DAY 5:一日目 02 吉沢さん

牛舎に着くと、やまゆりファームの方はまだおられず、
そこにはトラクターに乗った吉沢さんがおられた。
各地での街頭スピーチやイベントなども多くお忙しそうで、
現場でお目にかかれるとは思っていなかった。
チーム浅草猫です、よろしくお願いします!
しかも、運転要員で休憩するはずだったカトくんも、
ガッツリ参加だそうです。

入口、最初の牛さん。
牧場初体験のドシロウトですけどよろしくー
a0180681_256212.jpg

他におられるのは「お姉さん」と呼ばれている吉沢さんのお姉さん、
畜産を学んだというボランティア女性の Yさん、
希望の牧場事務局の針谷さん、
「生かすための柵」募集のときやりとりしてくださった方だ。
そしてやまゆりファームからは宍戸さん。
犬と猫と人間と 2』を撮影中の監督さんだった。
あ、その映画、まだ観ていないけれど
ミグノン友森さんのところで販売してたっけ。
「あぁ1の公開のとき、友森さんとイベントやりました」
そっかぁ。
初めての人たちの中で知った名前が出ると少し心ゆるむ。

「ブログ見ましたよ、猫がすっぽり箱にはまってましたね」
ヘ? どの話だ?
まどかちゃんがすかさず「れんちゃんですね!」。
あぁ、出発直前ですな、お恥ずかしい。
どんな人が来るのかな?と事前に見ていただけたなら、うれしい限り。
今日はお世話になります!

牛たちは朝食に野菜クズをもらっており、次は干し草。
吉沢さんが大きな乾燥ロールをトラクターで運び、通路の真ん中に転がす。
a0180681_256538.jpg

それを手でほぐし、転がし、ほぐし、転がし、
トラクターといっしょに牛舎の端まで進んでゆく。
トラクターの幅で通路に敷かれた干し草を、
手やフォーク(大きいやつ)で左右の溝、牛たちの口元に運んでゆく。
これが強い匂いなのだけど、お酒を思わせるのは発酵してるからかな。
相容れない匂いではなく、強力マスクのおかげであまり気にならず。

今日は猫の手が5人分あるけれど、いつもはお姉さん一人でやっておられるのかな…
干し草だからほぐせば重くはないものの、ずっと中腰の作業で牛舎は長く、
けっこう時間が掛かる。牛たちはハラペコ大合唱 × 2回。
今日はちょっとでも手分けできたかな…

ハラペコ大合唱、動画でどぞ。声デカイです。



モッサモッサ、ウマそうに頬張る。
a0180681_2013130.jpg

ちっさいコもいるよ。
a0180681_2013570.jpg

がんばってお食べんさい。
a0180681_20174769.jpg

ムハムハ、モハモハ
a0180681_2016188.jpg

干し草が終わって10時、牛舎の外でぐったりしている牛を
お姉さん、Yさん、まどかちゃんが看病している。
首を起こし、水を飲ませようとするが、ほとんど飲まない。
a0180681_2021689.jpg

自力で立てなくなった牛は、死を待つのみ。
立てず食べられず垂れ流しだったれんちゃんに重なる。
しかしれんちゃんの体重の300倍はあろうかという動物が
立てず食べられないということの重みは圧倒的だ。
背中をさすり、祈ってやることしかできない。
a0180681_2021610.jpg

傍らに咲く小さなたんぽぽ。
a0180681_20211055.jpg

他の牛が様子を見に来る。
まどかちゃんもずっと日差しの下にいてだいじょうぶかな…
a0180681_20211587.jpg

こちらは 10:30から二回目の干し草ロール。
エッ、もう一回? と驚いたものの、大量に思えた干し草も
牛の体の大きさに比べたらほんのわずかなのだ。
しかも後列に押しやられてまったく食べられていない牛も多い。

干し草がなくなる頃、続いて配合飼料が登場 @11:30
牛たち雄叫び大合唱。いちばん好きな「ウマいメシ」だそうです。
飼料が入っているサイロのそばでヒトが動いたり、
フタの金具がカチャリとでも鳴れば、もう大合唱。銀さんと同じだ。
牛はほんとにモーモー鳴くわけだけど、
モーー早く!モーーハラ減った!にしか聞こえない。
マーーうれしい! って言ってるときも、あるのかな。
a0180681_2033504.jpg

12:00、トラクターが出動。
外の牛はついに力尽き息を引き取った。
「今日はもう二頭目なのよ。朝には赤ちゃんが」とお姉さんがつぶやいた。
a0180681_2562466.jpg

トラクターが亡骸を埋葬地へ運ぶ。四本の足が天を掻いていた。
その重たい体を最期まで支え、飢えと暑さに耐えるのはさぞ辛かったろう。
どうか安らかに。
他の牛たちが見送っていた。
a0180681_2562018.jpg

この牛の前日の様子がやまゆりファームのブログに書かれてあった。[こちら

我々も昼ごはん @13:00
吉沢さんのご自宅ダイニングに招いていただき、
各自持参した昼食を持ってお邪魔し、みんなで食べる。
いきなり作業だったから名前以外ロクに自己紹介もしていないのに、
こうやって日々いろんな人たちを受け容れておられるのだなぁ。

吉沢さんちの猫、クイちゃん。食いしん坊のクイだって。
フレンドリー。うちらチーム、猫は大得意ですのよ。
a0180681_20404453.jpg

クイちゃんが寝そべる庭のテラス。
このレンズでは望遠が足りなかったけれど(いちおう写っている)、
見晴らす14km先、あの山の向こうに原発の排気塔とクレーンが見えている。
「シュールな光景だろー」と吉沢さんが笑う。
ほんとうに、これまで感じた中で一番かもしれないと思うほど
気持ちのよい風が吹き抜ける、丘の上。
この風が、この野原が、この森が、誰も暮らせないほど汚染されているとは、
悪い夢か冗談としか思えない。
a0180681_2314850.jpg

吉沢さんは牛舎の休憩所で、私たちにたくさんの話をしてくださった。
爆発から一週間のできごと、「牛飼い」の意地、絶望との闘い、
牛たちと浪江町の未来への提案、バイオ燃料生産によるリサイクルのアイデア、
などなど、写真を撮らせていただく許可を挟む隙もなく(撮れず!)、
あぁ動画に撮って全部みんなに聞かせたいーと思いながらも、
オレべつにジャーナリストでもないしな… と自分の耳で聞くことにした。

印象に残った言葉はいくつもある。

「あんな状況だったんだからさ、牛を置いて逃げたヒトも間違ってない。
 残った自分も間違ってない。誰も間違ってないはずなんだよ」

「もちろん被曝もしてる。でも、皮も肉もやられても、なんとかなる。
 骨が折れたら終わり。心が折れたら、終わりなんだよ」

「絶望ばっかりよ。意味あんの? ないの? 毎日考えてるよ」

そんな闘いの中で、吉沢さんが絶望の中で見いだした希望は、
支えてくれた人たち、「ニンゲン」の中にあったという。

「みんなからもらうメッセージ全部読んでさ、励まされるよ。
 それが希望なんだって、気づいたんだよ」

地震と津波だけでなく、人災による事故でこんな目に遭っているヒトから、
こんな言葉を聞くとは正直思っていなかった。
助成金も復興予算もなく、サポーターの募金だけで運営している状況で、
もちろん感謝の気持ちはあるとしても。
私なんて、自分も含めてニンゲン全般を呪い、憎むしか
方法が見つからずにいたのに。

牧場を離れ、各地での街頭演説も続ける吉沢さん。
「渋谷のハチ公前だよ? 日本で一番ヒトが多い場所でだよ?」
みんなが足を止めて話を聞いてくれる、応援してくれる、
そのことが、励みになっている。
「だからオレはこの役目に合ってると思ってんだー」と吉沢さんは笑う。

梨農家の阿部さんのお話を聞いたときもそうだった。
もちろん悲しく、疲れておられて、心が折れそうなことも毎日だろう。
けれど明るい。こちらが励まされるほどに。
私は、唯一口をつぐまず逃げずに立ち向かっているヒトの一人として、
吉沢さんの叫びを画面で見つめてきた。
どうすればいいんだろう!と突きつけられては、悔しさにただ涙するだけだった。

吉沢さんの演説を動画で見て、アグレッシブだと言うヒトも私の周りにいる。
牛の頭蓋骨を載せた決死救命の殴り書きを見ても、引くヒトはいるだろう。
「吉沢さんのところ」へ行くことを心配するヒトもいた。
私は、ほんとうはみんながこのくらい怒りや現状を伝えて抗議すべきだと思っている。
吉沢さんのようなヒトが浮き立ってしまうような、
ぬるりとした空気を保っている場合ではないと感じて来た。

今こうして、小さな簡易テーブルを囲んで間近で話してくださる吉沢さんは、
「だって殺せるわけねえじゃん?」という、誰もが共有できるはずの
まっすぐな哀しみをたたえ、腐らず、前を向き、手を伸ばし、
牛たちだけでなく同じ状況にあって折れそうな方々の心も背負って、
同時に自分を奮い立たせ、たとえ放射能で健康を害されようとも、
仮設住宅でではなくこの土地で、牛たちと生きることを決意されている。
それだけでなく、「もうダメなんだろうよ」と汚染の現実を受け容れつつも、
牛たちとこの地域の活用方法まで、必死に考えておられる。
もちろん、汚染への補償は諦めない。福島を踏みにじる再稼働も許さない。
だからまた今日も立ち上がる。

今のところWBCではそれほど悪い値は出ていないと聞いてほっとする。
命を預かる「牛飼い」という仕事に、
想像を絶するかたちで向き合うこととなった吉沢さん。
命の選択を迫られた時、どうすべきか、自分ならどうするのか、
そのヒントをたくさん与えてくださる方だと思う。
3.11以前の吉沢さんのことは、何も知らない。
だからこそ、誰の人生をも突然奪うことになる原発事故、
その汚染の最前線で踏ん張る吉沢さんから学ぶことは多い。
「仕方のないこと」とその蓋が閉じられようとしている
「警戒区域」の現実を今しっかりと私たちに引き寄せるためにも。
吉沢さんのお話を聞く会をエフで開きたいな。


つづく



Gallery ef, Asakusa, Tokyo
旧ブログ『今週の銀次親分』
by ginji_asakusa | 2012-09-11 12:15 | お出かけ


浅草ギャラリー・エフの看板猫・銀次親分の日々。


by 銀次親分

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

最新の記事

旅立ち
at 2017-03-25 16:56
みさと、お見合い決まりました。
at 2017-03-23 11:08
家族募集中「みさと」
at 2017-01-15 22:22
仁義箱 2017 上半期
at 2017-01-01 00:01
年末年始営業のおしらせ
at 2016-12-28 15:20
ふりかえる 月夜の森15
at 2016-12-26 20:00
秋〜冬のイベント
at 2016-11-06 00:00
月夜の森 15
at 2016-11-01 00:00
徒歩々遠足 果樹園にて
at 2016-06-22 17:01
へなちょこ山岳隊
at 2016-06-05 18:48

ブログパーツ

© Gallery ef, Asakusa
All Rights Reserved.
無断転載禁止



:+ 初めての方へ +:

銀次親分の足あと

紹介メディア

さくらのこと

すずのこと
a0180681_1905934.jpg



:+ 飯舘村 給餌活動 +:

チーム銀次 徒歩々班
猫の手レポート
2014.7〜[こちら
a0180681_20591367.jpg

チーム銀次 出動班
飯舘村給餌レポート
2013.4〜2014.9
こちら
a0180681_19172133.jpg

犬猫牛たちのための
仁義箱 2016
報告[こちら
2016.12.26 更新
a0180681_513712.jpg


:+ 店頭販売品 +:

チーム銀次 手芸部
チャリティグッヅ
こちら
入荷情報
a0180681_22234855.jpg

『銀次親分物語』
全国書店にて
好評発売中!
感想まとめ[こちら
a0180681_18511967.jpg

オリプレ OLIPLE
100%バージンオリーブ
ナチュラルソープ
商品の紹介[こちら
a0180681_18252391.jpg

ポーレ・サヴィアーノ
写真集 "FROM ABOVE"
内容詳細[こちら
a0180681_18251669.jpg

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
日常
お仕事
イベント
おしらせ
紹介
報告
お客さま
手ぬぐい
遊び
季節
できごと
思うこと
記念日
生きるチカラ
お出かけ
動画
ブログ

タグ

画像一覧

記事ランキング

ブログジャンル

猫
動物・ペット

フォロー中のブログ

ボンちゃんと歌おう si...
くらしのギャラリーちぐさ
にゃいさん
Non solo 15 ...
日々是肉球
BAR エフ 浅草
CAFE エフ 浅草
横浜 豆やん日記
いるいなあずき展 特設ブログ

その他のジャンル

ライフログ