DAY 7:牛 1

朝6時に起床、露天風呂入って朝食。
食堂のテレビが東京オリンピック開催決定を伝え、
7年後にはここにはいないであろうオトコが世界に宣言する。
"Some may have concerns about Fukushima.
Let me assure you the situation is under control."
飯噴いたね。白目で。
まさにこの地で、この天下の大嘘を聞くことになるとは忘れ難い。


天気は大雨。
でも牛舎は屋根があるし、全作業屋外の昨日じゃなくてほんとによかった。
まどかちゃんが「前回はまったく疲れなかったのに、今回はへとへと」
と言っている。うん、犬の散歩全部行ってくれたもんね…
「最後のメイちゃんで完全にやられました」と。
おばさん腰だいぶよくなったから、今日はがんばるわん。


こんな道を通って旧警戒区域へ。
これが "under control" であると。
a0180681_024451.jpg

この土地に一度でも足を踏み入れたことがあるか。
重い鎖に繋がれた sad dogs の瞳を見つめたことがあるか。
朽ちゆく自宅を土足の他人に明け渡し、
すべてと引き裂かれて暮らすヒトビトの声を聞いたか。
そうでない人間の "保証" になんの価値があるか。
大金を注ぎ込んで、先にやるべきことがどれほどあるか。
自国民さえ守る気のない者が、他国民の安全を保証するわけがあるか。
再び大地震が来てふくいちが海に沈んだり別の原発が吹っ飛んでも、
「想定外」「ただちに影響はない」という魔法の言葉があるからか。
それがこの国の、OMOTENASHI クオリティか。

オリンピック開催を喜ばない人間は "放射脳" の "非国民" だそうだよ。
上等だ。なんとでも呼んでくれ。
「日本は負ける」と口にしたらトッコウにボコられた戦時中と同じだ。
「日本は安全だ」とみんなで口にしたら安全になるんか。呪文か。
隣国が同じことをしたならこの国は、ザーケんな!と全力で叩いたことだろう。
選手たちに防護服を着せたコラージュ写真をいくらでも放流しただろう。
いくら抗議したところで、世界はそう見ているという事実は変えられない。
多くのヒトの故郷と日常を奪ったまま放置し、弱い者を追い詰め、置き去りにし、
封じ込め、黙殺し、いくら取り繕っても世界に誇れるものなど一つもない。
7年のうちにこれらの状況に蓋をする作業だけはさらに加速するだろう。
恐ろしい。なんと恐ろしい国だろう。
非国民、押忍。


そんななか、やって来ました絶望の果ての「希望の牧場」。
牛さん今年も来ましたョー よろしくお願いします @8:00
(去年の訪問記はこちら
a0180681_0281732.jpg

お足下が悪うござんすねー
a0180681_03234.jpg

今回のチーム銀次、やまゆりイベント@エフでの猫の手メンバーなのだ。
やまゆりさんは前日まで全員出動されてたそうだ。

第二牛舎から、朝ごはん開始ー
a0180681_0301322.jpg

作業はいたってシンプル。次々運ばれて来るメシを各牛に振り分ける。
とはいえものすごい量だけど、今日は吉沢さん含めて7人いるから早い早い。
この早さが心地よくて、だんだんハイになってくる。
たぶん自分でも見たことないくらい黙々と腕と腰を動かし続けてる。
a0180681_0311945.jpg

草のロールともやし粕が交互に来る。
次の便が来るまでに通路をきれいに掃いておく。
そうしないと重機に踏まれて傷んでしまうし、
通路に入り込んだ牛のンコが落ちたら食べられなくなってしまう。

10時には終わって休憩。牛舎の端の休憩所で吉沢さんのお話を聞く。
ここでのぶっちゃけた話ぶりは最も心に届く生の声。
毎日いろいろなヒトに話し続けながら、気持ちを保っておられるのかもしれない。
ブレない、けれどどこか力の抜きどころを知っている(よい意味の "いい加減")
吉沢さんのキャラクターが、周りのヒトたちを繋ぎまとめているように感じる。


私たちの口に入るために生まれて来た牛たちの口に
食糧を運び続けるという作業。
私は肉を食べる。キッチンで調理もし提供もしている。
牛にも豚にも鶏にもずっとお世話になって来た。
彼らには一切無関係の原発事故により、彼らは無価値とされただけでなく
餓死を免れたものたちは放射性廃棄物扱いされ、所有者は殺処分を強制された。
放射性物質自体は無主物とされ今も絶賛放出中だというのに。

経済的価値を失った牛たちを終生飼養するという試み。
価値の転換はアートの持ち分だったけれど、
ただ沈黙と立場を守るだけのアートに心が動かなくなった。
アートは常に生きることと死ぬことに寄り添い、
新たな視点、新たな価値を提示するものであるはずだった。

意地と言われようと、闇雲であろうと、
絶望の果てに希望を掲げ、未曾有の過酷事故の至近距離で
自分以外の命にしがみついた吉沢さんの姿を通して、
原発事故がもたらしたものだけでなく、畜産、肉食、動物たちへの責任、
様々なことを考えさせられてきた。
餓死で全滅したいくつもの牛舎や相次ぐ酪農家の自殺を目の当たりにして、
まっすぐに「命」を問い続ける吉沢さんは、明日にでもまた
どこの地で起きてもおかしくない過酷事故に対して警鐘を鳴らし続ける。
経済優先の畜産業自体にも一石を投じていると自負しておられる。

同じ時代、同じ災害を生きる者として、「福島は制御下にあり
離れているから東京は絶対だいじょうぶ」などと死んでも言えないし
思いたくもない。
ただそれだけ。ナニ国民でもいいからほっといてくれ。

ていうか吉沢さんは朝のニュースを見ておらず、
オリンピックが決定したことを私たちの口から知った。
一瞬ぽかんとして、「へぇぇ、やるんだ〜 やればぁ〜」と言ったあと、
徐々に非国民化していった。


続いて第一牛舎に移動。
こちらでは妊娠中、子育て中、病気や怪我の牛など、
メシを確保し特別な観察と世話が必要な牛たちのため
牛舎の半分ほどが個室になっている。
メシお届けのあと、うれしいおやつ、バナナの配給。
バナナってこんなに房なんだ!と驚くほどの量を
一本ずつもいで、シールをはがして、皮ごとさしあげる。
皮ごとムキュ、ボキ、と噛むのがなんとも美味しそう。
全員に1本ずつ、弱っているコには2〜3本、ガガ様は箱ごと喰っておられた。
手がべとべとでカメラ持てず。

おやっ、トリちゃんですって、かわゆいね。
a0180681_0324435.jpg

あぁうん、トリちゃんよね。
a0180681_0342354.jpg

あらら、母さんの藁をお布団にして溝で寝ちゃうの、かわゆいね!
a0180681_0344187.jpg

両後ろ足の切断手術をして治療中のふくちゃん。
京都から(!)手伝いに来ておられるサポーターのようこさんが
「人間が大好きなコなの、触ってあげて」と個室に入らせてくださった。
ふくちゃんが骨折した日の記録 [こちら(希望の牧場ブログ)
a0180681_0351677.jpg

牛さんは二本の角の間をゴリゴリ掻いてあげると気持ちいいんだって。そこそこ。
a0180681_16394150.jpg

毛並もよく、目も澄んで、ンコもほれぼれする質感、すこやかに見えるけれど、
骨折していなかった後ろ足も予後が悪く二本目を切ることになった。
今や残った前足も折り畳んでいることが多く、関節が腫れていて、
マッサージを繰り返す。
この介護に関しても関係者の試行錯誤が重ねられているが、
今後ますます体重が増えるこの牛にとってなにが最良かは
未知の領域なのだろう。どうかこれ以上苦しまないようにと願う。

12:30にお昼。
エフからお米と吉沢さんの好物のお酒を、
牧場の犬猫たちにも飯舘村からのフードを差し入れ。
寄り目のクイちゃん〜 [去年
a0180681_0364057.jpg

豆かあさんに抱っこ。
a0180681_037311.jpg

もう一匹増えたというミーちゃん(「メイちゃんだっけか?」と吉沢さん)は
「どっかそこらへんにいる」とのことだったが会えず。

テラスから原発のクレーンが見える。
ここは14km地点。
a0180681_038958.jpg

街宣カーとクイちゃん。
クイちゃんどろんこになるよ…
a0180681_0385798.jpg

豆かあさんがふくちゃんの包帯交換をお手伝い @14:00
a0180681_16402829.jpg

やまゆりイベントで私たちが首に巻いていた牛柄の布。
終了後にやまゆり永澤さんがほしい〜と言うのでさしあげた。
今でもふくちゃんの部屋にあるよーと聞いていたのが、ここにあった。
なんかうれしい。
a0180681_16411738.jpg

こちらはとてもなつっこいちび太。
吉沢さんが「そこらへんで拾った」そうで、とてもだいじにされている。
牛も犬猫と同じくあごの下も気持ちいいそうだ。
「どうですか!体験型動物園・希望の牧場!ね!」と吉沢さん。
a0180681_16414767.jpg

ザ☆牛、な模様のいちごちゃん。
保護されたときの記録 [こちら(希望の牧場ブログ)
a0180681_16435522.jpg

吉沢さんにお願いして、牧場内の牛のお墓へ連れて行っていただく @15:00
a0180681_16443763.jpg

最近は獣医さんが入ってくれているので牛たちが死ななくなったそうだ。
去年より牛たちがすこやかそうに見えたのは事実だった。
去年の墓場の様子 ※閲覧注意 [こちら(希望の牧場ブログ)

なす術もなく死んでいった牛たちの骨。
ニンゲンのばらまいた災害に巻き込まれ、ニンゲンたちの価値から解き放たれ、
この場所で生き抜いた牛たち。
私が食べた牛の骨と、誰にも食べられなかった牛の骨と、
ニンゲンの罪深さとに手を合わせる。
a0180681_16451128.jpg

その後吉沢さんが、ある場所まで車で案内してくださった。
題して「希望の牧場・絶望ツアー」。
a0180681_16454395.jpg

まさにこの世の終わりのような光景だった。
「どれだけ心折れましたか? 何パーセント?
 浪江っていったいなんなんでしょうね?
 ここから電気を送って、東京は幻の街ですね〜
 その東京でオリンピックですか〜 やるんだ〜 や・れ・ば・ぁ?」
と、ツアコンさんの名調子。
私はその幻の街の日常に帰る。
所詮まぼろし。だからまだ心は折らない。
積み重ねる。積み重ねて、強くなりたい。


牛舎に灯りがともる。
やまゆり永澤さんの名前がついているおてんば子牛のケイちゃん。
昼間も柵から抜け出して通路に上がっていて、隣の個室に飛び込んで
母さんでない牛にお乳をねだって「ウザ!」とド突かれていた。
危ないってば〜
「もうこれで脱走三日目なの、すっかり覚えたな…」と
ようこさんがため息をついておられた。

またまた抜け出して、まだぎこちない足取りで
通路をパカラッパカラッと駆け抜けて行ったり来たりしている。
そのはしゃぎっぷりはかわいいったらないのだけど、ステンと転んで
ふくちゃんみたいに足を折らないかと心配で見ちゃいられんよ…
「それくらいじゃ折れないよ、ハラが減ったら母ちゃんとこ帰る」と吉沢さん。
でも母さんを間違えてたぬ…
a0180681_164639.jpg

帰り際、牛舎の外で食べ放題中の牛たちに接近して睨まれてみた。
a0180681_1647895.jpg

18:00に解散。
ホテルの食堂はあまりおいしくなかったのでしばらくグルグル回って探し、
和風ファミレス「まるまつ」に入ってみた。駐車場も客席もいっぱい。
北関東から北は青森までのチェーン展開だそうだ。おいしかった!

温泉入ってまどかやえ部屋に集合しておつかれ乾杯して、
半沢直樹というドラマをいちいち質問しながら初めて見た。
22:30消灯。

明日は午前中だけ牧場のお手伝いをして、幻の街に帰る。


つづく


Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』

by ginji_asakusa | 2013-09-12 23:51 | お出かけ | Comments(5)
Commented by mimi-cafe at 2013-09-13 00:05
Izumiさんのストレートな言葉に拍手。
マスコミが伝える世の中の声を聞いていると、自分の考えはおかしいのかな、と感じていたところなので。

それにしても牛も犬も猫も、動物たちの現状はつらいですね。
Commented by Miyanao117 at 2013-09-13 00:57
Izumiさん、ご無沙汰しています(でも、毎日拝見&応援しています!)。まさに、わたしも、Izumiさんが書いてくださったことに、拍手です。

なぜに、オリンピックなの?と、わたしも愕然としました。他にやることが、税金を使う場所があるだろう、、と。オリンピック万歳と浮かれているであろう日本の様子を、ニュースで読みましたが、冷ややかな気持ちにしかなれず、何がそんなにめでたいんだと思いました。

Izumiさんのレポートで、残された動物たちの様子を拝見して、心が痛むばかりです。でも、その現状を知ることが大切ですよね。
Commented by ねこなで at 2013-09-13 07:16 x
「東京は、大丈夫!」。この言葉の名の下にまたもや
犠牲にされ、踏みにじられ、忘れ去られて行く命と暮らし。
その東京に暮らす加害者としての自分を見失わないように
生きて行きたいです。
Commented by miko_mucha_pon_ai at 2013-09-13 09:05
いつもありがとうございます。
Commented by sudou_man at 2013-09-13 15:45 x
オリンピックが決まった途端、消費税8%へ。
出来過ぎだ…
名前
URL
削除用パスワード


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

最新のコメント

言葉が見つかりません。。..
by むぎ at 21:31
izumiさん。 みー..
by ナホ at 23:48
譲渡会の時に2度お会い出..
by nerogattoroigatto at 13:15
今日、知りました。 ど..
by かつお at 17:46
Izumiさんの周り..
by akiwan2nyan2 at 13:15
『ぼくらは きっと待って..
by バジル at 01:38
ldrnshd ..
by CurtisPek at 23:35
Izumiさん、お疲れ様..
by しんのすけ at 17:57
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
すずちゃん、さくちゃんを..
by ゴマ at 07:17
清らかで強い心を持ったう..
by むー at 02:28
すみません、かめ吉です。..
by かめ吉 at 02:22
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14
いずみさん、何と言って良..
by かめ吉 at 02:14

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

ライフログ