2014年 01月 14日 ( 1 )

おばさんの日々

猫おばさんから猫をとったらただのおばさんでして。
それでも変わらず、励ましに、お参りに、店に寄ってくださる方々、
ブログを覗いてくださる方々、どうもありがとうございます。
悲しくて辛くてとても足が向かないという方々も、
一日も早く涙が引きますように。
出会いはひとりひとりに宿るものだから、
誰とも比べるものではないよね、泣いたっていいし、
感じているままを銀さんに伝えてあげること、
ときに思い出してあげることが、供養になると思います。
それはどこにいようとできるから。
早すぎる突然すぎる!という苦情は神さまへ、直接お伝えくださいませ。

個人的には、あまり長い時間一人きりで抱えて引きずっていると
余計に苦しくなると感じています。
眠くても疲れてても、店に行けば銀さんに会える、
今日もいっしょにがんばろう、と毎朝家を出ていたのが
そもそも他力で間違いだから自業自得。
なんとかズルズルと家を這い出します。
辿り着けば(自転車で5分だけどね…)そこには、
同じショックと悲しみを抱えたヒトたちがたくさんいます。
どこかの猫が死んだと聞いても「はぁそうなの」としか言い様のない職場や
猫坊主による猫の葬式なんて話しても誰も信じてくれないような職場の方々は
給湯室やトイレでひっそり泣かなくちゃならない。きっと辛かったろうな。
オレ恵まれてるな。だからがんばれるはず。

カフェで子分さんと居合わせて話をするだけでも、
痛みや涙だけでなく笑顔も分けられますよ。
偶然のような段取りのような日程で、蔵もそれを許してくれていて、
ひとり静かに銀さんとお話しすることだってできるのです。
私も、そんな方たちと猫のような距離で日がなジーっと座ってみたり、
振り返るというよりも、手に余るほどのこの体験を今後どう活かし、
どう進んでゆくのか、という話などをして二週目を過ごしました。
銀さんがいないという悲しさに変わりはないけれど、
なんとなく、砕け散った心のかけらをチリトリの上に集められた感じです。
これからぺたぺた貼り付けて、また組み立て直すところ。
たぶんここまで砕けることは、もうないだろう。

と、きっと毎回思うのだろう。
だって全身全霊全力全愛以外でどう猫と暮らすというのか。
そのうえ銀さんは「パブリック」という膨大なテリトリーを
背負っておられた親分さんだからね、
地球からすべての海がいっぺんに干上がったくらいのことなんだよ
オレ的には。神さまよぅ。


芳名帳のお名前は200名に及び、お参りは途切れることがありません。
年明けて初エフランチというOLさんたちがようやく張り紙をご覧になったり、
まったく楽しそうにお食事していた若いカップルが、
帰り際に「お参りいいですか」と声を掛けてくださり、
銀さんの子分さんは老若男女なんて幅広いの…と驚いたりします。
聞けば会えたのは一回だけとか、初めていらしたとか、
そういう方も多いです。

蔵の中は寒いので、あったかくしていらしてくださいませ。
でも気温は寒くても、祭壇は今も銀さんがしあわせであることの証のように
あたたかい空気に包まれています。
そしてみなさま、いくら親分の御前だからって、正座は不要だよ!
(40分のスライドショーを正座のまま見終える方続出…)
昨日から、銀さんがいつも寝ていたほかほかカーペットを導入しました。
毛布に包んで使っていたので残念ながら御毛付きではありませんが、
お尻の下に敷いてあったかしてください、一人分だけど…


「毎日更新」を楽しみにしてくださっていた方々、ごめんなさい。
無断で一週間もお休みしてしまいました。
親分に倣ってこのブログをズバッッと止めようなんて思っていません。
これからも犬猫の話、イベントや展覧会のこと、浅草のこと、
お伝えしていきたいです。
でもタイトルと定款にそぐわなくなってしまうし、
もともと写真を撮るのが苦手な私は猫以外撮れそうもありません。
カメラは年末以来充電しておらず。バッテリーこんなに保つんだーと驚き。

毎日を記録「しない」という習慣も、4年ぶりに斬新です。
何もかもつるつると流れて、いつがいつやら覚えていられず、
すべてが溶けた餅のようにくっついてしまい、二七日も過ぎました。
銀さんとの日々はまだまだここにあって、でも銀さんの姿は見えなくて、
めそめそせず何をどう書くのがふさわしいか、まだわかりません。
写真はたくさんあるけれど、振り返るのもめそめそな気がするし、
七七日の間はええかのぅと甘やかしてみたり。

これを機に最初から読み直している方もおられるようで。
銀さんと出会ってから、毎日の更新に追いつくのが精一杯で
遡れたことがないというあやこ隊長は、1日1ページと決めて
三年前と日付を合わせて読み始めたそうです。
そうすると出会ったところまで2年もつそうですw
エライなぁ、オレ絶対守れないそのルール。
長編もあるからそれでも追いつけなかったりしてねw

最初はスキンの背景色が濃い色だったので、
銀さんのセリフが薄いグレーだったり強調部分も黄色だったりで、
背景が薄い色の今では読みづらいと思います。
たまに気づいたら色のみ直しています。
スキンは去年の6月に、記事千本記念で変えたのでした。
これまでの記事は 1,244本あるようです。
銀さんとエフで過ごした日数は 1,497日だそうです。
多いのか少ないのかよくわかりません。
そのうち70%くらいは寝ておられたしね。


何と引き換えにしたって、
銀さんのいた世界のほうが、いいに決まってる。

銀さんに会いたいよ会いたいよ会いたいよ。

それなのに、歩き出さなくてはなりません。
銀さんを「失った」ことにしないために。
a0180681_179110.jpg

蔵で泣いてる子分さん、後ろからそっと抱きしめたくなる。
オレたち今こそ猫団子になって、この震えを乗り切らないとね。
ボン母さん、ありがとう  

この時期、特に夜中は蔵の扉を開け放しているととても寒いのですが、
ナオトさんは閉店しても扉を閉めません。
閉じ込められてかわいそうな気がするの、とてもわかる。
でも銀さんは祭壇にくくりつけられているわけではないし、
扉の下の隙間をムリムリ通らなくてもどこでも行かれるし、
とっくにナオトさんの膝の上に座ってると思うよ、
もう甘えん坊を隠す必要もないんだもの。

フロントシートの二脚の椅子もね、銀さん閉店後の見張り用に、
毛布も敷いてセットしてあげたくなるのです。
店内が無駄に広く感じるより(実際狭いけど)、
窓際にずっと置いておきたいのです。
でも、朝に晩に空の席を通りから目にするのは
みんなもっと悲しいだろうから。
ただ寒いだけになってしまった窓際席。
すきま風を少しでも塞ぐため、昨夜から窓にシートを貼っています。

晶子さんが朝「なんだか床に赤い糸くずがよく落ちてるのよねー
銀さんのモフドだったらいいな…」と言う。
たぶん足拭きマットの毛だと思うけど、
朝来たらテーブルが肉球印だらけだったらいいのにね。
もともとお行儀のいい銀さんだけど、どこで遊んでもいいからね。
ぷちにゃのカフェキャットみたいに、
コーヒーカップにエヘンと浮かんでてもいいよ。

母は気づくと蔵の入口に腰掛けてスライドショーを眺めては
あっこれ見たことない!と喜んでいる。もう覚えるほど見たでしょうに。
「さみしいね、つまんないね、あーあ」と呟きながらも、
銀さんのことまったく知らないヒトにまで果敢に
「銀次物語」を語って聞かせては、ハガキを渡して蔵に案内している。
私は、猫の弔いと聞いてドン引きされるくらいなら
敢えて案内したくなくて、なるべく気づかれないようにしている。
今日は一番説明しづらい外国人に、「これはなんですか」と訊かれて
「んーっと、フューネラルです」とぶっきらぼうに答えると、
「それはご愁傷様です」と流暢すぎる日本語で言われてぶったまげた。
カフェでお絵描きしててリチャードみたいだなと思っていたら、
リチャードの友だちだった。心を閉ざせば出会いは減るよ、と
パブリックスペースに宿るパブリック親分から教えられたようだった。
「猫いる? エー死んじゃったの? ならやめておこうか」
と言って入口で帰るヒトもいる。
生きてたから来てくれていたのとセットだから、しかたないんだ耐えるよ。

銀さんが生きててもそうでなくても今まで通り来てくれるあやこさんは
「年末に煮るはずだった根菜が銀さんのせいで余っちゃって余っちゃって」
とブツブツ言いながら(とてもおいしく煮てたくさん持って来てくれた)、
「文句は神さまに言ってよ、神さまのせいよ」と私に怒られつつ、
毛糸を縒りながら「銀さんに引っ張られちゃうなー さっき足元通ったよー
掛けてた上着が動いたもんもん!」と言う。
銀さんにとても似合う、きれいなターコイズブルーの毛糸。


ぎんぎーーーん、ぎんぎーーーーーん、

みんなで呼んだらヒョコと顔を出しそう。
どうせ抱っこもできないけど、手の先だけでも会いたい。
モノノケでもその羽衣だけにでも会いたい。
まだそんな時期です。当たり前だ。


とても書ききれないこの一週間のいろいろ。のほんの一部:

火曜日、年越しを挟み二週間ぶりに待ち望んだ定休日、だったけれど、
休み@自宅一人は特に辛かった。いくらでもどこまでも沈んでいく。
病院にあの日以来のご挨拶がてら輸液セットや加圧バッグを返却に行き、
友だちが訪ねてくれたので夕食に出かけ。
ヒトと話しているだけでも、平気なような気がして来るけれど、
実際はまだ一歩も進めていない。
年末以来放置していた様々な案件の催促が届き始め、
慌ててメールを掘り起こして返信するなど。

悲しい夢を見てわぁわぁ泣きながら起きる朝もあり、
悔しさに抱きしめる湯たんぽはあたたかいけれどやわらかくない。
夢から醒めたところで悲しい現実は変わらずある。
でも、わぁーーーと声に出して泣くのはだいじ。
家とか、深夜自転車に乗りながらとか、息ができなくなるまで泣きます。
浅草@丑三つ時の名物妖怪にならないうちに収まるといいなと思います。


水曜日、母と祭壇のお花の整理をしました。
蔵の中は寒いので長持ちしていますが、乾燥のためごぶごぶ水を飲みます。
水切り、水換え、水差し、1時間かかるほどの量。オヤビン、盛大すぎッス。
ヒヤシンスや水仙がいい香りです。
春が待ち遠しい。冬は厳しくて悲しくて、縮こまる。


ほたるさんからいただいた今年の手ぬぐいと中身入りポチ袋。
今年のポチ袋、銀さんで作っておられたそうですカクイー。
a0180681_1755869.jpg

あやこ隊長が、銀さんのしめ縄モフドに使った毛糸を
大量に買い占めておられました。
何ができるのかな〜
a0180681_1761089.jpg

なんと、銀さんのしめ縄モフドとお揃いのシュシュになりましたー
モフド・スタンドにて販売中。
a0180681_0253573.jpg

そしてそして、銀さんコケシちゃんにも
あったか赤ずきんが… かわいすぎる…
雪の村に行くときお守りでいっしょに行くから
寒くないようにとお願いしたのです。
a0180681_21155100.jpg

私がこのコを抱いて歩いていても、かわいそうなおばさん、と
やさしく見守ってください。


海を越えてたいせつに運ばれて届きました、
花園でかくれんぼしている銀サバ猫さんの版画。
a0180681_148412.jpg

ハワイ在住5万人目の子分 T.T.さんがたくさんの励ましメッセージとともに
送ってくださいました。元気玉、しかと受け取りました。ありがとうございます。
猫吸いInstagramから訃報を知って、ご自分の好きな作家さんの絵を送ろうと
すぐに心に決めてくださったそうです。
たくさんの作品の中から奇跡的に見つけた花の中のサバ猫。
赤ちゃんだったり、1歳だったサジちゃんも、もう2歳になられて、
家族写真いっぱいのグリーティングカードも。
銀バッヂをお守りに、おすこやかにねサジちゃん。
ハワイからエフを訪ねてくださったときも、
銀さんはちゃんとお出迎えしておられたんだよねぇ。


年越し用にと11月に大量に購入した腎臓サポート食と吸着活性炭のお薬。
a0180681_2443057.jpg

ひそかさんのシェルター「被災どうぶつフォスターハウス」に
お送りしました。生きるチカラさらにムクムクだよ!

銀さんも以前腎不全で亡くなった猫さんからたくさんいただきました
あのときも、お墓参りの帰りというご縁だったふしぎ。
このごはんをいただくまで銀さんは同じメーカー同じ品名の
アルミトレイ版を食べていました。
いただいてみて、あ、パウチだ、中身もちと違う、と心配だったけれど、
試してみたら粒状で水分量が多くて銀さんはとても気に入ってくれました。
ぼそぼそしたアルミトレイメシはしかたなく食べていて、
時にウマいメシを足さなければならなかったのが、
それ以来何も足さなくてもウマイウマイと食べ続けてくれました。
それはとてもうれしい変化でした。
亡くなるほんのわずか前までも、二階とカフェを行ったり来たりして
何度もメシ喰ってゴー!していたそうです。
病院の先生の「猫だって楽しく闘病したいのだ!」という言葉を忘れません。

しかしだね、100gが132袋もあって重いったらないよまったく!
あ、神さまへの苦情です。
いっぺんに入れられる段ボールがなかなかなくて送れずにいたのだけど、
ちょうど届いたぷちにゃの箱がしつらえたようにぴったりで、
なんだかうれしかった。
つまんねえ写真だけど、このぴったり具合を見ておくれよ…
a0180681_244341.jpg

YUちゃんが送ってくれた、夏の寄り合いのときの写真から一枚。
みんなのはじける笑顔の中で、銀さんの静かな微笑み。
これぞ親分の佇まい。三社さまの網模様手ぬぐいも、カクイーね。
ええ写真、ありがとう。
a0180681_1784933.jpg

写真の整理、泣いたら止まるので、とても追いつきませんで。
いつか叶うなら大銀次上映会、略して「大・銀・上(だいぎんじょう)」を
ドーーンとやろうゼと話しているんですけどね。いつになるやら。

たくさんの写真を振り返り、何より胸を打たれるのは、
銀さんがまっつぐ私たちにくれていた「信頼」です。
信頼があったからこそ、ここで起きていることのすべてを瞬時に理解し、
受け容れ、自分のこととして動いておられたように思います。
私がブログで銀さんの日々をみなさんに伝えていることさえ、
知っていたような気がします。
見守られていたのはやっぱり、私たちのほうだったのだなぁ。
まだまだ子分精進の途中なのになぁ。


浅草にも一瞬粉雪が舞った木曜日、飯舘村は大雪。
変わらず徒歩で給餌を続けるHさんのブログより[こちら]。
上目の黒猫(クロ)がたいへんなことになっていた。
あんななつっこいコが3回連続で出て来ないのは異常、というHさんの判断に、
クロが反応してくれてよかった。瀕死だった。
翌日、飼い主さんと連絡が取れ、クロはHさんに委ねられた。
白血病と思われる茶たぬも状態が悪く、入院していると聞いた。
冬はこれからさらに厳しくなる。
同じ命。同じ猫。
生きるチカラを振り絞る彼らを前に、泣いてはいられない。


そんな日々の中で、これからも銀さんと生きる道を探しています。
こうなってしまったからこそできることがあるのではという
一筋の光を見失わないようにしたいと思います。
勘違いであっても、信じることがチカラになるかもしれないから、
ムクムクとそこへ向かって行こうと思います。

今日は豆かあさんが、とっておきのお守りをくれました。
おみくじ@観音さま、お願い事をしてから引いたんですって。
「銀さんが天国へ行って泉さんをしっかり守ってくれますように」
そしたら出て来たのは、六十二番の大吉でした。
a0180681_2391882.jpg

私が大バッテンとともに告げられたあらゆる最悪の事態を
すべてひっくり返して取り戻すお告げが書かれていました。
あぁ私は願い事どころか、銀さんを連れ去るなんてヒドイじゃないか!
と恨み言をぶつけていたんだろうね。心構えがまるで違うよね。
甘えんな!バッテン、ベシィイ!っておでこに貼られてね。
ほとぼりが冷めていつ引き直そうか(ズルです)と思いながらも
またまた凶だったらシャレにならないから怖くて引けずにいたの。
どうもありがとう。

豆かあさんと銀さんの想い出 

なんと豆ちゃんが、銀さんのお出迎えゴロン芸を引き継ぎつつあるそうです!
現在はまだ条件付きながら、かあさんが帰って来て
「ただいま、ゴローン」と言うと、銀さんとまるで同じに、
ちょっと考えてから、肩をひねってゴロンしてくれるんだって。
今までやったことないのに。
銀さんがどこでも飛んで行けるようになった証だね。
豆ちゃん、かあさんとっても喜ぶから、よろしくね!


励ましのメールやメッセージもたくさんたくさん、ありがとうございます。
お返事を書いていると一年かかりそうなので取りかからずにおりますが、
すべてありがたく読ませていただいております。
遠方にお住まいの方や、お会いしたことのない方も含めて、
痛みを分け合ってくださっている方たちのことを想うとがんばれます。
こんなにもすてきな子分さんたちに愛された、銀次親分が誇りです。

仁義箱もご活用いただきありがとうございます。
追って別ページでご報告させていただきます。
mimiさん、空を飛んだお気持ち無事届きました。
深い信頼をお預けいただき、涙が溢れました。

郵便局からの送金をスムースにするための口座開設の話、
(口座を使っての募金はいたしません、あくまで仁義箱のみ)
お仕事で慣れておられるというほっぴーさんが
団体の定款のひな形を作ってお送りくださいました。
私だけだと当分やらないか小学生レベルだったと思います。
それぞれのできること、ありがとうございます。
これもまた、銀次子分の会は倒れないという宣言のような気持ちです。
「一年に一度の総会」ってのも会則に載っていましたよ!
会員名簿の提出も必要です。住所とお名前を記載させてくださる方は
メールにてご連絡ください。

チーム銀次のみなさまへご報告です。
三が日にあやこチームがぶっつけの初単独で行って来た
雪の飯舘村給餌レポートが公開されました!
隊長ブログ書くの苦手なのにおつかれさまでした!
おなじみの犬猫たちが登場しています[こちら
引きこもりのチビと畑犬が小屋から出てるの初めて見た!
みんなの名前を呼んで、メシを運んで会いに行くヒトがいる。
私たちが初めて単独で行ったとき、
カミ先輩もこんな風にうれしかったのかな。
この給餌のフード代として、仁義箱2013年繰り越し分から
8,042円を使わせていただきました。領収書は後日別ページに。
応援ありがとうございました。


カミ先輩のInstagramで人気沸騰中の外猫まるまるが、
銀次親分トリビュート/モフド・コラボのフォト・セッションをしてくれたよ!

     

Lサイズのモフドを装着したまるまる。
外猫なのでもちろん撮影のみでモフドは外していますよ。
毛色は違うけど、(ゆるい)ハチワレとむっくりした立派な(ぼよよん)体型と、
キリリ(時々ホゲ〜)な目と、遠目で見たら一瞬ドキッとして泣けちゃったよ〜
まるまるも首周り平気なんだね。Lサイズって、銀さんより体が大きいんだね。
三毛ちゃんに「いんちき〜」ってツッコまれてるけど、
ニセじゃあまりにかわいそう、モノマネ(失敗)に認定だよー
赤モフド着けたらもう完璧。
浅草芸人さんのプッチャリンみたいに「浅草・銀次郎親分」て名乗ろうよ。
まるまる、カミ先輩、楽しい写真ありがとう〜


[とりいそぎのおしらせ]
1月16日(木)17:00〜21:00 貸切となります


こんなに長くなるくらいなら小分けに毎日書け、という声が
聞こえて来るようですが、毎日のリズムがまったく狂ってしまったので
そうはいかないようです。
当分不定期になりますが、またここでお会いします。
ここも銀さんの三つ目の家のようなものだから、
ちゃんと守っていくからね。

本日(火)定休日です。



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-01-14 04:25 | 日常


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ