ハイハーイ、タロさん!
忘れてませんともだってごはん済んでもずっと大声でうるさいもん
a0180681_19425069.jpg

おやつあげます
a0180681_19452812.jpg

ようやくタロさが落ち着くと、おっちゃんが
ちょといらっしゃい、と腰を下ろし
改めてポンちゃんを保定してもう一度口の中を確認。
a0180681_19464448.jpg

あわわ… 大きなポリープが二つも。
a0180681_19471087.jpg

こんなヒドイのは、キャリアっこ部屋の奏くらいしか見たことがないと。
奏は抜歯して明らかに痛みから解放され、改善した。
「順番飛ばして次はきみかもね…考えるよ」とおっちゃん。
a0180681_19482589.jpg

ポンちゃんなつっこいし里子に行かれないかな。
「白血病かもしれないよね」とおっちゃん。…そか。
ここのコたちは比較的ダメージが少なそうに見えていたけれど、
それも半年以上前のこと。猫たちにとっては長く苦しい時間が過ぎていた。
そしてポンちゃんは男のコだったのね。

フレコンの上を渡っておトイレに向かうチャイさん
a0180681_19521916.jpg

犬班A。さんことおっちゃんは、村の給餌ボラではなく、
事故直後から現在も、主に20km圏内の保護を続けている方である。
村に出向くのは緊急事態などでヘルプ要請があったり、
特に気になることがあったとき。
道は全部知っているし全リストも持っているけれど、
各戸の場所の記憶はピンポイントであり「給餌ルート」ではない。
たとえば用がないからさくらのいた丘には一度も行ったことがない。
えーっと、まさかのオレ道案内…がんばれ…


◎ゴンのいた納屋 [昨年9月
空っぽのドライを補充。
ここはサビ母さんの子猫を見つけてしまったとき、
おっちゃんが何日も張り付いて捕獲してくれたのだった。
a0180681_2082049.jpg

◎クーの家を探してたら先にたどり着いた、
枯れ葉溜まりに 小さくら [昨年9月
a0180681_2084781.jpg

小ささかま
a0180681_2085982.jpg

つばき
a0180681_209982.jpg

木蓮
a0180681_2094737.jpg


a0180681_2010417.jpg

フレコン山に、見たことない排気塔みたいなのがついている。
a0180681_20104550.jpg

そして機械につながっている。何を測っているのだろ。
いつまで放置する計画なのだろ。この先も、いろいろ足していけば
それだけ誰かが儲かる仕組みなのだろう。
汚染は降り続け、大地は元に戻らないと、みな知っているのに。
a0180681_20111043.jpg

◎サビ一家のタマちゃんち [昨年9月
空っぽ
ここにも初期にはたくさんの猫がいたそうだ。
a0180681_20113247.jpg

あ、ヒゲちゃん見つけたよ
a0180681_20115568.jpg

ム、はじめまして…
a0180681_2012736.jpg

家を出たところでアカに会った。ごはん食べてね
a0180681_20122053.jpg

禿げ地の向こうから帰って来たキジ白くんも、食べてね
a0180681_20123645.jpg

うん、居着きのあのコだ(昨年7月末の写真)、
ハチワレがちょっと曲がっててフキダシみたいに見えっぺ
a0180681_0135334.jpg

◎蔵ら(さくら)のいた丘 [昨年9月
a0180681_20132783.jpg

荒らされてはいなかった。
給餌の間、さくらの声真似(高い声)で三毛ちゃんを呼び続ける。
誰もいなかった。
a0180681_2015124.jpg

さくらヶ丘。
今では信じられない。さくらがここで三年間も暮らしていたなんて。
a0180681_20184225.jpg

雨が少し降って来た。

◎もと噛む犬クーの家 [昨年9月
クーは村内のシェルターで暮らしている。
猫が二匹いるのだけれど、誰もおらず、メシだけ置く。
a0180681_20162593.jpg

たくさんの盆栽
a0180681_20164332.jpg

残したい花たち
a0180681_20183285.jpg

10軒終了、これにて私が知っているお宅は以上です。
一匹ずつをしっかりと見て行く時間というのが必要なこともある。
けれど問題が見つかったところで、受け入れ先不足や飼い主の事情で
保護できなかったり治療後にリターンしたり。
そんなコたちが今も残されているわけで。
どこにいようと関わり続ける私たちの一歩ずつが、
動物たちの最後のか細い命綱であることは確かだ。
レスキューの現場、仮の家であるシェルター、終の家族、
それらをつなぐたくさんの点やヒトの手を増やさなくてはならない。
村が黒く塗りつぶされる前に。
雨をしのぐ小さな小屋さえもが取り壊される前に。
一歩でも前へ、一匹でも多く、安全な場所へ。
a0180681_0424862.jpg

村をあとに @17:00
a0180681_14112.jpg


つづく
by ginji_asakusa | 2015-05-16 04:07 | お出かけ | Comments(1)


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

izumiさん。 みー..
by ナホ at 23:48
譲渡会の時に2度お会い出..
by nerogattoroigatto at 13:15
今日、知りました。 ど..
by かつお at 17:46
Izumiさんの周り..
by akiwan2nyan2 at 13:15
『ぼくらは きっと待って..
by バジル at 01:38
ldrnshd ..
by CurtisPek at 23:35
Izumiさん、お疲れ様..
by しんのすけ at 17:57
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
清らかで強い心を持ったう..
by むー at 02:28
すみません、かめ吉です。..
by かめ吉 at 02:22
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ