チビを探しに 1:日課

10月4日、日比さんのブログで一気に全身の血が冷えた。
千夜ちゃんがひとりでチビが出て来なかった。
かなりの頻度で通っておられる日比さんにとっても
それは初めてのことだった。

猫のチビと千夜ちゃん、犬のチーズ。
私が日比さんからこのお宅を初めて習ったのは今年の3月4日
まだ「かんじき」が必要な頃で、蔵ら(さくら)に初めて会ったのもこのとき。
普段から日比さん以外の給餌ルートにあまり入っていない家、
悪天候ならなおさらたどり着きにくい場所をいくつか教えていただき、
その後ほぼ欠かさず通った。

最後にふたりに会ったのは9月始めの犬猫牛まつりのとき。
([前回]というリンクを辿ると全部遡れます)
全24回の給餌行のうち14回通って14回ともふたりに会えていた。
チーム銀次の他の車を足しても、誰も会えなかったことはない。
繋がれた犬と違い、猫にヒャクパー会える家は他にはない。
ふたりは必ず倉庫から出て来る。
チビの目を盗んでキジトラが入り込んだり
白猫が仲間入りしていたことはあったけれど、いつもふたりいっしょだった。
ここまで「必ず会える」と、いつか必ずやって来る
「ひとり足りない日」を私はずっと怖れていた。
そんな日がどうか来ないことをずっと願っていた。

チビは狩りが得意で倉庫にはネズミや鳥のバラバラ死骸が転がっているので
飢えで死ぬことはないはずだ。
他の場所よりも比較的見通しもよく大型の野生動物の害は見受けられず
それほど心配の多い場所ではなかったけれど、
ドライがよく空になるので小型の野生動物は入っているようだった。
それには獰猛で猫をも喰うというハクビシンも含まれる。
ジョセンが始まり周辺の交通量も多くなっている。

日比さんの記録を見ても、チビはいつも必ず倉庫から登場する。
メシ喰ったらふらりとどこかへ出掛けるのは千夜ちゃんのほうで、
チビが遠征することはこれまでなかった。
オレ様主義で気が強くて、チーズ(犬)の鼻面をわざわざ叩きに行ったりもする。
でもチビはなにより「おうちのコ」で、おうちにいるのが好きで、
どんなに真夏でも激暑ムンムンの倉庫の中から出て来てまた帰って行った。
母屋の玄関前で転がっていることも多く、中に入りたそうにも見えた。
一度おうちの方が帰宅中に家の中を出入りしていた姿も忘れられない。
あぁこのコは飼い猫なんだ、強がっていても、と思ったのだ。

そんなチビでも、一度くらいは会えない日があってもいいだろう。
日比さんたちはネ根性組と違って1時間も遊んでいたりしないから、
たまたまどこかでぐっすり寝落ちていたのかもしれない。
私は固唾を飲んで翌日の報告を待った。
でも日比さんは翌日(5日)立ち寄っておらず、待ちきれず私は
6日に給餌に行く方に、寄ったら結果を教えてほしいとお願いした。

結果は、チビはおらず千夜ちゃんひとりだったと。
これはもう偶然ではない。
チビに何かが起きたことだけは確定してしまった。
数年に一度のオトコの気まぐれ遠征。そうであってほしい。チビもオトコだ。
千夜ちゃんと大げんかして家出。それもアリだ。千夜ちゃんも気が強いから。
でも、仲直りも早いふたりなのだ。
もしも怪我をしているなら一刻も早く見つけてあげなければ。
もしも死んでいるとしても。
おうちが好きだったチビを見つけてあげたい。
手遅れになる。それはこの村で起きているすべてのことに言える。
後悔は猫のためにも誰のためにもならず自分を辛くするだけ。
私には、どうか無事でと祈っているだけでは足りなかった。
明日は火曜日じゃないか。

休みとはいえ他にもやらなくてはならないことはたくさんあるのに
どうしてこうもカーッと、頭が占領されてしまうのか。
自分ではたどり着けないあの村のあの猫たちに。
それは小春や山裾のシロへの後悔、石屋のチロへの心配、
迷いやためらいによって一歩遅れることが命に直結し、
取り返しのつかない結果にもなることを知ってしまったからだ。
私の猫ではないけれど、所有の問題ではなく、
猫たちをあの場所に剥き出しで置いたままにしかできないでいる
自分の問題として常に抱えているからだ。
自分の置いた猫が危ない場所で危ない目に遭う。
「無事でいてね」と言っている場合ではとっくにないのだ。

蔵らを保護したいと伝えたときと同じテンションで
その夜日比さんにお願いのメールを送った。
日比さん始めチビを訪れているヒトたちはきっと同じように心配なはず。
けれど給餌に行っているヒトたちに、チビ探しに時間を使うことはできない。
待っている命、危機に瀕している命は他にもたくさんある。
私は運転できないから一人では村へ行かれず給餌もできない。
給餌のヒトたちができないことをやらせてください、
チビの家で降ろしていただき、チビ探しだけをさせてください。
そのためだけに行きたいのです。

村に入るには結局誰かを頼って迷惑をかけることになるから
「チームひとり徒歩々(トホホ)」なわけで(過去の活動w )、
犬猫たちのためいちばんやってはいけないことは
日比さんの活動時間を削いでしまうこと。
ともかく、せめて、私を置き去りにしてさえいただければ…
その後電話で話した日比さんは諦め声で
「来るのね。じゃ、9時に郡山駅で」と言ってくだすった。
背後で奥さまが「上野発は7時38分〜」と教えてくださり、
そのまま手の甲にメモした @22:40

そこから母と晶子さんとチームメンバーに急なことでと報告して、
止めても聞かないよねとありがたくも応援とともに送り出され、
仁義メシの在庫からチビたちの分と隣のマガリたちの分を用意。
保護するための洗濯ネット、バスタオル、毛布なども持ったし
着替えと念のための冬支度も入れたら荷物がアホみたいにデカイけど
それはいつものことだ。
鍋を二つ煮ていたので遅くなってしまい、明け方から自宅で支度。
寝たら起きられないからそのまま行くゼ押忍。
新幹線だけど長靴とレインスーツとリュックで行くゼ。

って前置きがなっげーーよ!


猫のみなさんは寝てたらどうですかー
a0180681_155161.jpg

坊ちゃんもねむねむでしょー
a0180681_155519.jpg

私が寝ないと枕元には行かないらしい。と初めて知った。
ごめんね…
a0180681_1551399.jpg

さくらはん…
a0180681_1551970.jpg

おケツがのりきれてないよ…
a0180681_1552498.jpg

上野から新幹線で70分、定刻通り郡山に着き、
肉球号の車中で日比さんに確認する。
9月29日以降10月4日までの間、日比さんか他の給餌隊はチビの家に行ったのか。
各給餌隊のブログレポートが出るまでに時差はあっても
日比さんのところには事前と事後に訪問先の報告が行くようになっている。
日比さんや他の隊の翌日のルートを作るために必要な情報だからだ。

リストを見ると、誰も行っていなかった。
日比さんが訪れた29日を最後に、空白の五日間。
チビが行方不明なのは4日からの三日間ではなく、もっと長い可能性がある。
もしも29日の夜に何かあったとしたら、すでに一週間…


「チビんとこ直行したほうがええ?」
いえいえ通り道は寄って行きましょう、日比さんの日課ですから。
というわけで、山木屋交差点のみなさんから。[前回
お富士さーん @10:00
a0180681_1553133.jpg

「おっちゃーーん」とみんな日比さんに駆け寄る
a0180681_1554364.jpg

ゴエモンの傷の経過を確認する日比さん
a0180681_1554841.jpg

声だけ威勢のいいサバビちゃん。あとちょっとで触れそう。
a0180681_1555591.jpg

ごはんやでー
気づけばオレ、日比大先輩と給餌してる。斬新…
(そういえば返品されたことあったな…)
a0180681_20105287.jpg

なつっこくない三毛ちゃんとキジ白くん
a0180681_2013308.jpg

もう一匹はアビ色。みんなガツガツ
a0180681_20143642.jpg

おやつ追加要求。おっちゃん優しいからいっぱいくれるで。
こちらが299肉球号。
a0180681_2052871.jpg

いっぱい食べてねお富士さん
a0180681_1562416.jpg

続いて私は初めて、坂のチョコちゃん宅 姿ナシ。
[メモ]奥からドライ置き場とウェット置き場とダミードライ置き場
a0180681_20215416.jpg

続いてGS横。[前回
わー日比さんだとシロ触れるんだ…
a0180681_1595988.jpg

並んだ並んだ
a0180681_15101872.jpg

「シロがんばっとるなぁ」
日比さんが猫たちにかける声は甘く優しく泣きそうになる。
猫たちにもきっと毎日のおっちゃんの訪問が励みになっているのだ。
a0180681_15112761.jpg

ゴロスリ茶トラくんと、サバ白に追われて
隅っこでしか食べられないハチワレさん
a0180681_17534321.jpg

続いて、監視カメラのデータを回収にゲート前牛舎へ。[前回
納屋の二階をカタンと横切ったのは白い大きな猫。
さくらと同じ色合いの薄茶白かな。写真撮れず。
続いて母さんも発見。
日陰亭臨時保育園の最初のシマシマ三匹兄妹の母さんです。
お子さんたちみな新しいおうちでしあわせに過ごしていますとご報告。
a0180681_20223756.jpg

重機の下に移動。どこを撮ってもお行儀よく三つ指ついて。
おうちの方が帰宅されており朝ごはん置いてあったので
白猫の分も少しずつだけ補充。
a0180681_20234268.jpg

任務完了さぁチビのところへ、と出発すると、車道に出て来たお方が…
ムクじゃないのぉ〜〜 [前回
a0180681_20395619.jpg

これは素通りできぬゴチーン
a0180681_20401442.jpg

「行くんやね…」と日比さんも車をアプローチに向ける。
散歩に行こうとしてたムクもUターン。ごはん食べ行こ行こ。
a0180681_2040591.jpg

ジョセンで様変わりしたアプローチをいっしょに歩く
a0180681_20404184.jpg

チャビもいた。うわーほんとに触れるようになっとる。
てか、顔に怪我してる…
a0180681_2042203.jpg

軟膏ぬりぬり、ポンポン
a0180681_2046038.jpg

うぅ痛々しい… まるで顔の正面から噛み付かれたみたいだ。
痛いのだろう、ドラミちゃんみたいなまん丸かわいらしさは消え
険しい顔をしていた。
a0180681_20433898.jpg

ムクもさ…気をつけてね…
ムクはチームぶさかわとしてだけでなく、チビと似ているところがある。
ムクのほうがお出かけして、通りの向こうから登場することもあるし
会えないこともあったけど、たいてい家で会えるしなつっこくて家に入りたくて
首輪もしている完全な飼い猫。
それでも、ヒトのいない時間、猫と同じ隙間から入り込む
獰猛な野生動物から守ってあげることは誰にもできない。
a0180681_20462075.jpg

「マメとこも行ってやりたいけどなぁ」と並びを通過して、
続いて「小春の家」[前回] チョビだーー
ものすごい移動範囲を誇るフーテンのチョビ。
私が一度だけ会ったことあるのは1月、雪道の途中
葉タバコ組合にいたときもあった。今はこの餌場に落ち着いている。
チビもチョビみたいな猫だったら、しばらくいなくても
どこかで会えると信じられるのだけど。
a0180681_20463321.jpg

なつっこくないサビと三毛
a0180681_20473388.jpg

チョビも怪我アリ
a0180681_20475491.jpg

どこに行ってもいいけど、車に気をつけて、元気でいてね
a0180681_20482273.jpg

オホッ、お愛想ありがと
a0180681_20484720.jpg

日比さんが坂の上に向かって猫声で呼び掛ける。
「もう一匹、みんなからいじめられてんのがおってな」
餌場に近づけないそのコは、呼べば必ず応えるのだそう。
やってみると、小屋の中から応える声が。
隙間から覗いたらいた、茶トラくん!
a0180681_20483326.jpg

戸の隙間から皿を入れるとガツガツ必死で食べた。
「必ず声かけてやって」と日比さん。ハイそうします。
a0180681_20485779.jpg


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-10-09 04:40 | お出かけ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

Twitterでフォロー..
by picci at 07:11
ツイッターもこちらも毎日..
by 桃 at 17:41
何度も何度も何か書かせて..
by tomotomo at 17:39
心配しておりまし…涙か溢..
by ゴマ at 15:51
心配しておりまし…涙か溢..
by ゴマ at 15:51
心配しておりまし…涙か溢..
by ゴマ at 15:51
銀次親分の頃に1度。すず..
by daisogen_10 at 01:34
ツイッターの様子から、と..
by JUNKO at 19:40
毎日寝る前にふとんの中で..
by chi-mama at 13:12
twitterの更新がな..
by bird at 04:01
izumiさんのファンの..
by saba-sava-cat at 03:55
銀次親分の四十九日にお店..
by haru at 01:32
Twitterの更新がな..
by 豆ごはん at 00:02
Izumiさん お疲れ..
by コテツ母 at 23:40
izumiさんの書く文章..
by にゃほい at 22:46

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

お気に入りブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ