春来たる 4:丘の上で

多くの命を危機に追い込んだ未曾有の大雪を経て、
待ちに待った春の青空だった。
a0180681_15505512.jpg

けれど、より深い汚染を染み込ませ再び姿を現した大地と
損傷を受けつつもぐんぐん芽吹き始める樹々や草花に、
ヒトのいない哀しさ虚しさはむしろ強調される。
縁もない村に出入りを繰り返す自分もまた、足取りのない亡霊のように感じる。
オレここにいるよーー
a0180681_155258.jpg

クラクションを鳴らすと集まる猫5匹のお宅。[前回
クラクション二度鳴らしても誰も現れず…
メシだけ縁の下に置いて帰るフリして離れて待っていると
サビ猫ヒゲちゃんと茶トラのアカのみ食べに来た。
逃げ出すアカ。
とっとと帰りますから、みんなでゆっくり食べてくだされ。
a0180681_2154816.jpg

a0180681_275944.jpg

a0180681_281010.jpg

真向かいに見える蔵らのいる丘。[前回
雪の間は一番の難所だった。(かんじき隊
あぜ道を走り、丘の上まで車で行かれるようになった。
a0180681_15505055.jpg

蔵らの小屋に着き、雪どけのその有り様に立ち尽くす。
柱の根元までイノシシに掘り起こされボコボコになった地面。
日比さんが埋葬したたぬきの死骸まで地表に出ていた。
骨は剥き出しだったけれど毛はまだふさふさしていた。
a0180681_15553746.jpg

ここは開けた丘の上で、飢えた野生動物たちが寄って来ている。
飼い猫にはあまりに過酷な環境。
日比さんのレポートで、最後に餌場で会えていたのは[3月16日]、
私たちが[18日]に行ったときも会えず。
その後あぜ道で見かけられるようになった蔵らはずいぶん遠くまで降り
ねずみを捕まえ、車道を渡ってまで移動していた。[3月27日
もうここからは離れてしまって会えないと思っていた。

そこへ、ニャーという声。
荒れ地の向こうから、しっぽを立てた蔵らがやって来た。
a0180681_15503458.jpg




ハラ見せゴロン
a0180681_15554312.jpg

オレモッフ係、豆かあさんメシの支度。
むさぼる蔵ら。カロリーエースもほぼ飲み干した。
あなたがねずみを食べていたの、東京で見ていたのよ。ごめんね。
a0180681_1557082.jpg

鼻づまりか胸の音か、ゼェゼェ鳴っている。
役場で日比さんは「風邪引いてへんな咳をしている」と言っていた。
これを咳と呼ぶだろうか?
胸まで鳴っているとしたら、悪化しているのではないだろうか?



とても心配で日比さんに電話する。
蔵らに会えました、でも心配です、風邪も悪そうだし、
餌場にも寄れないし、まだ観察しないとなりませんか。
「咳は一週間ずっと続いていて、悪くなっているとは言えない、
見守って、悪くなったらすぐ保護するつもりだから」と言ってくださった。
尻穴からは白い虫が出て来たのでつまんで取った。
ねずみを食べたらきっといろんなばい菌が入っている。

こんなところで、今日のひととき出会えた奇跡。
a0180681_15473667.jpg

次に日比さんが来るまでに蔵らが安全である保証はどこにもない。
a0180681_15474287.jpg

おなか落ち着いてスリスリ
a0180681_1602924.jpg

久しぶりに安心して食べ、甘え、くつろぐ。
獣の臭いが漂い、横には腹を裂かれたたぬきの死骸が転がっている。
思いっきり甘える猫の姿と、周囲の過酷な環境とのギャップ、
その異様な光景に、涙が止まらなかった。
蔵らは明らかにヒトの手を必要としている飼い猫だ。
心の底から「ごめんね」と悔しい想いが溢れて止まらない。
ごめんねと言いながら今日も私はこの状況を放置する。
生きていたらまた会おう、と去ることは、ここで生きろと強要することだ。
こんな小さな猫にそこまでさせて、私には何ができる?

ぐぅぱぁ
a0180681_16121615.jpg




小春を保護したときも豆かあさんといっしょだったな、と思い出す。
あのとき迷ったせいで一歩遅く、
もっとしてあげられることがあったのではと後悔した。
あんな想いは二度としたくない。
でも私はキャリーを持って来ていなかった。
a0180681_1682949.jpg

次に来たとき、ここに転がっているのは蔵らの死骸かもしれない。
大雪のあとの猫たちのように、二度と会えないだけかもしれない。
どこかで生きていてくれよと願おうが、後悔に押しつぶされようが、
乗り越えようが忘れようが、蔵らの生涯にはなんの助けにもならない。
a0180681_16224931.jpg

やがて蔵らは私の手のひらを枕にすぅすぅ眠ってしまい、
私たちは丘の上で1時間を過ごした。
せめてその間は、獣も鳥も近づいて来ない。
a0180681_16203867.jpg

もう一食分のメシを小屋の屋根裏に置き、
日比さんと猫撮る先輩がきっと来てくれるから、
明日もあさってもここにごはんを食べに来るんだよ、気をつけて、
と蔵らに言い聞かせ、身繕いの隙に車に飛び乗る。
a0180681_1681340.jpg

明日までの保証はない。あさっても遠い。
何が起きているのかも、他にどんな世界があるのかも知らない蔵らは
「ここから連れ出して」なんて言わない。
ただこの村の、一変してしまったあの日より前の日々と、
いまの日々があるだけ。ただその中を生き抜くだけ。
決めるのは、彼らの世界を変えてしまったニンゲンでしかない。
今日のこのとき、蔵らを置き去りにするのは私なんだ。


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-04-03 16:51 | お出かけ | Comments(3)
Commented by ねこなで at 2014-04-03 20:07 x
目の覚めるような青空と、剥き出しにされた大地の対比を見て
何とも言えない気持ちになりました。
蔵らの咳混じりの息遣いや、ご飯を食べる音、グーパーの
肉球の動きの全てが、「私は生きてるんだよ、今ここで。」
と突き付けています、全てのニンゲンに。
Commented by 栗ごはん at 2014-04-05 15:36 x
昨夜レポートを読んでいて、言葉が出てきませんでした。
久しぶりに湯たんぽ(昔の水枕みたいにポヨポヨしているの)を作り、抱いて泣きました。
蔵ら、他のみんなも何とか生きて、生きてね・・・とまた涙・・・。
感情的になってしまいます。
Commented by まもむめこ at 2014-04-07 15:25 x
飯舘はこれから美しい季節を迎えます。花が咲き乱れて、人の住まなくなった家の周りを彩り、本当に哀しいくらい綺麗ですよね。寒さがつらく暑さがつらいあの子達にも少しだけ過ごしやすい季節になります。いつもありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

言葉が見つかりません。。..
by むぎ at 21:31
izumiさん。 みー..
by ナホ at 23:48
譲渡会の時に2度お会い出..
by nerogattoroigatto at 13:15
今日、知りました。 ど..
by かつお at 17:46
Izumiさんの周り..
by akiwan2nyan2 at 13:15
『ぼくらは きっと待って..
by バジル at 01:38
ldrnshd ..
by CurtisPek at 23:35
Izumiさん、お疲れ様..
by しんのすけ at 17:57
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
清らかで強い心を持ったう..
by むー at 02:28
すみません、かめ吉です。..
by かめ吉 at 02:22
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ