冬の猫 4:犬の声

16:30の夕暮れ。
a0180681_2464281.jpg

15軒目の鮮血。
鮮血は10日ほど前にもHさんのレポートで報告されていてショックだった。
体の比率にしたらかなりの量ではないだろうか。
a0180681_2465084.jpg

8月に初めて会ったゴロスリキジトラさん、[8月
怪我はしていなかったけど。お仲間はどこでどうしてるんだい?
a0180681_2413299.jpg

あとでHさんのブログを見たら、ごはんに口もつけなかったのは
Hさんが先にあげていたからだった。2匹とも怪我ナシと確認されている。
a0180681_2424123.jpg

気をつけてね、何かが襲って来たら全力で逃げるんだよ。
a0180681_2444115.jpg

地区を移動して二軒。
17時を過ぎているのでここが最後だろう。
お歯黒サバちゃんことチーズのちーちゃん [前回
と他たくさんの居着き猫たちがわらわら。
a0180681_21372645.jpg

煮干しいっぱい、お母さん今日も来てくれたのね、よかたね。
a0180681_21373475.jpg

もう一軒、犬3頭のお宅。[前回
大歓迎の2号からお散歩に行く。
a0180681_21374972.jpg

走る、走る、走る。
道路はすでに凍っていて、おばさんそんなに早く走れないよ。
前へ前へ、先へ先へ、グイグイ駆ける2号の尻を見ながら、
わんわん泣けてきた。
a0180681_15212177.jpg

散歩に行きたくないコは一匹もいない。
チャックもそうだったし、チビで確信した。
ヒトの言うことを聞いて繋がれてることじゃなくて、
走ること、それが犬だ。
まだまだ行きたいけど行けないコがたくさんいる。
行けない理由があるんだ。
a0180681_21392231.jpg

早く走れないおばさんは考えましたよ。
まだふかふかの雪が積もる土手に2号を上らせてみた。
a0180681_21432132.jpg

すると、雪を蹴散らし土手を上ったり降りたりの上下運動を
かなり楽しんでくれた。
おばさんはリード握って下で待ってるだけでらくちん。
a0180681_21393055.jpg

1号とビーグルは逆方向にお散歩に行った。
ビーグル以外はいがみ合ってしまうので近づけてはいけない。
a0180681_21401644.jpg

楽しかったね!
a0180681_21402265.jpg

前回からお散歩に行けなくなってしまった3号、
どうにか連れ出してあげたかった。
近づけば飛びついて来るのにリードを見ると小屋の奥にもぐって
ガクガク震えてしまう。
あやこさんがお正月に行ったときも同じだった。

チビと散歩に行けたことを自信に、3号に話しかける。
銀さん、このコに伝えて。
a0180681_21332190.jpg

村に入る前の最後のGSで給油中、まだ夜明け前なのに
高い天井の梁にたくさんのスズメが集まって賑やかに歌っていた。
車外でおせんべいを齧っていた私は「おせんべあげるよ、おいで」と言った。
するとカミ先輩が、いつも給餌活動を応援してくださっている
Fゆかりさんからエフで聞いたという話をしてくれた。
ゆかりさんは鳥と心を通わせることができて、毎日ベランダにたくさんの鳥が来る。
野生の鳥たちが、間近まで来たり、目の前で「見て見て」とホバリングしたり。

"「おいで」じゃなくて「来る?」って訊くの"

それはとても大きなヒントだった。
ほんとだ、つい「おいでおいで」って言っちゃうけど、
それってすげぇ上から目線ワードじゃん! と目うろこ。
何がしてあげられるわけでもないのに「おいで」なんて、
来たならかわいがってあげましょうか的な、
自分がうれしいとか得意気になるための気持ちなんじゃないか?
言葉の問題じゃなくて、どの心持ちで接しているかという意識の話だ。

当たり前のように「散歩行こう、おいで」じゃなくて。
犬たちは「散歩なんて行きたくない」んじゃなくて、
「行きたいけど行くために解決してほしいことがある」
って言っているんだ。
こんな環境を耐えているんだから、それくらいどうにかしてあげたい。
声を聞きたい。だいじょうぶ、って伝えたい。
(photo:豆かあさん)
a0180681_16133017.jpg

その変化の瞬間の感覚は、チビのときとまるで同じだった。
すっ、となにかが通って流れるような。
なんだったのかわからないけれど、何かが通じたことには間違いない。
3号が懐に深く飛び込み、顔を舐め私の涙をぬぐってくれた。
前足で顔を拭いてもくれた。ンコ付きデカ肉球スタンプありがと…
隠していたリードをそっと取り出す。
もう逃げない。キツく留められた首輪にリードを装着できた。

3号は一番奥なので必ず1号2号の前を通らないと出入りができない。
もしかするとその時にすれ違ってしまうことさえも怖いのかもしれない。
これまでは「お互い仲悪い、お互いガウガウ言ってる」としか見えていなくて
勝手に「どっちも同じくらい強い(ケンカ両成敗)」と思っていて、
「ハイハイ、やめなさい」と引き離すだけで終わっていた。
同じガウガウでも、一方が強く当たり散らして、
一方はやめてやめて、と言っているのかもしれなかった。
そんなことも、考えてあげたことなかった。
犬のことはわからん、て。
今度からは順番も十分気をつけて安心して出られるようにしてあげよう。
「行きたい」気持ちを、「行く」気持ちに、道筋をつけてあげること。
すっ、と通ったあの感覚を、つかまえたい。


お散歩写真は暗すぎて撮れず。
車道に出たところで、戻って来た1号とビーグルと二人の姿が見え、
「2号ごはんまだだから!」と遠くに声をかけて反対方向へ向かう。
「3号? 行かれたんだ!」と歓声が背中に響く。
行かれたもんね、やったよね3号!

3号はうれしさ全開でワヘワヘ駆けっていたけれど、
体を低くして激しくクルクル回るのが2回あった。
れんちゃんの癲癇発作が爆発する前のグルグルとすごく似てて、
思わず抱き上げて止めなくてはと体が反応したくらいだった。
発作には至らず、すぐ元に戻ったけれど。
れんちゃんの発作や神経症状には15年分の経験値があるものの、
犬についてはうれしさのあまりなのか、脳障害か、ストレスの爆発なのか、
私には判断できなかった。
でも最後は自分から角を曲がって家に戻ったので、
満足してくれたのだと思う。

戻ってみんなにメシメシ。
ひとつ乗り越えて、また誰とでもお散歩行けるようになってほしい。
私もまたひとつ、きみたちから教わったよ。
ひとつずつ、「だいじょうぶ」を足していけたらいいな。
番号じゃない名前を呼ばなくちゃね。


とっぷりと深い闇。空には満天の星 @18:00
心がパンパンで去り難く、涙も鼻水も流しっぱなしで
道に座り込んでいると、ちーちゃんやキジ白が交替で
話しかけて来てくれて、濃厚におもてなしいただいた。
辛いのはきみたちなのに、元気くれてありがと。
(photo:猫撮る)
a0180681_2131257.jpg

暗闇にたくさんの黒猫たちが走り回って遊んでいる。
犬たちも落ち着き、伏せたままこちらを見ている。
猫の足音だけが響く静寂。
豆かあさんは猫たちが眠り込んでしまわぬよう、
何度もボンネットを開けたり車の下を覗き込んで見張っていた。
放っておきながら見守りつつ、待っててくれてありがとう。


12月に集中して行ったワンコ地帯は丸ごと諦め、
猫を中心に17軒にてタイムアップ。
病院+ンコ沼で約3時間だからね…
今まで行っていなかった場所も覚えたし、また来るし、よしとしよう。

12月とは逆でこんなにも猫まつりだったのに、
私の心のど真ん中をぐっさり貫くのはやはり犬のことだった。
来るたびに異なる大きなテーマを突きつけられる。
それだけ問題が多岐に渡っているということでもあるし、
とても誰かに背負いきれることではないけれど、
せめて向き合って考えて行動することを止めないでいたい。
この村で起きている異常事態はここだけの問題ではなく、
この国全体の、世界全体の、永遠の問題であるはずだ。

死を尊ぶならば死んだように生きるのではなく、
生を阻まれても生きようとする命に寄り添っていたい。
無人の里山に嗚咽を吐き出し、切なる願いを彼方に叫び、
さみしさを振り払い愛しいひとの名を呼ぶ。
犬の声に自分の声を重ねる。
少なくともその間、私は顔を空に向け、走っている。
これからも銀さんと生きてゆくために、
今の私にできることはこれなんだと信じる。


3週間出番がなくヘソを曲げたカメラがフル充電から15時間しか働かず、
(寒かったから?)最後にバッテリー切れ。
猫撮るさんに撮っていただきました。
氷の上に這いつくばり、豆かあさんはヘッドライトで照らし。
我らが守護神・銀次親分 in 飯舘スノウ。
お見守りありがとうございました。
a0180681_21341233.jpg

村を出て電波を取り戻したところでカミ先輩が病院に電話して
小春の状態を聞く。
血液検査では臓器の問題は見られないものの、低体温と貧血がひどい。
傷の洗浄と消毒、乾いたら縫合の予定で退院の見込みも立たず。
少なくとも今夜そこはあたたかい。がんばれ小春。
Hさんのブログに恐ろしい報告があった。
野生動物だろうか、小春も、何が起きているのだろう。
きっとこれからも。


ついに実現、帰り道の自分給餌ムハムハ @佐野SA @22:00
みなさまからおすすめの佐野ラーメン。
なぜかオレだけミニカレー付き(常に)。
a0180681_2132125.jpg

高速代を半額にする時間調整のため、車内でしばしの仮眠。
栃木あたりから雪と雨。日中いいお天気でほんとうに助かった。
浅草に着き、カミ先輩の車を停めておいた駐車場にて
荷物を移し替えて解散。
そこから二人はそれぞれまだ1時間の道のり。
2:30には二人から無事到着のメールが届き、ようやくほっとして丸24時間。
忘れないうちにレポートを書き始めて眠れなくなり、朝日を迎える。
村でも同じ一日が始まる。


銀さんが旅立って最初の給餌行。
銀さんにではなく今も苦しんでいる動物たちのために、
という呼び掛けに応じてくださったたくさんの方々のお気持ちと応援と
差し入れを背負って、チーム銀次は再び立ち上がることができました。
どうもありがとうございました。
フードの購入費の報告は[こちら]です。


:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:

小春が息を引き取ったとの連絡が届く @本日17:00
やはり致命傷になってしまっていたのだろう。
旅立つとき誰の手もそばになかったことに変わりはないけれど、
せめて最後の三日間はあたたかい部屋で過ごした。
Hさんにだけ負担を押し付けるわけにいかない。
これからも、ああいう猫に出会ってしまったときどうするか、
自分の指針を持った上で現場で判断できるようになりたい。
それは東京にいても同じこと。
川に捨てられていた雲&龍を持ち込まれたとき、
「見捨てるなら自分で」と相手に言った。
3割以下の確率で風太を救えるかもしれなかった手術は拒否した。
銀さんのことも3ヶ月、外にいるままにした。
れんちゃんを抱えつつ自分のできる範囲を見極めるのに必要なプロセスだった。
村の状況ではそこまで時間の猶予がない。
クロのように、保護され入院した結果よいほうへ転ぶこともある。難しい。
それでも一つずつ目の前の命から、やってみなくてはわからない。
三日間いろいろ考えて、引き取るからしっかり治療をしてほしいと
病院に伝えようと決めたのは昨日だった。

昨夜ふじよさんが「小春ちゃんに春が来ますように」と
持って来てくださった寒桜の枝。春はまだ遠い。
これからも、小さくも大きいそれぞれの出会いに
名前をつけていきたい。
a0180681_17575128.jpg

[追記]
Hさんが、元気だったときの写真を載せておられました。
クロも回復中。[こちら

こちらは猫撮る写真、お借りしました。
「メーシー」てやって来るところ。かわいいね。
a0180681_21102178.jpg

[追記:1月25日]
埋葬してくださったHさんの報告[こちら
※痛々しい傷の写真があります、注意



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2014-01-24 20:07 | お出かけ | Comments(9)
Commented by ねこなで at 2014-01-24 21:16 x
レポートを読みながら、色んな想いが頭の中を駆け巡っていました。ヒトでも猫でも犬でも一緒の真実。気持ちがスッと通い合う為には、相手の気持ちにどれだけ寄り添えるか?
容易いことではないけれど、Izumiさんの想いがワンコに通じて、散歩に行けたことは、闇の中に灯った一筋の光の様に思えました。
雪の中の、銀さんコケシが神々しくて思わず拝んでしまいました。
小春ちゃん、最後に温かな手に抱かれて虹の橋を渡れて良かった☆
チーム銀次の皆様、お疲れ様でした。本当に有難うございました。
Commented by ginji_asakusa at 2014-01-24 22:47
仁義箱で支えてくださっているみなさんも、
チーム銀次の一員です。
小春ちゃんを引き取る準備をしておられた福猫舎さんなど、
各シェルターの活動への関心や支援が広がっていくことを願っています。
Commented by ちーちゃん at 2014-01-24 23:26 x
「おいで」と「来る?」に、ハッとしました。犬の2号、とってもうれしそう! 3号、抱きしめたい。銀さんが相変わらず、いいお仕事をされていますね。
Commented by りす吸い at 2014-01-25 00:21 x
寒い中、活動お疲れ様でした。疲れている中、いつもリポートありがとうございます。動物には気持ちがよく伝わりますね。春が来るまで厳しい環境の中でこの子たちがなんとか踏ん張ってほしいです。
Commented by at 2014-01-25 11:50 x
銀世界 @銀次親分 in 飯舘スノウ
お見守り、ありがとうございました。
Commented by 福猫舎 犬班A。 at 2014-01-26 16:22 x
こんにちは。
小春ちゃんのことでは、結局なにも出来ず、本当に心苦しく思っております。
もっと早くブログに気付いて引き受けてきていたら…とか、何が出来たか分からないけど思ってしまい、ちょこっと喪失感に襲われました。
頑張っているいのちたちに眼をしっかりと向けて頂けていること、ブログからもとても伝わってきます。
昨夏、シェルターにいらして頂いた時に、みんにゃさんを見ている眼が、とても優しかったことを思い出しました。
銀次親分の旅立ちからも間も無く、お心も痛いでしょうに飯舘村へ向かってくださり、本当にありがとうございます。

そして過日、仁義箱からの大切な浄財をご寄付頂き、本当にありがとうございました。

保護っこたちのため、がんばっているいのちのために、大切に使わせて頂きます。

本当にいろんな意味でありがとうございました。

もしまた苦しんでる子を見つけた時には、できることがあるのであればしっかりとお引き受けしますので、是非ご相談くださいませ。

できることを続けていくために、必死に頑張る子たちを守り、繋いでいくために、わたしたちも精一杯頑張り続けます。
Commented by chigusano at 2014-01-26 22:10
izumiさんの 一行一行が 心にしみる文で
夕方スタッフと 嗚咽しながら拝見しました。

すべて、目をそむけてはならない 現実を
目の当たりにして 対処しておられる チームのみなさまに
人としての気高さを 感じます。

小春ちゃん 天に召されたのですね。
最後に 手厚い看護をうけて 亡くなったのが
心の支えとなります。 みなさま ありがとうございました。

Commented by mimi-cafe at 2014-01-27 00:19
本日はありがとうございました。
お店で、蔵で、銀さんを感じることができました。

毎日お忙しい中での給餌活動&レポート、本当に頭が下がります。
このレポートのおかげで、私たちも報道されない現状を知ることができるのですから、目をそらさずにしっかりと隅々まで読もうといつも思っています。
大切なことを知る機会を与えてくださって感謝しています。
Commented by sudou_man at 2014-01-27 21:19 x
弱きものは淘汰されてしまうのが自然の掟なのでしょうか…
少しずつでも諦めず、悲しみを減らす活動をこれからも。
名前
URL
削除用パスワード


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

譲渡会の時に2度お会い出..
by nerogattoroigatto at 13:15
今日、知りました。 ど..
by かつお at 17:46
Izumiさんの周り..
by akiwan2nyan2 at 13:15
『ぼくらは きっと待って..
by バジル at 01:38
ldrnshd ..
by CurtisPek at 23:35
Izumiさん、お疲れ様..
by しんのすけ at 17:57
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
清らかで強い心を持ったう..
by むー at 02:28
すみません、かめ吉です。..
by かめ吉 at 02:22
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ